TOP >frenchblueeマイページ

frenchbluee

さんのマイページ
frenchbluee
つぶやいた映画
511 本
総ツイート
750 件
マイページ閲覧数
8,057 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
511 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~
    行き止まりの世界に生まれて
    mid90s ミッドナインティーズ
    ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
    グッバイ、リチャード!
    きっと、またあえる
    ファヒム パリが見た奇跡
  • 赤い闇 スターリンの冷たい大地で
    LETO -レト-
    ぶあいそうな手紙
    パブリック 図書館の奇跡
    リトル・ジョー
    マルモイ ことばあつめ
    カセットテープ・ダイアリーズ
  • チア・アップ!
    ハニーランド 永遠の谷
    SKIN/スキン
    はちどり
    コリーニ事件
    15年後のラブソング
    その手に触れるまで
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~
      『スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~』 これは、佳作。仏に限らず先進国は、公的福祉の問題は山積していると思うので、国は違えど自分達の問題と照らし合わせて、考える事が出来るしっかりとした内容の映画でした。
      いいね

      良い
    • mid90s ミッドナインティーズ
      『mid90s ミッドナインティーズ』 予想通り A24らしいセンス良いサブカル映画でした。 ネットもそんなに普及したないスマホがない時代って、こうだったよな。とつい振り返ってしまいました。 見てた客層90年代が懐かしそうな方達が多かった。
      いいね

      良い
    • 行き止まりの世界に生まれて
      『行き止まりの世界に生まれて』 ラストベルトに住む、スケボー仲間を12年間ドキュメンタリー。人種はそれぞれ違えど、土底辺な生活は皆同じ。そんな中でも、やはりスケボーのシーンは、それぞれ生き生きしてるし、映像も秀逸。
      いいね

      良い
    • グッバイ、リチャード!
      『グッバイ、リチャード!』 やさぐれ中年の終活みたいな内容で、J・デップの雰囲気に合っていて、中々良かった。デップは、若い時よりも今の方が良いなって個人的には思いました。
      いいね

      良い
    • ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
      『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』 TLがザワザワしていたのでノーチェックだったけど見て来ました。面白かった。ガリ勉ちゃん達が高校最後に弾けたくて右往左往する話。モチーフは今っぽいんだけど、根の部分はどの時代も変わらない感じがしました。
      いいね

      良い
    • 赤い闇 スターリンの冷たい大地で
      『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』 題材の影響もあって、中々重厚感がある作品でした。 今時の軟弱日本のマスゴミを見ていると、主役の彼の行動は無茶なんだけど応援したくなりました。 途中、G・オーエルの動物農場への言及などもあり、皮肉が効いてる部分も好印象。
      いいね

      良い
    • きっと、またあえる
      『きっと、またあえる』 邦題の付け方から、「きっと、うまくいく」を豊富とさせる大学の寮生活を綴った青春物。 親世代になった現在と90年代を行き来する構成が、違う部分。彼らの子供の世代と自分達の物語のハーモニーが中々良かった。
      いいね

      良い
    • ファヒム パリが見た奇跡
      『ファヒム パリが見た奇跡』 チェスと映画の相性は割と良いと思うけど、そこに今日的題材の不法移民のエピソードが絡まって 先進国だと移民排斥や不寛容な政策が近年目に付くけど、この作品はそんな中でも、ちゃんと弱者達を支える人々が居る。という部分を描いていた部分が好印象でした。 
      いいね

      良い
    • ナンシー
      『ナンシー』 Amazon プライム・ビデオにて鑑賞。 主役の人の顔面のインパクトが強くてもっとサスペスに寄った作品かと思ってました。人の孤独に関する物語ですよねこれ。90分弱とコンパクトによく纏まってるドラマでした。
      いいね

      良い
    • LETO -レト-
      『LETO -レト-』 やっと日本で公開された。折角なので、odessa上映で見てきました。 ロシア映画というとア芸術性が高い系のイメージが強いですが、この作品はサブカルに寄せてる作風がトレスポとかインディーズのG・リッチー作品が好きな人には食いつきが良さそうって思う。
      いいね

      良い
    • リトル・ジョー
      『リトル・ジョー』 奇妙な雰囲気満載の作品でした。生活感が全く無いヴィジュアルは、割と好み。不穏な空気が流れるシーンで、日本の古典芸能風音楽が流れるのは、ちょい安っぽい演出に感じたけど。
      いいね
      評価
      なし
    • パブリック 図書館の奇跡
      『パブリック 図書館の奇跡』 俳優の監督作って、良作と駄作ハッキリ分かれる傾向がある気がするけど、これは前者でした。A・ボルドウィンとかC・スレーターなどの有名俳優も出演してるけど、雰囲気はインディーズ。人々と丁寧に見つめたドラマに仕上がってました。
      いいね

      良い
    • SKIN/スキン
      『SKIN/スキン』 衝撃の短編とは違う展開ですが、こちらも力作。J・ベルの熱演と共に、人は変われるのか。という重い題材をきっちりえがいた2hでした。今の先進国に横たわる厄介だけど根が深い問題だと思うので、みんな見て考えると良いと思う。
      いいね

      良い
    • マルモイ ことばあつめ
      『マルモイ ことばあつめ』 今年は韓国映画の打率の高さに唸る年となっております。 予想通り良作。言葉は民族のアイデンティティ。をそのまま表現した作品。 無知な市井の人が真実を知って行動に目覚める部分が タクシー運転手と似てる構成。
      いいね

      良い
    • ぶあいそうな手紙
      『ぶあいそうな手紙』 手紙の代筆+ブラジルが舞台の映画といえば、セントラル・ステーションという名作がありますが、同じモチーフでもこちらは老人が主人公。人生の最終章へ向けての物語と人の孤独についての話が展開されてました。 じんわりとと心にくる作品でした。
      いいね
      評価
      なし
    • チア・アップ!
      『チア・アップ!』 予想通り米映画の楽天的で良い部分が存分に出ていた作品。 勿論、D・キートンのファッションチェックな映画でもありました。他のお婆さんキャストたちは、原色のカットソーやスパッツ履いてるけど、彼女だけはそんなの絶対に着ませんよ!と高らかに謳ってるような衣装でした
      いいね

      良い
    • カセットテープ・ダイアリーズ
      『カセットテープ・ダイアリーズ』 フライヤーなどから醸し出される80’sな世界がびっちり再現されてました。 人種や移民問題など形を変えて今に至るまでの社会問題も織り交ぜつつ、バランスが良い青春物に仕上がってました。
      いいね

      良い
    • ハニーランド 永遠の谷
      『ハニーランド 永遠の谷』 マケドニアの養蜂農家を見つめたドキュメンタリー。ナショナルジオグラフィック的な内容とアンドリュー・ワイエスの絵画のような景色が広がる。21世紀に水道も電気もない住環境で生活を営んでいるのが、信じられないと思いました。
      いいね
      評価
      なし
    • 凱里ブルース
      『凱里ブルース』 ロング・デイズ・ジャーニーの映像美で気になった監督ビー・ガンの長編第1作。この人映像のアングルや片田舎の風景の切り取り方が上手いな。と2本鑑賞して感じました。 次作は、是非貴州省以外の場所で撮って欲しい。
      いいね
      評価
      なし
    • はちどり
      『はちどり』 やっと公開。注目の一本。 じんわりと見る人に寄り添うような演出でした。一見淡々している演出に、見ていて不安を感じてましたけど、終盤にぐっときてしまいました。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      writelefthand
      2056movies / tweets

      follow us