TOP >hrhtitoマイページ

hrhtito

さんのマイページ
hrhtito
つぶやいた映画
1,231 本
総ツイート
1,252 件
マイページ閲覧数
9,463 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1231 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ジュディ 虹の彼方に
    ラストレター
    パラサイト 半地下の家族
    ブレッドウィナー
    ヒックとドラゴン 聖地への冒険
    スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け
    【Netflix映画】『6アンダーグラウンド』
  • 屍人荘の殺人
    【Netflix映画】マリッジ・ストーリー
    【Netflix映画】『失くした体』
    ドクター・スリープ
    【Netflix映画】アイリッシュマン
    アナと雪の女王2
    【Netflix映画】『クロース』
  • ターミネーター:ニュー・フェイト
    IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    閉鎖病棟―それぞれの朝―
    マチネの終わりに
    T-34 レジェンド・オブ・ウォー
    ジョーカー
    ジョン・ウィック:パラベラム
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ジュピターズ・ムーン
      『ジュピターズ・ムーン』難民問題などで閉塞感漂うハンガリーを舞台に、奇跡を纏った少年によって、少しだけ社会が変わるかもしれないという希望を描く。主役は難民の少年ではなくて、少年を取り巻く人々。想像以上に重くて宗教色の強い社会派SF。
      いいね

      普通
    • T-34 レジェンド・オブ・ウォー
      『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』リアリティある戦車内の描写と、CGを駆使した砲弾描写などの外連味。それに、戦略性のある戦車戦の醍醐味といった戦車アクションの魅力が満載。エンタメに振り切ったシンプルなストーリーもいい。
      いいね

      良い
    • 素敵なダイナマイトスキャンダル
      『素敵なダイナマイトスキャンダル』確かにそんな雑誌もあったなあなんて懐かしさと、猥雑でなんでもありな昭和という時代のエネルギー。やたらとお行儀だけ良くなって、小さく縮こまってる今の時代にこそ、こんなパワーが必要な気がする。
      いいね

      良い
    • 志乃ちゃんは自分の名前が言えない
      『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』それぞれに生き辛さを抱えた主人公三人がもがき苦しむ姿が、インディーズ風の素朴で飾らない空気感のある演出でリアルに描写された青春音楽映画。同じ作者の「惡の華」以上に、生き辛さが刺さりまくりだった。
      いいね

      良い
    • へレディタリー/継承
      『へレディタリー/継承』子供の頃に見たら絶対トラウマになりそうな正統派オカルティックホラー。驚かすのではなく真綿で首を締めるようにじわじわと迫ってくる恐怖。それでいて映像的には明るくカラフルな場面も多いという、不思議な感じが特徴的。
      いいね

      良い
    • 惡の華
      『惡の華』もっとサイコな話かと思ってたら、意外にも純なラブストーリー。中学生から高校生にかけた思春期の、自分が自分でなくなる感じや、世界から浮いている感じの生き辛さが爆発してた。
      いいね

      良い
    • ハッピー・デス・デイ 2U
      『ハッピー・デス・デイ 2U』パラレルワールド設定によってひねりを利かせながらタイムループの面白さを続けることに成功。一作目を丸ごと伏線として使っていて、主人公も成長して感情移入できる存在になっているし、スピード感もさらにアップ。
      いいね

      良い
    • ハッピー・デス・デイ
      『ハッピー・デス・デイ』主人公のビッチ設定が秀逸。最初は共感要素0のクソ女がループを繰り返えして成長していくっていうストーリーにピッタリ。だらけがちなループの繰り返しもテンポよく進むし、クライマックスの畳み掛けるどんでん返しも見事。
      いいね

      良い
    • ドラゴンクエスト ユア・ストーリー
      『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』問題になってるラストのオチ。ファンからすると何コレ感があるし、お前に言われたくないわ!なのは山崎貴の平常運転。むしろそこまでのダイジェス感満載で盛り上がりに欠ける語り口をなんとかして欲しかった。
      いいね

