TOP >hontaka1229マイページ

hontaka1229

さんのマイページ
hontaka1229
つぶやいた映画
410 本
総ツイート
753 件
マイページ閲覧数
2,409 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

hontaka1229さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
410 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 西成ゴローの四億円
    自宅警備員と家事妖精
    G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ
    最後の決闘裁判
    全員切腹
    妖怪大戦争 ガーディアンズ
    ジャッリカットゥ 牛の怒り
  • 湖底の空
    男の優しさは全部下心なんですって
    戦火のランナー
    女たち
    海辺の彼女たち
    狼をさがして
    大地を受け継ぐ
  • きこえなかったあの日
    地球で最も安全な場所を探して
    短篇集 さりゆくもの
    モルエラニの霧の中
    戦車闘争
    白根紙鳶見聞録 凧ノ国
    サイレント・トーキョー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 自宅警備員と家事妖精
      今日はK’sシネマで『自宅警備員と家事妖精』と『水面のあかり』を見ました。前者はいい意味で地に足がついてない感じがよかったです。後者は待望の上映。こちらは、逆に深く潜っていく感覚がよかったです。 https://t.co/CNkwJNeZqf
      いいね
    • 西成ゴローの四億円
      『西成ゴローの四億円』と『西成ゴローの四億円 死闘篇』を続けて見ました。ハードなアクション、人情、笑いが西成をはじめ、大阪の風景の中で絶妙なバランスで出来た映画でした。 『死闘編』終盤、ハーレーにまたがるゴロー=上西雄大に胸熱。 https://t.co/4gFK2DwG8B
      いいね
    • G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ
      『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』を見ました。日本で大々的に撮影をしたハリウッド映画、という興味から。 現在の日本にも忍者がいる、というトンデモ設定と城・日本庭園が不思議な世界観。こういうの、嫌いではないです。が、お話はあま… https://t.co/jvhjHFj0Ey
      いいね
    • 最後の決闘裁判
      『DUNE デューン 砂の惑星』は、私は今ひとつ、釈然としないところがあったのですが、だからこそ、パンフレットが読みたくなり、後日買って読みました。参考になることがたくさんありました。 だからこそ、『最後の決闘裁判』にパンフレットがないのは、やはり残念。
      いいね
    • 最後の決闘裁判
      『最後の決闘裁判』、『キングダム・オブ・ヘブン』で横暴なギーを演じていた、マートン・チョーカシュが、マット・デイモンの横にいて、いつ暴れるかとヒヤヒヤしましたが、暴れませんでした。
      いいね
    • 最後の決闘裁判
      昨日映画を見たので聞いてみます。(邦題『最後の決闘裁判』。) https://t.co/2HUTicOdM7
      いいね
    • 全員切腹
      ユーロスペースで『全員切腹』と『シュシュシュの娘』を見ました。前者は短編ですが、怒れるパンク時代劇でした。後者は、緩い笑いも挟みつつ、移民排除、公文書改竄というハードな世界によたよたと立ち向かう娘がよかったです。福田紗希好演。 https://t.co/IsWyOtop8E
      いいね
    • 妖怪大戦争 ガーディアンズ
      『妖怪大戦争ガーディアンズ』を見ました。妖怪がたくさん出てきて、かつ、出演者が豪華なのも楽しい。けど、せっかく出した大魔神が大暴れしなくてがっかり。最後の決戦が歌で収まるってどういうこと? https://t.co/YRLrWZJ65t
      いいね
    • ジャッリカットゥ 牛の怒り
