TOP >gadget9007マイページ

gadget9007

さんのマイページ
gadget9007
つぶやいた映画
444 本
総ツイート
968 件
マイページ閲覧数
8,400 view
ウォッチしている
4 人
ウォッチされている
2 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
444 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • きらきら眼鏡
    未来のミライ
    私の人生なのに
    志乃ちゃんは自分の名前が言えない
    パンク侍、斬られて候
    空飛ぶタイヤ
    OVER DRIVE
  • のみとり侍
    四月の永い夢
    孤狼の血
    ちはやふる 結び
    15時17分、パリ行き
    勝手にふるえてろ
    スター・ウォーズ 最後のジェダイ
  • ビジランテ
    探偵はBARにいる3
    BRAVE STORM ブレイブストーム
    ポンチョに夜明けの風はらませて
    ユリゴコロ
    スクランブル
    散歩する侵略者
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 未来のミライ
      『未来のミライ』予告編を観ると、もはや「細田守の時代」なのだな…と思う。
      いいね
    • 私の人生なのに
      『志乃ちゃんは自分の名前を言えない』と『私の人生なのに』は、予告編観ただけで、もう感動したのできっと秀作だと思う。どちらもギターと歌がモチーフだったりするので、シンクロニシティだなきっと。
      いいね
    • 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
      日本の青春映画の未来を示唆する秀作『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』 | dmenu映画 https://t.co/cRiLfiMN6U
      いいね
    • シムソンズ
      画作りも構成もちゃんとしていて、カーリング競技特有の「奥行きの構図」はもちろん、上下・左右・手前奥を計算した演出がされていて、映画が立体的になっている。照明も、最近の映画やドラマのようにむやみにモヤモヤ光っていないし。
      いいね

      良い
    • シムソンズ
      2006年の青春カーリング映画『#シムソンズ』をリバイバル上映で観て来た。カーリングブームよりも遡ること12年前とはいえ、今観ても全然古くないし、むしろ新鮮。記憶してた以上に主人公たちのドラマとその描写がしっかりしていて、やっぱり… https://t.co/nuHD3PkTA2
      いいね

      良い
    • 009ノ1 THE END OF THE BEGINNING
      『009ノ1』(坂本浩一)、何となく観たけど、ビデオ時代のダメなVシネマみたい…単に女性でアクション映画やりたかっただけで、ドラマがとにかくダルくて、原作や物語の設定は味付け程度なのは実写版『ポリマーと同じ…  #映画
      いいね

      残念
    • パンク侍、斬られて候
      (評・映画)「パンク侍、斬られて候」 時代劇の像、ぶっ壊した:朝日新聞デジタル https://t.co/79OhuIhm00 #パンク侍斬られて候 #山根貞男
      いいね
    • 走れ、絶望に追いつかれない速さで
      ストーリーを進めるためとかキャラクターを描くためではなく、1シーン1ショットを撮って繋いでいったら自然にドラマやストーリーが浮き上がって来た…という感じで、作為的な匂いがほとんどしない作劇は、良い意味で他の映画とちょっと違う。(この辺、まだちょっと言語化できてないけど)
      いいね

      良い
    • 走れ、絶望に追いつかれない速さで
      『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(中川龍太郎)。亡くなった親友の残した「断片」を繋ぎ合わせようとする物語と主人公の心に引っかかる出来事の描写が、映画のイメージの断片とともに積み重って、淀んでいた「時間」がゆっくり流れ出してゆく。
      いいね

      良い
    • 自虐の詩
      『自虐の詩』(07 堤幸彦)、ある意味で原作に忠実と言えるけれど、映画のバランスとしてはちょっと無理があったかも。前半の「4コマ漫画」部分の緩慢さに、後半のシリアスな雰囲気のドラマがしっくり来てない感じ。それにしても中谷美紀は凄い。
      いいね

      普通
    • 愛の小さな歴史
      二つのドラマが並走していて、時々クロスするんだけど、最後までそれを劇的に扱わないっていう、他の映画だとなかなか観られないドラマ感覚。『四月の永い夢』もそうだけど、ベタをベタに撮らないし、かといってセンスに酔ったりもしていないところは特筆すべきと思う。
      いいね

      良い
    • 愛の小さな歴史
      『愛の小さな歴史』(中川龍太郎)。負の記憶に囚われる二つの小さな家族の終わりと始まり。親を憎む娘と、妹に疎まれる兄のドラマである真ん中(中村映里子と沖渡崇史)のパートが素晴らしく良いので、構成的にちょっと残念だった。
      いいね

      良い
    • 継承盃
      『継承盃』(大森一樹)、組長交代の儀式の代役・緒形拳に翻弄される新米ヤクザ真田広之。もっとドタバタのコメディかと思っていたけど、実録モノのオマージュ要素も加味しつつの、意外とマジメなヤクザ喜劇。小品ならばこのくらいの質は欲しいよね。
      いいね

      良い
    • ブレイブ ワン
      『ブレイブ ワン』、恋人を暴漢に殺された主人公が次第に街の処刑人になって行くが…というストーリー。何となくエッジの効いた邦画っぽいニュアンスも。まさかのラストの展開,暴力を肯定するかどうか、法の正義って何かを静かに問う映画。
      いいね

      良い
    • 県警対組織暴力
      久々に深作欣二『県警対組織暴力』を観たけど、クライマックスからラスト5分くらいまでの作劇が異様ですごい。
      いいね

      良い
    • 孤狼の血
      『孤狼の血』、最終日にやっと。噂に違わぬ大傑作。「仁義〜」を継承しつつの「正義なき戦い」。暴力描写はハードだけど洗練されていて、ドラマの濃密さはむせるくらい。ちょっとしたユーモアもあるし、キャラクターの描き方も丹念で無駄がなかった。
      いいね

      良い
    • 四月の永い夢
      #四月の永い夢』、ちょっと既視感があったのは、深津絵里の『(ハル)』だと気が付く。駅のホームがラストシーンなのも共通している。 https://t.co/6CXO3kuhIN
      いいね

      良い
    • 空飛ぶタイヤ
      (評・映画)「空飛ぶタイヤ」 社会の歯車、様々な視点で:朝日新聞デジタル https://t.co/amlExg1XGJ
      いいね
    • きらきら眼鏡
      池脇千鶴が上海で「きらきら眼鏡」撮影振り返る、ワールドプレミア開催 - 映画ナタリー https://t.co/iqFBXQYsA5
      いいね
    • 四月の永い夢
      “昭和に恋する詩人”中川龍太郎が生み出すノスタルジックな未来『四月の永い夢』 | dmenu映画 https://t.co/ZicoUY5x34
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....