TOP >funkin4hkマイページ

funkin4hk

さんのマイページ
funkin4hk
つぶやいた映画
805 本
総ツイート
1,099 件
マイページ閲覧数
13,146 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
4 人
2018年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

funkin4hkさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
805 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ネクタイを締めた百姓一揆
    ミッドウェイ
    窮鼠はチーズの夢を見る
    狂武蔵
    8日で死んだ怪獣の12日の物語
    がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン‼の巻
    アルプススタンドのはしの方
  • 追龍
    パブリック 図書館の奇跡
    WAVES/ウェイブス
    MOTHER マザー
    カセットテープ・ダイアリーズ
    一度も撃ってません
    はちどり
  • サンダーロード
    エジソンズ・ゲーム
    なぜ君は総理大臣になれないのか
    15年後のラブソング
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    デッド・ドント・ダイ
    ワンダーウォール 劇場版
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 狂武蔵
      『狂武蔵』ワンシーンワンカットの77分の場面はアクションやスタントマンを含む映画スタッフを目指す人には、斬り方や斬られ方のバリエーション等でいい教科書になるんだろうなとまず思ったが、アクションだけでこれは?と思いきや、一体廃屋の村に何本水筒隠したんだよ武蔵!と突っ込んでしまった。
      いいね
      評価
      なし
    • ミッドウェイ
      『ミッドウェイ』思ったよりフラットな視点である。見どころが海戦の部分だし、メインである米軍側の軍人たちも容赦なく死んでいくけど、あまり心は動かされない。そこは致し方ないのかもしれん。日本側のメインキャストではトヨエツの山本五十六が意外にも良かった。一応ハリウッド経験あるからね。
      いいね
      評価
      なし
    • 8日で死んだ怪獣の12日の物語
      『8日で死んだ怪獣の12日の物語』岩井俊二初の怪獣映画(!)先行の短編から物語は変わってないけど、タクミの12日間をリモートで撮った追加撮影で、筋がどう動くのかわからない楽しさを味わう。怪獣がいた世界戦でもコロナ禍にある現実は重なり、甘い哀しさは漂うけど元気は出る結末でよろしい。
      いいね
      評価
      なし
    • パブリック 図書館の奇跡
      『パブリック 図書館の奇跡』公共とは何か。『NY公共図書館』で示された米国の図書館のあり方を頭に入れておくと、この映画での人々の動き方が理解しやすいかも。ホームレスたちの立てこもりが起こってからの騒ぎの広がりは雨傘の頃の香港のデモも思い出した。本が救いになることも示してくれる。
      いいね
      評価
      なし
    • 窮鼠はチーズの夢を見る
      『窮鼠はチーズの夢を見る』移り気な恋を重ねる恭一と学生時代から彼を思い続けていた今ヶ瀬の恋は、駆け引きを繰り返しながらそれが終わった後に本心が現れると比較的オーソドックスな展開。家庭的な女性を求めながらも落ち着けない恭一にはズルさを感じ、彼を試す今ヶ瀬の心情の意外さもわりと定型。
      いいね
      評価
      なし
    • 15年後のラブソング
      『15年後のラブソング』音楽や文学への妙なこだわりが気になってたら、ニック・ホーンビィが関わっていて納得。強い偏愛を持つめんどくさいパートナーと、自堕落に生きてきた元歌手のどちらもやれやれな男たちだが興味深い。恋愛ものとは思わずに見てたけど、こういう気づきがあって前に進めるのよ。
      いいね
      評価
      なし
    • アルプススタンドのはしの方
      『アルプススタンドのはしの方』原作が高校演劇と聞いて思ったのは「あ、ずるい」(笑)舞台が甲子園のそれじゃなくて地方大会1回戦の会場にしか見えないのは「しょうがない」だけど、野球応援したくない人間的にはよくわかるあるある的感情に満ちていて、全面でなくても所々でのめり込んでしまう。
      いいね
      評価
      なし
    • 一度も撃ってません
      『一度も撃ってません』哀愁漂うじじいのハードボイルドで、それほどコメディではない。過ぎ去りし日々を懐かしむ感があるけど、今この時もいずれは失われるもんだよ、というのがメッセージかも。一徳さんから真央ちゃんまで揃った異常に豪華なキャストの中、ポパイがいいと思ったら新崎人生じゃん。
      いいね
      評価
      なし
    • ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!
