TOP >aoyadokariマイページ

aoyadokari

さんのマイページ
aoyadokari
つぶやいた映画
1,009 本
総ツイート
2,013 件
マイページ閲覧数
7,664 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
7 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1009 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 月夜釜合戦
    楽園(2019)
    真実
    ボーダー 二つの世界
    ブルーアワーにぶっ飛ばす
    ジョーカー
    パリに見出されたピアニスト
  • ホテル・ムンバイ
    宮本から君へ
    人間失格 太宰治と3人の女たち
    台風家族
    帰れない二人
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    ドッグマン
  • ロケットマン
    火口のふたり
    永遠に僕のもの
    イソップの思うツボ
    マイ・エンジェル
    シークレット・スーパースター
    ピータールー マンチェスターの悲劇
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ボーダー 二つの世界
      『ボーダー 二つの世界』ダーク・ファンタジーの傑作なんじゃないか。『美女と野獣』が『野獣と野獣』になったぐらいで。トロルだから森の精なわけで。ネアンデルタール人みたいだったけど。染色体の異常(人間と比較すれば)で、特異体質で華が動物並に効くんで税関の検査で働いているティーナ。
      いいね

      良い
    • 人間失格 太宰治と3人の女たち
      「二十歳の自分に読ませたい私のベスト3冊」とかあるけど、自分だったら「二十歳の自分に読ませたくない3冊」になるよな。『人間失格』『なしくずしの死』『電気羊はアンドロイドの夢をみるか』。廃人への道。ワーストじゃないけど。
      いいね
    • 僕はイエス様が嫌い
      『僕はイエス様が嫌い』ちっちゃなオジサンのイエスが出てくる以外はストレートな亡き親友に捧げる追悼映画。親友のお母さん佐伯日菜子だった。ちょっとファンです。
      いいね

      良い
    • ウィーアーリトルゾンビーズ
      『ウィーアーリトルゾンビーズ』両親の死がバス転落事故、焼死、自殺、殺人という、それでも泣けなかったクールな4人組。ファミコンのキャラのような場当たり的にアイドルになっていくが大人の事情で解散せざる得なくなる。ラストがちょっとグダグダで希望的な感じ。里親から逃げるシーンがいい。
      いいね

      良い
    • ウィーアーリトルゾンビーズ
      『ウィーアーリトルゾンビーズ』両親が死んだ子供4人が火葬場で出会って「ウィーアーリトルゾンビーズ」ってバンドを結成してアイドルになる話。『ノーライフキング』だというレビューを読んだので興味があった。主人公の男のがファミコン好きで4人がゲームキャラのようになって冒険する。斬新。
      いいね

      良い
    • ブルーアワーにぶっ飛ばす
      『ブルーアワーにぶっ飛ばす』シム・ウンギョは天然系の後輩役だったけど日本語以上に煙草とか納豆とかあまり得意そうではなかった。脳天気役は似合っていた。彼女の存在がキーポイントで「ブルーアワーにぶっ飛ばす」役。日本の地方や高齢化問題が透けて見える感じ。
      いいね

      良い
    • ブルーアワーにぶっ飛ばす
      『ブルーアワーにぶっ飛ばす』私小説ならぬ私映画かな。30代女性監督の憂鬱みたいな。喜劇なんだけど観終わった後にはどろ~んとブルー感。南果歩の母親がなんかリアリティありすぎて。最初は業界ネタみたいな映画で、東京のイケているけどイケないみたいなノリで。夏帆は30崖っぷち監督みたいな。
      いいね

      良い
    • 楽園(2019)
      『楽園(2019)』綾野剛はちょっと今までの役とは違う感じ。男優賞級の演技かもしれない。石橋静河はちょい役なんだけどいい女優だよね。柄本明のじいさんも嫌になるほど上手い。でも片岡礼子だな。『復習するは我にあり』の三國連太郎と小柳ルミ子のシーンを思い出した(そこまでいかないけど)。
      いいね

      良い
    • 楽園(2019)
      『楽園(2019)』ヒロインは杉咲花なんだけど外国から来た寡黙な青年役の綾野剛と村八分にされる佐藤浩市が主役級なのでストーリーが錯綜。原作は吉田修一の短編二本を組み合わせて脚本にしたようなので。脇役陣も片岡礼子、石橋静河、柄本明といい。シェパード君はパルム・ドッグ賞級だ。泣ける。
      いいね

