TOP >aoyadokariマイページ

aoyadokari

さんのマイページ
aoyadokari
つぶやいた映画
1,227 本
総ツイート
2,505 件
マイページ閲覧数
9,490 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
7 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1227 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • れいわ一揆
    ばるぼら
    アウステルリッツ
    タイトル、拒絶
    ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-
    羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来
    ジオラマボーイ・パノラマガール
  • おらおらでひとりいぐも
    相撲道~サムライを継ぐ者たち~
    罪の声
    空に住む
    朝が来る
    靴ひも
    スパイの妻
  • 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
    わたしは金正男を殺してない
    本気のしるし <劇場版>
    望み
    82年生まれ、キム・ジヨン
    星の子
    生きちゃった
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • アウステルリッツ
      『アウステルリッツ』観光地化したアウシュヴィッツ。所構わず記念写真を撮る現代人に悲劇はつたわっているのだろうか?教育のために訪問する価値はあるとは思うがガイドの話も昼食の時間を告げる。焼却炉の前で写真を撮っている奴は心霊写真に呪われろ!(昼の?)鐘が死者たちの魂を鎮めるのか?
      いいね

      良い
    • ばるぼら
      『ばるぼら』二階堂ふみの「ばるぼら」が吟じるヴェルレーヌの詩がいい。あと音楽がフリー・ジャズで良かった。後半はムードジャズだったけど。橋本一子だった。類家心平も演っていた。
      いいね

      良い
    • ばるぼら
      『ばるぼら』元ジャーニーズの稲垣吾郎が主演で主人公と重なる部分があるので興味深く観た。ジャーニーズにいたら屍姦とかはないだろう。二階堂ふみは頑張っていた。ヒロインのイメージっぽかった。でもエロくはない。手塚治虫の裸体もエロくはないので調度いいのかも。寺山修司の手塚治虫版みたいな。
      いいね

      良い
    • ばるぼら
      『ばるぼら』70年代のエログロ路線の手塚治虫なのかな。漫画の実写化なのだが手塚治虫の漫画が映画を意識して描かれているのでやりようによっては相性がいいのかも。後半ちょっと間延びしたけど結構楽しめた。SM、人形愛、獣姦、屍姦、カニバリズムと描かれている世界は凄い。まあソフト路線だが。
      いいね

      良い
    • タイトル、拒絶
      『タイトル、拒絶』デリヘル嬢も個性あふれる面々。いかにもいそうな感じで、それを上手く劇にしていると思う。みんなそれぞれ味があっていい。ナンバー1のうさぎタイプの恒松祐里もいいんだよね。満面の笑顔に潜む放火犯みたいな。最後にビルの屋上からの「ドカン!」(東京爆発!)は決まった。
      いいね

      良い
    • タイトル、拒絶
      『タイトル、拒絶』演劇のような映画。面白かった。デリヘルの待合室でのデリヘル嬢のあれこれ。進行役はデリヘル嬢になりそこなった雑用係、「カチカチ山」のうさぎではなくタヌキだと言う伊藤沙莉は、100分de名著の「ピノキオ」姉さんだった。この人の中性的な声がいいんだよね。
      いいね

      良い
    • わたしは金正男を殺してない
      『わたしは金正男を殺してない』帰国しても二人の運命の違い。ひとりは暖かく家族に向かい入れられたのだけれども、もうひとりはSNSなどで批判されて釈放されてからも今までとは同じ人生を送れなかった。
      いいね

      良い
    • わたしは金正男を殺してない
      『わたしは金正男を殺してない』「金正男毒殺事件」の真相のドキュメンタリー。二人の女声暗殺者は、結局は知らずにバラエティ番組のイタズラとして行為に及んだのだがそれで逮捕されてしまう。まあ、殺人だからね。それでも弁護団の調査などで殺人罪は逃れて 帰国出来る。良かった。
      いいね

      良い
    • 相撲道~サムライを継ぐ者たち~
      『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』「相撲道」というタイトルからも分かる通り日本人の「道」なんだろうな。外国人力士のことも紹介してほしかった。その違いからもっと「相撲道」が解ると思うのだが。現実に両横綱は外国人力士だし。
      いいね

