TOP >funkin4hkマイページ

funkin4hk

さんのマイページ
funkin4hk
つぶやいた映画
909 本
総ツイート
1,204 件
マイページ閲覧数
15,058 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
4 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

funkin4hkさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
909 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • レミニセンス
    科捜研の女 -劇場版-
    シャン・チー/テン・リングスの伝説
    岬のマヨイガ
    孤狼の血 LEVEL2
    ドライブ・マイ・カー
    妖怪大戦争 ガーディアンズ
  • フリー・ガイ
    サマーフィルムにのって
    映画 太陽の子
    白蛇:縁起
    最後にして最初の人類
    とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー
    SEOBOK/ソボク
  • 少年の君
    プロミシング・ヤング・ウーマン
    唐人街探偵 東京MISSION
    83歳のやさしいスパイ
    ブラック・ウィドウ
    アジアの天使
    Arc アーク
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 最後にして最初の人類
      『最後にして最初の人類』全編に流れるヨハンソンの音楽が緊張感を呼んで、次は一体何がくるかと構えながら観た。90年前のSF小説が語る太陽系の終末は現代にも絶望を想起させて音楽と共にズシンとくる。次々と登場するスポメニックもここではないどこかを感じさせてくれる。不思議な映画だった。
      いいね
      評価
      なし
    • 白蛇:縁起
      『白蛇:縁起』元ネタが同じ日本初の長編アニメ映画も程小東作品版も未見だが、チャイニーズ・ゴースト・ストーリーでお馴染みのジャンルなのでついていけた。3DCGでも見せ方のツボはわかっているなと感心したが、オリジナリティはそこが限度か。妹の見せ場が多いのは次があるからで納得。
      いいね
      評価
      なし
    • レミニセンス
      『レミニセンス』ディストピア近未来な舞台に『秘密 The Top Secret』的な記憶の解析を交えたハードボイルド恋愛映画で、世界観も雰囲気も上映時間も適度に良いが、物足りなく感じるのはとっ散らかってしまっているから?水没後の世界や貧富の格差はまさに現在を体現してる感ありだが。
      いいね
      評価
      なし
    • 83歳のやさしいスパイ
      『83歳のやさしいスパイ』姿を現さない依頼主と探偵によって老人ホームに送り込まれたセルシオ。入居者に圧倒的に女性が多く、しかも優しいのだからモテモテなのは想定内だし、本来のミッションも実は果たしきれていないのでは?とはいえ、スペインの介護事情も垣間見えて知るところも多かった。
      いいね
      評価
      なし
    • 少年の君
      『少年の君』貧困から這い上がるには進学しかないという現状でいじめに晒される陳念。誰にも頼れない中で出会った小北も後がない不良で、出会うはずもない二人が近づいていく様は眩しい。陳念も、彼女を尊重して守ってくれる小北も二人ともいい子なだけに、彼らが取った行動とその顛末がとても悲しい。
      いいね
      評価
      なし
    • サマーフィルムにのって
      『サマーフィルムにのって』ああ、オタクでポンコツなのになんでこんなにかわいらしいのかと思っちゃうのは、主人公が女子高生だからって訳じゃないよ。変な気構えも気取りもなく、好きだから時代劇を撮るというハダシの最初から最後まで不変のスタンスがかわいらしく、寄り道しながらも全然ブレない。
      いいね
      評価
      なし
    • 科捜研の女 -劇場版-
      『科捜研の女 -劇場版-』すまん実はドラマを楽しく観てる。だから冒頭の東映クレジットから笑ってしまった。劇場版らしくいろいろ盛られていたけど、マリコさんを始めとしたメインキャラはドラマ同様の安定感。しかし劇場版なので無茶振りがすごすぎて笑った。川井憲次さんのスコアも気合入ってる。
      いいね
      評価
      なし
    • 岬のマヨイガ
      『岬のマヨイガ』心に傷を負い、震災で行き場も失った2人の少女が、不思議な老女に導かれてたどり着く「マヨイガ」。原作未読できたけど、多分かなりアレンジされているよね?昔話の場面でのタッチの変化や、それが鍵となって迎える怒涛の展開は面白かったが、あの映画と観る順番が逆だったらよか…
      いいね
      評価
      なし
    • シャン・チー/テン・リングスの伝説
