TOP >hrhtitoマイページ

hrhtito

さんのマイページ
hrhtito
つぶやいた映画
1,116 本
総ツイート
1,137 件
マイページ閲覧数
8,577 view
ウォッチしている
2 人
ウォッチされている
4 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1116 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ワイルド・スピード/スーパーコンボ
    天気の子
    スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
    海獣の子供
    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    コンフィデンスマンJP
    アベンジャーズ/エンドゲーム
  • キングダム
    ハンターキラー 潜航せよ
    麻雀放浪記2020
    バンブルビー
    キャプテン・マーベル
    スパイダーマン:スパイダーバース
    宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星篇」
  • グリーンブック
    翔んで埼玉
    アリータ:バトル・エンジェル
    アクアマン
    ファースト・マン
    七つの会議
    雪の華
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 旅猫リポート
      『旅猫リポート』御涙頂戴モノのテイだけど、有川浩の作風同様ライトな描き方で押し付けがましくないのがいい。ただ、終盤で明かされる悟の出生の秘密はもっと掘り下げて欲しかったなと思う。実は本作の重要なテーマだったんじゃないかな。
      いいね

      普通
    • 音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
      『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』三木ワールドのストーリーに関係ないシュールなギャグ満載でそれはいいんだけど、今回は中途半端にちゃんとしたストーリーがあるもんだから、話の整合性の方が気になっちゃって...
      いいね

      普通
    • フォーカス
      『フォーカス』詐欺をテーマにしたクライムコメディかと思っていたが、どっちかといえばラブコメ。まあ、最初からそう思って見ていれば、マーゴット・ロビーは色っぽくて魅力的だし、ウィル・スミスもウィル・スミスだし(笑)で十分楽しめます。
      いいね

      普通
    • スモールフット
      『スモールフット』子供向けアニメとして侮ることなかれ。異文化遭遇モノとして大人が見ても考えさせられる作品。古い因習を単純に悪者扱いせず、ちゃんとその役割を踏まえたうえで、止まるか進むかの選択をドラマにしているところもいい。
      いいね

      良い
    • 来る
      『来る』エキセントリックな作風の中島哲也監督だけあって、前半は育児サイコホラーで後半はアクションホラーって感じのなかなか面白い作りのホラー。黒木華の一見か弱そうな裏に秘める狂気の演技が一番怖い。ただ物語的にはちょっとモヤモヤが残る。
      いいね

      良い
    • 人魚の眠る家
      『人魚の眠る家』「脳死」という非常に重いテーマから逃げずに取り組みつつも、エンターテイメント作品として昇華させたホラーテイストのヒューマンドラマ。巧みな人物配置で「脳死」という結論の出せない問題に対して多様な解釈を提示している。
      いいね

      良い
    • 雪の華
      『雪の華』予告編はいかにも難病モノっていう湿っぽさ全開だったけど、本編は色調も全体に暖色系で、コミカルで明るい雰囲気なのがよかった。中条あやみがちゃんと可愛かったので、その時点でこの手の作品としては大正解。歌はほぼ関係なかった。
      いいね

      良い
    • あの頃、君を追いかけた(2018)
      『あの頃、君を追いかけた(2018)』オリジナル台湾版のほぼ完コピながら、全体におとなしめ(特に下ネタ)で印象が弱いけど、本作を単独で見ればバカバカしくも切ない青春映画としてまずまずの出来。齋藤飛鳥はミシェル・チェンに負けてない。
      いいね

      良い
    • マイル22
      『マイル22』95分に詰め込んだノンストップアクション。タイトに切り詰めたストーリーは展開が早すぎて少々?だったりするけど、アクションは見応え十分。特に、イコ・ウワイスの格闘術は必見。護送される側が一番戦闘能力が高いってどうなの?
      いいね

      良い
    • 麻雀放浪記2020
      『麻雀放浪記2020』なかなかにぶっ飛んだ設定の本作は、現在と戦後を重ね合わせて風刺したブラック・コメディ。全編iPhoneで撮影されたらしいし、B級感満載でエログロもありだけど、その振り切った作風は嫌いじゃない。
      いいね

      良い
    • リバーズ・エッジ
      『リバーズ・エッジ』テーマは現代でも通用するのに、あえて90年代テイストで作っていて、今の若者が見てもピンとこないだろうし、かといってノスタルジーに訴えるわけでもない、中途半端な感じ。SUMIREや土居志央梨は今後要注目。
      いいね

      普通
    • タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜
      『タクシー運転手 〜約束は海を越えて〜』「1987、ある闘いの真実」とセットで見てほしい、軍事政権下の韓国を描いた実録物。実際の事件を基にしつつも、それを笑いあり涙ありのエンターテイメントとしてまとめ上げた全体の構成が見事。
      いいね

      良い
    • ファースト・マン
      『ファースト・マン』世界初の月面着陸という偉業よりも、ニール・アームストロング個人を掘り下げる内容。超寡黙なアームストロングは、「ドライブ」のライアン・ゴズリングそのものという感じ。映像的にも見所十分。
      いいね

      良い
    • ワイルド・スピード/スーパーコンボ
      『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』最強のハゲマッチョ二人を主役に据えたスピンオフは、大作感は抑えめながら、アクション満載のバディものとして満足の出来。ヴァネッサ・カービーは美人だけど変に色気を強調しないところがいい。
      いいね

      良い
    • TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ
      『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』人情喜劇的なジャンルになるんだろうけど、主人公の行動がゲスで薄っぺらくて感情移入できないから、人情部分が完全に上滑り。しかも、不謹慎ギャグがしつこ過ぎて、途中で完全に飽きてしまう。
      いいね

      残念
    • 天気の子
      『天気の子』超絶美術と音楽のシンクロは健在だけど、ちょっとモヤモヤ。「君の名は。」が優等生の双子の姉だとすれば、「天気の子」は同じ顔だけどちょっとひねくれた双子の妹という感じ。姉だと思って見てたら妹だったというのが違和感が理由かな。
      いいね

      良い
    • 極道大戦争
      『極道大戦争』三池崇史監督のオリジナル作。ストーリーは破綻しまくりで、ナンジャコリャなB級作品なんだけど、やりたい放題やった感があっていい。でもまあ、ヴァンパイア設定が途中からどうでもよくなってたので、もっと活かして欲しかったかな。
      いいね

      普通
    • ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章
      『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』漫画原作は難しい以前に、面白くない日本映画のよくないところの集大成のような作品。テンポが悪く間延びしている、説明台詞が多い、キャラが薄っぺらく唐突で辻褄の合わない行動が多い。
      いいね

      残念
    • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
      『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』戦闘シーンのスピード感・緊迫感は本当にすごい。シンジ、レイ、アスカのキャラにも親しみを感じる。が、ストーリーとしては謎が深まってだんだんついていけなくなってくるなあ。
      いいね

      良い
    • ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
      『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』第3新東京市の日常描写、自在に姿を変える幾何学的な使徒、ヤシマ作戦の緊迫感等、映像的な見応えは今見ても十分。旧作をなぞったストーリーは説明最小限で知っていること前提だけど、まだシンジに共感できる。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....