TOP >hamadeanマイページ

hamadean

さんのマイページ
hamadean
つぶやいた映画
818 本
総ツイート
879 件
マイページ閲覧数
4,416 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
818 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ボヘミアン・ラプソディ
    ヴェノム
    デス・ウィッシュ
    ザ・プレデター
    MEG ザ・モンスター
    アントマン&ワスプ
    オーシャンズ8
  • インクレディブル・ファミリー
    デッドプール2
    ゲティ家の身代金
    犬ヶ島
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    レディ・プレイヤー1
    パシフィック・リム アップライジング
  • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
    リメンバー・ミー
    シェイプ・オブ・ウォーター
    グレイテスト・ショーマン
    スリー・ビルボード
    デトロイト
    ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ボヘミアン・ラプソディ
      『ボヘミアン・ラプソディ』。目が眩む程の才気に隠れた、孤独という名の深淵。 20世紀FOXのファンファーレで当然期待は高まる。苛烈で激情に彩られた人生を歩んだフレディだが、その濃密さは実に上手く織り込まれている。一本の映画としては若干抑揚が甘く、シームレス過ぎるかもしれない。☆4
      いいね
    • ヴェノム
      『ヴェノム』。馴染むッ!実に馴染むぞォォォッ!このシンビオートはよォォォッ!! トム・ハーディがMSUに加わった事は跳び上がるぐらい嬉しかったが、配給がソニーなのが今後の懸念。もう少し青いヴェノムが好みだが、期待に応える出来には仕上がっている。ダークな雰囲気も丁度良い塩梅。☆4
      いいね
    • デス・ウィッシュ
      『デス・ウィッシュ』。復讐の煉獄に焼かれた手負いの獣。銃よ、さらば。 ウィリスのアクション復帰作との売出し方だが、単に本作の出来が良かっただけだろう。溜飲の下がる爽快なシナリオに加え、各人のヤル気が伝わってくる仕上がり。銃規制が激しく叫ばれる米国で、よくこれが公開出来たなぁ。☆4
      いいね
    • ザ・プレデター
      『ザ・プレデター』。種を捕食する者。蹂躙と征服を許すな。 ええやんコレ!まるでスニッカーズを口に詰め込まれたかのような、強烈な多幸感とカロリーを摂取できる。途中で気絶してたかな?と思ってしまう滅裂シナリオだが、そこはご愛嬌。単純に会話劇として大変に優秀で、完成度高し。すこ。☆4
      いいね
    • MEG ザ・モンスター
      『MEG ザ・モンスター』。それはサメと呼ぶにはあまりにも大きく、凶暴で、悪辣だった。 ステイサムvs巨大サメ映画。それ以上でも以下でもない内容だが、Z級感は一切ない。中華マネーの侵食に抗った形跡は見えるが、それ自体が既に虚しい。グロ要素だけでもねじ込めていたらマシだったが。☆2
      いいね
    • アントマン&ワスプ
      『アントマン&ワスプ』。スーツだけが凄いヒーローなんて呼ばせない!なぁ、相棒! サノスの乱から先陣を切る形のマーベル作品だが、時系列の確認だけしておくと鑑賞中に気が散らない。テンポも良く、映像の仕掛けも楽しいライトな仕上がり。マイケル・ダグラスが渋くてカッコいいんだ、コレが。☆4
      いいね
    • オーシャンズ8
      『オーシャンズ8』。女だからこそ華麗に、スマートに、美しく。 悪くはない。終盤にかけてのまとめ方や加速度は素晴らしい。ケイパーものの王道を踏まえつつ、豪華出演者で華を添える算段だが、大体の人が形容し難い物足りなさを感じるだろう。アン・ハサウェイは異次元級のカワユさ。あと美乳。☆3
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      『インクレディブル・ファミリー』。思いやる力こそが、ヒーローの強さ。 前作から14年との事だが、当時でも鮮烈な映画品質だった事を再認識させられる。物語的にも描写的にも疾走感が抜群で、今期間違いない一作。やや暗いシーンで、強い光が点滅する場面が多い。高光量が苦手な方は要注意。☆4
      いいね
    • 犬ヶ島
      『犬ヶ島』。犬に不公平だ!犬はいつの時代も親友だ! ある種、病的とも言えなくもない構図もパペット劇だと気にならない不思議。最後まで展開が読めないのは、底知れぬセンスの賜物だ。彼のフィルターで濾過された日本ビジュアルも楽しいの一言だが、テキスト全てに目を通そうとすると目が死ぬ。☆4
