TOP >im_renwwwマイページ

im_renwww

さんのマイページ
profile
つぶやいた映画
38 本
総ツイート
43 件
マイページ閲覧数
169 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

im_renwwwさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
38 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 僕のワンダフル・ライフ
    ユリゴコロ
    三度目の殺人
    ダンケルク
    散歩する侵略者
    新感染 ファイナル・エクスプレス
    もうろうをいきる
  • パターソン
    エル ELLE
    ワンダーウーマン
    ベイビー・ドライバー
    ギフト 僕がきみに残せるもの
    君の膵臓をたべたい
    メアリと魔女の花
  • 特別捜査 ある死刑囚の慟哭
    ジーサンズ はじめての強盗
    22年目の告白 私が殺人犯です
    マンチェスター・バイ・ザ・シー
    スプリット
    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
    スウィート17モンスター
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 僕のワンダフル・ライフ
      2017-48「僕のワンダフルライフ」。犬好きな人にはたまらないだろう。犬の気持ちがセリフになっているのは面白いけど、表情だけで見せるところは見せて欲しいなぁとも感じた。「生まれ変わり」を描くのは斬新。いい話だし、この映画はこれでいいけど、個人的にはパンチが欲しい。★★☆☆☆
      いいね
    • ユリゴコロ
      2017-46「ユリゴコロ」。原作未読。吉高さんの妖艶で大胆でいっちゃってる演技は見応えあり。ストーリーはあまりにも偶然が重なる展開に、思い返すと冷めていく。そのほか役者陣の演技もいいんだが…。主人公の設定は深い背景が描かれず、生まれつきとしか説明できないのはなぁ…。★★☆☆☆
      いいね
    • ダンケルク
      2017-44「ダンケルク」。まさに「映画は体験だ」という言葉を実感させられる傑作。戦時中のヒリヒリした状況がリアルタイムで進んでいく。音楽や銃声、爆発音に緊迫感をあおられるが、これこそIMAXで見るべき作品だったか。理解するというよりも、いま体感するべき映画。★★★★★
      いいね
    • 散歩する侵略者
      2017-43「散歩する侵略者」。トンデモ映画、来ました!宇宙人に「概念」を奪われるという奇抜な設定、不思議な会話や言い回しに笑いがこみあげる。長谷川博己さんの飄々とした感じGood。高杉真宙さん、恒松祐里さんの若手も良い。特に恒松さんのクレイジーさは冒頭から超魅力的。★★★★☆
      いいね
    • 三度目の殺人
      2017-42「三度目の殺人」。何を信じるか、何が真実なのか、何が正しいのか、ハッキリとした答えは出ない。けれど何かを心に突きつけられたような作品。こういう日本映画が増えることを願う。役所広司さんの演技力に息を呑む。斉藤由貴さんの魔性ぶりは素晴らしく、やはり天性のもの。★★★★★
      いいね
    • もうろうをいきる
      2017-41「もうろうをいきる」。盲ろう者は全国に2万人。指手話で絶望から希望を取り戻した方を通じ、コミュニケーションの大切さを知った。「やっぱり目が見える人生が良かった」という女性の言葉にハッとさせられる。来場していた監督の言葉「映画もコミュニケーションの1つ」まさにそうだ。
      いいね
    • ワンダーウーマン
      2017-40「ワンダーウーマン」。ガル・ガトットの美しさと上品さ、強さとたくましさに見とれてしまう2時間強。前評判通りの面白さに興奮。洋服を試着するシーンやアイスを食べるシーンがクスりと微笑ましく、 愛おしい。クリス・パインがガルに並んでも絵になるし、表情が良かった。★★★★★
      いいね
    • エル ELLE
      2017-39「エル ELLE」。なんじゃい、この映画。いい意味?での変態感満載、いつの間にかイザベル・ユペールに観客が翻弄されている感じ。これでまさかの60オーバーに驚愕。「この人、色々ヤバイな」という視点が主人公に移っていくとは。新たな映画の力強さを提示された。★★★★☆
      いいね
    • 新感染 ファイナル・エクスプレス
