TOP >boushi24マイページ

boushi24

さんのマイページ
boushi24
つぶやいた映画
140 本
総ツイート
150 件
マイページ閲覧数
2,425 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
140 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
    ボヘミアン・ラプソディ
    イコライザー2
    未来のミライ
  • カメラを止めるな!
    万引き家族
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    キングスマン:ゴールデン・サークル
    KUBO/クボ 二本の弦の秘密
  • IT/イット “それ”が見えたら、終わり。
    ブレードランナー 2049
    バリー・シール/アメリカをはめた男
    アトミック・ブロンド
    猿の惑星:聖戦記
    エイリアン:コヴェナント
    ダンケルク
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ジャッキー・ブラウン
      『Jackie Brown』まどろっこしいことをやってないで、運び屋なら、さっさと金を持って逃げればいいのに、そうじゃないのはなんだろうと。タランティーノはお話が見せたいんだなと思った。パムグリアに一目惚れするロバートフォスターが渋い。デニーロもバカの役をしっかり演じている
      いいね

      良い
    • 宮本武蔵
      『宮本武蔵』唯一、タケゾウがあれだけの役人や村人に追われる理由が全くなく、追われなければ特に乱暴者でも無かったのでそこの理屈がうまく作れなかったのかと思う。武蔵をなんとかしなければと思う、今でいえば海老蔵ばりのいい男 三國連太郎と、徐々に武蔵を好きになっていくお通の清純さが良い。
      いいね

      良い
    • ヒルコ 妖怪ハンター
      『ヒルコ 妖怪ハンター』観るのに耐えられない映画はたくさんあるが、これは酷すぎて逆になぜなのか考えさせられた。脚本や演出、総合的に。。見た目に工夫はあっても、まともに人物や生活を掘り下げてから作らないと、そこがすっぽ抜けたままなので安いセットもあってか浅すぎる映像作品となっている
      いいね

      残念
    • インヒアレント・ヴァイス
      『Inherent Vice』話が解り辛いが、大人な映画。(皆が調べるでしょうが)ある時代の終焉を描いている?のだとか。強面の警察官ビックフットが意外と切ないし、何気に良い挿話もある。これはPTA流の青春映画みたいなものだったのかも。ヤク中の小汚いおっさんや娼婦しか出てこないけど
      いいね

      良い
    • ションベンライダー
      『ションベンライダー』長年気になっていたが、やっと観た。デビューから2作ちゃんとした?映画を撮ったら、こういう無茶苦茶な映画も撮りたくなるんだろうなあ、、正直突き抜けているというより底が抜けているので観るのはきつい。監督にこだわられての長回しはスタッフにとっては大変だったと思う
      いいね
      評価
      なし
    • キャロル
      『Carol』キャロルを魅力的に撮っている。ただ結婚が破綻しても、同性愛なら何をやっても許されるのか?彼女はどう考えても無茶苦茶な人物。男性は全て背景的扱い。巧みな演出で意味深げな感じだが、テレーズの心のバックボーンが、それ程描けてはいないと思う。魅力的な人には抗えないのはわかる
      いいね
      評価
      なし
    • グラディエーター
      『Gladiator』次の皇帝を期待される将軍ラッセルが陰謀で処刑される寸前に逃亡、傷ついた体にもかかわらず、あっという間に遠方の故郷へ帰宅。倒れている間に奴隷にされ、モロッコ?で闘士になるという有り得ない展開。皇帝の姉との過去の関係もよく解らず。細部が雑なので大味な映画に感じた
      いいね

      残念
    • ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女
      『The Girl with the Dragon Tattoo』一見複雑に見える話だが、離れ島の家の位置、橋、編集部など場所の設定が明快だからか分かり易い。古写真の謎解きはブレードランナーの例のシーンを思い出した。事件の解決も1つのテーマだが、登場人物の生き様がよく描かれていた
      いいね