      『ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!』かわええなあオマエら、メタル野郎だけどホントかわええなあ!小市民の小心者でボンクラのはみ出し者だけど、とにかく勢いだけで突っ走ってやっちゃう王道展開だけど、何よりメタル好きじゃないけど、しょうがない許してやるかってなったよ。
      いいね
      評価
      なし
    • カセットテープ・ダイアリーズ
      『カセットテープ・ダイアリーズ』「推しが尊すぎるどころかワタシを成長させてくれてもっと尊い」とか言いたくなる。主人公が同世代なので、音楽的にもど真ん中。不況や差別もあるけど、好きを力に突き進むのがもう可愛らしい。久々のグリンダ・チャーダ監督作品は相変わらずノリがよくてよろしい。
      いいね
      評価
      なし
    • ストリート・オブ・ファイヤー
      『ストリート・オブ・ファイヤー』ネタとしてつまみつまみで知ってたけど実は初見。おお、the80’sや。西部劇風味でミュージカルな青春ものでものっそくベタだけど、勢いと音楽で全て掻っ攫われる。主人公のトムに魅力は感じないけどマッコイカッコええ。ウィレムさん若い。宝塚で観てみたい。
      いいね
      評価
      なし
    • がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン‼の巻
      『がんばれいわ!!ロボコン ウララ〜!恋する汁なしタンタンメン‼の巻』いやー、いろいろ聞いて覚悟して観に行ったけど、あのキテレツっぷりは無問題でしたねー。だってロボコンってそもそもいろいろと暴走しまくる話じゃんねー。いいぞもっとやれ。欲を言えば登場時には壁をぶち破ってほしかった。
      いいね
      評価
      なし
    • はちどり
      『はちどり』ポケベルやベネトンのリュックが効果的。時代設定を見て「キム・ジヨンの少女期か!」となったけど件の本は未読。家長/男性優位の社会描写はこれまでの韓国映画でも見られたが、それを意識して見ると景色が変わる。ヨンジ先生始め女子たちとの関わりで成長するウニが描かれるのがよい。
      いいね
      評価
      なし
    • サンダーロード
      『サンダーロード』母を失い、続けて最愛の娘を失いそうになる男の喪失と転落と再生(のはず)。笑うというよりも困ったねと首を竦めて観てしまうタイプの映画だけど嫌いではない。警官としても父親としても、ましてや大人としても問題ありなジムが喪失とその告別を乗り越えて成長する物語だと思った。
      いいね
      評価
      なし
    • エジソンズ・ゲーム
      『エジソンズ・ゲーム』電力の普及を事業として拡大していったエジソンの実業家としての面と、電気が照らさない「闇」をビジネスを中心として描いていた。発明が「盗まれる」ことを恐れて事業に打ち込むエジソンの考えはよくわかるが、やはり信念を曲げなければ物事は進行できないということか。
      いいね
      評価
      なし
    • バンデットQ
      『バンデットQ』一見子供が主人公のファンタジーかと思いきや、さすがのモンティ・パイソン組なので話が進むたびいろいろとシュールになっていく。髪のあるショーン・コネリーとか珍しい…なんて言ってしまったじゃないか。思考は馬鹿極まりないけど、それでも恐ろしい魔王のキャラが面白かった。
      いいね
      評価
      なし
    • 追龍
      『追龍』かつてアンディが演じた雷洛と、同じく映画も作られている伍世豪。警察と黒社会の癒着、60年代と九龍城砦が舞台というところに往年の香港映画の懐かしさを感じる。懐かしすぎるのもどうかと思うが、ここ数年での警察や社会の大きな変化を思えば、これで当時を振り返る価値はあるのだろう。
      いいね
      評価
      なし
    • なぜ君は総理大臣になれないのか
      『なぜ君は総理大臣になれないのか』今どきのどす黒く泥臭い政治家たちに慣れてしまっていると、この小川議員の考えはあまりにも青臭くて心配になるが、個人の政治家としてみれば魅力がある。しかし選挙や政局で見ると、その個人の情熱が埋もれ、政党で判断されてしまって、それが悲しいと思った。
      いいね
      評価
      なし
    • 地獄の黙示録 ファイナル・カット
      『地獄の黙示録 ファイナル・カット』オリジナルも含めて初見。ベトナムとカンボジアを破壊し焼き尽くすうちに一線を越えてしまう男たちの様々な狂気。カーツやキルゴアだけじゃなく、戦地を潜り抜けて闇の奥深くに踏みこむウィラードと仲間たちにもそれはある。世界の滅亡を望むのはいつでもあった。
      いいね
      評価
      なし
    • WAVES/ウェイブス
      『WAVES/ウェイブス』めくるめく映像美とノンストップパワープレイな音楽で兄の状況と人となりを一気に描いてから流れる「What a difference a day makes」にうわーとなった王家衛ファンがここに一人。A24作品には妙に王家衛の影響が見られるって本当だったな。
      いいね
      評価
      なし
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      akafundosi
      1864movies / tweets

      follow us