TOP >inouefマイページ

inouef

さんのマイページ
inouef
つぶやいた映画
140 本
総ツイート
253 件
マイページ閲覧数
4,804 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
4 人
2012年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

inouefさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
140 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • gifted/ギフテッド
    雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
    ハドソン川の奇跡
    BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
    ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン
    山河ノスタルジア
    ジョギング渡り鳥
  • ストレイト・アウタ・コンプトン
    アメリカン・ドリーマー 理想の代償
    ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
    ジュラシック・ワールド
    アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
    ハッピーエンドが書けるまで
    ブラックハット
  • イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
    アメリカン・スナイパー
    さらば、愛の言葉よ<3D>
    さよなら歌舞伎町
    フューリー
    6才のボクが、大人になるまで。
    イコライザー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • gifted/ギフテッド
      マーク・ウェブ『ギフテッド』をガラガラのシネコンで観た。使命とは何かをめぐるドラマ。登場人物たちの描写が自然で、そこに生きる人たちのこれまでの人生が透けて見えるような映画だった。マーク・ウェブの作品をこれからもっと観ていきたいと思… https://t.co/1VJN7GEPL7
      いいね
    • 雨の日は会えない、晴れた日は君を想う
      映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』。反復する朝の生活、義父の古時計、フラッシュバックする過去の断片、空虚に見える景色の中にも時間だけは必ず流れている。身体をもって、感情の流れを体現するジェイク・ギレンホールが清々しい。再生とは自分の体に新しい時間を流していくことだ。
      いいね
    • BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント
      『BFG』は冒頭の揺らいだカーテンから、もう傑作でした。スピルバーグの新作を1年で2本(どちらも素晴らしい)も観られるとは。
      いいね
    • ハドソン川の奇跡
      イーストウッド『ハドソン川の奇跡』は不思議な映画だった。洗練された『アメリカン・スナイパー』のような映画で悪夢にうなされ、誰も亡くなっていないはずなのに広がっていく喪失感。『アメリカン・スナイパー』における視界ゼロと本作のサリー機長がバーで自分のニュースを見つめる瞬間とが重なる。
      いいね
    • ハドソン川の奇跡
      横浜美術館『BODY/PLAY/POLITICS』展 。刺激的だった。誰かの意図によって発見される身体と、身体から発せられ、初めて遭遇する意思。『ハドソン川の奇跡』を観たときも少し似たことを思った。 https://t.co/0guG24G2S6
      いいね
    • ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン
      JBのドキュメンタリー、『ミスター・ダイナマイト』を観てきた。オーソドックスな作りで前半眠くなったが語り口が落ち着いてくると面白かった。彼の社会との距離の取り方、そのグラデーションを興味深く観た。生い立ち含め、常に自分と対話してきた最良のものが、あの距離感なのだろう。
      いいね
    • 山河ノスタルジア
      『山河ノスタルジア』。2014年のパート冒頭、炭鉱で働く男のカットを台詞なしで軽やかに短く繋いでいく。この一連の繋ぎを見るだけでこの男がいかに15年間を生きてきたかが伝わってくる。これを観ていて、ジャ・ジャンクーは何でもできてしまうのではないかと思った。
      いいね
    • 山河ノスタルジア
      ジャ・ジャンクー『山河ノスタルジア』。「時間がすべてを変えてはいくわけではない」(同感)と表明する本作の記憶は音、そして踊りとともにある。どうしても忘れえぬ記憶が身体を通じ、現在を貫く。
      いいね
    • ジョギング渡り鳥
      上映が今週までという『ジョギング渡り鳥』を観てきた。幾つかの孤独を幾つかのカメラで収め、時折その一つに近づき、離れてみる。川沿いを歩く2人を収めるショットが素晴らしかった。映画であることを高らかにうたう、そんな映画だった。
      いいね
    • ストレイト・アウタ・コンプトン
      映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』。音楽が流れなければ、この世はいかに暴力的で破滅的でつまらないものなのか。今年の締めに観られて良かった。 https://t.co/sy1Leiq8CH
      いいね
    • アメリカン・ドリーマー 理想の代償
      J・C・チャンダー『アメリカン・ドリーマー』。撮影、演技ともに見応えがあった。暴力事件が日々報じられる中で、主人公のアベルは悪人がその悪をもって任務を遂行するように正しさを執行する。しかし、正しさでさえ時に人を殺してしまうのだ。原題はA Most Violent Year。
      いいね
    • ジュラシック・ワールド
      レッドブル2本とビールで身体に鞭打って何とか一仕事流し込んだが、『M:I5』と『ジュラシック・ワールド』を立て続けに観た贅沢な週末を思い返せばお釣りがくるぜ。
      いいね
    • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
      『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、終始幸せな時間だった。監督がクリストファー・マッカリーに決まった時から楽しみだったけれど予想以上に良かった。アクション、ユーモア、優雅な風格が絶妙に混じり合った、とてもセクシーな映画。
      いいね
    • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
      『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』IMAXで観てきた。楽しかった。個人的にはもう少しふざけて欲しいけど。みんな、ばらばらなのがいいね。
      いいね
    • ハッピーエンドが書けるまで
      『ハッピーエンドが書けるまで』。食事や再会のシーンで人の座っていない椅子が象徴的に映し出される。ここでの椅子は誰かが去った跡であり、これから来る者を待つ希望でもある。本作が胸を打つのは、その椅子が全て埋まってしまってからマジックが訪れるためだ。カーヴァーの朗読とともに。
      いいね
    • ハッピーエンドが書けるまで
      昨夜、ジョシュ・ブーン『ハッピーエンドが書けるまで』を観た。いい映画だ。エリオット・スミスにやられた。
      いいね
    • ブラックハット
      時間ができたので久々に映画館へ。マイケル・マン『ブラックハット』。コンテナを貫通するガンアクションはもちろん、自然な流れの中で、ふと決まる画面の美しさに痺れた。行き場を探す、男女の佇まいもとても良かった。
      いいね
    • イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密
      映画『イミテーション・ゲーム』。ドラマと俳優の演技で見せきる2時間。カンバーバッチの逃げてるのか、追ってるのか、ただ疾走するシーンは良い。しかし、あまりに全てがストーリーテリングに向かいすぎていて物足りない。マシンをもっと魅力的に観たかった。
      いいね
    • アメリカン・スナイパー
      『アメリカン・スナイパー』はスナイパーを「伝説」として語りたい欲望とそれを忌避する人間のせめぎ合いだと思う。その忌避とは「伝説」としてこれまで語られてきた、拡張した身体が奪われた時(クリス・カイルの場合は視界ゼロ)に出現する。しかし、その後両者がどうなったかは示されない。
      いいね
    • アメリカン・スナイパー
      『アメリカン・スナイパー』は反戦かそうでないかで揉めてるのか
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....