TOP >fwhdマイページ

fwhd

さんのマイページ
fwhd
つぶやいた映画
532 本
総ツイート
656 件
マイページ閲覧数
16,392 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人
2013年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
532 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ピエロがお前を嘲笑う
    赤い玉、
    天空の蜂
    私たちのハァハァ
    若さは向こう見ず
    この国の空
    ルック・オブ・サイレンス
  • きみはいい子
    ハイネケン誘拐の代償
    予告犯
    新宿スワン
    サンドラの週末
    ゼロの未来
    駆込み女と駆出し男
  • 百日紅〜Miss HOKUSAI〜
    イタリアは呼んでいる
    私の少女
    白河夜船
    ラスト5イヤーズ
    Mommy/マミー
    龍三と七人の子分たち
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 天空の蜂
      『天空の蜂』エンタテインメントに徹するか、社会ドラマにするか分かれ道の題材。全体的に、何かしょぼく感じてしまうのは、時代背景のせいなのかな。中途半端な作品になってしまったように思う。
      いいね

      残念
    • 私たちのハァハァ
      『私たちのハァハァ』ただ喧しくて、作品に集中できず。達成感とかも無縁な感じがシニカルだが、私には、ついていくことが出来なかった。
      いいね

      残念
    • 赤い玉、
      『赤い玉、』すでに赤い玉が出たかもしれないお父さんたちで、まずまずの入り。こうした作品に観客が来るのはいいこと。些か古くさくはあるが、いつか知った味で、懐かしい。予定調和過ぎる点が物足りなさか。
      いいね

      普通
    • この国の空
      『この国の空』二階堂ふみの演技を見ていると、この作品が映画であることの存在感を強く訴えているように感じる。映画は、このように存在感を感じさせてくれるものだったことを気づかせてくれる。
      いいね

      良い
    • ピエロがお前を嘲笑う
      『ピエロがお前を嘲笑う』おそらく初回だけでは、この作品をガチリつかむのは難しいのだと思う。私は、ちょっと疲れました。
      いいね

      普通
    • 若さは向こう見ず
      『若さは向こう見ず』典型的なマサラムービー。歌あり、踊りあり、お涙ありと天こ盛り。そして、その世界が嫌いじゃない私は、160分の時間をお腹一杯に楽しみました。
      いいね

      良い
    • きみはいい子
      『きみはいい子』見終えて率直に感じるのは、子供への愛情の接し方。かつて子供だった頃のトラウマ、今子供である「きみ」への愛情。ひとりとして、蔑ろにしていい人生はない。様々な想いが去来して、後半は涙が止まらなかった。素晴らしい作品を見た。
      いいね

      良い
    • ルック・オブ・サイレンス
      『ルック・オブ・サイレンス』「アクト~」に作為的な印象を持っていただけに、この作品は、王道としてテーマがはっきりとしていてわかりやすい。むしろ、こっちを見てから、アクトを見た方が、この作品の意味するところ、凄さが理解できると思う。
      いいね

      良い
    • 花とアリス殺人事件
      『花とアリス殺人事件』なぜアニメなのかという疑問が解消されていないが、豊にイメージがふくらむアニメーションの世界だった。
      いいね

      普通
    • 幕が上がる
      『幕が上がる』まだ、それが夢ともわからないまま、迷いながらも突き進む姿はとても美しく感動した。 青春というありきたりな表現で括りたくないほどの素晴らしい世界だった。
      いいね

      良い
    • 新宿スワン
      『新宿スワン』新宿を舞台にした作品は沢山あるものの、時代によって街の空気が変わっていることを痛感。どうにもこの空気感にはなじめず。私にとっての新宿は、もっとドロドロした人間臭さが漂わないと。ミラノ座、ミラノボウル、このシーンは貴重。
      いいね

      普通
    • 予告犯
      『予告犯』手堅くよくまとまった作品。SNSの使い方も自然で好感が持てる。テーマも社会性があり面白く見ました。戸田恵梨香いいぞ!
      いいね

      良い
    • ハイネケン誘拐の代償
      『ハイネケン誘拐の代償』薄っぺらな印象。伏線なのかと思わせる、親子間のハイネケンに対する感情や彼らの犯罪に至る心の描写がほとんど感じられない。映画だけでは完成していない作品だとしたら疑問だ。
      いいね

      残念
    • サンドラの週末
      『サンドラの週末』何だか辛い作品。サンドラに賛同できないまま、終わってしまった。映画が、この物語の背景を充分に描き切れていない点が消化不良なんだと思う。
      いいね

      残念
    • イタリアは呼んでいる
      『イタリアは呼んでいる』ちょっとイケてるおやじたちの珍道中?ネタは、半分もわからないから、充分に堪能は出来なかったかもしれないけれど、いくつになっても、男は可愛いものなんだよ。
      いいね

      良い
    • 駆込み女と駆出し男
      『駆込み女と駆出し男』もったいないほど 、贅沢な内容。どのエピソードも、一つの作品として充分な内容。戸田さん、とってもいい女優になりました。見応えがありました。熟女AV女優澤村レイコさんが出演しているのも驚き。
      いいね

      良い
    • ゼロの未来
      『ゼロの未来』わかりやすい作品を無理にわかりにくくしているような印象が残った。「2001年宇宙の旅」でHALが叛乱したのと同じような印象を持って見ていた。
      いいね

      普通
    • 百日紅〜Miss HOKUSAI〜
      『百日紅 Miss HOKUSAI』全体像がぼやけてしまっているように感じた。北斎もお栄もみんな中途半端。期待していただけに残念。
      いいね

      残念
    • ラスト5イヤーズ
      『ラスト5イヤーズ』どっちもどっちで、どうでもいいやって思う。ミュージカルとしての力量はあるんだろうが、巧く効果を発揮できていない印象。「ラッセル・クロウをミュージカルに出演させた」のセリフは印象に残った。
      いいね

      残念
    • あの日の声を探して
      『あの日の声を探して』冒頭のシーンがあまりにリアリティがありすぎて、怖さを感じる。このテーマの作品には、いつもながら怒りや悲しみ、無力感を感じてしまう。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      besi_sake
      2485movies / tweets

      follow us