TOP >chikap11マイページ

chikap11

さんのマイページ
chikap11
つぶやいた映画
277 本
総ツイート
676 件
マイページ閲覧数
2,632 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

chikap11さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
277 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    ジュディ 虹の彼方に
    スキャンダル(2020)
    1917 命をかけた伝令
    ハスラーズ
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    ジョジョ・ラビット
  • ダウントン・アビー
    フォードvsフェラーリ
    パラサイト 半地下の家族
    ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
    ラスト・クリスマス
    イエスタデイ
    ジョーカー
  • ジョン・ウィック:パラベラム
    アド・アストラ
    僕のワンダフル・ジャーニー
    台風家族
    トールキン 旅のはじまり
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    ロケットマン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
      『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』女性たちがバンバン相手を倒していくのは爽快。小物感漂うブラックマスク=ユアン・マクレガーのク◯っぷり。そんなユアンが見られたことは満足。
      いいね

      普通
    • ジュディ 虹の彼方に
      『ジュディ 虹の彼方に』我儘で傲慢で、でもそんな彼女にしたのは幼い頃に受けた虐待とも言える数々の仕打ち。人間らしく子供らしく過ごすことができなかったことの影響が大きすぎる。しんどい。ラストステージに、ファンとの素晴らしい絆を思う。
      いいね

      普通
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』水がジャージャーと流れる階段。半地下、もっと地下。じわじわと入り込んでいく様子が見事。こんなはずではという流れに複雑な気持ちになる。見つかる!というスリルと共に格差社会をまざまざと見せつけられた。
      いいね

      良い
    • スキャンダル(2020)
      『スキャンダル(2020)』あまりの出来事に吐きけがした。キャリアを捨ててでも戦うことを選んだグレッチェンの強さに頭が下がる。ケリーの告白に被害者の方々の深い傷を思う。誰もがこうして声を上げられる社会になることを願わずにいられない。
      いいね

      良い
    • 1917 命をかけた伝令
      『1917 命をかけた伝令』体験型戦争映画というところか。主人公と共に走り怯え立ち向かい、彼の変化を感じていく。戦争は人が人の命を奪い、馬や牛や犬、なんの関係もない生き物の命も奪う。本当に悲惨だ。途中、次々と名俳優があらわれ驚いた。
      いいね

      普通
    • ハスラーズ
      『ハスラーズ』搾取されてきた側が搾取する。やり方はともかくその主張には共感する。ラモーナのどんな境遇でも立場でもブレない姿に自分もこうありたいと願う。仲間、友情、その熱さに胸一杯。美貌はもちろんラモーナ演じるジェニファーロペス最高。
      いいね

      良い
    • ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
      『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』微妙に冴えない探偵、ダニエル・クレイグが良い。ご本人も楽しんでいたのでは。あぁ、えぇ??そうくる!という感じの謎解きで飽きさせない。豪華俳優陣もそれぞれ楽しませてくれる。面白かった。
      いいね

      良い
    • ジョジョ・ラビット
      『ジョジョ・ラビット』命、恋、、友情、差別、自由、戦争の愚かさ、大人になること、自分を信じること、そして生きること。たくさんの要素をジョジョを通して見せてくれる。ヨーキー、スカヨハ母さん、サムロックウェル大尉最高。靴紐にグッとくる。
      いいね

      良い
    • ダウントン・アビー
      『ダウントン・アビー』国王夫妻が来るという大イベントをテーマに伯爵一家、使用人、ドラマでお馴染みの面々が繰り広げる物語。時代背景や現代にも共通する社会問題もポイント。クスリと笑い、バイオレットの言葉に涙。とてもよかった。トム大活躍!
      いいね

      良い
    • フォードvsフェラーリ
      『フォードvsフェラーリ』対フェラーリ、そしてチームvsフォード。そこにキャロルとケンが互いを尊重し思いやり、果敢に立ち向かう様子にグッとくる。爆音と迫力のレースシーンに手に汗握る熱いドラマ。良かった。MデイモンCベールどちらも◎
      いいね

      良い
    • ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋
      『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』大統領選出馬を狙う国務長官と失業したてのジャーナリストのドタバタ(?)ラブコメ。政治や差別等、現代の問題点がさりげなく織り込まれているのがよい。ちょっと小粒で新年1本目にちょうどよかった。
      いいね

      普通
    • ラスト・クリスマス
      『ラスト・クリスマス』最初は主人公のダメさにイライラしたけど、ラストは涙してしまった。主人公と突然現れた青年のやりとりを主軸に、今のイギリス(世界が)が抱える様々な問題を織り混ぜているのが良い。エミリアクラークめちゃくちゃかわいい!
      いいね

      良い
    • イエスタデイ
      『イエスタデイ』ビートルズが存在しなかったことになった世界の物語。シングストリートのルーシーボイントン的位置リリー・ジェームズの生命力溢れる感が良い!ラストは多幸感のお伽噺、さらっと見るのにちょうどよい。エド・シーランの活躍に驚き。
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      『ジョーカー』この映画のこわさは、これなら仕方ないよねと思ってしまいそうになるところ。あの群衆がまさにそう。現実か妄想か、曖昧にさせるのはホアキンの上手さかも。でもやっぱり私の中ではダークナイトのヒース・レジャーがジョーカーなんだ。
      いいね

      普通
    • ジョン・ウィック:パラベラム
      『ジョン・ウィック:パラベラム』まわり全員敵状態の中、あらゆるものを使って必死に倒していく。そして最終的に戦うのは...そうきたか!次作が最後?かどうかわからないけどシリーズ通して完結する物語と思えば納得。犬、馬大活躍。次も楽しみ。
      いいね

      良い
    • 僕のワンダフル・ジャーニー
      『僕のワンダフル・ジャーニー』亡くした犬が生まれ変わってまた来てくれたらという願いを体験させてくれる。ベイリーを通して人と人、人と犬の関係をみせてくれる。我が家の犬を思い出し涙。ベイリーとイーサンの絆が肝なので前作観賞後がおすすめ。
      いいね

      良い
    • アド・アストラ
      『アド・アストラ』場所が変わるだけで人のすることはあまり変わらない近未来での、壮大な父と息子の物語だった。忘れようとした父、自分自身の中の父、そして孤独。演じるブラピを通して、繊細な心の動きを息をのむような宇宙空間と共に感じられる。
      いいね

      良い
    • 台風家族
      『台風家族』家族ってこうだよねと共感し、老いた父母のあれこれに涙。漂うB級感(ちょいちょい笑える)と話の大筋(シリアス)とのギャップがいい。皆ハマり役の中、特に藤竜也さんが良い!藤さんの存在がこの映画をより良くしたんじゃないかな。
      いいね

      良い
    • トールキン 旅のはじまり
      『トールキン 旅のはじまり』生い立ち、素晴らしい仲間との輝く日々、そして凄惨な戦争...涙した。彼が言語を創作していく様子にエルフ語を思い、もしかしたら彼の親友たちかもしれない指輪物語やホビットの登場人物たちを思った。見てよかった。
      いいね

      良い
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』ブラピとレオのバディムービー。シャロンテートってかわいらしい人だったんだろうな。怒濤のラストまでかなり長く退屈。ラスト、痛快だけど事件知ってたら笑えないよ!(笑ってる人がいた)
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....