TOP >ichiwheatマイページ

ichiwheat

さんのマイページ
ichiwheat
つぶやいた映画
4,450 本
総ツイート
5,409 件
マイページ閲覧数
113,641 view
ウォッチしている
60 人
ウォッチされている
68 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
4450 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 盗まれたカラヴァッジョ(仮題)
    トム・オブ・フィンランド
    メモリーズ・オブ・サマー
    ガルヴェストン
    アメリカン・アニマルズ
    コンフィデンスマンJP
    僕たちは希望という名の列車に乗った
  • 居眠り磐音
    レプリカズ
    オーヴァーロード
    轢き逃げ 最高の最悪な日
    ドント・ウォーリー
    名探偵ピカチュウ
    ザ・フォーリナー/復讐者
  • パパは奮闘中!
    アベンジャーズ/エンドゲーム
    幸福なラザロ
    ハイ・ライフ
    ある少年の告白
    シャザム!
    映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 愛がなんだ
      【愛がなんだ】登場人物たちの言葉や表情、仕草が不気味なほどリアル。ついつい見る側が言いたくなる苦言も登場人物たちが違う形で投げ掛けストレスを感じさせない。一方通行の愛の行く末は様々だろうけど、テルコの突き進む方向は彼女らしく新鮮…それを見せつける結びが見事なまでに映画的。 #映画
      いいね

      良い
    • 居眠り磐音
      【居眠り磐音】原作未読。予想していた以上にウェットな時代劇だった。藤本有紀らしい脚本の上手い揺さぶりにそのまま乗せられて最後まで大満足の時代劇…磐音が浪人になるまでの前半Epの山場から心を掴まれた。柄本(父)のメイクには笑ったが父子共演技が魅せる。余す伏線に続編が楽しみ。 #映画
      いいね

      良い
    • コンフィデンスマンJP
      【コンフィデンスマンJP】TVドラマ版未見。騙していた筈が実は騙されていた…的な反転が何度も来ること自体もう想定範囲内なので、これほどセコく爽快感の乏しいドンデン返し続きも珍しい。当然、細部の殆どが後出しなので何でもありになってしまうから次第にシラけ切っていったよ。残念。 #映画
      いいね

      残念
    • 僕たちは希望という名の列車に乗った
      【僕たちは希望という名の列車に乗った】エリートの道を期待された学生達の、若さ故のナイーヴさと逞しさ両方を湛えた実話ベースのドラマ。陰湿な首謀者暴きから親の過去にまで遡り家族の物語へと熱く展開。人権が二の次になりそうな現代社会で恐らくは唯一の闘い方を考えさせられた。秀作。 #映画
      いいね

      良い
    • レプリカズ
      【レプリカズ】記憶や思考インプラントの技術が映像的にも古臭くて陳腐極まりない。もう少し最新の脳科学や認知科学をリサーチし踏まえてくれよ。ヴィランが明確化してからの展開こそ見られるが、それまでがドラマ部共々雑で寒々しい。着地もキャラ的に不自然だしカタルシスがない。残念。 #映画
      いいね

      残念
    • ガルヴェストン
      【ガルヴェストン】名作ノワール彷彿させる常套設定。だが組織に追われるロイが少女ロッキーに惹かれていく姿が丁寧に描かれていて次第に引き込まれ、哀しみと切なさで胸いっぱいに。何といってもE.ファニングの愛らしさ全開。B.フォスターの掠れた魅力共々映像に収めたM.ロランに拍手。 #映画
      いいね

      良い
    • アメリカン・アニマルズ
      【アメリカン・アニマルズ】犯行時の描写は臨場感溢れ見処だが、ごく普通の大学生が一線を越えるに至った経緯や心境など大切なポイントが本人インタビューで挿入されるため、この監督ならではのドキュメンタリー風味。B.コーガンの平凡な学生臭さが印象的。事件の細部がもっと知りたかった。 #映画
      いいね

      普通
    • アナイアレイション -全滅領域-
      【アナイアレイション 全滅領域】個体間、種間、更には生物-無生物間の境界の曖昧さにフォーカスしたユニークなバイオ系SF。コンセプト&キーワードが科学的にしっかりしていて納得。それをホラーにまで仕立てた映像表現が独特で見入ってしまった。虹色にたなびく光美しいショット多数。 #映画
      いいね

      良い
    • ザ・フォーリナー/復讐者
      【ザ・フォーリナー 復讐者】ストレートな復讐の物語と、英国社会の不安定事情を背景に織り込んだ真相暴露とが二重に展開し、最後にはガッツリ組み合う。P.ブロスナンは嫌らしさだけじゃなくシャープな味も押し出しててイイ。J.チェンのアクションもまずまず楽しめサービス精神にも好感。 #映画
      いいね

