TOP >frenchblueeマイページ

frenchbluee

さんのマイページ
frenchbluee
つぶやいた映画
625 本
総ツイート
869 件
マイページ閲覧数
11,319 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2020年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
625 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ブレット・トレイン
    あなたの顔の前に
    母へ捧げる僕たちのアリア
    PLAN75
    ぼくの歌が聴こえたら
    義足のボクサー GENSAN PUNCH
    君を想い、バスに乗る
  • ドンバス
    教育と愛国
    パリ13区
    カモン カモン
    メイド・イン・バングラデシュ
    キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性
    TITANE/チタン
  • ガンパウダー・ミルクシェイク
    GAGARINE/ガガーリン
    ボブという名の猫2 幸せのギフト
    355
    クレッシェンド 音楽の架け橋
    名付けようのない踊り
    フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 君を想い、バスに乗る
      『君を想い、バスに乗る』 内容は、一言で言ってしまえば終活ロードムービー。 T・スポール。今迄見た映画の中では、冴えないワーキングクラスのおっさんという風情が多かったけど、老年期になったら好々爺な感じも似合ってた。→
      いいね

      良い
    • ブレット・トレイン
      映画「ブレット・トレイン」のムビチケカードを購入したした方は知ってると思うんですが、注記ちゃんと読んでなかったんですけど、細かい所まで、凝ってて改めてこのデザイン気に入りました。*他作品への乗換え不可。銃刀類の劇場内への持ち込み不… https://t.co/jOAHTd0aaH
      いいね
    • 母へ捧げる僕たちのアリア
      母へ捧げる僕たちのアリア 予告編見た時から良さそうな雰囲気を感じていました。 不遇な境遇にある若者に、凄い音楽の才能が。というパターン。フランス映画繋がりだと、近年「パリに見出されたピアニスト」とかありましたね。原題は僕と兄弟たちとなってたので、あくまでも家族の話がメイン→
      いいね

      良い
    • PLAN75
      → 個人的には、 一番手前に提示される「安楽死」の問題よりも、その後ろに控える、日本の社会における「社会保障の問題」の方が気になってしまいました。劇中に展開される「PLAN75」の宣伝方法が、今だと丁度「マイナンバーカード」の普及… https://t.co/QyM0pF6XoD
      いいね
    • PLAN75
      『PLAN75』 今年のカンヌでの上映作紹介の中で、「21世紀の楢山節考」と紹介されていた記事を見かけて興味を持ちました。衝撃的な題材に反して、かなり抑制されたタッチの洗練された演出は、シネフィルが見てても、違和感を感じないように思いました。→
      いいね

      良い
    • あなたの顔の前に
      『あなたの顔の前に』 いつも、ホン・サンスの映画を見てると、ヨーロッパ映画との類似性を考えてしまう。 ミニマムなストーリー。会話の進み状況から、登場人物達の関係性を読み解いていくスタイル。→
      いいね
      評価
      なし
    • 義足のボクサー GENSAN PUNCH
      『義足のボクサー GENSAN PUNCH』 実話をベースに映画化したもののようです。個人的には格闘技とても苦手で、あまり好きでは無いものが多いのですが、何となく他のボクシング映画とは、雰囲気が違う。→
      いいね

      良い
    • ぼくの歌が聴こえたら
      『ぼくの歌が聴こえたら』 これは掘り出し物。予告編見てて気になったのでチェックしてきました。落ちぶれた音楽プロデューサーと才能はあるけど、陽の目を見ないミュージシャン。という取り合わせ。近年だと「はじまりのうた」とか、その他にも割とありがちなストーリー。→
      いいね

      良い
    • ドンバス
      『ドンバス』 今のウクライナ情勢を鑑みると、クリエイターらしい未来を予感させる構成なんだと思うんですが、見ていて、色々疑問も頭に浮かんできました。 これドキュメンタリーなの??劇映画なの??それとも、モキュメンタリー?? →
      いいね
      評価
      なし
    • ブレット・トレイン
      映画「ブレット・トレイン」のムビチケとおまけの手拭いが届いた。近年稀に見る抜群のセンスでは。9月公開だそうです。#eiga https://t.co/Apwz6NlwMH
      いいね
    • 教育と愛国
      『教育と愛国』 道徳の授業の取り扱いから始まり、教科書検定、終盤は日本学術会議の会員の認定の問題にまで広がってました。 教育の問題は、いつの時代も問題山積なのは重々承知ですが、今の政権や政府の問題、それに留まってない部分も大問題。→
      いいね

      良い
    • PLAN75
      カンヌに出品された「PLAN75」は見てみたいよね。21世紀版楢山節考みたい。
      いいね
    • メイド・イン・バングラデシュ
      メイド・イン・バングラデシュ SDG’sで目の敵にされてるスウェットショップの問題点を扱った作品。経済や生活環境は全く違うんだけど、今時の日本の雇用環境も、この映画の題材になってる、労働者使い捨てみたいな状況は、結構ありそうなので、働いてる人が見たら、結果シンパシーを感じそう→
      いいね

      良い
    • カモン カモン
      『カモン カモン』 本当、どうって事ない話を素敵な映画にしたM・ミルズ素晴らしい。小説の映像化ではなくて、オリジナル脚本なのがさらに良い。 子供の扱い方が丁寧だなって、見てて思ってた。(自分を含めて)子供苦手という人が見ても、しっくりくる作品でした。
      いいね

      良い
    • パリ13区
      『パリ13区』 今までのオーディアールの作風と大分違って、ちょっと見てて戸惑ってしまった。 今迄は、世間から外れたアウトロー的キャラクターを主役に据える事が多かった気がするけど、今作はパリの今を切り取りました。みたいな雰囲気に、ガラッと変わってました。→
      いいね
      評価
      なし
    • TITANE/チタン
      『TITANE/チタン』 序盤のよくあるシリアル・キラー物な展開で、つまんないのかな。と疑問が頭の中に湧き上がってきたけど、ヴァンサン・ランドンが登場したあたりから、面白く鑑賞出来る感じな流れに。→
      いいね
      評価
      なし
    • ガンパウダー・ミルクシェイク
      『ガンパウダー・ミルクシェイク』 女性キャスト主体のアクションというと、今年は「355」とかあったけど、こちらの作品の方が見ててしっくりくる感じがした。きっと、「世界を救う」的な大きな題材ではなくて、家族や仕事など普遍的な題材を絡めていたからだと思います。
      いいね

      良い
    • キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性
      『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』 色んな監督が、異口同音に「映画の成功はほぼキャスティングで決まる」的な事を述べているけれど、それが良く分かるドキュメンタリー。ある一人の女性の経歴を振り返る事で、この仕事が、どうやって生み出されたのかが分かる構成。→
      いいね
      評価
      なし
    • GAGARINE/ガガーリン
      『GAGARINE/ガガーリン』 フランスの郊外団地(バンリュー)が舞台の映画というと、荒れてたり、移民や貧困の問題がメインとして取り扱われる物が多いけど、この作品は切り口がちょっと違ってユニークに感じた。→
      いいね
      評価
      なし
    • ボブという名の猫2 幸せのギフト
      『ボブという名の猫2 幸せのギフト』 見る人を不幸にしないこういう映画って必要。今どき、他人に対して冷たい感情が蔓延ってる世の中に対して、その感情を封じ込めるタイプの映画でした。猫のボブと主人公の彼の関係性に絞って話を広げすぎないのが良かったのかも。 →
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      ichiwheat
      5376movies / tweets

      follow us