TOP >bamuse47マイページ

bamuse47

さんのマイページ
bamuse47
つぶやいた映画
279 本
総ツイート
285 件
マイページ閲覧数
3,572 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

bamuse47さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
279 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 長沙里9.15
    新喜劇王
    ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    ムルゲ 王朝の怪物
    PMC:ザ・バンカー
    チャーリーズ・エンジェル(2020)
    ミッドサマー
  • スウィング・キッズ(2019)
    1917 命をかけた伝令
    ザ・ピーナッツバター・ファルコン
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    9人の翻訳家 囚われたベストセラー
    無垢なる証人
    ジョジョ・ラビット
  • フォードvsフェラーリ
    パラサイト 半地下の家族
    エクストリーム・ジョブ
    スピード・スクワッド ひき逃げ専門捜査班
    家族を想うとき
    シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション
    【Netflix映画】アイリッシュマン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ライフ・イットセルフ 未来に続く物語
      『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』クラッシュとブルーバレンタインの掛け合わせ的な巡り合わせ物語。オリビアワイルドがよかった。とても。世界を巡る映画は楽しいし、お得な気がする。
      いいね

      良い
    • 長沙里9.15
      『長沙里9.15』今も緊張が続く南北間だが、戦争映画がつくられ公開されるのは不思議な感覚である。物語かフィクションか。家族を想い、故郷を懐しみ、そこに死亡フラグが点滅し物語がすすむ。冷めた見方ではあるが、ミーガンフォクスはいいね。
      いいね

      良い
    • 新喜劇王
      『新喜劇王』夢を追いかけ続ける者の魂の強さに感服。そこら中の笑いの中に演技の本質はある。自分の身体から滲みでる狂気をコントロールする時に才能は昇華する。しっかし香港は中国に飲み込まれなければいいのだが。
      いいね

      良い
    • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
      『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』3ヵ月ぶり鑑賞。複雑な話はアメコミならでは、虐げられた女子チームのカッコ良さよ。男社会を痛烈にパンチする軽やかな女任侠伝。ハーレイ・クインとワンダーウーマンはいいね。
      いいね

      良い
    • ムルゲ 王朝の怪物
      『ムルゲ 王朝の怪物』正しい怪獣映画である、王朝時代の定番王様家臣騒動による不幸な時代をムルゲがぶった斬る。主役チームの明るさにより、悪役人が際立つ構図はいいね。エンタテイメント怪獣ビバ!
      いいね

      良い
    • PMC:ザ・バンカー
      『PMC:ザ・バンカー』韓国映画のグローバル感は凄い。一方で主な舞台は地下室という狭小な空間という。IOTを駆使した肉弾戦では多少時間軸が?だが、ハジュンウの一人舞台はテロライブの続編か。救命をドラマティックに描くのはゲームのよう。
      いいね

      良い
    • ザ・ピーナッツバター・ファルコン
      『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』ロードムービーのあるべき姿を見た。心と身体に悩みを抱えた者同士がプロレス学校をゴールとして紡いでいく物語って、とてもハートフルであった。味のあるキャラが楽しいし、ダゴダもセクシーでいい。泣ける。
      いいね

      良い
    • チャーリーズ・エンジェル(2020)
      『チャーリーズ・エンジェル(2020)』今作を過去のチャリエンと比べると成熟したレディのアメリカンな灰汁が抜けて、澄み切って爽やかなガールズになったよう。彼女達は身体張るしリベンジ感に震えるし、でも可愛いくてセクシーだし。
      いいね

      良い
    • ミッドサマー
      『ミッドサマー』ホラーの前にブラックコメディだわ。倦怠期の恋人同士の話だわ。ホルガの人々の佇まいや踊りの不気味さたるや凄い。大学生たちを祭に飲み込まれていく様の上手い事、そして可笑しいこと。デザインコンセプトも最高にいい味出してる。
      いいね

      良い
    • 1917 命をかけた伝令
      『1917 命をかけた伝令』戦場の臨場感が圧倒的。観客は主人公と共に走る、泳ぐ、撃つ、そして命令を遂行するため命をかけるのを観る。これは神の眼なのか。神の悪戯に翻弄されながら、主人公は躍動する。パンチの効いた映画である。
      いいね

      良い
    • 家族を想うとき
      『家族を想うとき』貧困から這い上がれないのは本人の努力不足なのか。政治や時代が悪いのか。働けば働くほど幸せが遠ざかってゆく不条理さよ。都合のいい雇用関係は社会を不幸にするだけだわ。お父さんはきっと大器晩成だと信じる。
      いいね

      良い
    • ジョジョ・ラビット
      『ジョジョ・ラビット』戦争とファンタジーは地続きなのか。ナチスの思想をポップに、そして残酷に描くとお伽話のようだ。何が悪いかわからない子どもは禁じられた遊びの如く日夜イメージに浸る、想像力は生きる原動力になる。スカヨハはステキだ。
      いいね

      良い
    • スウィング・キッズ(2019)
      『スウィング・キッズ(2019)』不条理な戦時下に鳴り響くタップダンスは魂の叫びか。イデオロギー、国籍、格差を吹き飛ばして、ただ己れを解放するダンスの瞬間こそが生きる証であったのか。監督の音楽の趣味の良さ、痺れる物語でした。
      いいね

      良い
    • 9人の翻訳家 囚われたベストセラー
      『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』構成のしっかりしたミステリーを読んでるような見応えでした。翻訳者達のキャラとお国柄が出るくだりは微笑ましいね。出版社は独裁会社が多いのは万国共通に一発当たれば感のある業態なのだろう。
      いいね

      良い
    • フォードvsフェラーリ
      『フォードvsフェラーリ』映画の醍醐味満載。スポコン映画!気持ちいいくらいの勝利至上主義!純粋な物作り野郎VSマーケティングという会社の話でもあった!そして家族愛ありの万全な映画で素晴らしい!
      いいね

      良い
    • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
      『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』007とキャプテンが対峙とは。。バーチャルAIにハロウィン、へレディタリー等の豪華キャストが織りなす最上級の探偵物語であった。楽しいし何処か懐かしいアガサクリスティ感を満喫!
      いいね

      良い
    • 無垢なる証人
      『無垢なる証人』障害がある時点でお涙頂戴バイアスによる物語性欠如止む無しの安いドラマとは大違い。シナリオと役者がしっかりしてる故上質なドラマを楽しめた。格差社会、階級差別、貧困は今は特に外せない視線ですね。
      いいね

      良い
    • 【Netflix映画】アイリッシュマン
      『【Netflix映画】アイリッシュマン』さすがネトフリリッチな映画であった。老齢デニーロ、スコセッシの集大成と言うべき風格の作品。物語の息遣いの巧みさ、編集、構図、音楽のセンスの良さが際立つ至高のギャング一代記であった。
      いいね

      良い
    • エクストリーム・ジョブ
      『エクストリーム・ジョブ』各所に散りばめられたギャグオンパレードの小気味良さ!イケメン、美人がいなくても成り立つ麻薬取締班キャラ設定の絶妙さ!結末に向けて疾走する物語の展開とノリノリの音楽の心地良さ!カルビ味のチキン食べたい!最高!
      いいね

      良い
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』今年の締めはボンジュノ。超ド級の傑作。流石のパルムドールであった。格差社会を生き抜く二つの家族の話だがシナリオ、演出、構図は完璧過ぎる。人間の業の深さよ。。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....