TOP >editdiscoマイページ

editdisco

さんのマイページ
editdisco
つぶやいた映画
66 本
総ツイート
93 件
マイページ閲覧数
722 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

editdiscoさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
66 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 狼をさがして
    二重のまち/交代地のうたを編む
    トルーマン・カポーティ 真実のテープ
    私たちの青春、台湾
    #フォロー・ミー
    ヴィタリナ
    ホテルニュームーン
  • メイキング・オブ・モータウン
    風の電話
    天気の子
    嵐電
    ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる
    負け犬の美学
    未来のミライ
  • ファントム・スレッド
    あなたはわたしじゃない
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    劇場版 アイドルキャノンボール2017
    季節の記憶(仮)
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 狼をさがして
      映画『狼をさがして』見てきた。70年代半ば、日本社会を自己批判すべく企業爆破テロを起こした「東アジア反日武装戦線」のその後、45年を追うドキュメンタリー。今、韓国の女性監督がこの作品を撮った意義が、画面の端々に滲んでいた。 https://t.co/FgmwoeiiRX
      いいね
    • 狼をさがして
      映画『狼をさがして』、もう少し外部の声を入れてもよいのでは、と思いつつ、しかし全体的にはとても丁寧なつくり(撮影のパク・ヨンホル氏はホン・サンス作品の常連、編集のイ・ウンス氏はポン・ジュノ『ほえる犬は噛まない』の人、とのこと)。気になる方は早めに見るべし、と感じます。
      いいね
    • 二重のまち/交代地のうたを編む
      『二重のまち/交代地のうたを編む』『砂連尾理 ダンス公演「猿とモルターレ」映像記録』をポレポレ東中野にて。見知らぬ墓の墓参りと、足つぼマッサージの群体。
      いいね
    • 狼をさがして
      今年の春は、勝手にアジア3部作として捉えてる新作ドキュメンタリー映画が3本公開される予定で、 ・西表島の炭鉱を描いた『緑の牢獄』 ・東アジア反日武装戦線がテーマの『狼をさがして』 ・羽田闘争に焦点をあてた『きみが死んだあとで』… https://t.co/btzFjpduW8
      いいね
    • 私たちの青春、台湾
      『私たちの青春、台湾』、つらい映画ではあるけれど、とても良かった。ひまわり運動前夜から香港弾圧激化まで。台湾、香港、中国の同期的な民主化を追い求め、挫折していくプロセスと、その先。 社会運動を個人を焦点に描く限界までも、自己言及的… https://t.co/imuO5IJ34m
      いいね
    • トルーマン・カポーティ 真実のテープ
      映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』見てきた。晩年のカポーティがディスコで踊り狂ってたというエピソードは、かなり重要なんじゃないだろうか。晩年のマイルス・デイヴィスがヒップホップに間に合った、みたいな話なのでは。
      いいね
    • メイキング・オブ・モータウン
      映画『メイキング・オブ・モータウン』見た。むちゃくちゃ面白かった……
      いいね
    • #フォロー・ミー
      『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』見て確信したが、菅原正二氏が店内でインタビュー収録受けている現場、遠くの客席の片隅で俺も居合わせていたと思う(収録時期的にも間違いないのでは……)。 そして店を訪れて呟いた… https://t.co/JQYaDIYBPm
      いいね
    • ホテルニュームーン
      筒井武文監督『ホテルニュームーン』と、ドキュメンタリー『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』見た。
      いいね
    • ヴィタリナ
      ユーロスペースでキム・ボラ監督『はちどり』と、ペドロ・コスタ監督『ヴィタリナ』。堪能
      いいね
    • 風の電話
      森達也監督『i-新聞記者ドキュメント-』と諏訪敦彦監督『風の電話』拝見。図らずも共に、当たり前ではあるのだけれど、自分とは異なる他の観客と一緒に観る、ということの意味が問われる映画だった。
      いいね
    • 天気の子
      今日妻と『天気の子』見てきたんですが、作品が発するメッセージにうなずくかどうかは別として、ああ、俺たちが知っている新海誠の狂気ってコレだよコレ感が半端なかったです。あれだけポップなふりをしておいて、世界観の神髄は決して教科書に載せられないようなブッ飛び方をしている。
      いいね
    • 嵐電
      映画『嵐電』、ようやく拝見。鈴木卓爾監督の『私は猫ストーカー』から10年。世界の隙間を歩いて私たちを軽やかに惑わしていた猫は、やがて嵐電になり、時間を超えて行き来しては誰かとすれ違う化け猫になっていた。 https://t.co/h24dvfXzFt
      いいね
    • ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる
      映画の日に珍しく時間をつくれたので、1日で『あなたはまだ帰ってこない』『ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』『ビール・ストリートの恋人たち』『グッドバイ』の4本を観てきた。ぷはー
      いいね
    • 負け犬の美学
      マチュー・カソヴィッツ監督の新作が見れるのか……(『負け犬の美学』)
      いいね
    • 未来のミライ
      細田守監督『未来のミライ』インタビュー、お読みいただけて嬉しいです。作品に対していろんな意見が出てくるであろうことは、原稿の末尾で既に書いているのですが、だからこそ、ご覧になった方も、実写でもドキュメンタリーでもなく「なぜアニメー… https://t.co/hU8uaufe0F
      いいね
    • ファントム・スレッド
      ポール・トーマス・アンダーソン『ファントム・スレッド』、吉祥寺オデオンでようやく。映像自体も激ヤバだったが、ジョニー・グリーンウッドの音楽がもう本当に半端ないって!状態だった。何だあれ。
      いいね
    • 15時17分、パリ行き
      【備忘録】イーストウッド『15時17分、パリ行き』。変な映画という評が多かったけど、むしろこれほどイーストウッドらしい作品もない気が。「弱い保護者」が市民レベルで、かつアメリカを越えて国際レベルで格闘する様がそれこそイーストウッド… https://t.co/71pKSzHsA2
      いいね
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      【備忘録】ギルレモ・デル・トロ『シェイプ・オブ・ウォーター』。現在の世界への、静かなでキュートな怒りの表明。ただ、正直、もっと遠くまで行ってくれるのかと思った。もっと人間らしくない、本当に何者か分からないものとの愛とを描いてくれれば(その点ではヴィルヌーヴ『メッセージ』に軍配)
      いいね
    • ブラックパンサー
      元木淳子さんが発表された、レオノーラ・ミアノというカメルーン出身の作家が「アフリカの人々も、自分たちが奴隷貿易の子である」と認識すべきだとしている話は、アメリカ映画『ブラックパンサー』に対するアフリカからの批判と比較して考えてみたいと思った。#世界文学から見たフランス語圏カリブ海
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      writelefthand
      2111movies / tweets

      follow us