TOP >frenchblueeマイページ

frenchbluee

さんのマイページ
frenchbluee
つぶやいた映画
354 本
総ツイート
570 件
マイページ閲覧数
4,852 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
354 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • オーシャンズ8
    2重螺旋の恋人
    バンクシーを盗んだ男
    スターリンの葬送狂騒曲
    ウインド・リバー
    悲しみに、こんにちは
    人間機械
  • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
    クレアのカメラ
    北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ
    グッバイ・ゴダール!
    エヴァ
    セラヴィ!
    バトル・オブ・ザ・セクシーズ
  • 正しい日 間違えた日
    いつだってやめられる 7人の危ない教授たち
    告白小説、その結末
    結婚演出家
    ガザの美容室
    それから
    30年後の同窓会
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • バンクシーを盗んだ男
      『バンクシーを盗んだ男』 バンクシー・ダズ・NYと似たような構成のドキュメンタリー。 彼の作品を取り巻く人々を描いてるんだけど、前者よりも後者の方が多面的かつ距離を置いた冷静な視点で描かれてました。
      いいね

      良い
    • オーシャンズ8
      世間はオーシャンズ8のケイト様で盛り上がってるのに、私はmanifestoのケイト様みて盛り上がるマイナー派です。
      いいね
    • プロヴァンス物語 マルセルのお城
      『プロヴァンス物語 マルセルのお城』 幼き日々の思い出な物語が4Kで蘇りました。 今回は続編の方から見てみました。 M・パニョルの原作で、人間的に捻くれた人が出てこない、普段見慣れた仏映画とはかけ離れた健全な世界を堪能。
      いいね

      良い
    • カメラを止めるな!
      『カメラを止めるな!』 SNSでバズってる。以外の情報入れずに見てきましたー。 面白かったでーす! ONE CUT OF THE DEADのTシャツ私も欲しい。
      いいね

      良い
    • 2重螺旋の恋人
      『2重螺旋の恋人』 えっ。何かオゾンっぽくない。と思ってしまった。 双子っていうテーマは使い古された題材なんで難しいと思います。 途中路線が迷走するかと思ったけど(クローネンバーグっぽかった)、最後はまともな感じに落ち着いて安心してしまった。
      いいね
      評価
      なし
    • 秋のソナタ
      『秋のソナタ』 ベルイマン・マラソンはこの作品で終了。他の作品のように人間と信仰についてでは無いので、分かりやすい分ハードルが低かった。 その代わり人種や時代は違えど、現代でも通じる母と娘のわだかまりは、中々厄介です。
      いいね

      良い
    • スターリンの葬送狂騒曲
      『スターリンの葬送狂騒曲』 スターリンが題材ということは、ロシア製の映画かなと思いつつ、全編台詞が英語のmade in UKでした。 政治+英国=ブラックジョークで決まり。
      いいね

      良い
    • 悲しみに、こんにちは
      『悲しみに、こんにちは』 ダークホースでした。当たり! 子供は苦手だけど、本当欧州は良い子供が主役の映画が多し。
      いいね

      良い
    • ウインド・リバー
      『ウインド・リバー』 正しく雪国版ボーダーラインな雰囲気でした。前半の1hは人物や物語の丁寧な説明的にスローな展開。後半1hの物語が動き出してからの展開が早いこと早いこと。
      いいね

      良い
    • ファニーとアレクサンデル
      『ファニーとアレクサンデル』 自宅では時間があったとしてもおよそ見る気が起こらなさそうなので行ってきました5h11minの旅。 長編の大河ドラマって、結構長いだけで面白く無い作品って多いですが、これは満足満足。
      いいね

      良い
    • 第七の封印
      『第七の封印』 モノクロの映像が時々中世の絵画のように感じられて4kの良さを堪能いたしました。 当たり前ですが、日本人との死生観の違いをとても意識してしまった。
      いいね

      良い
    • 人間機械
      『人間機械』 ユーロスペースにて鑑賞の激渋ドキュメンタリー。週刊エコノミストの映画評で見かけ興味を持ったので見てきました。 スウェット・ショップにカメラが潜入。
      いいね
      評価
      なし
    • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
      『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』 大ヒットの前作から18年。 当時シネマライズで半年ぐらいのロングラン上映をしていた事を覚えています。 流石に皆さん高齢ということもあり、その間に亡くなっている方もチラホラと…
      いいね

      良い
    • 仮面 ペルソナ
      『仮面 ペルソナ』 実はベルイマン未見でしたので、今回の特集上映良い機会だと思い数本足を運ぼうかと思ってます。色んな監督に影響を受けかつ与えてるのは何となく分かりました。この作品初見ですが、ドライヤー、タルコフスキー、ドワイヨン、カサヴェテスなどの作品群が思い浮かびました
      いいね
      評価
      なし
    • グッバイ・ゴダール!
      『グッバイ・ゴダール!』 これ見る方は、ゴダールの作品を見た事がある人が大半だと思うのですが、作風は柔いです。 とても噛み砕いたゴダールの入門書みたいな雰囲気を感じました。
      いいね
      評価
      なし
    • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
      ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの続編は、立川の極音で見る。音楽映画はここで見るのが一番良い。
      いいね
    • クレアのカメラ
      『クレアのカメラ』 I・ユペールは、ホン・サンスの作品に2本目の出演ですね。この監督の淡々とした物語運びと君と僕との物語な世界観が、私が苦手とするアジア映画の対極にあって割と好きです。
      いいね

      良い
    • 北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ
      『北朝鮮をロックした日 ライバッハ・デイ』 まず、ライバッハがどういうバンドであるのかを理解していないと、このドキュメンタリーの立ち位置が理解できないかも。 旧ユーゴスラビア時代から活動している割と、芸術志向なバンドです。
      いいね
      評価
      なし
    • エヴァ
      『エヴァ』 なんとなくモヤモヤ感が残るんだけど、ヨーロッパ映画って割とこんなの多いしなー。とすんなり納得しながら見てました。 最後の方のとあるシーンでの、I・ユペールのラスボス感が最高でございました。
      いいね
      評価
      なし
    • バトル・オブ・ザ・セクシーズ
      『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』 ウーマン・リブの時代から一回りして違う解釈で、今の時代にとてもマッチした題材の作品でした。 女子選手達のウェアが70年代テイストたっぷりで可愛かった。セットやファッションの作り込みがとても丁寧で、その面でも見応えがありました。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....