      2017-38「新感染 ファイナル・エクスプレス」。語彙力に乏しくなるが、めちゃめちゃ面白い!感染者の動きや徐々にわかる特性など、これまでにない恐怖にドキドキハラハラ。また、家族愛や人間の醜さの描き方に釘付け、映画の世界にどっぷり浸れる。これぞまさにエンターテイメント!★★★★★
      いいね
    • パターソン
      2017-37「パターソン 」。穏やかな日常を描く。劇的なことは起こらない映画だけど、日常としては当たり前。それでも、人と人との出会いや、夫が綴る詩によって輝きが生まれてくる。自分にとって単調でつまらない一週間も、実はキラキラしている瞬間があるのかも…と思わせてくれた。★★★★☆
      いいね
    • ギフト 僕がきみに残せるもの
      2017-36「ギフト 僕がきみに残せるもの 」。難病ALSを宣告された元アメフト選手のドキュメンタリー。喜びも絶望もすべて記録し、息子に伝えようとする思いに生きる力を感じる。父親と信仰についてぶつかるシーンは、本音が伝わり切なくなる。それでも前向きな余韻が残る作品。★★★★☆
      いいね
    • ベイビー・ドライバー
      2017-35「ベイビー・ドライバー」。音楽とカーアクションの融合がこれほどまでに最高だとは!ストーリーが進むにつれ、主人公をどんどん愛せるし、ヒロインもキュート、登場人物もクセ者ぞろいで飽きる部分がない。一筋縄ではいかない展開に興奮、見終わった後の幸福感もたまらない。★★★★★
      いいね
    • 君の膵臓をたべたい
      2017-33「君の膵臓を食べたい」。原作未読で鑑賞。主演2人の爽やかでまっすぐな演技は好感が持てる。しかし、ヒロイン桜良の舞台女優のようなセリフ回しは最後まで違和感あった。浜辺さんが魅力的なのはわかるが…。ストーリーが急展開する部分も正直やや冷めてしまった。★★☆☆☆
      いいね
    • メアリと魔女の花
      2017-32「メアリと魔女の花」。ストーリーは王道。序盤は少し退屈さを感じてしまったが、後半の展開はド派手な映像の連続でラストまで目を離せない。声優は杉咲花さんめっちゃ上手いし、佐藤二郎さん演じるフラナガンが声もキャラクターも魅力的だった。★★★☆☆
      いいね
    • 特別捜査 ある死刑囚の慟哭
      2017-30「特別捜査 ある死刑囚の慟哭」。コメディーとシリアスさのバランスが良い韓国映画。俳優が魅力的で、キャラクター像がしっかりしているのでシリーズもので観たい作品。十分楽しめるけど、韓国映画にはもっとどんでん返し&ハードさを期待してるので若干物足りなさ感じた。★★☆☆☆
      いいね
    • ジーサンズ はじめての強盗
      最近「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」と「ジーサンズ」を観たので、銀行強盗ってそんなに成功するものなの?アメリカってそんなに銀行強盗多いの?って変な感覚になってる。銀行それほど行かないけど、ちと怖い…。
      いいね
    • ジーサンズ はじめての強盗
      2017-28「ジーサンズ はじめての強盗」。名優3人の演技は安心して見られて、その友情にほっこり。物語の伏線の回収は「なるほど〜」と爽快感があった。が、全体的にやや物足りない感覚は拭えず。いい話としてまとまり過ぎな気が…。タイトルも原題のままが良かったかなぁ。★★☆☆☆
      いいね
    • 22年目の告白 私が殺人犯です
      2017-26「22年目の告白 ―私が殺人犯です―」。冒頭から掴まれるスタイリッシュな映像と物語の二転三転する展開に目が離せない。藤原竜也、伊藤英明、仲村トオル三者三様のぶつかり合いの芝居がたまらなく良かった。入江悠監督すごい。旧作も今後も要チェック。★★★★☆
      いいね
    • スプリット
      2017-24「スプリット」。シャマランは2作目。もっと復習しておけば、さらに楽しめたかも!23人格を演じるマカヴォイの演技は十分見応えあり。徐々に明かされる過去の切ない部分には胸が締めつけられ、恐るべし24つ目の人格には怖さ+何だコレ!?感満載でスクリーンに釘付けに。★★★★☆
      いいね
    • マンチェスター・バイ・ザ・シー
      2017-22「マンチェスター・バイ・ザ・シー」。ラスト30分ほどで完全に心持っていかれた。過去の過ちを「乗り越えられない」と認め、そのまま生きていくことしかできないのだと、映画により新たな生き方を提示された気がした。ケイシー・アフレックの繊細な演技が本当に素晴らしい。★★★★★
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....