TOP >hinoeumathurmanマイページ

hinoeumathurman

さんのマイページ
hinoeumathurman
つぶやいた映画
325 本
総ツイート
1,036 件
マイページ閲覧数
1,762 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

hinoeumathurmanさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
325 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
    荒野にて
    記者たち~衝撃と畏怖の真実~
    ブラック・クランズマン
    たちあがる女
    運び屋
    スパイダーマン:スパイダーバース
  • サッドヒルを掘り返せ
    シンプル・フェイバー
    グリーンブック
    金子文子と朴烈
    女王陛下のお気に入り
    ナポリの隣人
    七つの会議
  • サスペリア(2018)
    ミスター・ガラス
    バジュランギおじさんと、小さな迷子
    マチルド、翼を広げ
    迫り来る嵐
    シシリアン・ゴースト・ストーリー
    家へ帰ろう
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 荒野にて
      公開中の『荒野にて』と合わせて見てもらいたい『ザ・ライダー』。救いが現れない「ゴッズオウンカントリー」でもある。見たときの感想とリンク貼っておきます。 https://t.co/oUHvJDnULf https://t.co/BbNJ014Dzt
      いいね
    • 荒野にて
      『荒野にて』と併せて見たいのがアマプラの『ザ・ライダー』。どちらもどうしようもなく貧しく「荒野にて」の少年が最後まで馬に乗らず共に歩く人だったのに対し、「ザ・ライダー」は馬に乗る事に命をかけるどちらも「ケス」を思い出す。 https://t.co/BbNJ014Dzt
      いいね
    • 荒野にて
      ヒュートラ渋谷で『魂のゆくえ』『荒野にて』ハシゴしましたが、どちらもヘビー級の打ちのめされる映画ゆえ同じ日に見るのはもったいなかった。できれば日を分けて鑑賞をおすすめします。自分の中でまだ咀嚼できないでいる。 https://t.co/tfCdO8nYEu
      いいね
    • 荒野にて
      『荒野にて』主演のチャーリー・プラマーどこかで見たと思ったら『ゲティ家の身代金』の誘拐された孫!世界一の富豪の孫から「荒野にて」の極貧の少年、貧富の差が極端過ぎる。 https://t.co/MhDBcU4br9
      いいね
    • ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス
      ワイズマンの『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』3時間半もあって、岩波ホールなのか。いつも最前列で見るけど3時間半の最前列はキツそう。 https://t.co/MTTanuPdyB
      いいね
    • 記者たち~衝撃と畏怖の真実~
      『記者たち 衝撃と畏怖の真実』ロブ・ライナー自身が演じた支局長の役はもともとアレック・ボールドウィンが降りた役なのね。本来カリスマ性が必要な役だから、監督がやらない方が良かったはず。 https://t.co/FDqsGoI5vB
      いいね
    • 記者たち~衝撃と畏怖の真実~
      今日は『ビリーブ 未来への大逆転』と『記者たち 衝撃と畏怖の真実』続けて見たら、後者に登場する女性たちがことごとく妻・彼女の役割でしかないことが目立つ結果になってしまった。ジェシカ・ビールクラスの女優でさえこんな「ただの彼女」役なのかと驚いた。
      いいね
    • 記者たち~衝撃と畏怖の真実~
      ロブ・ライナーの『記者たち 衝撃と畏怖の真実』は来週に回そう。「バイス」と二本立てにしようかな。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      ラストカット→エンドロールが名人芸だった「グリーンブック」に対し、完成度かなぐり捨ててどんな察しが悪い人にもわかるラストを付け足した『ブラック・クランズマン』。蛇足と言われようとこの結末選んだスパイク・リーを支持せざるを得ない。まだ続いてるのに、気持ち良く帰らせてたまるかという。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』に重要な役で登場のハリー・ベラフォンテ、公の場での登壇は最後ではと思われてた2017年、90歳時に「トランプを大統領にしたのはこの国の過ちだ」とスピーチ。 https://t.co/MJFGBIF0H6
      いいね
    • サッドヒルを掘り返せ
      来週は「サッドヒルを掘り返せ」行かねば。あとギルティとブラッククランズマンおかわりしたい。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      ブラッククランズマン、警官志望の主人公が署で「警察内のジャッキー・ロビンソンになる覚悟はあるか。仲間にも差別されるが我慢できるか」と言われる。理不尽に差別される側がただ我慢を強いられる。この手の理不尽はいまの日本でも横行してるから、特に若い人は見るべき。めちゃちゃんとエンタメだし
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』アダム・ドライヴァーがカイロ・レンの100倍は落ち着いて頼りになる男で最高のプロフェッショナル、めちゃくちゃ良かった。早くアカデミー賞取ってほしい。 https://t.co/EBN7WURLvv
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      「ブラッククランズマン」ハリー・ベラフォンテが重要なシーンに出てる。ハリー・ベラフォンテはシドニー・ポワチエと同い年で親友同士だけど、白人向けの作品にばかり出るポワチエの作品選びには批判的だったと聞いたことがある。スパイクリーもベ… https://t.co/onBMAEB23J
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      ブラッククランズマン、あのクラブのダンスシーン、今年と言わずここ数年のベストかも。還暦過ぎてもスパイクリーはスパイクリーだわ。
      いいね
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』とりあえず今年の映画におけるクラブの場面ベストと演説場面ベストは決定しました。
      いいね
    • シンプル・フェイバー
      『シンプル・フェイバー』しかしミステリーとしてはダメでは?この頃目立つ整合性そっちのけでひっくり返しまくる展開は、ネット上の「先が読めた」という感想の悪影響ではないかと思ってしまう。『ギルティ』のような鮮やかな一発反転を見ると拍手したくなるけど「もう一捻り欲しい」的感想も見るから
      いいね
    • シンプル・フェイバー
      『シンプル・フェイバー』ブレイク・ライブリーがいかに得難い存在であるかの証明作品。存在そのものがパワーであり、いるだけで事件が起こる女。ゴーンガールより雑な女だからポストイットは使いこなせない。「野蛮なやつら」以降、大作の色どり扱… https://t.co/NGzL18z7Bg
      いいね
    • たちあがる女
      「たちあがる女」ほっこり北欧好きに向けた日本版ビジュアルより、英語題「Woman At War」がしっくり来る闘う中年女の話にしてかなりオフビート。主人公を代弁する生演奏は舞台では見る手法だけど、クローズドな舞台でなくアイスランド… https://t.co/uERAxM1RZF
      いいね
    • たちあがる女
      【『たちあがる女』には、よくあるヒロインを救い出すような男は登場しないんだ。ハットラのまわりには愛もあるし、情熱もあるし、友情もあるんだけど、いわゆる「女が男を必要としている」とか「男が女を必要としている」と言うようなコンセプトは… https://t.co/VFbE5TKDLB
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....