TOP >aomeyukiマイページ

aomeyuki

さんのマイページ
aomeyuki
つぶやいた映画
601 本
総ツイート
2,368 件
マイページ閲覧数
2,639 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

aomeyukiさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
601 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • KCIA 南山の部長たち
    劇場版 生徒会役員共2
    HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”
    ソウルフル・ワールド
    劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編 Wandering; Agateram
    魔女がいっぱい
    燃ゆる女の肖像
  • バクラウ 地図から消された村
    君の誕生日
    粛清裁判
    映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日
    ザ・ハント
    #フォロー・ミー
    ハースメル
  • アダムス・ファミリー(2020)
    ミッドウェイ
    劇場版 田園ボーイズ
    人数の町
    映画 きかんしゃトーマス チャオ!とんでうたってディスカバリー!!
    弱虫ペダル
    映画ドラえもん のび太の新恐竜
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-前編 Wandering; Agateram
      「魔女見習いを探して」が馬越嘉彦さん、「劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram」が黄瀬和哉さん、「ジョゼと虎と魚たち」が飯塚晴子さんといった感じで、作画… https://t.co/UN3YVMLF26
      いいね
    • 粛清裁判
      セルゲイ・ロズニツァ〈群衆〉ドキュメンタリー「粛清裁判」で扱われている産業党裁判って、罪状並びに裁判を含め全ての事象が虚構(体制強化のプロパガンダ)なのか、冤罪(でっち上げ)による反体制派(インテリ)への弾圧なのか?が判然としないので、これはもう一度観るしかないか。
      いいね
    • ソウルフル・ワールド
      凄いなあ。是非映画館で観たかった。 『ソウルフル・ワールド』レビュー: ジャズ・ミュージシャンを丁寧に描き、演奏全てが素晴らしい映画 https://t.co/SNFN2jUi1a
      いいね
    • 燃ゆる女の肖像
      今年もご苦労様です。韓国映画凄いとハリウッド大作が減った結果、小粒だけど質の高い作品が沢山あったの一年だったと思う。そして「羅小黒戦記」と「燃ゆる女の肖像」は凄かった。「バクラウ」も入って欲しかった。 / “2020年の映画ベスト… https://t.co/6ImQNm5mAK
      いいね
    • 粛清裁判
      「粛清裁判」続き。ただし、結構短調な上に繰り返しも多いし、ロシア人の名前や顔がよくわからなくなったりと、映画を鑑賞するという意味では割とハードルが高めの作品でもある。
      いいね
    • 粛清裁判
      セルゲイ・ロズニツァ〈群衆〉ドキュメンタリー 『粛清裁判』」は、貴重な記録フィルムを編集した映画と思って鑑賞していると、びっくりするようなオチが待っている怪作。それを可能たらしめた時代というか、独裁体制とそれを支える群衆心理を上手く掬い上げていると思う。
      いいね
    • 粛清裁判
      「粛清裁判」続き。あのオチを知った上で、EDで流れてくる被告達のその後の説明を見るとちょっとしたホラー味を感じる。反体制派とされたインテリたち(ソビエト内でも要職にあった)が収監された後にどのような職務を担わされたかを考えると恐ろしすぎる。
      いいね
    • 劇場版 生徒会役員共2
      「劇場版 生徒会役員共2」観ました。元旦から頑張って観るような内容の映画でもないのだが、TVシリーズのほぼ延長線上にある気合いの入りすぎていないクオリティと暇があれば下ネタを突っ込んでくる感じは同じ。確か何年か前にあった劇場版1作目もこんな感じだったのでブレない姿勢は素晴らしい。
      いいね
    • HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”
      「ジョゼと虎と魚たち」を観るつもりが、何故か「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」を観てしまった。でも凄く面白かった。もう1回ぐらい観たい。
      いいね
    • 魔女がいっぱい
      「魔女がいっぱい」続き。実質主演とも言えるアン・ハサウェイは「オーシャンズ8」とは違った意味で開き直った露悪全開で、ゼメキス監督といい塩梅の仕事だったんじゃないかと思うけど、時々演技を超えた可愛らしさが垣間見えるので、もっとしっかりキャラを作り込んでみるという方向もあったかも。
      いいね
    • 魔女がいっぱい
      「魔女がいっぱい」続き。原作の内容や立ち位置がわからないのでという部分を除いても、若干無邪気すぎる作品だとも思う。「魔女」というモチーフの描き方を今の時代アレでやってしまう感覚が如何にもゼメキス的なんだけど、そこにミソジニーを感じない訳にはいかないよなあ。
      いいね
    • 魔女がいっぱい
      「魔女がいっぱい」続き。黒人が主人公なのは原作通りなんだろうか。60年代の終わりにおばあさんと少年という組み合わせで、白人の金持ちしか泊まれないようなリゾートホテルに行く(下働きはもれなく黒人)という展開とそこでの描写に潜む違和感に「フォレストガンプ」と同様の居心地の悪さがある。
      いいね
    • 魔女がいっぱい
      「魔女がいっぱい」続き。技術を駆使したシーンは流石に出来がいい。ある事情から主人公とその仲間がネズミになるという展開で人要素強めのネズミが登場。ディズニーアニメに出てきそうな良い造形。終盤の宅内ジェットコースターとか最高にいい仕事。
      いいね
    • 魔女がいっぱい
      「魔女がいっぱい」観ました。ゼメキス監督の新作ということで、児童文学原作でも結構なことをやっているだろうなあという想像通りのは内容。良くも悪くも変な所に技術や趣味をブッ込む感じがゼメキス流だし、製作にデル・トロも入っているから完全にブーストかかってる。
      いいね
    • 魔女がいっぱい
      「魔女がいっぱい」続き。悪趣味というか、子供がワクワクするようなエゲツなさが根底にあって、それを敢えてお行儀良く仕上げていない感じをどう評価するか?という作品だと思う。ただいろんな意味でオチがないとも言えるので、エッ!ここで終わっちゃうの⁉︎でもあった。
      いいね
    • バクラウ 地図から消された村
      「バクラウ 地図から消された村」の村の人々はやっぱり地元の素人さんメインのキャスティングなんだろうか。ウド・キアはまあある意味主役的な位置付けだから納得だけど、何気にソニア・ブラガが出ているのもびっくり。
      いいね
    • バクラウ 地図から消された村
      「バクラウ 地図から消された村」で、ウド・キア率いるあの連中が敢えて古い銃器を使うのは事が露見した場合、田舎の村落の仲違いに見せかける為だろうし、ドローンがアレに偽装してあるのは中南米で未確認飛行物体の目撃例が妙に多い事に基づいた偽装の一環なだろうと思う。
      いいね
    • KCIA 南山の部長たち
      来年1月公開の「KCIA 南山の部長たち」という韓国映画は、なぜか予告編の音量が大きいと思う。
      いいね
    • バクラウ 地図から消された村
      これは両方観ていないとなんとなくわからない感覚的な話しなんだけど、「バクラウ 地図から消された村」と「燃ゆる女の肖像」は同じカテゴリーの映画だと思う。この2本は現在公開中なので当然見比べる事ができます。ハリウッド映画が弱い状況なので、洋画好きには良い機会だと思う。
      いいね
    • バクラウ 地図から消された村
      「バクラウ 地図から消された村」も内容をあまり頭に入れないで初見に挑むのが良いと思います。それにしても今年は「人間が人間を喰らう(故に反撃する)」というモチーフ概念世界的にも大流行りだなあ。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      624ken
      4198movies / tweets

      follow us