TOP >h_itabaマイページ

h_itaba

さんのマイページ
h_itaba
つぶやいた映画
1,137 本
総ツイート
1,245 件
マイページ閲覧数
16,724 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人
2016年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

h_itabaさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
1137 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 泣き虫しょったんの奇跡
    クレイジー・フォー・マウンテン
    ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
    クレアのカメラ
    パンク侍、斬られて候
    正しい日 間違えた日
    ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
  • 女と男の観覧車
    焼肉ドラゴン
    ワンダー 君は太陽
    空飛ぶタイヤ
    それから
    終わった人
    30年後の同窓会
  • 万引き家族
    Vision
    羊と鋼の森
    レディ・バード
    OVER DRIVE
    デッドプール2
    50回目のファーストキス
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • クレアのカメラ
      『クレアのカメラ』カンヌ国際映画祭の合間に撮ったという短期、低予算の映画だが、だからこそ、ヌーベルバーグのように感性で見せる。キム・ミニがイザベル・ユペール相手に堂々の演技。ホン・サンス監督の手を離れて、海外進出もあり得そうな予感。
      いいね

      良い
    • 正しい日 間違えた日
      『正しい日、間違えた日』同じ日、同じ時、ほんのちょっとのズレが全く異なる結末を迎える。ちゃんとしたシナリオがなく、アドリブなのではないかと思わせるセリフで、撮る都度、ストーリーがいくつも出来上がるのではと思わせる、予測不能の面白さ。
      いいね

      良い
    • パンク侍、斬られて候
      『パンク侍、斬られて候』原作は未読なので比較できないが、これは、石井岳龍の映画と言うより宮藤官九郎の映画。カタカナ満載のセリフにシュールな展開のバカバカしさが憎めない。主演の綾野剛より、脇役の染谷将太、浅野忠信のぶっ飛び振りが最高。
      いいね

      良い
    • それから
      『それから』クスッとした笑いを交えた重くならない不倫話。時系列にすると単純な話も、時間軸を並べ替えることで不思議な魅力を持った映画に。面白い韓国映画と言えば、焼肉のような濃厚な味の映画が多い中、クッパのようにさっぱりとした味わい。
      いいね

      良い
    • クレイジー・フォー・マウンテン
      『クレイジー・フォー・マウンテン』山の美しさと過酷さと。険しい山嶺を行くアルピニスト、岩山をよじ登るクライマー、急斜面を滑り降りるスキーヤーの接写と空撮と、撮影もミラクル。ただ、同じようなシーンの連続は、74分でも少々長く感じる。
      いいね

      普通
    • ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー
      『ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』ハン・ソロ、チューバッカ、ランドと「ローグ・ワン」よりシリーズとの人物関連性は強いが、これはスターウォーズなのだろうか。シリーズ売りの大規模な戦闘シーンがないし、フォースのフォの字もない。
      いいね

      普通
    • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
      『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス』前作から18年、大ベテランばかりで、鬼籍に入っている者多数。そんな彼らの前作映画以外の映像が残っているのが嬉しい。死の直前までステージに立ち続けた彼らは、まさにレジェンド。グラシアス!
      いいね

      良い
    • 泣き虫しょったんの奇跡
      『泣き虫しょったんの奇跡』出番が少ない役ばかりなのにキャストがやたら豪華。ただ、必死に努力する主人公のイメージが、何考えているか分からないキャラの松田龍平に合わない気がする。同じ将棋物「聖の青春」の松山ケンイチだったら良かったのに。
      いいね

      普通
    • 女と男の観覧車
      『女と男の観覧車』結構ドロドロとして、ラストも何ともという話なのに、ウディ・アレンにかかると不思議に粋になる。アレンがその昔見たであろう50年代のコニーアイランドの光景に、ケイト・ウィンスレットの徐々に凄みを増してくる演技が映える。
      いいね

      良い
    • 焼肉ドラゴン
      『焼肉ドラゴン』なんとなく、「三丁目の夕日」+「パッチギ!」みたいな感じなのかと思って観たが、下町人情味や温かい涙がこぼれる話なのかと思いきや、思った以上に重たい話。それなら、在日への差別とか、もっと徹底して描いても良かったのでは?
      いいね

      良い
    • Vision
      『Vision』河瀬作品は好きで追いかけてきたが、この作品は何だか微妙。映像はきれいだし、雰囲気もいいが、いろいろと不自然さが目立つ。永瀬正敏が寡黙な役かと思ったら、日本人相手にはべらべら。英語セリフを最小限にしてるだけなんじゃね?
      いいね

      普通
    • ワンダー 君は太陽
      『ワンダー 君は太陽』次第に友達を増やしていくオギーだけでなく、パパ、ママ、お姉ちゃん、オギーと仲良くなる子どもたち、先生、校長先生、皆がミラクル、ワンダー。サマーキャンプの辺りからもう涙が止まらない。子役たちの演技の見事なこと。
      いいね

      良い
    • 海を駆ける
      『海を駆ける』海は与えるだけでなく、奪うもの。決して不思議なだけのファンタジーではない、海のように深い物語。深田監督もいよいよ世界がフィールドに。これからどこに向かうのかとても楽しみ。インドネシア人にしか見えない大賀の役作りも圧巻。
      いいね

      良い
    • 空飛ぶタイヤ
      『空飛ぶタイヤ』追い詰められて、追い詰められて、「もうダメかもしれない」からの逆転満塁ホームラン。原作を読んでいても、いや読んでいなくても分かる、完全無敵の池井戸印にやっぱり胸が熱くなる。ガンバレ中小企業! 原作もまた読み直そう。
      いいね

      良い
    • 男と女、モントーク岬で
      『男と女、モントーク岬で』普通に考えれば不倫以外の何ものでもないし、今更、全く身勝手な行動としか言えないのだろうけど、このモントーク岬での一夜は、中年男性なら、誰もが切ないほどの共感を覚えるのでは? 人生最大の後悔は恋愛、なのかも。
      いいね

      良い
    • 終わった人
      『終わった人』主人公のことを笑いながらも、自分の定年後のことを考えて、いろいろ身につまされる。そして、年をとると、大学時代の友人より、故郷の高校時代の友人というのが、よく分かる気がする。
      いいね

      良い
    • 30年後の同窓会
      『30年後の同窓会』彼らの再会を同窓会という安直な言葉で表してしまう邦題は、壊滅的なセンスのなさだが、 ベトナム戦争も30年後のイラク戦争も戦争をする必要があったのかという痛切なメッセージが伝わってくる。犠牲になるのはいつも国民。
      いいね

      良い
    • レディ・バード
      『レディ・バード』アメリカの高校生も、制服のスカート丈を短くして先生に叱られるとかあるんだ(笑)
      いいね
      評価
      なし
    • レディ・バード
      『レディ・バード』前作「ブルックリン」で、早くも大女優の風格の片鱗を見せたシアーシャ・ローナンが演じる等身大の10代。田舎を出て、東海岸の大学に行きたいと願い、時に極端な行動に出るものの、基本はうぶな普通の女子高生の姿が共感を呼ぶ。
      いいね

      良い
    • 恋は雨上がりのように
      『恋は雨上がりのように』これは、挫折を味わった高校生、希望を失った中年サラリーマン、それぞれへの応援歌。高校生には高校生の視点、おじさんにはおじさんの視点、どちらの世代からも、それぞれ共感を呼ぶ映画は、ありそうで、案外、少ないかも。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....