TOP >fleur_eauマイページ

fleur_eau

さんのマイページ
fleur_eau
つぶやいた映画
1,537 本
総ツイート
1,683 件
マイページ閲覧数
12,849 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
6 人
2020年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1537 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 【Netflix映画】パワー・オブ・ザ・ドッグ
    G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ
    フリー・ガイ
    竜とそばかすの姫
    わたしはダフネ
    ピーターラビット2/バーナバスの誘惑
    クワイエット・プレイス 破られた沈黙
  • アフリカン・カンフー・ナチス
    ファーザー
    シン・エヴァンゲリオン劇場版
    ラーヤと龍の王国
    MISS ミス・フランスになりたい!
    約束のネバーランド
    パリのどこかで、あなたと
  • 燃ゆる女の肖像
    バクラウ 地図から消された村
    【Netflix映画】Mank/マンク
    【Netflix映画】シカゴ7裁判
    ある画家の数奇な運命
    マティアス&マキシム
    マーティン・エデン
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 竜とそばかすの姫
      『竜とそばかすの姫』細田版『美女と野獣』といった面持だが、実際に意図されたようだ。ドラマにやや窮屈というか無理を感じるのが難点だが、映像美と音響の高揚感は劇場でしか味わえないものかもしれない。
      いいね

      良い
    • 【Netflix映画】パワー・オブ・ザ・ドッグ
      『【Netflix映画】パワー・オブ・ザ・ドッグ』類型的には進まない西部劇。不快なのに読めない展開に目が離せないカンピオンの見事な手腕。カンバーバッチはさすがの演技巧者。画のちからを改めて感じさせる。
      いいね

      良い
    • G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ
      playasiaより『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』UHDスチールブック届いた。普通便なので時間かかったけど無傷だからOK!(前のをおさらいした方がいいのかな?) https://t.co/vJfp9UM3Ou
      いいね
    • 約束のネバーランド
      『約束のネバーランド』コミックやアニメならともかく、そもそもこの設定を日本人キャストで実写化するのは厳しいかも。メインの子供たちの芝居に説得力が欲しい。唯一、北川景子の存在感は際立つ。
      いいね

      残念
    • フリー・ガイ
      『フリー・ガイ』本来ゲームの脇役に過ぎないモブキャラをAIで成長させたら…という着眼点が妙味。パロディや小ネタの数々は一度では消化しきれないほど。最後の仕掛けに思わずウルっとくる。AIと書いて「あい」の物語と解く。
      いいね

      良い
    • ピーターラビット2/バーナバスの誘惑
      『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』前作よりもギャグに舵を切っている。スピーディーな展開でドーナル・グリーソンの体が心配になるほどのピーターの暴れっぷりに笑う。広く名を知らしめる事や商業主義の皮肉は現代社会に通じるメッセージ。
      いいね

      良い
    • ハニーランド 永遠の谷
      『ハニーランド 永遠の谷』劇映画と言われたら信じてしまいそうなドキュメンタリー。自然との共生の在り方に気づかされる。雄大な風景も見ごたえあるが、カメラの存在を消すほどの撮影が見事。ドキュメンタリー映画の一つの頂点かも。
      いいね

      良い
    • バクラウ 地図から消された村
      『バクラウ 地図から消された村』摩訶不思議な映画。多種ジャンルがミックスされる。話が動き出すのが遅いが、そこから先は読めない展開の連続。誰もが胡散臭い雰囲気を醸し出す。『ミッドサマー』『ウィッカーマン』が脳裏に浮かぶ。
      いいね

      良い
    • ブラインドスポッティング
      『ブラインドスポッティング』人種問題や貧富格差といった今日的な社会テーマを含みながら、主軸は友情物語。意外にもシリアス一辺倒にならずユーモラス。キリカブに込められた意味がジワリ…。台詞がラップになっている意外性。
      いいね

      良い
    • クワイエット・プレイス 破られた沈黙
      『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』前作の謎の敵に加え、人間への疑心暗鬼も加わったサバイバル劇。コロナ禍で抑圧された今だからこそ共感できる点が多々ある。キャストは皆熱演だが、子役の成長に目を見張る。特に娘役のM・シモンズ。
      いいね

      良い
    • わたしはダフネ
      『わたしはダフネ』 “病はハンデ”と固定観念にとらわれやすい人々に向けられたメッセージとダフネの強いまなざしが突き刺さる。いかなる道も平たんではないが、ダフネの生き方に教えられ、自分らしく自信をもって生きようよと。
      いいね

      良い
    • アップグレード
      『アップグレード』面白い。過去の近未来系SFを思い出すところもあるが、なにより作り手のSF愛を感じる。テクノロジーの利便性と危険性の背中合わせは現実に潜む課題。伏線を生かしたミステリー劇を楽しむ。描かれる近未来像が懐かしい。
      いいね

      良い
    • ラーヤと龍の王国
      『ラーヤと龍の王国』複数の女性キャラの活躍や分断された世界、疑似家族物といった今日性を感じさせる。ところどころジブリっぽさやLOTRを思わせるところも素直に「好きなんだろうな」と思わせ好感が持てる。質感の表現が見事。
      いいね

      良い
    • ファーザー
      『ファーザー』認知症問題は珍しくないが、患者目線は珍しいか。元が舞台劇というのは納得。時計や音飛びCD、ミトライのオブジェなど比喩表現に富む。最大の魅力は何といっても名優たちの共演だろう。A・ホプキンスにはひれ伏すのみ。
      いいね

      良い
    • アフリカン・カンフー・ナチス
      『アフリカン・カンフー・ナチス』タイトルから想像つく通りのネタ満載の珍品映画。有名カンフー映画のオマージュにニンマリ。野暮かもしれないが、設定の妙味に脚本がついて行ってないのが惜しまれる。
      いいね
      評価
      なし
    • シン・エヴァンゲリオン劇場版
      『シン・エヴァンゲリオン劇場版』まずは「ありがとう」と言いたい。これだけ長期間にわたる制作でスタッフ・声優らが大きく変わらなかったのも良かった。ビジュアルの大風呂敷と反するような芯の部分は監督の「私アニメ」と言っていいか。
      いいね

      良い
    • MISS ミス・フランスになりたい!
      『MISS ミス・フランスになりたい!』ジェンダー問題、職業差別やフランスが抱える移民・難民問題も垣間見える。またこれは疑似家族という点でも今どきの作風を感じさせる。個性的な脇役が魅力的だが、主人公のキャスティングがピタリ。
      いいね

      良い
    • パリのどこかで、あなたと
      『パリのどこかで、あなたと』SNSでは簡単につながってもリアルでは孤独を埋められない現代らしい物語。主演二人のキャスティングが良い。あたかも鏡合わせのような存在を示す。睡眠問題に目を向けているのは重要か。一歩踏み出す勇気をもらえる。
      いいね

      良い
    • 【Netflix映画】Mank/マンク
      『【Netflix映画】Mank/マンク』単なる『市民ケーン』の内幕モノではなく、当時の社会を通して語られる人種や政治といった社会問題も織り込まれる。モノクロ、モノラルなど本家に寄せたこだわりも強いがそれならスタンダードで。(笑)
      いいね

      良い
    • 燃ゆる女の肖像
      『燃ゆる女の肖像』一言でいうなら「火と水の融合」。対比的な構図が至る所に見られ、水と火の比喩も見事。シアマ作品では水の演出が重要。壮大な風景の中でほぼ女性キャストによるアンサンブル劇は最後まで目が離せない。カンヌ脚本賞受賞は納得。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      GD_momoco
      2447movies / tweets

      follow us