TOP >hrhtitoマイページ

hrhtito

さんのマイページ
hrhtito
つぶやいた映画
969 本
総ツイート
990 件
マイページ閲覧数
7,315 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
969 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • クローバーフィールド・パラドックス
    銀魂2 掟は破るためにこそある
    ミッション:インポッシブル フォールアウト
    センセイ君主
    未来のミライ
    空飛ぶタイヤ
    万引き家族
  • デッドプール2
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章「煉獄篇」
    恋は雨上がりのように
    GODZILLA 決戦機動増殖都市
    フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
    アベンジャーズ インフィニティ・ウォー
    レディ・プレイヤー1
  • パシフィック・リム アップライジング
    ダンガル きっと、つよくなる
    ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル
    タイタン
    レッド・スパロー
    ちはやふる 結び
    アナと雪の女王 家族の思い出
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 哀しき獣
      『哀しき獣』登場人物が多く、その関係性も明確には示されず、あれよあれよとよくわからないまま話が進んでいく。ただ、そのよくわからない状況に思いがけず巻き込まれてどツボにはまっていく主人公も、同じ感じだったんじゃないかと思うと、哀れ。
      いいね

      良い
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル きっと、つよくなる』インドの至宝アーミル・カーン主演の実話に基づく女子レスリング映画。父と娘の王道のスボ根ドラマに、インドならではの女性問題を絡めたストーリーは、もちろん脚色はあるにしても文句なしの完成度。
      いいね

      良い
    • RAW 少女のめざめ
      『RAW 少女のめざめ』本作でのカニバリズムが、少女が大人になる通過儀礼や欲望、愛など、いろいろなもののメタファーであることはわかるし、映像や演出も洗練されてる。でも、やっぱり衝撃的過ぎて、一歩引いちゃってる自分がいる。
      いいね

      普通
    • フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
      『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』とにかく、ムーニーをはじめとする子供達が可愛らし過ぎる。前半はただただ無邪気に遊ぶ子供達の様子を描写していく。その生活がじわじわと破綻していく中盤以降、あくまでも子供目線なのが胸に迫る。
      いいね

      良い
    • ディストピア パンドラの少女
      『ディストピア パンドラの少女』状況説明のないオープニングで期待値は上がるが、そこからは意外に普通の展開。もう一捻り欲しかった。でも、人類の存亡を賭けたテーマをちゃんと人間ドラマに落とし込んでいるから、最後まで飽きずに見られました。
      いいね

      良い
    • わたしは、ダニエル・ブレイク
      『わたしは、ダニエル・ブレイク』同じくカンヌでパルムドール受賞の「万引き家族」と同様に、社会の底辺で生きる人々を描いているが、より批判性が強い。なんとか人としての尊厳を保とうとするダニエルに対して、堕ちていくケイティの涙が痛々しい。
      いいね

      良い
    • ミックス。
      『ミックス。』負け犬たちのリベンジものという王道ストーリーだけど、ガッキーの魅力全開だし、脇役達もそれぞれの戦う意味を積み上げてクライマックスを盛り上げているし、キャラの濃いカメオ出演者達も面白いし、絶妙なバランスに仕上がってる。
      いいね

      良い
    • キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン
      『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』犯罪ものだけど暗さはなく、人間みに溢れているし、レオナルド・ディカプリオとトム・ハンクスのコンビの掛け合いもいい感じ。実話に基づくもかなり脚色されているけど、それがいいテンポを生み出してる。
      いいね

      良い
    • ミスター・ノーバディ
      『ミスター・ノーバディ』「人生の選択」の可能性をSFというより物理学的パラレルワールドで描いていて、しかもすごく暖かく優しさを感じる作風なのがとてもいい。主人公の選択によって3人の幼馴染の誰かと結ばれる人生それぞれが愛しくも切ない。
      いいね

      良い
    • ガール・オン・ザ・トレイン
      『ガール・オン・ザ・トレイン』エミリー・ブラントの迫真のアル中演技、M:Iとは別の女性らしさを見せるレベッカ・ファーガソン、妖艶さを余すところなく発揮するヘイリー・ベネットと、女優陣は見所十分。一方、サスペンスとしては今ひとつ。
      いいね

      良い
    • 超能力者
      『超能力者』どちらも社会のはみ出し者という共通点がありながらも、まさしく陰と陽で対照的な生き様の二人の主人公。対照的な超能力がそのメタファーとしてちゃんと機能しているところがいい。クライマックスのギュナムの一言が刺さる。
      いいね

      良い
    • コンフィデンシャル 共助
      『コンフィデンシャル 共助』イケメンと強面の凸凹バディ感も楽しい軽いノリのアクションエンターテイメント。北と南という設定が物語上それほど活かされてないなど、物語にはもう少しひねりが欲しかったけど、アクションはなかなか。
      いいね

      良い
    • ノクターナル・アニマルズ
      『ノクターナル・アニマルズ』小説の中のクライムサスペンスの緊張感でグッと引きつけつつ、それにリンクした現実のスーザンとエドワードの関係に思いを巡らせ、その解釈は観客に委ねられる。余韻を残すラストシーンは見事。
      いいね

      良い
    • サニー 32
      『サニー 32』あまりにリアリティのないストーリーでもあり、ブラックな笑いの要素も多くて、いつもの白石和彌監督作を期待していると、完全に裏切られる。でも、偶像(アイドル)崇拝エンターテイメントとみれば、こればこれでアリかも。
      いいね

      普通
    • 羊の木
      『羊の木』犯罪者受け入れという社会問題を、普通の人代表月末とともに迷い悩む映画。物語的に結末を文字通り神頼みにしてしまったのにちょっと違和感を感じてしまったけど、その現実離れした浮遊感みたいなものが吉田大八監督の作家性なのかな?
      いいね

      良い
    • レディ・ガイ
      『レディ・ガイ』ただでさえ男前なミシェル・ロドリゲスの男女入れ替わり系ぶっ飛びアクションを期待していたら、蓋を開けてみると意外と地味な復讐劇。日本版の予告編は完全に狙って作ってるな😅性転換が物語上機能していないし、アクションも凡庸
      いいね

      普通
    • バリー・シール アメリカをはめた男
      『バリー・シール アメリカをはめた男』70年代を模した色調・画質・音楽が、ポップでおおらかな当時の雰囲気を醸し出し、時代とアメリカに翻弄された一人の男の、滑稽だけど悲哀に満ちた成功と転落の人生がテンポよく描かれている。
      いいね

      良い
    • 銀魂2 掟は破るためにこそある
      『銀魂2 掟は破るためにこそある』CGやセットのチープさが減って、アクションの見栄えも格段にアップ。真骨頂とも言えるギャグの面白さも相変わらず。だけど、ドラマの見せ方がやっぱり下手で、ドラマになるとテンポが悪くなっちゃうんだよね。
      いいね

      良い
    • 劇場版 マジンガーZ INFINITY
      『劇場版 マジンガーZ INFINITY』この手のリメイクにしては脚本がよくて、詰め込みすぎでバランスが悪いところもあるが、全体的にはよくここまでまとめたものだと感心。CGになった主役ロボットはディテールUPして現代的でかっこいい。
      いいね

      良い
    • イノセント・ガーデン
      『イノセント・ガーデン』韓国映画の泥臭さや直接的なグロ表現はなくなり、エロティックな描写も心理的なものになって、映像はグッと洗練されて美しくなってる。一方で、揺蕩うカメラワークや強調された音響による少女の主観表現が不穏さを煽る。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....