TOP >anisanマイページ

anisan

さんのマイページ
anisan
つぶやいた映画
278 本
総ツイート
507 件
マイページ閲覧数
1,092 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

anisanさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
278 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 薬の神じゃない!
    宮本から君へ
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    メランコリック
    アルキメデスの大戦
    無双の鉄拳
    プロメア
  • スパイダーマン:スパイダーバース
    クリード 炎の宿敵
    ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
    ボヘミアン・ラプソディ
    search/サーチ
    若おかみは小学生!
    ミッション:インポッシブル/フォールアウト
  • 未来のミライ
    レディ・バード
    デッドプール2
    孤狼の血
    犯罪都市(2017)
    君の名前で僕を呼んで
    レディ・プレイヤー1
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 薬の神じゃない!
      映画『薬の神じゃない!』を観ましたよ。上海版『ダラスバイヤーズクラブ』的な、医薬品密輸を巡る実話ベースのお話。言霊に欠ける邦題に似合わず、なかなかにグッと来る映画なので、いま鬼滅じゃない映画を求めるなら結構アリかなと。
      いいね
    • 宮本から君へ
      映画『宮本から君へ』は俺たちの鬼邪高校・村山さん一の子分である関こと一ノ瀬ワタルさんも大活躍するので、HiGH&LOW派も見たらいいと思います。マジで一ノ瀬さんの演技なくしてこの情動はなかった。ハイローファンがどんな気持ちになるかは知らない。
      いいね
    • 宮本から君へ
      映画『宮本から君へ』を観て思ったのは、ピエール瀧さんを失うことは音楽界だけでなく、映画界にとっても大きな損失だということです。ロバート・ダウニーJr.を失ったらMCU自体が存在しなかったように。日本映画界が嫌がるなら、アメリカでも韓国でも絶対やれますよ。
      いいね
    • 宮本から君へ
      映画『宮本から君へ』を観ましたよ。めちゃくちゃ感情を揺さぶられました。原作新井英樹×監督真理子哲也×主演池松壮亮×助演蒼井優の壮絶な殴り合い。連載当時の90年代に一部に強く支持されつつ、一方で「嫌いな漫画No.1」にもなった物語の… https://t.co/qb8zyDfSsX
      いいね
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観ましたよ。世に言われているように、前提としてシャロン・テートに何があったのかを知らないと、味の半分も分からない映画。知ってた上で観たので、ちょっと泣きました。タランティーノはああ見えて自分の思いに誠実なのだなと。
      いいね
    • メランコリック
      映画『メランコリック』、もらった賞の関係で『カメラを止めるな!』に名前を並べられることが多いようですけど、どっちかっていうと内田けんじ監督作、特に『鍵泥棒のメソッド』に近いような感じがしました(運命じゃない人やアフタースクール的なわけではないという意味で)
      いいね
    • メランコリック
      映画『メランコリック』を観ましたよ。インディーの寸法に合わない話運びの巧さ、キッチリ面白かったです。ドリーどころかスタビライザーも導入できない映画とは思えないほど。しかも脇の役者がすごくいい。金髪の松本役、礒崎義知さんとかすぐに大きな映画に呼ばれるのでは。
      いいね
    • アルキメデスの大戦
      映画『アルキメデスの大戦』を観ましたよ。山崎貴監督案件なのに、すげえよく出来た佳作なんですよ。たぶん原作からして良くて、クレジットに残らない脚本サイドの良い仕事だと思うのですけど、一応脚本は山崎貴監督。なぜ諸々とこんな差が。もはや我々は山崎貴という謎に立ち向かっているのです。
      いいね
    • 無双の鉄拳
      映画『無双の鉄拳』を観ましたよ。映画秘宝で「ナメてた相手が殺人マシンでした映画」と聞いていたんですけど、実際に見たら「ナメてた相手が野良のクソ強い人でした映画」でした。何しろドンソク兄の腕力と理屈のない突破力が楽しめる作品。胸糞悪い展開のわりに、やけに爽やかに終わるのがよいです。
      いいね
    • 無双の鉄拳
      映画秘宝によると『無双の鉄拳』は「ナメてた相手が実は殺人マシンでした」映画だそうですけど、ナンボ優しかったりしてもドンソク兄貴の腕を見てナメてる方が悪いとしか言いようがないです https://t.co/gpGoSnkMb7
      いいね
    • プロメア
      『プロメア』を観ましたよ。これまでめちゃくちゃ泥臭い作り方でやってきた今石監督が、非常に挑戦的な作り方で仕上げた映画。物語的にはかなり今石フォーマットに則ったものですけど、作りについてはたくさん解説されるべき一作ではないかと思います。
      いいね
    • スパイダーマン:スパイダーバース
      『スパイダーマン:スパイダーバース』をIMAX 3Dで観ましたよ。すごい! 観るべき! アメコミ原作の映画じゃなく、史上初の、現代アメコミのアートと世界観を徹底的に映像化した映画。物語もダレ場なく、気持ちよく刺さってくる。アメコミ… https://t.co/4n3yhLePYq
      いいね
    • クリード 炎の宿敵
      『クリード2』もローゲー映画の一本。メモ。
      いいね
    • クリード 炎の宿敵
      『クリード2』の下敷きに『ロッキー4』の物語があるのは確かなんですけど、正直、あらすじさえ掴んでおけば『4』を見返す必要はないかなーと。やっぱあれは良くも悪くも80年代のものだし、『ロッキー』一作目ほど良くできた映画でもないし。
      いいね
    • クリード 炎の宿敵
      『クリード2』は最高なんですけど、次は『ドラゴ』かクラバー・ラングかトミー・ガンか……とか考えだすと若干萎える気もするので、いまは『クリード2』を満喫しましょう!
      いいね
    • クリード 炎の宿敵
      クリード2=ロッキー8=ドラゴ1。極上の大河ドラマ。最高。泣けること泣けること。一本の映画で成立するように構成されてますけど、前知識がぜんぜんないと密度高すぎかもしれないですね。もはやロッキーもユニバース映画。
      いいね
    • ボヘミアン・ラプソディ
      ただブライアン・シンガーは『ボヘミアン・ラプソディ』で監督クレジットこそもらってますけど、途中降板で仕上げはデクスター・フレッチャーがやってるんですよね。マイノリティの物語なのでシンガーが根幹を作ったのはほぼ間違いないと思うんですけど、どこまでを功績とすべきかはとても微妙。
      いいね
    • ボヘミアン・ラプソディ
      関ジャニファンのエイターのみなさんが『ボヘミアン・ラプソディ』を観て、クイーンの中に関ジャニ∞を感じて涙しているの、なんか分かる気がします。担当それぞれにいろんな見立てがありそうだし。ただ、マルちゃんは絶対ジョン・ディーコンだと思う。
      いいね
    • ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
      映画『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』、前半はいかにも凡作なのに後半グイグイ良作になる不思議な魅力のある作品。前作がエミリー・ブラントの視点で定まってたのに対して、本作は前半が視点のない事象のみの展開なのが原因かしらと。ベニチオ・デル・トロに視点が集約してビッと締まる。
      いいね
    • ボヘミアン・ラプソディ
      ただブライアン・シンガーは『ボヘミアン・ラプソディ』で監督クレジットこそもらってますけど、途中降板で仕上げはデクスター・フレッチャーがやってるんですよね。マイノリティの物語なのでシンガーが根幹を作ったのはほぼ間違いと思うんですけど、どこまでを功績とすべきかはとても微妙。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      besi_sake
      2315movies / tweets

      follow us