TOP >cheshirenobtaマイページ

cheshirenobta

さんのマイページ
cheshirenobta
つぶやいた映画
281 本
総ツイート
412 件
マイページ閲覧数
1,356 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

cheshirenobtaさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
281 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • DUNE/デューン 砂の惑星
    アナザーラウンド
    鳩の撃退法
    ブラックバード 家族が家族であるうちに
    5月の花嫁学校
    ナタ転生
    キング・オブ・シーヴズ
  • この世界に残されて
    アーニャは、きっと来る
    みをつくし料理帖
    #フォロー・ミー
    ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
    のぼる小寺さん
    五億円のじんせい
  • アメリカン・アニマルズ
    12か月の未来図
    ブラック・クランズマン
    ふたりの女王 メアリーとエリザベス
    グリーンブック
    ボヘミアン・ラプソディ
    億男
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • DUNE/デューン 砂の惑星
      『DUNE/デューン 砂の惑星』つづき。わたし的にはジェイソン・モモアのビジュが彼史上最高に好みで、後半ダンカンが映るたびに「かっこいいー!」と心の中で叫んでたよ。同時に「誰かに似てるんだよな」と考えてもいた。そして答えが見つかり… https://t.co/3Iu1q8t5U0
      いいね
    • DUNE/デューン 砂の惑星
      明日公開『DUNE/デューン 砂の惑星』試写感想。ヴィルヌーヴの『メッセージ』に通じる哲学的な美しさ(なんのこっちゃって感じだが、あの作品が好きな人ならわかってくれるはず)と世界観に静かに興奮。 メランジが舞いあがる砂漠の風景が好きすぎる。
      いいね
    • アナザーラウンド
      『アナザーラウンド』(9月3日公開)。そんな実験うまくいくわけないやろと、マーティン(マッツ・ミケルセン)たちの行く末を想像してはらはらしっぱなし。 でも、この実験が孤独なものじゃない。そこがマーティンの幸せなところなんだよなぁ。… https://t.co/Qe9TlyB1df
      いいね
    • 鳩の撃退法
      『鳩の撃退法』(8月27日公開)。幸地秀吉(風間俊介)の妻・奈々美(佐津川愛美)、薄皮が剥がれるように本質が見えてくるところが怖いんだよなあ。佐津川さんがもたらす粘着質な手触りがまた不穏な空気をかきたてる。
      いいね
    • ブラックバード 家族が家族であるうちに
      オスカー女優初共演作で光るあの子は何者?『ブラックバード 家族が家族であるうちに』(杉谷伸子) - Y!ニュース https://t.co/UJoCHMI05m
      いいね
    • 5月の花嫁学校
      良妻なんてぶっ飛ばせ!女性たちの“革命”を朗らかに描く『5月の花嫁学校』(杉谷伸子) - Y!ニュース https://t.co/AM2iTCQokr
      いいね
    • ナタ転生
      本日公開『ナタ転生』。サイバーパンクなテイストと中国古代伝説の融合がめちゃくちゃかっこいい!カーチェイスとかアクションももちろんかっこいいんだけど、中国の建築(古風なものも現代的なものも)とパンクがこんなに合うとは。シーンが変わるたびに興奮してたよ。
      いいね
    • キング・オブ・シーヴズ
      『キング・オブ・シーヴズ』は人間の弱さと情けなさも可笑しみを交えて魅せてくれる名優共演もお楽しみだけれど、要所要所で挿入される彼らの若き日がめちゃくちゃクール。あのメンツでのストーリーが観たいくらいに空気感が好みだよ。
      いいね
    • この世界に残されて
      『詩人の恋』と『この世界に残されて』(12月18日公開)の主人公たちの選択。選択の仕方は違うけど、その切なさが、私の中で響きあってる。
      いいね
    • みをつくし料理帖
      『みをつくし料理帖』。澪と野江の絆と想いが沁みる世代としては、角川映画を彩ったスターが次々登場するのもたまらん。その豪華キャストのなか、顔を見せる松山ケンイチの風情が、めちゃくちゃ好き。現代モノでああいう空気感の役、観たいわぁ。 小関裕太の永田源斎も素敵だった。
      いいね
    • アーニャは、きっと来る
      SCREEN 12月号。『美男ですよね?』のノア・シュナップのもう1本は『アーニャは、きっと来る』(11月27日公開)。トーマス・クレッチマンとの共演てところもポイントだけど、彼が演じるドイツ兵がまたいい。『戦場のピアニスト』にさ… https://t.co/lYiXphZW9E
      いいね
    • ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
      思いがけない余韻といえば、『ブリング・ミー・ホーム 尋ね人』もたまらなく好き。 絶望の中でも、やはり希望は母の強さだ。
      いいね
    • #フォロー・ミー
      『あさイチ』してた。私も『行き止まりの世界に生まれて』好き!しんどいドキュメンタリーが待っているかと思いきや、閉塞感に覆われたはずの街を疾走するスケート仲間たちの風景には青春の瑞々しさが溢れてる。被写体との距離の近さと監督の視線の深さと映像センスが見せてくれるドラマに感動する。
      いいね
    • のぼる小寺さん
      『のぼる小寺さん』。おばちゃんには若すぎる世界ではと思いきや、好きなことに一生懸命の小寺さんの透明感にも、そんな彼女の姿に勝手に背中を押される同級生たちにも、優しい気持ちにさせてもらった。恋とも呼べないほどの瑞々しい空気感もたまらない。この幸せを友達にも味わってもらいたくなる。
      いいね
    • 五億円のじんせい
      『五億円のじんせい』レビューをUPしました。1回目はいい映画だなと思った。すべて知って見る2回目はいろいろ沁みて何度も泣いた。 「五億円、返してから死ぬ」。かつて募金で命を救われた少年の決意の先にあるのは?『五億円のじんせい』(… https://t.co/cP7ldq3MCR
      いいね
    • アメリカン・アニマルズ
      ジャック・ロウデン目当てで『戦争と平和』。ここでも軍服姿がとっても素敵で、そういう旨の台詞も出てきて激しく同感してたんですけど。ジェームズ・ノートンがまた素敵。『アメリカン・アニマルズ』といい、『ダンケルク』組チェックに行って、ほかの役者の魅力も再認識。ダンケルク効果拡大中。
      いいね
    • アメリカン・アニマルズ
      題材とバリー・コーガンに惹かれて、結果、ブレイク・ジェナーが改めて気にる存在になった『アメリカン・アニマルズ』。役者たちもいいけど、何が好きって、大人になった当事者本人たちがもたらす苦さ。愚か者たちのサスペンスとしても好きだけれど、結果、人間ドラマとして響く。
      いいね
    • 12か月の未来図
      『12か月の未来図』。冒頭の授業シーンの緊張感がめちゃくちゃリアル。「どうかあたりませんように」と祈っていた、おっかない先生の授業の記憶が蘇って、笑っちゃったよ。
      いいね
    • 12か月の未来図
      本日公開『12か月の未来図』。音楽家として行き詰まった主人公が新しい世界に出会う『オーケストラ・クラス』も良かったけれど、こちらはエリート教師が教育困難校に派遣されるというのが逆に新鮮。もちろんこの主人公も自分を見つめ直すことになるのだが、ラストが粋。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      本日公開『ブラック・クランズマン』。『パターソン』以来、何を観ても「アダム・ドライバー素敵」状態で、作品の本質を見失う危険を自覚しているのだが、クワメのスピーチには主人公同様に心を揺さぶられる。価値観の基準について、ね。 アダムの思いがけず俊敏なアクションにも痺れたけど♡
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      xxtonchiki
      3441movies / tweets

      follow us