      普通
    • モリーズ・ゲーム
      『モリーズ・ゲーム』知的で独自の倫理観を持っているにもかかわらず、コントロールしきれずに浮沈を繰り返すモリーの人生は示唆に富んでいるし、単純にスリリングで面白い。圧倒的な情報量の会話劇なので、字幕を読んでいたら追いつかない😅。
      いいね

      良い
    • 二ノ国
      『二ノ国』主人公は高校生だし、大人も楽しめるクオリティを期待してたら、小学生向けレベルの作品だった😭。もう一人の自分と魂がつながっているって設定は、ちゃんと作ればもっと深みのあるストーリーが構築できたと思えるだけにもったいない。
      いいね

      普通
    • アナと世界の終わり
      『アナと世界の終わり』ティーンエイジャーたちが歌い踊る背景でゾンビが暴れてるっているのはなかなかシュールだけど、ある種の極限状態の中、若者たちが様々な悩みを歌とダンスに乗せて吐き出すっていうのは至極真っ当な青春ミュージカル。
      いいね

      良い
    • ジュディ 虹の彼方に
      『ジュディ 虹の彼方に』少女時代から薬漬けにされ搾取され続けた彼女がただただ痛々しく、必死に生きているのに空回りしているのが伝わってきて心が締め付けられる。そして気が付くと、すこしでも彼女が救われて欲しいと願っている自分がいる。
      いいね

      良い
    • ピーターラビット(2018)
      『ピーターラビット(2018)』予想を裏切る毒っけたっぷりのドタバタアクションコメディ。さすがに度を越してるんじゃないかと思う悪ふざけも多々あり、ずっとこの調子だときついなぁと思っていたけど、流石にそこはいい塩梅に着地させてくれた。
      いいね

      良い
    • 3月のライオン 後編
      『3月のライオン 後編』後半のキーパーソンとなる川本三姉妹は、零の心の拠り所となる困難に立ち向かう強さと自然体の優しさを体現。倉科カナの柔らかさ、清原果耶の真っ直ぐさ、新津ちせの無邪気さが、それぞれハマってた。
      いいね

      良い
    • 3月のライオン 前編
      『3月のライオン 前編』前編のキーパーソンとなる義姉香子。自身の棋士となる夢を打ち砕いた存在として零を嫌悪しつつも、もっとも心情を吐露できるのも零であると言う複雑で苛烈なキャラを、いい子イメージを覆した有村架純が予想以上の好演。
      いいね

      良い
    • 【Netflix映画】マリッジ・ストーリー
      『【Netflix映画】マリッジ・ストーリー』結婚当初は夫を支えることにやりがいを感じていただろうに、相手のための結婚は長続きしないのかな......当事者の気持ちそっちのけで、勝ち負けだけしか目に入っていない弁護士たちがこわすぎる
      いいね

      良い
    • ディリリとパリの時間旅行
      『ディリリとパリの時間旅行』一昔前のフラッシュアニメのようなシンプルで平面的な絵とぎこちない動き、批判精神に満ちているがシンプルで一本調子なストーリーは、逆の意味で新鮮。
      いいね

      良い
    • アス
      『アス』「ゲット・アウト」のさらに上をいく、怖いけどどこか滑稽でもあるホラー演出と、ちょっとシャマラン的とも言える終盤の種明かしで世界観をガラッと変える構成が魅力。そして、その裏にあるテーマ性がはっきりしているのもいい。
      いいね

      良い
    • ブラック・クランズマン
      『ブラック・クランズマン』黒人警官がKKKに潜入捜査したという実話を元にしたサスペンスフルコメディ。白人至上主義者たちの定義する「白人」がいかにいい加減なものかというのを笑い飛ばしながら、時代に逆行するかのような現状に警鐘を鳴らす。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....