TOP >fleur_eauマイページ

fleur_eau

さんのマイページ
fleur_eau
つぶやいた映画
1,433 本
総ツイート
1,579 件
マイページ閲覧数
9,724 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
6 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1433 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 真実
    ボーダー 二つの世界
    ジョーカー
    ジョン・ウィック:パラベラム
    蜜蜂と遠雷
    WEEKEND ウィークエンド
    プライベート・ウォー
  • アス
    帰れない二人
    ガーンジー島の読書会の秘密
    おしえて!ドクター・ルース
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    聖なる泉の少女
    ドッグマン
  • ロケットマン
    カーライル ニューヨークが恋したホテル
    ピータールー マンチェスターの悲劇
    メランコリック
    あなたの名前を呼べたなら
    よこがお
    天気の子
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 蜜蜂と遠雷
      『蜜蜂と遠雷』クラシック・ピアノのコンテストを題材にするのは珍しくはないが、ドラマに割く時間を削ってでも本物の演奏に比重を置いた演出に思い切りの良さを感じる。キャストが魅力的で新人の天才ぶりも見事。馬の比喩のヒントが欲しかった。
      いいね

      良い
    • ボーダー 二つの世界
      『ボーダー 二つの世界』美醜・男女・現実や非現実と様々なボーダーが示される。北欧らしい空気感を伝える映像は原作未読ながら見事と感じる。唯一無二の世界観はギレルモ・デル・トロが賛辞を寄せたのも頷ける。ノーカット上映にも拍手。
      いいね

      良い
    • 真実
      『真実』キャストと設定でイメージしたほど傑作とはならず。冒頭の日本語台本が透けて見える説明的なくだりは乗れなかったが、演技が白熱するところから楽しめる。舞台が海外に移っても是枝テーストは健在。子役の自然な芝居もまた是枝監督らしい。
      いいね

      普通
    • ジョン・ウィック:パラベラム
      『ジョン・ウィック:パラベラム』第3弾にしてまだ風呂敷が広がるとは…。(笑) 様々なアクションのバリエーションは楽しいが、内容的には2時間を切って欲しかった。アンティーク武器店での戦いや動物を使ってのアクションに面白味を感じた。
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      『ジョーカー』アメコミのシリアス路線もここまで来るとは意外。(アメコミファンにはどうなのだろう?)信頼のない偽善者だらけの世界で「悪」は「悪」なのか。仮面をつけているのはどちらなのかの問い。ガリガリのホアキンの鬼気迫る演技が圧巻。
      いいね

      良い
    • WEEKEND ウィークエンド
      『WEEKEND ウィークエンド』運命を変えたある週末の話。ゲイを扱う内容としては珍しくないかもしれないが、ありふれた日常から非凡な境地を見せる力量は十分感じる。繊細で生々しいタッチは鮮度が高い。制作当時に一般公開して欲しかった。
      いいね

      良い
    • プライベート・ウォー
      『プライベート・ウォー』ジャーナリスト魂、ここにあり。わが身の危険を顧みずに戦場の真実を赤裸々に告発する姿に脱帽。監督がドキュメンタリー畑出身だけありリアリティ表現が巧み。ロザムンド・パイク迫真の演技は圧巻の一言。
      いいね

      良い
    • 帰れない二人
      『帰れない二人』中国が大きく変遷する中で変わらない心情にホロリ。アートフィルム的な格調を称えながらも決して難解な物語にしない監督の手腕を感じる。チャオ・タオの好演が光る。雄大な風景を生かした撮影も見どころの一つ。
      いいね

      良い
    • おしえて!ドクター・ルース
      『おしえて!ドクター・ルース』数奇な運命に翻弄された人生に引き込まれる反面、セラピストの描写は表層的。移民や性差別と言った今日性を含み、彼女の口から語られる名言の数々は笑いながらも感心しきり。性を肯定しながら生を肯定する姿に納得。
      いいね

      良い
    • アス
      『アス』前作ほど間口は広くないが、監督のインテリ性・サブカルマニア度は伝わる。ホラーで始まるが、SFになって行くあたりがピール監督らしい。趣味人による嫌味な映画。ドッペルゲンガーに出会ったら逃げるが勝ちだろう。(笑)
      いいね

      良い
    • ガーンジー島の読書会の秘密
      『ガーンジー島の読書会の秘密』ウェルメイドで安心して見てられる作品。本好きなら共感できる点もあるのでは? L・ジェームズの愛らしさや衣装・風景は見応えある。反面、彼氏の扱いが気になった。貧乏飯が美味しそうなのは映画マジック?
      いいね

      良い
    • メランコリック
      『メランコリック』邦画インディーズ界の新星か?人物設定や銭湯の使い方が上手く、アイディア賞もの。ラストの行きつく先に不満を覚えなくもないが、日陰者だった若者に希望を感じさせる狙いに背中を押される人もいるのではないか。
      いいね

      良い
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』タラの映画愛に溢れる傑作。これほどのブラピのカッコよさはいつ以来か。レオが天才子役と渡り合うシーンに悶絶。トレーラー内の芝居がアドリブとは恐れ入る。160分が短く感じられた。
      いいね

      良い
    • よこがお
      『よこがお』加害者と被害者の境界線の曖昧さに焦点を当てるサスペンス。キャラクターの色分けに特色があり、メタファー表現に唸らせられる。筒井真理子はあてがきされただけの存在感を示す。近年のメディア批判を感じさせる所もチラリ。
      いいね

      良い
    • 天気の子
      『天気の子』前作の成功に胡坐をかかずにパーソナルに寄せてきた勇気に拍手。人としての成長と見るとズレてるとみる向きもあろうが、なに最初にズレてるのは世界の方だ。新宿エリアで見たため現実と虚構が曖昧になり奇妙な感覚に陥った。
      いいね

      良い
    • ロケットマン
      『ロケットマン』派手なステージ衣装の再現や自身の歌声を披露するタロン・エガートンの熱演ぶりは見応えあるが、あの時代のミュージシャン伝記としては凡庸な演出に終始。キャスティングの妙味を味わえるエンディングは必見。歌の魅力に救われる。
      いいね

      普通
    • ウィーアーリトルゾンビーズ
      『ウィーアーリトルゾンビーズ』ゲーム画面、スタイリッシュな撮影、カラフルな色使いといかにもCMやMVを手掛けた監督らしい。乗れるか乗れないかで評価は別れそうだが、妙に主題曲のメロディが後を引く。海外で好評価を得たのは分かる気がする。
      いいね

      普通
    • ピータールー マンチェスターの悲劇
      『ピータールー マンチェスターの悲劇』歴史は繰り返すというが、現在も似たような状況はなくならない。殊更過剰な演出をしないマイク・リーだからこそ悲劇が真実味をもって迫る。弾圧に立ち向かう庶民の姿に共感できる人は多いだろう。
      いいね

      良い
    • カーライル ニューヨークが恋したホテル
      『カーライル ニューヨークが恋したホテル』セレブ御用達の豪華ホテルでのこぼれ話。映画スターや政治家らの知られざるエピソードにホッコリ。スケールの違うサービスにため息。しかし、負の側面はなかったのかと訝しむ。A・カミングに笑う。
      いいね

      普通
    • あなたの名前を呼べたなら
      『あなたの名前を呼べたなら』インドにおける階級制度や性差別の問題を痛切に感じる。丁寧な描写は好感が持てるものの、行きつく先が分かっているだけに少しヤキモキ。余りに理不尽な未亡人メイドの扱いにいつの時代の話なのかと問いただしたくなる。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....