      普通
    • 相撲道~サムライを継ぐ者たち~
      『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』豪栄道は無理がたたって結局は引退してしまうのだ。そこまで描いてないけどエンディングテロップの元大関の文字が悲しい。竜電は怪我をしても長い目で稽古しながら相撲を取る喜びを見出していく。結婚も重なって、その飄々として現代人スタイルが魅力的だった。
      いいね

      良い
    • 相撲道~サムライを継ぐ者たち~
      『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』「力士」は「士(サムライ)」であるという入り口から本場所だけではなく相撲部屋の稽古風景の様子とか支度部屋が公開されていて興味深い。境川部屋は大関豪栄道が怪我を隠して本場所に臨む様子と高田川部屋の怪我から復帰した竜電のそれぞれの「相撲道」。
      いいね

      良い
    • 羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来
      『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』中国アニメ。それほどオリジナルティがあるとは思えないがジブリ系で「NARUTO」のような小学生が好きそうなアニメだった。主人公のキャラが子猫なんで「ポニョ」とか好きそうな人はいいかもしれない。妖精なんだけど化けると妖怪みたいな。自然VS.人間。
      いいね

      普通
    • 靴ひも
      『靴ひも』腎臓移植を巡って息子が自分で考えて同意したのか、自立した者なのか、そのテストの為に靴ひもを結ばせる。この題名はなかなか洒落ている。最近この手の映画が多いけど知性よりも感情(人情)みたいな。行き過ぎは困るけど泣ける映画でした。イスラエルは無慈悲な神がいるからね。
      いいね

      良い
    • 靴ひも
      『靴ひも』イスラエルの人情喜劇映画。発達障害のある息子の母が死んで離婚していた父の元へ預けられる。最初は早く施設に行ってもらいたかったのだが息子の明るい性格と地域の人ともフレンドリーでいるので情が湧いてくる父親。しかし、父もまた透析を受けざる得ない身体だった。
      いいね

      良い
    • ある画家の数奇な運命
      『ある画家の数奇な運命』大学の先生はヨーゼフ・ボイス(がモデル)だと思うのだが。役者が似ていた。
      いいね

      良い
    • ある画家の数奇な運命
      『ある画家の数奇な運命』叔母さんをガス室に送った医者の娘が主人公の彼女だった。そのへんでごちゃごちゃしたストーリーなのだが、ちょっと退屈かも。彼女のエロスシーンで繋いでいるけど。もう少しエンタメ要素があっても良かったかな。あと悲劇性とか、まあ成功譚だからそういうのは排除したのか。
      いいね

      良い
    • ある画家の数奇な運命
      『ある画家の数奇な運命』エロい叔母さんが甥っ子に退廃芸術展とかに行って絵心を教える。ちょっと叔母さんは不思議な人でバスのクラクションを鳴らして和音の音の中でヒロインになって浸るというシーンが面白い。それでも統合失調症の精神病患者としてガス室に送られてしまう。
      いいね

      良い
    • ある画家の数奇な運命
      『ある画家の数奇な運命』でもエンタメ映画ではなく、あくまでもある芸術家の半生を描いたドイツ映画らしいシリアスな映画。こういう映画で興味を引きつけていくのはやっぱエロスなんだよな。最初に登場してくる叔母さんのエロいこと。子役が服の隙間から見えるおっぱいに釘付け。チラリズムの妙。 
      いいね

      良い
    • ある画家の数奇な運命
      『ある画家の数奇な運命』ドイツの現代美術の巨匠、ゲルハルト・リヒターをモデルにした映画。美術に疎いので知らない人でした。それでも興味を持てたのはアウシュヴィッツのガス室で殺された叔母さんのシーンが優生思想をテーマとして、『スパイの妻』と見比べても面白いのじゃないか。
      いいね

      良い
    • フェアウェル
      『フェアウェル』映像の撮り方が今風な感じなのかな。アメリカン・ポップスに情景を重ねていく。そういう見せ方は研究しているよね。ストーリーも面白いし。祖母に癌告知を言わない中国と個人主義のアメリカの違い。その中で微妙に揺れる家族の人々。中国の結婚式も大変だな。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      besi_sake
      2337movies / tweets

      follow us