      良い
    • ドント・ウォーリー
      【ドント・ウォーリー】キャラハンの再生は、自分の深い傷を認め愛するまでの過程でもあり普遍的。芸術家の昇華と綺麗に纏めずとても人間臭く描いていて引き込まれた。J.フェニックスは細やかな心情表現が見事で見応えあったが、シリアスなJ.ヒルも、セクシーなR.マーラも魅力大。 #映画
      いいね

      良い
    • オーヴァーロード
      【オーヴァーロード】ナチス絡みでありがちなオチ、多くの人物が先の読める設定でB級スリラーからホラーへと味変わり。だが、恐怖を煽ったり、刳みを剥き出しにした力強いショットが多く目が離せず…これが名作オマージュの様でもあり侮れない。大画面と音場分離良い大音量劇場が似合う。 #映画
      いいね

      良い
    • 轢き逃げ 最高の最悪な日
      【轢き逃げ 最高の最悪な日】人間の心の深さ逞しさを湛えた良質な人間ドラマが熱い。前半部に感じられた人物描写の違和感が実は後半からの意外な展開の伏線に。サスペンスも見せ場は残しつつサクサク進む終盤のテンポ。ラストの切れも良い。メロディ立つ主題歌、陳腐に陥らぬ劇伴にも満足。 #映画
      いいね

      良い
    • 盗まれたカラヴァッジョ(仮題)
      【盗まれたカラバッジョ】イタリア映画祭。女性ライターとネタを提供した謎の男が鮮やかなコンビネーションで活躍。映画中映画の入れ子構造、虚構と現実のコラージュ、人間ドラマを巧みに織り込んだ緻密なプロットに唸らされる。様々な色を自在に放つミカエラ・ラマッツォッティの演技が見事。 #映画
      いいね

      良い
    • 名探偵ピカチュウ
      【名探偵ピカチュウ】字幕。ゲーム等の門外漢には物語が浅い割にアクションの方が激しく落ち着かない。‘ピッカピッカ〜’いうてるばかりよりはR.レイノルズが軽いノリで喋りまくる今作キャラはテクスチャ共々愛嬌もあって良かったが…このオチならポケモンファンにも納得してもらえそう? #映画
      いいね

      残念
    • アベンジャーズ/エンドゲーム
      【アベンジャーズ エンドゲーム】2D字幕。割とオーソドックスな展開で明確な終止符…大きな驚きはなかったが細部には捻りもあり退屈せずに3時間最後まで見終えた。ずっと関連作品を追ってきたファンを楽しませる要素を沢山入れ込んだ盛り上げ演出に感心。ファン度が高い人ほど楽しめそう。 #映画
      いいね

      普通
    • パパは奮闘中!
      【パパは奮闘中!】家を切り盛りする羽目になったパパ奮闘記コメディではない。不可解だった母親の失踪の理由は次第にじわじわと炙り出されてくる仕掛け。グローバル資本主義の権化の様な会社。その職場の問題を背景に、そこから彼の人物像まで滲ませる鮮やかさ。家族の新しい出発を応援。 #映画
      いいね

      良い
    • ハイ・ライフ
      【ハイ・ライフ】宇宙の閉鎖空間に繋がれ打ち捨てられた者たち。畝る様な展開はないが気色悪いEpが断片的に配置され吸引力あり。永遠に続く時間の長さを感じる演出。ビノシュの艶演技やキャスト勢の異色な取り合わせも妙味。実験の目的や方法など科学的な部分がお粗末なのが残念。 #映画
      いいね

      普通
    • 幸福なラザロ
      【幸福なラザロ】前半の長閑さと後半の険しさ、その対比と転換が意表を突く。そこから感じられたテーマは人間性を醜悪に貶めるもの、その悲哀そのものだった。不思議なラザロの心と遍歴には考えさせられる。宗教的に捉えることもできそうだが、純粋に現代社会の寓話としても充分味わい深い。 #映画
      いいね

      良い
    • 芳華-Youth-
      【芳華 Youth】続き) …が、そこには深入りしない。中国映画らしい感情の盛り様だが、ほぼ語り手穂子の目線と距離感で物語に浸れた。文工団のパフォーマンスが美しくこの時代の空気を見事に吹き込む。中国そのものの感応力や適応力みたいなものが感じられる丁丁の人物像もまた興味深い。#映画
      いいね

      良い
    • 芳華-Youth-
      【芳華 Youth】文革、中越戦争…と中国激動期に生きた若者達の波瀾万丈の半生、交錯する恋慕。国が若者達をどれだけ鼓舞し絶望へ追いやったとしても、彼らの心に残る記憶は甘くほろ苦い青春の味だけか。劉峰の辿った道程と悲哀には、微かにこの国自らの歴史への省察が感じられる…(続く #映画
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....