TOP >damegane_dameoマイページ

damegane_dameo

さんのマイページ
damegane_dameo
つぶやいた映画
211 本
総ツイート
636 件
マイページ閲覧数
10,861 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
211 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ジョーカー
    人間失格 太宰治と3人の女たち
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    ワイルド・スピード/スーパーコンボ
    アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲
    ハッピー・デス・デイ 2U
    ゴールデン・リバー
  • ハッピー・デス・デイ
    スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
    ホットギミック ガールミーツボーイ
    ザ・ファブル
    X-MEN:ダーク・フェニックス
    ハウス・ジャック・ビルト
    メン・イン・ブラック:インターナショナル
  • ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
    スノー・ロワイヤル
    町田くんの世界
    アナと世界の終わり
    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    アメリカン・アニマルズ
    オーヴァーロード
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ジョーカー
      『ジョーカー』ホアキン・フェニックスの怪演は圧巻。突発的な暴力描写も即物感があって良い。ただ内容は中途半端な印象だった。途中途中で今までの話を覆すような真実が発覚するのだが、その前に予想がついて驚きに繋がらず。格差社会など今に通じるテーマはあるけど、映画自体に訴求力は感じられず。
      いいね

      普通
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』細部に1969年への執念が宿った世界にどっぷり浸る映画だった。落ち目の俳優とスタントマンの友情をメインに、マンソンファミリーの影も丁寧に描かれていた。後半は駆け足気味だが、監督のサービス精神が過剰にスパークした終盤は流石だった。
      いいね

      良い
    • ワイルド・スピード/スーパーコンボ
      『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』相変わらずアクションが破天荒だが、魅せ方が工夫されていたのは良かった。組織の存在やウイルスの設定は荒唐無稽だが、シナリオも普通に家族を中心とした普通にいい話だった。ルックが均一化されてスケール感がないのと女性の撮り方がイマイチなのがマイナス。
      いいね

      良い
    • ハッピー・デス・デイ 2U
      『ハッピー・デス・デイ 2U』前作よりもSF的要素が重要になっているが、ちょっと風呂敷を広げすぎた印象。トライ&エラーの繰り返しは相変わらず工夫がされていて面白く、自殺という選択肢が増えたのも良い。ただ演出がクドく感じた部分もあったし、キャラが増えて展開がとっ散らかったのも残念。
      いいね

      良い
    • ゴールデン・リバー
      『ゴールデン・リバー』追うもの追われるものそれぞれのロードムービーになっているのが良い。追う方の兄弟のエピソードは寄り道ばかりなのだが、観ていて微笑ましい。銃撃戦は限定された空間だと忙しなくて見辛いが、シチュエーション毎に魅せ方が工夫されていて全体的に燻し銀の仕上がりだった。
      いいね

      良い
    • アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲
      『アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲』B級映画としては満足だが、前作より薄味になった印象を受けた。ギャグの切れ味は鋭いものの風刺的な要素は薄まったように感じた。その代わり娯楽色強めのアクションが増し増しになって頑張ってはいるけど、所々に制作上の限界みたいなものが見受けられた。
      いいね

      良い
    • ホットギミック ガールミーツボーイ
      『ホットギミック ガールミーツボーイ』序盤は中島哲也的な細かいカット割りで辟易するが、長回しやスプリット演出でただの恋愛映画に終わらせないという気概は感じる。挑戦的なのはわかるけど実験的止まりにしか思えず、それ以上でも以下でもない印象しか抱けなかった。話も少女漫画でよくある感じ。
      いいね

      普通
    • ハッピー・デス・デイ
      『ハッピー・デス・デイ』性悪女が殺され続けながら人生を見つめ直すっていう語り口がタイムリープものとしてはベタベタだけどスラッシャーものとのマッシュアップが新鮮だった。シチュエーションの使い方は上手いけど、効果音が過剰だったり殺され方が面白みに乏しいのとオチが弱いのが難点。
      いいね

