TOP >frenchblueeマイページ

frenchbluee

さんのマイページ
frenchbluee
つぶやいた映画
565 本
総ツイート
805 件
マイページ閲覧数
9,409 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
565 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • アメリカン・ユートピア
    アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン
    ローズメイカー 奇跡のバラ
    やすらぎの森
    ベルリン・アレクサンダープラッツ
    田舎司祭の日記 4Kデジタル・リマスター版
    海辺の家族たち
  • ファーザー
    ジェントルメン
    ブックセラーズ
    デカローグ デジタル・リマスター版
    椿の庭
    ブータン 山の教室
    旅立つ息子へ
  • ノマドランド
    生きろ 島田叡-戦中最後の沖縄県知事
    ミナリ
    フィールズ・グッド・マン
    夏時間
    私は確信する
    モルエラニの霧の中
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 私は確信する
      『私は確信する』 映画と法廷物の相性は良いけど、この作品も中々イケます。「初めに言葉ありき」の宗教のお国らしく、ほぼ法的内でお話が進む、喋りまくる展開がしっくりきます。理屈っぽい映画が好きな人は、満足度が高いと思う。
      いいね
      評価
      なし
    • ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)
      『ジャズ喫茶ベイシー Swiftyの譚詩(Ballad)』 音楽映画はここで見たくて。 全国から音を求めてお客さんがやってくる所は、映画中のベイシーもシネマシティも同じだね。
      いいね

      良い
    • 天国と地獄
      『天国と地獄』 久しぶりに見ました。結構細かい部分忘れてた。面白い。やっぱり。良く出来てる。時代は経過すれど、練られた脚本とキャストの熱演は良い映画に欠かせないって改めて思う。東海道新幹線が開通していない頃の横浜なんて今だと想像つかないですけど。
      いいね

      良い
    • モルエラニの霧の中
      『モルエラニの霧の中』 室蘭の四季の移り変わりが、静かな演出で綴られている部分が好印象。後、冒頭のモノクロの章をはじめ映像が美しかった。 素人とプロ混ぜて使うのってやはり面白いですね。
      いいね

      良い
    • 私は確信する
      今月は見たい新作少ないな。「私は確信する」「モルエラニの霧の中」ぐらいかな期待してるのは。
      いいね
    • 羊飼いと風船
      『羊飼いと風船』 中国は社会の流れが早そうだから、古い価値観との軋轢が題材の映画は、これからも沢山輩出されるんだろうなと思いながら見てた。
      いいね
      評価
      なし
    • ハッピー・バースデー 家族のいる時間
      ハッピー・バースデー 家族のいる時間 C・カーンの監督作。久しぶりの日本公開のような気がする。近年はコールド・ウォーなどで俳優業にも進出してますね。ストーリーはオーソドックスな家族物。田舎に帰省した際に巻き起こる問題のあれこれ。国は変われど日本とたいして変わらないのは世界共通
      いいね
      評価
      なし
    • 聖なる犯罪者
      『聖なる犯罪者』 去年配信で、この監督のヘイターを見て面白かったので見てみました。これは当たり。前科者が更生出来るかというのは、割と普遍的なテーマだと思う。けれど、俗っぽく描くんじゃなくて、真摯に描いてるので、ずっしり来る。
      いいね

      良い
    • 43年後のアイ・ラヴ・ユー
      『43年後のアイ・ラヴ・ユー』 アルツハイマーの振りして、昔の彼女に接近って、 老齢期のちょっとしたラブストーリーの新手の展開という感じがした。キング・オブ・シーブス見た時も思ったけど、年寄り主役だと何となくテンポがモタモタする部分が気になった。
      いいね
      評価
      なし
    • パリの調香師 しあわせの香りを探して
      パリの調香師 しあわせの香りを探して 意外と面白かった。香りを作る調香師という職業普段あまり目にする事が無かったので。 つくづく、香りに対する日仏の考え方の違いがよく分かる。日本は端的に言えば無臭が一番っていう事になるけど、仏だとそれこそ香水以外にも色んな分野で活用されてた。
      いいね

      良い
    • キング・オブ・シーヴズ
      『キング・オブ・シーヴズ』 主演の爺ちゃん達の若かりし頃の映像が挟み込まれるのが、ちょい良かった。作品自体の出来はそんなに良いと思わないけど、リーダーマイケル・ケインの流石の迫力はカッコ良かった。
      いいね
      評価
      なし
    • スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち
      スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち 去年上映された ようこそ映画音響の世界へを彷彿とさせる映画制作を支える縁の下の力持ち達にフォーカスを当てたドキュメンタリー。 前半は女性スタントの歴史的内容で知られざる昔の米映画業界のエピソードが伺えて中々貴重でした。
      いいね
      評価
      なし
    • チャンシルさんには福が多いね
      『チャンシルさんには福が多いね』 アラフォー女子の自分探しの物語と思いながら見てました。 ちょっと退屈だったかも。
      いいね
      評価
      なし
    • 新感染半島 ファイナル・ステージ
      『新感染半島 ファイナル・ステージ』 ゾンビの特性だけ知っていれば、前作見てなくても楽しめる。続編というよりもスピンオフ的な映画と捉えて見てました。 内容は、「バイオハザード、MMFR、少々ベイビー・ドライバー」風味という感じ。
      いいね
      評価
      なし
    • また、あなたとブッククラブで
      『また、あなたとブッククラブで』 ダイアン・キートン主演のオサレな老後ライフ的な作品。この人主演の映画ってこの手の題材の物が多い気がする。映画の出来は置いておくとして、彼女は本当に自分に似合うファッションが良く分かってるなあと今回も思いました。
      いいね
      評価
      なし
    • 夢みるように眠りたい
      『夢みるように眠りたい』 デジタルリマスターにて凄く久しぶりに再見。 改めて低予算&80分足らずの作品なのによく出来てるなと思いました。邦画なんて年に1本ぐらいしか映画館で見ないけど、やっぱりクオリティが高い物は、残りますね。
      いいね

      良い
    • 声優夫婦の甘くない生活
      『声優夫婦の甘くない生活』 シネフィルがツボりそうな場面多々あり。 移民してそれまでのキャリアがリセットされた後の対応が男女で何となく違うのとか分かる気がする あと、90年代前半のネットがない時代のメディアって、やっぱり牧歌的だったんだなと21世紀の今から振り返ると再認識
      いいね
      評価
      なし
    • ノッティングヒルの洋菓子店
      『ノッティングヒルの洋菓子店』 予想通りちょっとご都合主義的展開でしたが、たまにはこういう悪人が登場しないある種ファンタジー的な作品を見るのも良い感じです。 当然お菓子が美味しそう。
      いいね
      評価
      なし
    • ニューヨーク 親切なロシア料理店
      『ニューヨーク 親切なロシア料理店』 人種、移民、経済格差なんかは近年の映画にもよくある題材だけど、この映画みたいに一見幸せそうだけど、どこか人生や生活に問題を抱えた人々を描いた作品は少ないよな。と見ながら思ってました。
      いいね

      良い
    • ハッピー・オールド・イヤー
      『ハッピー・オールド・イヤー』 自宅のリフォームからの断捨離で、過去とどう折り合いをつけるか。って割と普遍的なテーマだったので興味深かった。 捨てても捨てても、物が多い!って思う人多いけど、思い出の整理には、普段人は余り気にかけないんだな。 映画を見ながら考えてました。
      いいね
      評価
      なし
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      WaseiG
      3895movies / tweets

      follow us