TOP >chicaottoマイページ

chicaotto

さんのマイページ
chicaotto
つぶやいた映画
328 本
総ツイート
334 件
マイページ閲覧数
3,743 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

chicaottoさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
328 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 僕たちは希望という名の列車に乗った
    止められるか、俺たちを
    ザ・プレデター
    カメラを止めるな!
    孤狼の血
    コンフィデンシャル/共助
    否定と肯定
  • ブレードランナー 2049
    バリー・シール/アメリカをはめた男
    アトミック・ブロンド
    アウトレイジ 最終章
    サーミの血
    三度目の殺人
    ダンケルク
  • 新感染 ファイナル・エクスプレス
    LUCK-KEY ラッキー
    ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦
    ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
    ありがとう、トニ・エルドマン
    メッセージ
    哭声 コクソン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • あなた、その川を渡らないで
      『あなた、その川を渡らないで』類まれなる人権意識の持ち主のおじいさんとそれに愛情たっぷりに答えるおばあさんが昔話のような生活をしています。未だに出会った頃のままのようなお二人でしたが時は着実に流れるのでした。ひたすら愛おしい。
      いいね

      良い
    • 小さな池 1950年・ノグンリ虐殺事件
      『小さな池 1950年・ノグンリ虐殺事件』映画化の意義や醍醐味というのは私のように事件を知らない世界中の人々に周知できる事だと思う。先日ドキュメンタリー番組で当時の米軍が涙ながらに「民間人の避難民なのに殺せと言われた」と語っていた。
      いいね

      良い
    • ミッドナイトクロス
      『ミッドナイトクロス』一見、ギャグで無駄のような冒頭が後から効いてくる。テンポも原題もイカす。あちらの映画によくある自らの危険を顧みずすぐに助ける精神、いいよね。主人公が軍隊上がり。クライマックス、曲も音も耳にこびりつく。
      いいね

      良い
    • アトミック・ブロンド
      『アトミック・ブロンド』シャーリーズ姐さんかっけえー。接触戦闘シーンもすごいな。結構長回しだし。相棒パーシヴァルがこの時代の混沌としつつもギラギラしたベルリンを体現しているようで良かった。ラスト、アメリカ製作じゃああなるわな・・・。
      いいね

      良い
    • 僕たちは希望という名の列車に乗った
      『僕たちは希望という名の列車に乗った』支配統制されてはいるが青春を謳歌する若者たち。ささやかな意思表示が国家をも巻き込む大事に。そして権力が牙を若者たちに向ける。主人公がクラスメートに言う「自分で考えろ」というセリフがずしりと響く。
      いいね

      良い
    • プロメテウス
      『プロメテウス』古代宇宙飛行士説をとる設定が面白かったです。オープニングの神ともくされる超人が、自身を遺伝子操作して地球に同化するのですが、彼のアイデンティティーはどうなってしまったのでしょうか。ドラゴン・タトゥーの女、やはり強し。
      いいね

      良い
    • 汚れた心
      『汚れた心』日系ブラジル人の間の勝ち組vs負け組の抗争。おもしろくないはずがない。情報が遮断され閉鎖された空間だとこんな事が起こるのか。汚れた心などと他者を断罪する軍隊思想や教育はこのような結果をもたらす。普遍的なテーマだと思う。
      いいね

      良い
    • ジャンヌ・ダルク
      『ジャンヌ・ダルク』それほど重要とは思われない性描写が執拗なのとは対照的に、ストーリーの荒さが目立つような。やっぱりリュック・ベッソンは好きじゃないな。中世の髪型、衣装はとても良かったです。
      いいね

      残念
    • アクト・オブ・キリング
      『アクト・オブ・キリング』凄いものを観た。それこそ映画の醍醐味でこの映画の意義だと思う。インドネシアが凄すぎて笑ってしまう。国家ってどこの国も残虐の上に成り立っているものなのだろうな。そこにどう向き合うかも国が抱えている課題だろう。
      いいね

      良い
    • フェリスはある朝突然に
      『フェリスはある朝突然に』今観ると高校には白人しかいないし車を一瞬拝借するのは移民だし。3人のシカゴのデートシーンは良かった。授業シーンは教師も生徒もやる気なかったけど私の高校よりレベル高い。
      いいね

      良い
    • 悪魔の手毬唄
      『悪魔の手毬唄』相関図なしではわからない。当時映画館で観た方すごいなあ。救いようもない話にウィットを込めた作品。老刑事の若山富三郎が、好好爺から刑事の顔になっていく様、ラストは若山富三郎で終わる、がいい。仁科明子が神がかって美しい。
      いいね

      良い
    • サバイバルファミリー
      『サバイバルファミリー』最低なお父さん像はあるある過ぎてリアリティーがありすぎる反面、電力喪失の世界の漂白されたリアリティーのなさの落差。この家族以外は達観していて、争いもない? SFというにはほど遠い、おとぎ話の世界かよ。 
      いいね

      残念
    • ブリッジ・オブ・スパイ
      『ブリッジ・オブ・スパイ』第二の舞台であるベルリンの壁がなくなった現代に、国境沿いに壁を作ろうとしている大統領がいたり、モラルがなくなってしまった今の時代にこそ観るべき映画だった。冷戦時でも規則と自分のモラルに忠実な弁護士が主人公。
      いいね

      良い
    • 小さな恋のメロディ
      『小さな恋のメロディ』題名で損しているような。70年代初頭のファッションとインテリアがとってもかわいくて展開も早い。リアリティ溢れる子供たちの描写と大人への反逆、反体制の主題で子供映画の傑作だと思います。ラストシーンもいいんだ。
      いいね

      良い
    • 摩天楼を夢みて
      『摩天楼を夢みて』いい邦題だ。夢も希望もないパワハラ映画。まあ、売っているものは、夢かな。泡かな。ジャック・レモンの話芸、顔芸をご堪能あれ。じわじわ来るおもしろさ。"Go to Lunch!"
      いいね

      良い
    • 疑惑
      『疑惑』最初から桃井かおりを犯人と決めつけ人権侵害しまくる警察とマスコミに腹立つ。本当に昔から推定無罪って日本にないんだな。それが正義だと思っている。そこに登場するのが我らが岩下志麻姐さん、図に乗る桃井かおりとも対等だ。
      いいね

      良い
    • ありがとう、トニ・エルドマン
      『ありがとう、トニ・エルドマン』お父さんをうっとしいと思った事のある娘あるあるばかりで、笑った。こうして映画を観ると父の気持ちも娘の気持ちもよくわかる。ドイツのエリートキャリアウーマンの仕事ぶりや生活がわかって興味深かった。
      いいね

      良い
    • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
      『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』これ撮った人、マック嫌いでしょ。マックに行く気をなくす胸糞悪いいい映画でした。強者は好きだろう。ファウンダーものには商工会議所やロータリーなどはほとんど出てこないので新鮮だった。
      いいね

      良い
    • 俺たちニュースキャスター
      『俺たちニュースキャスター』パンダの出産がトップニュースとか今日的すぎてギャグになってないという。アンカーウーマン誕生の映画でもある。女性達のファッションがかわいい。大人になってと言われる主人公。オーディオコメンタリーもふざけすぎ。
      いいね

      良い
    • コンフィデンシャル/共助
      『コンフィデンシャル 共助』うう、ヒョンビンがかっこよくてしびれる。よくあんなに体が動くなあ。極めつけはトイレットペーパーで敵を倒すシーン。北出身のリーダー役の方がもう見られないとは残念。南北融和に希望を感じさせる映画でした。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....