      良い
    • スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
      『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』アクションは前作からアップデートされており、ストーリーも1人のヒーローの成長物語として良くできていた。原作の要素をアレンジしたツイスト加減が今回は上手くいってたと思う。ただはちょっと関連作品に頼る部分が大きくて単独作としての強度が欲しい。
      いいね

      良い
    • ザ・ファブル
      『ザ・ファブル』の編集はスタントコーディネーターが監修してあの出来なのか…
      いいね
    • 人間失格 太宰治と3人の女たち
      映画館のスクリーンで『Diner』と『人間失格』の予告を一緒くたに見せられるとしんどい。
      いいね
    • X-MEN:ダーク・フェニックス
      『X-MEN:ダーク・フェニックス』前評判ほど酷いとは感じなかったが、とにかく雑。キャラの動かし方は下手、シチュエーションはころころ変わるけどスケールが小さい話にしか見えない。超能力はインフレするけど新鮮味も面白味もない。唯一良かったのが列車でのアクションシーンだけだった。
      いいね

      残念
    • ザ・ファブル
      『ザ・ファブル』役者陣は好演していた。演出が安っぽく、話は原作をなぞっただけで構成が悪い。目玉のアクション自体は良いんだけど、撮影技巧が追いついていないのとどうすれば見やすくなるかの工夫が足りていない。銃器の描写はリアルさにこだわっているのに銃撃戦がファンタジック過ぎるのも難点。
      いいね

      残念
    • 町田くんの世界
      『町田くんの世界』コメディ部分の台詞の応酬と役者陣の演技は素晴らしい。特に前田敦子の独壇場と言っても過言ではない。彼女の演技だけでも一見の価値がある。内容は町田くんの電波エピソードは良いけど、恋愛パートが中だるみした印象。終盤のトンデモ展開はどうにかならなかったのか。
      いいね

      良い
    • ザ・ファブル
      ここ何日間で映画4本観たのに来週『X-MEN:DP』、『ザ・ファブル』、再来週『スパイダーマン:FFH』と気付いて財布が絶対零度ですわ。
      いいね
    • ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた
      『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』音楽を通して描かれる親子の絆とそれを取り巻く人物達のドラマ模様に見入ってしまう。ストーリー上はそこまで起伏は無いけど起承転結がしっかりしている。楽曲制作のシーンは創作の楽しさにあふれており、ライブシーンの瞬間最大風速が素晴らしい。
      いいね

      良い
    • アナと世界の終わり
      『アナと世界の終わり』ミュージカルというジャンルにゾンビを持ち込んだのは評価したいが上手くいかなかった様に感じた。ティーン向けの作りながらもゴア描写は頑張っていたが、歌部分がメロディは良いけど音が安っぽい。ドラマ部分は伏線だと思わせといて投げっぱなしの要素が多く、消化不良。
      いいね

      残念
    • ハウス・ジャック・ビルト
      『ハウス・ジャック・ビルト』観客の神経を逆撫でする残酷描写とブラックユーモアの舟盛りみたいな映画ではあるが、中身空っぽな割には芸術に対する御託を並べ出したところから退屈極まりない。監督の逆張り精神は無邪気さを感じるが、はっきり言って映画としての面白さには直結してない。
      いいね

      残念
    • X-MEN:ダーク・フェニックス
      『X-MEN:ダーク・フェニックス』のジーンを見るたびにYUK!さんを思い出してしまう。
      いいね
    • メン・イン・ブラック:インターナショナル
      『メン・イン・ブラック:インターナショナル』蓋を開けてみれば別に作る必要は感じられなかったシリーズ最新作。ストーリーはあるけどご都合主義展開が目立ち不毛なやり取りばかりに時間を割いてドラマが無く、SF描写もシリーズとエイリアンへの愛も感じられず。今年1番頭の悪い伏線回収を観た。
      いいね

      残念
      もっと見る Loading...
      Loading.....