      いいね
    • デッドプール2
      『デッドプール2』。いいか?もう二度と、金輪際、緑色の奴の話はするな。 小ネタの応酬は最早拾い切れないほどだが、どれも期待を裏切らない。仲間が増えると話の足回りがモタつく恐れがあるので、ぜひデップーだけはこれぐらいで留めておいて欲しい所。とりあえず黙って映画館へGO!だ!☆5
      いいね
    • ゲティ家の身代金
      『ゲティ家の身代金』。足らんわっ…!まるで…!欲しいんじゃっ…!金が…っ!! リドリー・スコット監督作。OPがグンバツに良かったので嫌が応にも期待は高まるが、その後は見事に失速…いや、中失速。途中から金持ち連中が鼻について仕方がない。プラマーの威厳以外に特別な褒め所は無し。☆3
      いいね
    • アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
      『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。ついに来たるヒーロー終焉の日。 驚きの一作。ここまで来ると、自分の推しキャラが活躍したかどうかで評価が変わる仕様。MCUの壮大な構想と意向に振り回されるのは正直楽しいです。その結論を見届けるには、映画館へ行くしかない。劇場へ急げ!☆4
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      『レディ・プレイヤー1』。こんな げーむに まじに なっちゃって どうするの。 夢と希望しか詰まってない一本。序盤のレースパートは、おぞましい程の迫力。数々のキャラクターが参戦しているが、個人的に嬉しかったのはオーバーウォッチ勢。スゲー面白いんだけど主人公が羨ましいので-1。☆4
      いいね
    • パシフィック・リム アップライジング
      『パシフィック・リム:アップ・ライジング』。やはり奴らは、海からやってくる。 分かってはいたがやっぱりこうなってしまったか、という落胆を隠せない。前作はギレルモの怪獣愛の結晶だった訳だが、今作は中国マネーの結晶と言える。ファンへの配慮は最低限あるが、これじゃない感満載。残念。☆2
      いいね
    • ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
      『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。選んだキャラとスキルを駆使し、叫べジュマンジ! ボードゲームから、いとも簡単に進化を遂げた悪魔のゲーム。リスポン音の響き具合が気持ち良い。やはりロック様のダダ漏れフェロモンが見所だが、それ以外にも分かりやすい考え唸り所もある。卍4
      いいね
    • リメンバー・ミー
      『リメンバー・ミー』。音楽は心を、記憶を、運命を動かせる。 音楽の力を具現化したような快作。人材、主題歌、技術、全ての条件が揃ったピクサーの層力に驚かされる。花粉だか感動だか分からない涙の量で溺れるかと思いました。家族連れが多いので、孤独映画紳士は鑑賞時に嗚咽を注意すること。☆5
      いいね
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      『シェイプ・オブ・ウォーター』。種族、言葉、悪意。愛を阻むものは存在しない。 無論良かったです。無垢の愛の物語を包み込むような滑らかな音楽がとにかく素晴らしい。この映画を愛したい、というか、この映画に愛されたいという謎のエゴを抱いてしまうような不思議な美しさを持った作品だ。☆5
      いいね
    • スリー・ビルボード
      『スリー・ビルボード』。自分でさえ触れられない程に増やした心の棘。 excellent。爆発的に面白かった。芯の通ったシナリオに人物造形、丁寧で厳しくも優しい話運びに、夢中にならざるを得ない。劇中のカントリーミュージックもピタリとハマり、文句の付けようがない素晴らしい快作。☆5
      いいね
    • グレイテスト・ショーマン
      『グレイテスト・ショーマン』。思い描く無限の夢。色とりどりの個の力。 物語構成が若干お留守になってはいるものの、歌とダンスは活力に満ち、とてつもなくパワフルでエネルギッシュ。サーカスが元々は見世物小屋だった事も、隠さずに上手く組み込んである。元気を貰えるような良い映画だ。☆4
      いいね
    • デトロイト
      『デトロイト』。隠しきれない程に爛れたアメリカの恥部。 傑作。久々にガツンと来る一作に出会えた。既に琴線が破綻した状態の緊迫感たるや、発狂者が出てもおかしくない。ありのままの事実の羅列が火傷する程に冷徹である。作品のヘイトを一身に受ける役を受け切ったウィル君に心から拍手を。☆5
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....