      良い
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『Once Upon a Time in Hollywood』あくまでも史実:陰惨な事件を元にして、、っていうのがミソだと思う。何が起こるのかと思うが、元にしてるだけであとは自由w。泣き上戸な喜劇俳優に徹するディカプリオもいいが、とぼけた感じのブラピも良い。見た後は何故かほっこり
      いいね

      良い
    • サプライズ
      『YOU'RE NEXT』世にあるただ怖がらせるだけの精神的病理的なホラー映画は受け入れ難いし、それに何か意味があるかもわからない。転じてコメディー風味が入ってくると束の間のエンターテイメントになり、腑に落ちる映画になる気がする。この映画はソレであり、楽しい
      いいね

      良い
    • 宇宙人東京に現わる
      『宇宙人東京に現わる』セットにしても何にしても物凄く真面目に丁寧に作られた映画。だから宇宙人のデザインがアレなのはワザとなんだろうと思う(あの形状で円盤の操作とかできるんだろうか、、そういうリアリティーを全部すっ飛ばしてもOKな時代だった?)で、流し見してしまったので採点しません
      いいね
      評価
      なし
    • 新・兵隊やくざ
      『新・兵隊やくざ』シリーズ3作目で今ひとつな感じはあるが、この妙な世界観が好きになったので、割と楽しい。2作までは抜群に面白くて、これ以降は全部同じような感じなんだろうなあ、、
      いいね
      評価
      なし
    • 悪名
      『悪名』最後に出てくる組長はオロナインのおばちゃんか、、凄いものを見た感じ。最初は関西弁でよくわからなかったが、すぐ引き込まれてあっという間に見終わった。
      いいね

      良い
    • 天国にいちばん近い島
      『天国にいちばん近い島』亡き父親に聞いていた憧れの島を見つける為に、南の島をうろうろしてみたけれど何処にも見つからず、結局、現地で好きになった男の子の憧れの場所が「日本」だったのに衝撃を受ける、という話なのかな?だとしたら良いとは思うが、ほぼ原田知世を見せるための作りで辟易もした
      いいね
      評価
      なし
    • 時をかける少女
      『時をかける少女』誰も言わないが、音楽が凄くいい(松任谷正隆氏によるもの?)映像のポップな感じや、ラストの唄のシーンはアイドル映画だから仕方なく付けたものなのではないかとは思う。いろんな欠点があるのだとは思うが、それ以上に尾道を舞台にした本編が叙情的で良すぎる。。名作でしょう。
      いいね

      良い
    • 続・兵隊やくざ
      『続・兵隊やくざ』傑作とされている後年の「兵隊やくざ・大脱走」よりいいのではないかな?かなりキチンと作られている。そして、ニヤニヤが止まらない。
      いいね

      良い
    • 兵隊やくざ 大脱走
      『兵隊やくざ大脱走』五作目。出てきただけで笑える二人だが、1作目の新鮮さが薄れ、ハナシとしてどうなのかが問われていると思う。登場人物(一途な上官に見える有田上等兵も含め)は皆、常に隙あらば前線から逃げることを考えてる訳で、、主役の根っこに生真面目な部分がないと作品としては辛い。
      いいね
      評価
      なし
    • 三十九夜
      『The 39 Steps』細部の辻褄が合わないところもあるが、プロット段階の脚本のようで、展開が早く(早すぎ?)面白い。どちらかといえば、分からず屋の女性より、山小屋の親切な奥さんと結ばれるべきだった。後年のチャップリンの独裁者、ブルースブラザーズ等にも影響を与えているのかも。
      いいね

      良い
    • 兵隊やくざ
      『兵隊やくざ』戦争は一切出てこず、部隊内部の騒動のみなのが潔い。話は無茶苦茶気味で面白い。なんなのこれ?おっさんずらぶ?
      いいね

      良い
    • 座頭市物語
      『座頭市物語』勝新太郎の目の演技が凄い。何気なくユーモアもあり、特異で独特な映画。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....