      良い
    • TOURISM
      『TOURISM』場面が変わるのはニーナがスマホを落としてスンを見失って迷子になるところから。そこからがツーリスト。若いから迷子にもなれるけど、ドキドキもんだよな。スマホない。言葉通じない。ホテルわからない。そこで地元の若者に救われる。シンガポール人の暖かさ。屋上の夜景とライブ。
      いいね

      良い
    • TOURISM
      『TOURISM』シンガポール観光も最初は日本と変わらないような。変わっても中華街程度。マーライオンとか見てもね。戦争の記念碑みたいな塔があった。戦争の記憶と復興発展したシンガポール。意味なくダンスのシーン。ふたりともなんとなく決まっている。ヤンキーな大和なでしこダンス。
      いいね

      良い
    • TOURISM
      『TOURISM』シェアハウスみたいな友達同士という感じで青春を感じる。お金ないけど楽しいみたいな。朝食の光景の幸福感。しまむらとか出てきて大和全開の情景。突然、懸賞で海外旅行が当たったと。スンと二人で行くことに。男は遠慮するよな。海外はどこも危険だからシンガポールに落ち着く。
      いいね

      良い
    • TOURISM
      『TOURISM』ヤンキー文化圏(大和)の少女二人がシンガポールに旅行に行くだけの映画。異文化交流かな。でも大和なでしこ。ふたりとも可愛い。ニーナはどこかであったような気がする。ちょっとおっちょこちょいな感じ。スンはわりとしっかり屋。それにケンジという男の子と3人で住んでいる。
      いいね

      良い
    • 帰れない二人
      『帰れない二人』ジャ・ジャンクーは壮大なわりにはコケるんだよな。まあ三渓ダムとか中国の近代化とかあるけど、中国の降旗康男かと。駄目なヤクザの男に惚れたために苦労する女の話。時代に取り残された二人。ヤングマンとかチャチャチャとかバブル時代の日本のヤクザ映画みたい。
      いいね

      普通
    • 田園の守り人たち
      『田園の守り人たち』女優陣が素晴らしい。ナタリー・バイの気品ある母親。ちょっと危険な匂いがする嫁役のローラ・スメット。でも一番輝いている役っていうかセザール新人女優賞は当然というイリス・ブリーの可憐さ。戦争映画だけど女優が輝いている女性映画。
      いいね

      良い
    • 田園の守り人たち
      『田園の守り人たち』アメリカ兵は手伝いの娘にも言い寄るところを戦争に行く弟に見られれて、あんな娘解雇しろと母に言う。それで解雇されるんだけど、そのとき女主人のことを怪物っていうだよね。マルクスだよ!そういえば年号がロシア革命の年を挟んで前後する。田園を守る女のドラマなんだけど。
      いいね

      良い
    • 田園の守り人たち
      『田園の守り人たち』そこに手伝いにやってくる働き者の娘。派遣労働者という感じ。最初に長男が捕虜になる。もうひとりの息子が戦死して、暗い感じになるけど、下の弟は働き者の娘と出来てしまう。その恋物語がいい感じだけど、アメリカ兵がやってきて長男の嫁さんにすきができてちょっかいを出す。
      いいね

      良い
    • 田園の守り人たち
      『田園の守り人たち』この映画は芸術性が高い。フランスの田舎の田園風景に寒色の青を貴重とした衣服や窓枠。フェルメールの絵画のような。それでいてストーリーもしっかりしている。第一次世界大戦でドイツとの戦争に駆り出される男たち。残った女と年寄で田園を守っていく母。家畜や畑もある大農家。
      いいね

      良い
    • 真実
      『真実』樹木希林はリクガメにされた爺さんだった。あと死んだサラという(大女優の妹でビノシュの面倒見のいい叔母さん)が死んだ女優で実際には出てこないんだけどドヌーヴの実際の妹フランソワーズ・ドルレアックを想像した。そのサラの再来役のマノン・クラヴェルは注目。
      いいね

      良い
    • 真実
      『真実』女優である母と娘の葛藤のドラマ。ベルイマンの『秋のソナタ』を思い浮かべたけどそこまでハードではなく最後は是枝節の家族映画となっていた。カトリーヌ・ドヌーヴは年老いた落ち目な大女優を好演している。ビノシュの娘もそれなりで、一是枝監督はロリコンかと思うぐらい子役の子がいい。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....