      今日は『東京クルド』、『ジャッリカットゥ 牛の怒り』、『無頼漢』を見ました。『東京クルド』は2人のクルド人をじっくり撮影したことから入管の理不尽さが浮かぶ力作。『ジャッリカットゥ』は面白くなかった。『無頼漢』はフィルムが退色してい… https://t.co/wsmVInmku8
      いいね
    • 湖底の空
      K’sシネマで『湖底の空』を見ました。日中韓合作映画で、日本語、中国語、韓国語が並行して喋られるのが興味深かったです。一人二役のイ・テギョンもよかった。が、セクシュアリティに関する部分が、とってつけたように感じました。 https://t.co/HZUM6gFwsk
      いいね
    • 男の優しさは全部下心なんですって
      今日はシネマカリテで、『明日の食卓』と『男の優しさは全部下心なんですって』を見ました。前者は女優3人の好演と的確な瀬々敬久監督の演出に震えました。後者はポップな描き方に、自分が歳をとったことを実感しました。 https://t.co/yZMbRjO2P5
      いいね
    • 女たち
      『女たち』を見ました。重くて内田伸輝監督の視線が厳しい映画でした。 静かに耐え、激情を爆発させる篠原ゆき子さんが素晴らしいです。また半身不随で憎たらしくもある高畑淳子さんには驚きます。 日本では若くはない女性の映画が少ないので、こ… https://t.co/cTJ3qBCzEb
      いいね
    • 海辺の彼女たち
      『海辺の彼女たち』を見ました。今年、最も重要な作品かもしれません。冒頭に感じた藤元明緒監督の覚悟は最後までブレませんでした。 3人のベトナム人技能実習生の話と聞くと、社会批判もしくは安易なヒューマンドラマになりがちなところを、彼女… https://t.co/KEz5Ih1x5H
      いいね
    • 狼をさがして
      『母たち』を見ました。『狼をさがして』で引用されている映画なので、続けて見ることをおすすめします!(上映時間を見ると続けて見れるようです。別料金ですが。) https://t.co/ngrJkhQlrF
      いいね
    • 狼をさがして
      5月3日に、国立市にあるキノキュッへで開催される『母たち』の上映会にトークで参加します。この映画、『狼をさがして』で引用されている映画です。 https://t.co/kAyfD81Q9z
      いいね
    • 戦火のランナー
      試写で『戦火のランナー』を見た。8歳で内戦が続くスーダンで両親と別れ、16歳の時、難民としてアメリカに渡り、ロンドン、リオデジャネイロ五輪に出場したマラソンランナー、グオル・マリアルを描くドキュメンタリー。オーソドックスなドキュメ… https://t.co/FSopWE9UJD
      いいね
    • モルエラニの霧の中
      『モルエラニの霧の中』を見ました。日本では難しい、こういう映画を作り上映している方々に敬意を表します。タルコフスキーのようなカットもある、全7章、3時間34分。各々の章はゆるく繋がっている。背景にしっかり室蘭の街があるのもいい。 https://t.co/Sf9XEer6SF
      いいね
    • 短篇集 さりゆくもの
      『短篇集 さりゆくもの』を見ました。本作は、ほたる、小野さやか、山内大輔、小口容子、サトウトシキ、各監督による、オムニバス映画。スタイルも画角もバラバラなのがよかったです。企画者でもあるほたるさん監督作は35mmフィルム撮影かつ映… https://t.co/WCytIL8HVs
      いいね
    • 地球で最も安全な場所を探して
      『地球で最も安全な場所を探して』を試写で見ました。高レベル放射性廃棄物処分問題を描いたドキュメンタリーではありつつも、単純に反原発映画ではない。主人公チャーズル・マッコンビーは、原発推進派だが廃棄物問題は避けられないとして処分地を… https://t.co/5n9yQriwru
      いいね
    • きこえなかったあの日
      『きこえなかったあの日』(今村彩子監督)を試写で見ました。今村監督は東日本大震災後、『架け橋 きこえなかった3.11』を撮っていますが、本作はその続編的な作品。また、本作では熊本地震、西日本豪雨災害にあった広島市も撮影。ろう者であ… https://t.co/wI9jmdlxBK
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mattsuanko
      2647movies / tweets

      follow us