TOP >araojiマイページ

araoji

さんのマイページ
araoji
つぶやいた映画
901 本
総ツイート
905 件
マイページ閲覧数
16,255 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
3 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
901 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 蜘蛛の巣を払う女
    クリード 炎の宿敵
    マチルダ 禁断の恋
    マダムのおかしな晩餐会
    おかえり、ブルゴーニュへ
    パウロ 愛と赦しの物語
    レディ・バード
  • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    クソ野郎と美しき世界
    ダンガル きっと、つよくなる
    一陽来復 Life Goes On
    長崎ぶらぶら節
    武曲 MUKOKU
    20センチュリー・ウーマン
  • 花戦さ
    ゴールド/金塊の行方
    LOGAN/ローガン
    光<河瀬直美監督>
    家族はつらいよ2
    ちょっと今から仕事やめてくる
    美しい星
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 蜘蛛の巣を払う女
      『蜘蛛の巣を払う女』を観る。 ミレミアムシリーズ第4作、1作目の「ドラゴンタトゥー・・」から出演者は変わってるわ、人間関係の説明無い?ので多少の予備知識ないと厳しいと思う。 まぁ、展開早いし流れに身を任せるのもありか・・・?
      いいね
      評価
      なし
    • マダムのおかしな晩餐会
      『マダムのおかしな晩餐会』を観る。 メイド頭が、その家の晩餐会に参加する事で起こるコメディ。 仏映画独特の大人のエスプリが効いて面白かった。 配役もなかなかいい。
      いいね

      良い
    • クリード 炎の宿敵
      『クリード 炎の宿敵』を観る。 ロッキーシリーズが、スクリーンの向こう側で時を刻んでいるのを実感できる作品。 胸アツである。
      いいね

      良い
    • 日の名残り
      午前10時映画祭作品『日の名残り』を観る。 英国貴族の執事の回顧録。 執事の仕事を極めるあまり自分を律する強さを持つが、それによる哀しみが垣間見える。 全てのみ込んでいるのだろうが・・・。 原作を読みたくなった。
      いいね

      良い
    • マチルダ 禁断の恋
      『マチルダ 禁断の恋』を観る。 皇太子ニコライとバレリーナの恋物語。 悲嘆恋物語と思っていたら、優柔不断の男としたたかな小悪魔に、それぞれの思惑持った取り巻きのドタバタ?だった。 ラストの花火がニコライの最後を案じさせる。
      いいね
      評価
      なし
    • パウロ 愛と赦しの物語
      『パウロ 愛と赦しの物語』を観る。 カエサル皇帝時代の使徒パウロの物語。 キリスト教迫害時代の聖書エピソードだが、信者でないので解りづらい。 しかし、丁寧に創られている。
      いいね

      普通
    • おかえり、ブルゴーニュへ
      『おかえり、ブルゴーニュへ』を観る。 父親の危篤で故郷のワイナリーに帰った主人公に、遺産や経営の問題が立ち上がり・・と云う物語。 農園の四季と育ってきた家族との歴史や感情が丁寧に撮られとてもいい。 「夏子の酒」好きにオススメ。
      いいね

      良い
    • レディ・バード
      『レディ・バード』を観る。 ある意味エキセントリックでこじらせてる女の子の物語。 家族や友人周りに受け入れられたがってる姿が、昔の自分の姿と重なり痛くもあり愛おしい。 この後の姿も観てみたい。
      いいね

      良い
    • ダンガル きっと、つよくなる
      長崎セントラル劇場で『ダンガル』を観る。 父親の果たせなかったメダルの夢を、娘たちに託した二人三脚の物語。 ド直球のスポ根物に、インド映画特有の演出がハマり大絶賛!!ヽ( ̄▽ ̄)ノ
      いいね

      良い
    • オール・ザット・ジャズ
      午前10時の映画祭作品『オール・ザット・ジャズ』を観る。 オーディションやスタンドダップの編集を織り交ぜながらの演出家の生涯を映し出す物語。 「It's syowtime.」からの日々と、女神?を介して自問する演出がとてもいい。
      いいね

      良い
    • 地獄の黙示録
      午前10時の映画祭作品『地獄の黙示録』を観る。 前半での戦場の狂気と後半の静かなる混沌(カオス)。 戦争映画の最高・最悪の作品と云っていい。( ・ω・)
      いいね

      良い
    • 一陽来復 Life Goes On
      『一陽来復 Life Goes On』を観る。 震災被災地の人々を追ったドキュメンタリー。 映画の中で、「忘れないこと、無かった事にしない。」と云うことを語られていて心に残った。
      いいね

      良い
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      『アイ,トーニャ』を観る。 トーニャの生い立ちからと襲撃事件の真相の物語。 久しぶりにヤンキーで突き抜けた面白味あるクライムムービー。 才能と努力の人ながら、その灰汁の強さの主人公トーニャが愛おしい。(爆)
      いいね

      良い
    • クソ野郎と美しき世界
      『クソ野郎と美しき世界』を観る。 オムニバスと知りながら、途中で帰りたくなったがガマンして観た。 3章+結びで、3人の特色とプロモーション?が結び着いた感じ。 まぁ、こんなもの?ではないかな。(´・c_・`)
      いいね

      普通
    • 牯嶺街少年殺人事件
      『牯嶺街少年殺人事件』リマスター版を観る。 台湾建国時にの殺人事件も元にした物語。 閉鎖的なコミュニティ?で次第に歪んでいく少年とその周囲の姿を、じっくり写し出す作品。 長尺ですが、画面への集中力を切らさない作品でした。
      いいね

      良い
    • 夜に生きる
      『夜に生きる』を観る。 ベン・アフレックのクライム物て期待してたのだが、 ベン演じる主人公が受け身な印象。(´・ω・`) もっと、あのアゴをシャクってドンパチやって欲しかった。
      いいね

      普通
    • 武曲 MUKOKU
      『武曲』を観る。 役者が良くて期待してたのだが・・・、 身内に小学生からずっと剣道やってる【剣道バカ(褒め言葉)】がいるんで受け入れられなかった。 狂犬に棒切れ持たせての殴り合いで、剣道でもないと思う。
      いいね

      残念
    • 光<河瀬直美監督>
      『光』を観る。 映画の音声ガイドを作る女性と視力を無くしつつあるカメラマンの物語。 眼が不自由な人にどう作品を伝えるか、それはその人に寄り添うこと。と云われた様な気がする。 ついつい、劇中劇の作品の伝え方を考えてしまったのさ。
      いいね

      良い
    • 破裏拳ポリマー
      『破裏拳ポリマー』を観る。 もう、タツノコプロの実写化はやめたって・・・。 《懇願。》
      いいね

      残念
    • ゴールド/金塊の行方
      『ゴールド 金塊の行方』を観る。 三代続いた鉱山会社の一攫千金の実話を元にした物語。 マシュー・マコノヒーのハゲデブキャラと胡散臭さげながら、ある意味誠実さがいとおしい。 まぁ、あの状況で一山当てたらああなるわ。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....