TOP >frenchblueeマイページ

frenchbluee

さんのマイページ
frenchbluee
つぶやいた映画
559 本
総ツイート
799 件
マイページ閲覧数
9,260 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
559 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • やすらぎの森
    ベルリン・アレクサンダープラッツ
    ファーザー
    ジェントルメン
    ブックセラーズ
    デカローグ デジタル・リマスター版
    椿の庭
  • ブータン 山の教室
    旅立つ息子へ
    ノマドランド
    生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事
    ミナリ
    フィールズ・グッド・マン
    夏時間
  • 私は確信する
    モルエラニの霧の中
    羊飼いと風船
    パリの調香師 しあわせの香りを探して
    キング・オブ・シーヴズ
    43年後のアイ・ラヴ・ユー
    聖なる犯罪者
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ベルリン・アレクサンダープラッツ
      ベルリン・アレクサンダープラッツ 星の数ほどある不法移民の話だけど、切り口がユニーク。前半は現代の移民哀歌。中々の映像美。雰囲気がムーン・ライトを彷彿とさせる P・コスタのヴィタリナを何となく思い出すなど。海を渡ったけど、幸せになれない。なんていう部分が、似てると思ったのかも
      いいね
      評価
      なし
    • ファーザー
      ファーザー 演劇的な雰囲気。ほぼA・ホプキンスとO・コールマンの2人芝居。中盤の演出は映画という部分の上手く使った感じ。見る方も痴呆老人の頭の中を一緒に探求。これ本編の時間もそんなに長く無いし、無駄を削ぎ落とした良い作品だと思う。映画好きが気にいるタイプの映画だと思いました。
      いいね

      良い
    • ジェントルメン
      『ジェントルメン』 こーいう、G・リッチーの作品が見たかった。というオールドファンの声が聞こえてきそうな作風。 いいよね。テンポが良いオサレなクライム物。ちょっと説明調の演出が長く感じる部分もあったけど、概ね満足。
      いいね
      評価
      なし
    • やすらぎの森
      『やすらぎの森』 ケベックの映画。世捨て人な老人たちの人生の最終章の物語。無理しない自分のペースで歩む。そんな登場人物達。終盤が中々衝撃的。邦題が老人介護施設にありそうな名前。あの森全体を介護施設的な物と見立てると成立しそう。このタイトル。
      いいね
      評価
      なし
    • デカローグ デジタル・リマスター版
      『デカローグ デジタル・リマスター版』 今回は、好きなエピソードだけ鑑賞。4•7•9話のみ。一番好きなのは第9話。TVシリーズで、このクオリティの高さ。次代を超えて支持されるのがよく分かる。 1話1hなので、サクッと見やすい長さなのは、今の時代向きかも。
      いいね

      良い
    • ブックセラーズ
      ブックセラーズ 主に米国の本を取り巻く状況の話だけど、他国でも変わらないと思う。ネットの台頭や、古書ディーラーの高齢化など、日本も似たり寄ったりの状況だと想像出来ます。本が好きな人ならば、コモディティとしては、どうしても取り扱えないという気持ちもよく分かると思う。
      いいね
      評価
      なし
    • 椿の庭
      『椿の庭』 予想通り、映像が美しい。そして、登場人物と台詞を最小限に抑えたシンプルな構成でした。 富司純子の所作の美しさが印象に残りました。
      いいね
      評価
      なし
    • ブータン 山の教室
      『ブータン 山の教室』 新興国にありがちな、近代化から取り残された超ど田舎と先進国と何ら変わらない生活をしている都市の中流階級以上の生活のコントラストが強烈でした。
      いいね
      評価
      なし
    • ノマドランド
      『ノマドランド』 プロの俳優達とリアルノマドのキャスト達のコンビネーションが良かった。何処の先進国も、ワーキングクラスや中流が、 尊厳が削られていく感じの過酷な生活を強いられている状況は変わらないね。
      いいね

      良い
    • 旅立つ息子へ
      『旅立つ息子へ』 自立に向かう子供目線で描かれてるのかと思ったら、 親の子離れの話がメインでした。道中のロードムービー風演出の最中では最後どう落ち着けるのかな時になってたけど、子供の自立は中々呆気ない感じで、まあ、現実もそういうもんなんだろうなと思いながら見てました。
      いいね
      評価
      なし
    • 生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事
      『生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事』 事前に、島田知事に関する新書を読んでたので、どんなドキュメンタリーなのか、興味津々で劇場に足を運びました。TBSで製作されたのかドキュメンタリーが元になっているようです。
      いいね

      良い
    • ミナリ
      『ミナリ』 ゼロに始まり、ゼロで終わる。昨年見た「はちどり」過剰な演出は抑えて、感動するポイントはそれぞれ見る人が感じてね。と言う明らかに観客を信頼した作りになってました。 言葉を変えると大人向きな、演出とも言えそうです。
      いいね
      評価
      なし
    • 夏時間
      『夏時間』 夏休みに起こる家族の問題あれこれ。という割と普遍的なテーマ。 21世紀の小津映画という雰囲気。中盤淡々とした演出が、少々長く感じた。でも、こーいう、さらっとしたテイスト割と好き。
      いいね
      評価
      なし
    • フィールズ・グッド・マン
      『フィールズ・グッド・マン』 全然知らない人だったけど、予告編見て興味を持ちました。ネットでカエルのぺぺのミームが作られてから話題沸騰になったらしい。My spaceなど過去に流行ったSNSのネタが色々出てきます。ネットの歴史として眺めても、色々懐かしい気分に浸る事が出来る。
      いいね
      評価
      なし
    • 私は確信する
      『私は確信する』 映画と法廷物の相性は良いけど、この作品も中々イケます。「初めに言葉ありき」の宗教のお国らしく、ほぼ法的内でお話が進む、喋りまくる展開がしっくりきます。理屈っぽい映画が好きな人は、満足度が高いと思う。
      いいね
      評価
      なし
    • ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)
      『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』 音楽映画はここで見たくて。 全国から音を求めてお客さんがやってくる所は、映画中のベイシーもシネマシティも同じだね。
      いいね

      良い
    • 天国と地獄
      『天国と地獄』 久しぶりに見ました。結構細かい部分忘れてた。面白い。やっぱり。良く出来てる。時代は経過すれど、練られた脚本とキャストの熱演は良い映画に欠かせないって改めて思う。東海道新幹線が開通していない頃の横浜なんて今だと想像つかないですけど。
      いいね

      良い
    • モルエラニの霧の中
      『モルエラニの霧の中』 室蘭の四季の移り変わりが、静かな演出で綴られている部分が好印象。後、冒頭のモノクロの章をはじめ映像が美しかった。 素人とプロ混ぜて使うのってやはり面白いですね。
      いいね

      良い
    • 私は確信する
      今月は見たい新作少ないな。「私は確信する」「モルエラニの霧の中」ぐらいかな期待してるのは。
      いいね
    • 羊飼いと風船
      『羊飼いと風船』 中国は社会の流れが早そうだから、古い価値観との軋轢が題材の映画は、これからも沢山輩出されるんだろうなと思いながら見てた。
      いいね
      評価
      なし
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      ichiwheat
      5050movies / tweets

      follow us