TOP >aoyadokariマイページ

aoyadokari

さんのマイページ
aoyadokari
つぶやいた映画
1,187 本
総ツイート
2,410 件
マイページ閲覧数
9,151 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
7 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1187 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • TENET テネット
    窮鼠はチーズの夢を見る
    行き止まりの世界に生まれて
    僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46
    mid90s ミッドナインティーズ
    ようこそ映画音響の世界へ
    シチリアーノ 裏切りの美学
  • ソワレ
    真夏の夜のジャズ 4K
    ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
    狂武蔵
    はりぼて
    この世の果て、数多の終焉
    赤い闇 スターリンの冷たい大地で
  • ボヤンシー 眼差しの向こうに
    ジョーンの秘密
    ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
    死霊魂
    ブレスレット 鏡の中の私
    剣の舞 我が心の旋律
    海辺の映画館-キネマの玉手箱
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • mid90s ミッドナインティーズ
      『mid90s ミッドナインティーズ』リーダー格の青年が薬物やアルコールに溺れていく。ちょっと話が錯綜してしまったようだが、『行き止まりの世界に生まれて』最後はビデオ青年がナイスだった。彼はアジア系ではなくプアホワイトの青年だった。
      いいね

      良い
    • mid90s ミッドナインティーズ
      『mid90s ミッドナインティーズ』母親が元ヤンキーみたいで弟が生まれるまで男を家に連れ込んで遊んでたような。弟が生まれてから真面目になって、弟も優等生タイプだった。でも、弟は兄貴に憧れる部分もあり、兄貴を乗り越えるためにスケボーにハマっていく。スケボー仲間が兄貴代わりになる。
      いいね

      良い
    • mid90s ミッドナインティーズ
      『mid90s ミッドナインティーズ』ドキュメンタリー映画『行き止まりの世界に生まれて』をドラマ化したスケボー映画。かなり脚色されているので一緒に見ると面白いかも。主人公がスケボーやりはじめの少年だということ。彼の成長物語。DV兄貴がルーカス・ヘッジズ。彼の暴力の意味を考える。
      いいね

      良い
    • ジョーンの秘密
      『ジョーンの秘密』役者が良くて脚本もいい。映像も英国のクラシック・スタイルのファッションとか城とか映像もいいのだった。内容も核を巡るスパイ映画だし、もっと話題になってもいいのに。まあ派手なアクションはないけけど。
      いいね

      良い
    • ジョーンの秘密
      『ジョーンの秘密』これも面白かった。イギリスの核開発の女性物理学者がソ連に機密情報を渡す。おばあちゃんが国家反逆罪で逮捕されるシーンから始まるのだけどイギリスの名女優ジュディ・デンチがいい。娘時代を演じるソフィー・クックソンもいい。ソ連の色男スパイのトム・ヒューズも良かった。
      いいね

      良い
    • バルーン 奇蹟の脱出飛行
      『バルーン 奇蹟の脱出飛行』やっぱ相互監視社会っていうのは嫌な感じだな。隣のおじさんは結局隣にいながら気がつかなったので、これまた責任問題だし。あと奥さんが薬を落としてしまってその処方箋で足が付きそうになる。また二回目の気球が派手なんだよな。見つけてくださいというような七色。
      いいね

      良い
    • バルーン 奇蹟の脱出飛行
      『バルーン 奇蹟の脱出飛行』気球の残骸が見つかって秘密警察に追われるのだが、東独は際立って監視社会。一般市民の中にも「スタージュ」という市民警察みたいなものがあって、それもお隣さんがスタージュだった。長男は隣の娘と逢びき(凧揚げ)するし、秘密警察の方も監視できなかった責任があって
      いいね

      良い
    • バルーン 奇蹟の脱出飛行
      『バルーン 奇蹟の脱出飛行』東独時代の西側に亡命するために気球を使った家族の物語。気球っていうのが面白い。これが実話なんだよな。最初に失敗するんだけど燃料切れで墜落する。四人家族を乗せたまま。ジャンボを激突炎上させなくても十分スリル感あるカメラワーク。再度、挑戦をするのだが、
      いいね

