TOP >cipriani_sマイページ

cipriani_s

さんのマイページ
cipriani_s
つぶやいた映画
873 本
総ツイート
2,472 件
マイページ閲覧数
2,828 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

cipriani_sさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
873 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 皮膚を売った男
    ディア・エヴァン・ハンセン
    ミラベルと魔法だらけの家
    リトル・ガール
    最後の決闘裁判
    DUNE/デューン 砂の惑星
    草の響き
  • コレクティブ 国家の嘘
    スクールガールズ
    トムボーイ
    君は永遠にそいつらより若い
    愛のように感じた
    ドント・ブリーズ2
    すべてが変わった日
  • サマーフィルムにのって
    名もなき歌
    返校 言葉が消えた日
    最後にして最初の人類
    プロミシング・ヤング・ウーマン
    ライトハウス
    走れロム
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ミラベルと魔法だらけの家
      そういえば『ミラベルと魔法だらけの家』が早くも、コメディ色消して、感動ファミリーものの様相の予告に進化?していたなあ………(結局、そうなってしまうのか感)
      いいね
    • 最後の決闘裁判
      ここにきて『最後の決闘裁判』パンフない事件の再燃にいくとは
      いいね
    • リトル・ガール
      『リトル・ガール』人間個人のドキュメンタリーってどうしても、まず偶発的にその存在を知り興味を持ち、という順とばかり思っていたが、こんなアプローチもあるのか。もちろん社会問題提議も見えるが、(広義の)美しい素材への興味なのか。ジョセ… https://t.co/HRqHBEtNVe
      いいね
    • リトル・ガール
      『リトル・ガール』監督のセバスチャン・リフシッツは、現代美術界から映画に進出し2000年以来、コンスタントに作品をドキュメンタリー、フィクションともに発表し続け「トランスジェンダーの子供を持つ家族のドキュメンタリー」を撮りたいテー… https://t.co/Ra8ueeRMuM
      いいね
    • リトル・ガール
      『リトル・ガール』ちょうど直前に『システム・クラッシャー』見たものだから、少女が受ける圧倒的なストレスのドラマとして、余計にその、鑑賞者たちへの心のケアも欠かさずに話進める『リトル・ガール』側にまた別種の真摯さを覚える。大人たちが… https://t.co/Saa4nMRTXf
      いいね
    • DUNE/デューン 砂の惑星
      『DUNE/デューン 砂の惑星』参考アルバム 引用曲「フランク・ハーバード」収録 1978年作品 X https://t.co/pAAM7AY93z https://t.co/XVXugBBOwQ
      いいね
    • DUNE/デューン 砂の惑星
      『DUNE/デューン 砂の惑星』自分が見た回は、明らかに圧倒的に女性客が多くて、少し驚いたが、よく考えると、これは彼女たちがアニメで親しんでいる世界にかなり世界観的に近いのでは、と思い、勝手に納得した。コードギアス的なたとえば。
      いいね
    • DUNE/デューン 砂の惑星
      『DUNE/デューン 砂の惑星』「音楽」だが、クレジットにクラウス・シュルツの名を見つけ、なるほどタンジェリン・ドリームがもし、スコアを担当していたら、で自分は納得が少し行った。後半になってスコアはエスニックなメロディを少し形作る… https://t.co/tp8oNceEEZ
      いいね
    • DUNE/デューン 砂の惑星
      『DUNE/デューン 砂の惑星』そう、目力の近い役者たちを配した、このドラマ、言わば役者自身のオーラみたいなもので超大作のドラマの重量を作り上げていかないと行けない感じがしたが、そこへ役者を持っていくのが監督の腕なのだろう。最も圧… https://t.co/lPolIhnElO
      いいね
    • DUNE/デューン 砂の惑星
      『DUNE/デューン 砂の惑星』新宿ピカデリーにて鑑賞。このブラウン色の濃淡の微細なグラデーションの動きのスペクタクルが「物語」よりも先に感覚的に妖しく語りかけてきて個人的にヤバい。シャラメ他目力最強なキャラクターたちも美しいが、… https://t.co/G9wIoGBVPM
      いいね
    • 草の響き
      『ドライブ・マイ・カー』だけでない。感動に震える『草の響き』運転シーン。 https://t.co/CJPJMdr7J1
      いいね
    • コレクティブ 国家の嘘
      『コレクティブ 国家の嘘』このドキュメンタリーの主人公たちに寄り添い続けてきた「映画」自体がまるで、彼らの家族もしくは親しい友人になったのごとくの怒りの表明に聞こえた見えた。怒ってるなあ、この映画。冷静なスタイルのはずがあまりにヒ… https://t.co/J7JDBPKMWq
      いいね
    • コレクティブ 国家の嘘
      『コレクティブ 国家の嘘』前代未聞の瞬間が捉えられるかもしれない瞬間に密着しているため、「世界中が見届ける証拠」とでも言うべき事象は作品として残っている。が、この映画の怒りは、まるで映画も含めた彼らと、旧体制であり、なんと直後の選… https://t.co/SIr9l8LdKJ
      いいね
    • コレクティブ 国家の嘘
      『コレクティブ 国家の嘘』前半が問題発覚の発端を作った熱血記者に焦点を当て、後半は、根本からの改革に理性的に取り組もうとする若き保険省大臣にほぼ「密着」に近い形で映像がおさめられている。感じたのは、彼らがこの「映画」に映ることこそ… https://t.co/h2tSzarlBH
      いいね
    • コレクティブ 国家の嘘
      『コレクティブ 国家の嘘』シアター・イメージフォーラムにて鑑賞。 アレクサンダー・ナナウ監督は前作『トトとふたりの姉』で、まるで彼らの家族のように親密になっている上で家族のナーバスな問題に切り込んで、それを国際的社会問題のひとつと… https://t.co/nBuE4GktZn
      いいね
    • 君は永遠にそいつらより若い
      『草の響き』そして、奈緒だけれど、笑えば笑うほど、その後ろにある悲しさが明確になる、佇まいの「演技」。うなずきと疑問の中間で答える言葉のない声の複雑さは『君は永遠にそいつらより若い』でも見られた、この人独特のキャラクターの受け止め… https://t.co/HbnjtegocL
      いいね
    • スクールガールズ
      『スクールガールズ』で転入生が薦めてカセットくれるバンドのひとつ「エロス・デル・シレンシオ(ヒーローズ・オブ・サイレンス)」は、ワールドミュージックコーナーでのスパニッシュロック現地ヒットとして売った記憶ありますが、この映画の舞台… https://t.co/bTxNEHQhRM
      いいね
    • スクールガールズ
      『スクールガールズ』が『はちどり』を例えて語られるのは納得。自分は『17歳の瞳に映る世界』と二本立てでも意味があるな、とも。ラストの類似つながりなどもあって。
      いいね
    • スクールガールズ
      『スクールガールズ』一見、起承転結を見いだしにくかった、この物語が、何についてのもので、何を終着点としているのかが輪郭を持ち始める。母との外出は、それまでもかなり母娘の会話が停滞してしまっていた時以上に沈黙を深くしていくが、その沈… https://t.co/SFPekft1vV
      いいね
    • スクールガールズ
      『スクールガールズ』このドラマが90年代のドラマであることも、ポイントのひとつに。ポップ音楽が交換日記的役割を担う傍ら、冒頭の遊び歌に軽く衝撃を受けたりも。歌は、この映画の重要な部分を占めるため、様々な役割を果たす。歌わない、とい… https://t.co/N3fVYqLREB
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mattsuanko
      2647movies / tweets

      follow us