TOP >cipriani_sマイページ

cipriani_s

さんのマイページ
cipriani_s
つぶやいた映画
803 本
総ツイート
2,285 件
マイページ閲覧数
2,038 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

cipriani_sさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
803 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • エマの瞳
    サンセット
    たちあがる女
    運び屋
    サッドヒルを掘り返せ
    グリーンブック
    女王陛下のお気に入り
  • ちいさな独裁者
    サスペリア(2018)
    未来を乗り換えた男
    アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング
    アンダー・ザ・シルバーレイク
    バーバラと心の巨人
    あまねき旋律
  • イコライザー2
    クワイエット・プレイス
    クレイジー・リッチ!
    死霊館のシスター
    ザ・プレデター
    いつも月夜に米の飯
    500ページの夢の束
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 運び屋
      パンフレットにはなかったので探す。 『運び屋』についての、イヴ・ベランジェのインタビュー。なるほど、カメラ・オペレーターは、長年イーストウッド班を勤めるスティーヴン・S・カンパネリなので、心配はなかった。… https://t.co/JtdtYjaEmz
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』のパンフレット。本作の原案となったニューヨークタイムズ・マガジン2014年6月11日初出『シナロア・カルテルの90歳の運び屋』の掲載、はすごい。そして、そうですよね、字数的に可能だったら、パンフにこういう形で載せてしまう… https://t.co/BlHaF7LwQM
      いいね
    • サッドヒルを掘り返せ
      『サッドヒルを掘り返せ』今までの映画作品ドキュメントの「謎解明」ではなく、謎解明(ロケ地はどこだったのか)は、主題ではなく、ロケ地の再現、というのは、なかなかどんな映画でもできることではないだけに、貴重な、映画完成その後の物語であ… https://t.co/vp8YhOi0ew
      いいね
    • 運び屋
      https://t.co/TEYcrUI2hO 『運び屋』 アルトゥール・サンドバルのスコア録音風景など。今のところ、このスコアの盤化(配信も)の予定なく、アメリカでのソフトリリースのタイミング頼みか。 https://t.co/ZkqkAbVtZa
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』すると、イーストウッドのような、空気のように娯楽ドラマ映画を肌で知っている映画人が撮れば、どんな脚本でも、最終的には観客を心地よくさせる作品にぐらいは仕上げられるのかもしれない。そんな気もする。もう、ただただ、そういう名… https://t.co/5vW9E3cMAm
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』の観客の誰をも置いてきぼりにしない展開は、これこそ巨匠にこそ許される「あまりにも冒険しない」という冒険のようにも思える。新鋭監督だったら、この脚本ではゴーでないんじゃないか。それは、結局イーストウッド人脈で集まる演技人の… https://t.co/1DG7jQAibN
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』このあまりにも自然な後半の展開は、それゆえに、おそらく観客が見たいと思うシーンをしっかり実現させていく。これは、娯楽人間ドラマのベテランならではのサービス精神の名人芸でニクい。そして、この映画の語り口で思われるのは、意外… https://t.co/wwfJXmZAZG
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』この丁寧すぎるほどにゆっくりした展開によって、主人公が少しずつ引き返せない道を歩み始めていることに慣れてしまう感覚が、日常的に身に染みてくる感じはある。このルーティーンを崩さざるを得なくなるきっかけ以降の展開でも、ある意… https://t.co/EGWR3Ohtbv
      いいね
    • 運び屋
      『運び屋』新宿ピカデリーにて鑑賞。イーストウッドの映画って、ひょっとして(ムダとまでは言わないが)敢えて、丁寧に丁寧に描写することで、独自のテンポを生み出している部分があるのじゃないか。本作で言えば、言わば、短編的素材を丁寧に描い… https://t.co/czoj0St0rM
      いいね
    • たちあがる女
      『たちあがる女』の名シーンとは、こういうシーンのことなのだ! https://t.co/L5peaLstPM
      いいね
    • たちあがる女
      『たちあがる女』面白かった!感想急に増えてきていて嬉しい。
      いいね
    • たちあがる女
      『たちあがる女』は、こんなシーンの方が多いイメージに自分はとれてしまったが、そういう映画なのだと伝え続けていきたい。 https://t.co/M26phxhMQa
      いいね
    • たちあがる女
      007初め、ハードでシリアスなアクションシーンでも、そのシーンで生劇伴演奏し始めたら、雰囲気が90度か180度かしらないが方向確かに変わるな。その点だけでもすごい発明の『たちあがる女』。
      いいね
    • 運び屋
      『グリーンブック』は、分かりにくいタイトルだが、これ、ピアニストを運ぶ話だから邦題『運び屋』がいいんじゃないか。 https://t.co/vpKQPX8af6
      いいね
    • たちあがる女
      そう『たちあがる女』は「面白サスペンス」です! https://t.co/KybI6KW22H
      いいね
    • たちあがる女
      この『たちあがる女』のビジュアル、一生懸命、ほのぼのヒューマンコメディの変装させている。ヒロインに大体、微笑みのイメージはなかった。このビジュアルだと、見る気起こしてない層こそ、実はバシッと響く映画なので、そこのところを強調してい… https://t.co/4dIqXHhkup
      いいね
    • たちあがる女
      『たちあがる女』の生劇伴隊側にもドラマがある。アイスランドのリズム隊と、ウクライナの女声コーラスは、それぞれの出番で存在感を出すが、次第に合奏になっていくのだ。こんな(ドラマとしての)サブテーマの出し方を見たのは初めてだ。 https://t.co/oqMBIqqNUG
      いいね
    • たちあがる女
      『たちあがる女』は地味な邦題に騙されるな的な、少しコミカルなアート映画、の顔をした大エンタテインメント! https://t.co/Xqo2LDZIsQ
      いいね
    • たちあがる女
      『たちあがる女』数々の要素が、シャイなストーリーテラーのようにポツンポツンと現れ、それらが強引に物語に生かされていく。テンポは長閑だが、その後ろに香港映画のようなアイデア満載&消化不良気にしない、がある。そう、アンゲロプロスと香港… https://t.co/MO3vgSSSS8
      いいね
    • たちあがる女
      『たちあがる女』いきなり、全編にわたって独特の色をつける奴らが現れる。なぜか現場で劇伴を演奏してくれる演奏家たち。彼らの位置がミュージカル的でもあり、ヒロインが現実以外に迷い混んでる感共のエッセンスが。北欧映画『サウンド・オブ・ノ… https://t.co/JSMJxR6gVm
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....