TOP >hiropopopoponマイページ

hiropopopopon

さんのマイページ
hiropopopopon
つぶやいた映画
132 本
総ツイート
178 件
マイページ閲覧数
868 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

hiropopopoponさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
132 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • イン・ザ・ハイツ
    復讐者たち
    竜とそばかすの姫
    逃げた女
    やすらぎの森
    ファーザー
    海辺の彼女たち
  • ブータン 山の教室
    ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
    FUNAN フナン
    国葬
    ウルフウォーカー
    パピチャ 未来へのランウェイ
    わたしは金正男を殺してない
  • #フォロー・ミー
    ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
    ジェクシー! スマホを変えただけなのに
    赤い闇 スターリンの冷たい大地で
    野性の呼び声
    シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 竜とそばかすの姫
      あああ、これは……知らずはらはら、と。おやすみ、世界。明日もよろしく、です。 「映画『竜とそばかすの姫』劇中歌/Belle【はなればなれの君へ Part1】MV」 https://t.co/pKfG1Fd9XU
      いいね
    • イン・ザ・ハイツ
      映画『イン・ザ・ハイツ』。南米からの移民コミュニティが舞台のミュージカル。陽性に突っ走りつつ、屈託や問題点も織り込んで、とにかく見事。みながいい顔、すばらしい歌声とダンスに引き込まれっぱ。ミュージカル苦手とか思う自分はなんだったのか、というような。アメリカの本気のエンタメに脱帽。
      いいね
    • 竜とそばかすの姫
      映画『竜とそばかすの姫』。前作が合わなかったので、とりあえずという感じで観賞。したら、音楽や歌がキーというかキモになってて、そういうのは弱いのだよ……と思うと案の定。後半はずっと泣いちゃってました。それはさておいても、細田さんのこれまでをぎゅっとして進化させた感じでよかったです。
      いいね
    • 復讐者たち
      映画『復讐者たち』。アウシュビッツを生き延びるも、妻子を喪った男が、ドイツ人に復讐する組織に身を投じる。個別に、から、600万人には600万人をと、より過激なほうへと絡めとられるさまが、重くもあるけどスリリング。最後の踏みとどまり… https://t.co/LXezI13qaD
      いいね
    • 逃げた女
      映画『逃げた女』。結婚から5年間、夫である男から1日も離れなかったという女が、夫の出張を機に、知り合いの女性を訪ね歩く。そこで交わされるのは、一見他愛もない会話たち。でも次第にいろんなことごとが、人生が、背景に浮かんでくる。知らず自分のことを重ねたり、男の要不要について考えたり。
      いいね
    • ブータン 山の教室
      ああ、いいインタビューだし、いい写真! ブータン、ネットの普及で変化する幸福の意味、そして現地の映画事情は?「ブータン 山の教室」監督に聞く https://t.co/Y01BEgZJRY
      いいね
    • ブータン 山の教室
      ペム・ザムちゃんとヤク! 映画『ブータン 山の教室』予告編 https://t.co/jvcH8eYXIu
      いいね
    • ブータン 山の教室
      映画『ブータン 山の教室』。都会でだらっと教師をしている青年が、僻地の村へ赴任。と、わかりやすい筋立てではあるけど、説得力が桁違い。自然が、ひとが、ただただ美しい。すべての表情に引き込まれました。とりわけ、実際にその村のコだという少女のペム・ザムちゃんと、ヤクのキュートさが異常。
      いいね
    • やすらぎの森
      映画『やすらぎの森』。ケベックの森の中にひっそりと住まう老人たちの物語。タイトルとは裏腹に、ざわざわいっぱい。歴史的な背景も含め、張り詰めた感じすらあるけど、それでも最期は自由に生きる、生ききりたいという姿を、まま受け止めようとした時間。重いんすね、どんな人生であれ。あらためて。
      いいね
    • ファーザー