      『シャン・チー/テン・リングスの伝説』中華電影好きなので、今回は主人公よりも完全に父親目当てで観ていたのは言うまでもない。ウェンウーをヴィランって呼びたくないし、トニー・レオンにこの役あてるってものすごくずるい。素晴らしいハリウッドデビューだけど、父主役のスピンオフ観たい勢い。
      いいね
      評価
      なし
    • 茜色に焼かれる
      『茜色に焼かれる』今まさに直面する状況下で最も弱い存在に光を当て、社会の理不尽さへの激しい怒りを込めた作品であるので確かにしんどい。息子の視点で語られるので、良子の内に込められた激しい怒りからは引いて観ることもできるのだが、それでも彼らや母の同僚に降りかかる災難の連続は辛い。
      いいね
      評価
      なし
    • 孤狼の血 LEVEL2
      『孤狼の血 LEVEL2』原作のクレジット表記に?となったら、オリジナルストーリーとのこと。孤狼・大上の後を継いで広島裏社会を仕切る日岡と凶悪な上林との対決を前面に押し出していたけど、狼になりきれない日岡とそもそもが狂っている上林とではどうしても後者に目がいってしまいがちか。
      いいね
      評価
      なし
    • プロミシング・ヤング・ウーマン
      『プロミシング・ヤング・ウーマン』痛快でもなければエンタテイメントでもない、どんなにポップな装いをしてもヒリヒリと痛む純粋な復讐ものであった。発端となる事件は日本でも数年前に起こった医大の入試差別や権力によって揉み消されたあの暴行事件を彷彿とし、国が違えど地続きのように感じたよ。
      いいね
      評価
      なし
    • ドライブ・マイ・カー
      『ドライブ・マイ・カー』ハルキ原作、愛の喪失、演劇ワークショップ、そしてロードムービーと異なるジャンルを一つにまとめ、それぞれトーンを違えてもちゃんと話が通じてるのに感心し面白く観た。本読みを重視する多言語演劇の試みや『ワーニャ伯父さん』の台詞の展開とのシンクロ等も効果的。
      いいね
      評価
      なし
    • フリー・ガイ
      『フリー・ガイ』ライアン・レイノルズだけどゲームネタだしとあまり期待せずに行ったが、結構楽しかった。モブキャラの生き方も現実世界の我々にどこか通ずる感がある(こらこら)しかし舞台となるゲームがかなりひどかったな。若き天才プログラマーコンビの作品がどうしてこうなった?
      いいね
      評価
      なし
    • 妖怪大戦争 ガーディアンズ
      『妖怪大戦争 ガーディアンズ』少年少女向け三池作品はいろんな意味で安心して観られる。2005年版とは違うといえども、通じてるところはあれこれあるよね?とニヤニヤしながら楽しく鑑賞。妖怪たちは三池組常連俳優勢揃い、クライマックスも現代ならこうでなければという展開でよろしい。
      いいね
      評価
      なし
    • アジアの天使
      『アジアの天使』「相互理解だから」で韓国語喋れないことを言い訳してんじゃないよ剛!と初っ端からツッコミましたすみません(笑)行き詰まった日本人兄弟と韓国人兄妹のぎこちない旅行きは危なっかしいが、巻き込まれながらも気のいい韓国の兄ジョンウといい加減だが根は善良な剛の兄に救われる。
      いいね
      評価
      なし
    • 逃げた女
      『逃げた女』夫から初めて離れたガミが訪ね出会う3人の女性と、そこで交わされる他愛無い会話から透けて見えるそれぞれの事情。3人の女性の周囲に現れる男性たちの不穏さ。幸せとか不満とか単純に言い切れず、彼女たちの間を渡り歩くガミを始めとした登場人物たちの心の揺れは考察すると興味深い。
      いいね
      評価
      なし
    • 映画 太陽の子
      『映画 太陽の子』研究者の兄、軍人の弟と幼馴染の青春を描いたのがドラマ版なら、こちらは原子核爆弾研究に情熱を注ぎながら葛藤を抱える兄・修を中心に科学と学問の側面から描いている。筆記よりも実験が得意という修の、研究に打ち込む純粋さが危うい行動に走らせるのは研究者だからなのだろうな。
      いいね
      評価
      なし
    • 1秒先の彼女
      『1秒先の彼女』おかしな男女のおかしな恋模様にニコニコし、その中にこめられた「失われたもの」に気づくと胸がキュッとなる。とはいえ陳玉勳節は第1作からここまで実に通底していて、湿っぽくなりそうだったりえっ!となるくだりでも大らかさで包み込んでしまうのでそのへんはつい許してしまう。
      いいね
      評価
      なし
    • とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー
      『とびだせ!ならせ! PUI PUI モルカー』SNSのトレンドを見て興味を持ったらうっかりハマってしまい、気づけば初日初回3D鑑賞してるのってどうよ(笑)動画→地上波TV→スクリーンと大きくなっていくうちに、気付きにくい細かなネタや動きまでわかるので結構得した気分になってる。
      いいね
      評価
      なし
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      624ken
      4401movies / tweets

      follow us