      良い
    • ワイルド・ローズ
      『ワイルド・ローズ』麻薬の受け渡しをして刑務所に入っていたローズが出所して、二人の子供を母親に預けてカントリー歌手の夢を見る(いつか「ナッシュビル」)。母との確執がありながら夢に向かっていくシングル、マザーの夢物語。サクセスストーリーではなく家族映画なんでハート・ウォーミング。
      いいね

      良い
    • ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
      『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』「ウッドストック」のジミヘンのアメリカ国歌は、彼が先住民族の末裔だと思うといろんな感情がこみ上げてくる(黒人の血も引いている)。ジミヘンはスコットランドの血も流れていたと。
      いいね

      良い
    • ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
      『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』タジ・マハールのギタリスト、ジェシ・エド・デイヴィスのエピソードは悲しかった。タジ・マハール・バンドで活躍して注目を浴びて、クラプトンやジョージ・ハリスンにも認められたけど麻薬に溺れてしまって晩年は悲劇だった。
      いいね

      良い
    • ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
      『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』彼らが作る音楽(ロック)は過激すぎてインストなのに不良の音楽とレッテルを貼られてて放送禁止になった。それは白人による先住民族の迫害の歴史、彼らは音楽(ダンス)でもって抵抗しようとした。ドラムが禁じられてギターを叩きながら歌った。
      いいね

      良い
    • ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち
      『ランブル 音楽界を揺るがしたインディアンたち』ピーター・バラカンが大推薦しているだけあって、なかなか良かった。ネイティブ・アメリカンの血を引くアメリカン・ミュージックを作った人々。ジャズはないんだけど(ミンガスがいるのに)ロックのスターたちが。ジミヘンもお祖母さんがチェロキー。
      いいね

      良い
    • TENET テネット
      『TENET テネット』それでも面白いのは映像テクニックかな。逆回転なんて初期の映画でもやりそうなことだけど、それをカーアクションで見せたりとかあと過去に戻るからシーンを振り返るところがあって、突然出てきたこの人は?みたいな驚きがある。映画館の大画面で見る映画だ。
      いいね

      良い
    • TENET テネット
      『TENET テネット』SFアクション映画でタイムワープもの。エントロピーで時間を逆転させ敵と闘っていく。最初にその力を手にしたのはロシアン・マフィアのボスなんだけど。それとプラトニウムで世界を破滅させようとしている。ストーリーは錯綜していて考えすぎるとわからないシーンもある。
      いいね

      良い
    • TENET テネット
      『TENET テネット』制作費200億円超えで全米の映画館で上映しないと苦しいらしいクリストファ・ノーラン監督。その前に観た『音響世界でようこそ』の復習になったほど戦闘シーンの音響は素晴らしい。映像もCGを使わずに実写でジャンボジェットを倉庫に突入させて炎上させているらしい。
      いいね

      良い
    • 行き止まりの世界に生まれて
      『行き止まりの世界に生まれて』悔しくてスケボーに当たり散らしてスケボー割っていく少年時代。いろんなものが重なる。でも自分自身で選んだスケボーだもの(相田みつおか!)。
      いいね

      良い
    • 行き止まりの世界に生まれて
      『行き止まりの世界に生まれて』リーダー格の白人も結婚して子供が出来たけど酒を飲むと妻に暴力を振ってしまう。その間に立つ撮影者の傷みとこんな場所でも愛しい仲間たちとそこから抜け出ていく黒人青年の未来。スケボーシーンも成功する技ばかりではなく転ぶシーンもありながら再度挑戦していく。
      いいね

      良い
    • 行き止まりの世界に生まれて
      『行き止まりの世界に生まれて』そして、スケボーが上手い黒人の青年。最初は単なるスケボーを楽しむドキュメタンタリーと思っていたが、彼らの内面に入っていくとアメリカ社会の問題が垣間見えてくる。アジア系の青年の母を交えての自撮りシーン。義父に暴力を受けていて、そういうDV家族の現実。
      いいね

      良い
    • 行き止まりの世界に生まれて
      『行き止まりの世界に生まれて』今回一番見てよかったドキュメンタリー映画だった。「全米で最も惨めな町」イリノイ州ロックフォードでスノボーにのめり込む三人の若者を追った映画だが撮影者がその中の一人でアジア系。リーダー格の青年(もう大人だけど)が白人(プア・ホワイトという立場か)。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      GD_momoco
      2276movies / tweets

      follow us