      映画『ファーザー』。認知症の父と娘の話、ではあるけど、徹頭徹尾アンソニー・ホプキンス。出ずっぱなことはもちろん、彼の世界の捉え方を内側から描き出しているので、とにかくアンソニー・ホプキンス。ズレる認識、混ざる記憶……自我のありようを演じ切って、ただただアンソニー・ホプキンス。讃。
      いいね
    • 海辺の彼女たち
      映画『海辺の彼女たち』。夜逃げをした技能実習生、ベトナム人女性3人の日々。実際のケースに接し、かつ丹念な取材の上で作りあげたという物語、とにかく寄る辺ない。また、その寄る辺なさにさらされる女性たちの表情、息づかいに、突きつけられる思い。寒々しいのは青森が舞台だから、だけではない。
      いいね
    • ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実
      映画『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』。ベトナム戦の英雄に、なぜ名誉勲章が授与されないのか。謎を探るべく、ペンタゴン官僚が退役軍人を訪ねる。それがエド・ハリス、サミュエル・L・ジャクソン、ピーター・フォンダ……と激渋… https://t.co/YYiHxMa4p9
      いいね
    • FUNAN フナン
      映画『FUNAN フナン』。カンボジア、’75年のクメール・ルージュの「革命」によって翻弄されるひとびとを、ひとつの家族に焦点を当てて描くアニメ。とにかくカンボジアの自然が、風景が、美しい。だからこそそんなところで起きた悲劇が、い… https://t.co/QS0Hs4BvKh
      いいね
    • 国葬
      ロズニツァのドキュメンタリー、観終えました。観光地になったナチスの強制収容所を捉えた『アウステルリッツ』、スターリン体制下での『粛清裁判』、スターリンの死を受けての『国葬』。アーレントを読んだこともあり、捏造された罪を告白する『粛… https://t.co/pJrrMKddwe
      いいね
    • パピチャ 未来へのランウェイ
      映画『パピチャ 未来へのランウェイ』。90年代、イスラーム過激派が台頭して内戦で揺れるアルジェリアを舞台に、自由でありたいと抗う女の子たちの姿を描く。あまりに苛烈だけれど、力づよい輝きにみちていて、ひとりでも多くの、抑圧された女性… https://t.co/bR2bzi40LU
      いいね
    • ウルフウォーカー
      映画『ウルフウォーカー』。中世のアイルランドを舞台にした、オオカミとともに生きる女の子と、街に住まう女の子の物語。そうか、こういうのが観たかった、ということだったか。ってくらい、瞬間瞬間が沁みました。映像、意匠、音楽、ストーリーす… https://t.co/Cjew3qzSfi
      いいね
    • わたしは金正男を殺してない
      映画『わたしは金正男を殺してない』。ドキュメンタリーであることをほぼ忘れ、超一級のサスペンスとして楽しんでしまいました。その上で。これが現実に起こったことに慄然とし、ベトナムとインドネシア生まれの若い女性ふたりが、あまりにもな〝陰… https://t.co/qTjKU3Uk4N
      いいね
    • #フォロー・ミー
      映画『パヴァロッティ 太陽のテノール』。浴びました、その声を、あの笑顔を、この人生を。苦悩がなかったわけじゃない。でも丸ごと愛し、丸ごと愛されるひとだった。たくさんの証言と映像を、手際よく、愛情こめてまとめる手腕が、さすがのロン・… https://t.co/DlgGCA4epL
      いいね
    • #フォロー・ミー
      映画『ポルトガル、夏の終わり』。死期が近いと悟った女優と、彼女に誘われ避暑地に集った家族や友人が過ごす、ある1日。ままならない、でもそうとしか選べない、選べなかった各人生が、ことば少なに、でも素晴らしい風景と合わさって雄弁に、描かれていました。来し方行く末、いまの自分も顧みつつ。
      いいね
    • #フォロー・ミー
      昨日今日『行き止まりの世界に生まれて』『ブックスマート』と観、少なくとも数年単位でワンツーの青春映画を観てしまった感。『行き止まり〜』はドキュメンタリー部門で監督賞、『ブックスマート』は作品賞&監督賞&主演女優(ふたりに)、オスカーもらっとこうな。……あれ、ひょっとして昨年度か?
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      ichiwheat
      5147movies / tweets

      follow us