TOP >itikoroマイページ

itikoro

さんのマイページ
itikoro
つぶやいた映画
122 本
総ツイート
127 件
マイページ閲覧数
3,737 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
1 人

オールタイム映画ランキング

itikoroさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
122 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • パラサイト 半地下の家族
    カツベン!
    ひとよ
    ジョーカー
    ホテル・ムンバイ
    引っ越し大名!
    ダンスウィズミー
  • トイ・ストーリー4
    新聞記者
    神と共に 第一章:罪と罰
    コンフィデンスマンJP
    居眠り磐音
    ラ・ヨローナ~泣く女~
    サムライマラソン
  • THE GUILTY/ギルティ
    翔んで埼玉
    半世界
    マスカレード・ホテル
    ボヘミアン・ラプソディ
    LBJ ケネディの意志を継いだ男
    検察側の罪人
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • パラサイト 半地下の家族
      貧富の差や社会的な格付け、最近では「joker」に近いのかも。根っからの悪人は出てこないブラックユーモアも効いているんだけど、見終わったらアンハッピーな気分になった。
      いいね

      良い
    • カツベン!
      モノクロ写真映画に口話の上手さとルックスの良い弁士にファンが出来るのも納得。劇中の映画作品で現代の役者が出ていたのはわかったが全編オリジナルだったとは!ドタバタさには加減があっても良かったと思うが、目くじら立てる程でもなく楽しめた。
      いいね

      良い
    • ジョーカー
      観賞してしばらく経つが、すぐにこれといった感想も出ず。フィクションとはいえ、なんとも現実的な映画だった。鬱鬱とする現状を打破したくても出来ない人は一定数いる訳で。もう一度観ようとは思わないけど、こういった映画はやっぱり必要ではある。
      いいね
      評価
      なし
    • ホテル・ムンバイ
      実際のテロ事件を扱っているとはいえ、制圧部隊の場面まで、怒りを通り越した怖さと緊張を強いられた。底知れぬ憂鬱は身近な所までやって来ているのかも知れないが、対岸の火事と傍観してはいけないんだろうなぁ、、複雑。赤さん無事で良かった。
      いいね

      良い
    • ひとよ
      試写会鑑賞。原作舞台観劇済み。物語での多少の差異はあったが、画面から見せる田中裕子母の凄みや迫力から一転、温和な眼差しと優しい機転は聖母という言葉にぴったり。家族関係を断つことは出来ても、血のつながりは切っても切れないもんだなぁ。
      いいね

      良い
    • 引っ越し大名!
      江戸時代のお台所事情がよくわかる展開で、仲間内で知恵袋の頓知が効いてたり、唄もあったり道中チャンバラシーンもあって面白いけど、昔懐かしの和風娯楽映画を観たような感じ。15年経過してもあまり老けていないお侍さんに驚愕w。
      いいね
      評価
      なし
    • ダンスウィズミー
      ガール・ミーツ・ガールのロードムービーといった感じ。楽しめたことは楽しめたけど、映画オリジナルの楽曲がないので、懐メロ歌謡曲の引用に過去作の焼き直しのような印象も。
      いいね

      普通
    • 神と共に 第一章:罪と罰
      周囲に爆笑から号泣されてる方がいたので、個人的に反応するのに出遅れた感があるも、地獄の解釈や手話など、日本の感覚に通じるものがあるんだなぁと思った。同僚に悪気のない馬鹿がいると周囲が大迷惑被るよな、とか思う自分は地獄行き直行だな。
      いいね

      良い
    • トイ・ストーリー4
      吹替鑑賞。前作までが気持ちの良い終わり方だったので、今回の予告を観て違和感はあった。見終わった今、蛇足のような映画だった。これならスピンオフ映画を作ってくれた方がまだ良かったかな。
      いいね
      評価
      なし
    • 新聞記者
      これはフィクション映画と思いつつ、物語が過ぎていくと同時にじわじわと選択を迫られる杉原の表情に惹きつけられる。「この国の民主主義は形だけでいい」で、ハッピーかバッドかサッドエンドになるかは見ている国民次第か。なんかため息出ちゃうな。
      いいね

      良い
    • 居眠り磐音
      一対一の真剣勝負の場面が数分おきにやってくるが、刀捌きに見入る。花魁場面は今風のカットだったが、武士の定めを一心に受ける磐音の姿が良い。原作が長尺時代小説なので、出来ればシリーズ化してほしいが、続編は出演者次第なのかな。
      いいね

      良い
    • ラ・ヨローナ~泣く女~
      ラスト上映回だったが朝一で観るもんではない、自分一人の他席無観客上映になってしまった為か、返って音響がうるさく聞こえ耳塞ぎながら見ていた。彼女の表情がしっかり見えるようになってからは、お化け屋敷的な話を見ているようだった。
      いいね

      普通
    • コンフィデンスマンJP
      テレビシリーズも見ていたが、映画の回収ぶりも見事だった。無駄に豪華なテレビドラマスペシャルを見ていた感じもあったけど、面白かったので良し。三浦春馬の好色ヘタレ悪漢ぷりも良い。
      いいね

      良い
    • THE GUILTY/ギルティ
      通話している相手と1対1のやり取りに、自分の頭の中でも想像と展開がぐるぐると巡ってしまう。登場する人達の占有されたイメージから、タイトルの思惑とは、などと緊迫した静寂時間が妙に長く感じてしまったが、結末まで集中して見ることが出来た。
      いいね

      良い
    • 翔んで埼玉
      未完のままだった漫画の世界観を崩さず、郷土愛を誇り、美を損なわず、徹底したギャグで出来上がった映画。冒頭の東映マークは惜しいな。春休み映画として観るのもいいが、テレビで放映されたら実況は大盛り上がりしそうと思ったシュウマイ県民。
      いいね

      良い
    • 半世界
      泣けた。炭焼職人にしては肌色が綺麗なゴローさんだったが枯れゆく中年の過程が見えて姿良い。池脇さんの性格も体型がいかにもアラフォー主婦でどこにでもいる感。身の丈の世界感の醸し方と笑いと哀愁漂う感じも相まり、滋味深く余韻ある映画でした。
      いいね

      良い
    • サムライマラソン
      外国人の目線で描かれた幕末武士世界ば感じで黒澤明映画がお手本なのかな。緊張感ある殺陣は良いが筋書きの展開にやや消化不良感が。もう少しバカに徹してても良かったんだけど、各国の笑せるツボは違うからしょうがないか。海外進出名刺代わり映画?
      いいね
      評価
      なし
    • マスカレード・ホテル
      原作未読。出演者の名前を覚えていた為か、犯人に繋がる人もなんとなく予想出来たが、約150分の長尺話に推理より一流ホテルのフロントスタッフの仕事ぶりを感心しながら見ていたような。偶然にも一部出演者へのご祝儀映画になってるな。
      いいね

      普通
    • ボヘミアン・ラプソディ
      聞き慣れた楽曲が多くライブエイド場面は一緒にcall & responseしたくなる。洋楽ファンではないので映画と実際のとこは不明だが、展開が端的にも見えどこか物足りなく、仲間と最愛の人には出会っても独りぼっちだったフレディの印象。
      いいね

      普通
    • モリのいる場所
      都会の森の中で暮らしているような、おじいさんとおばあさんとその周りに居る人達の2、3日の出来事。年をとっても食欲旺盛な人は元気だなぁ。大人のメルヘンみたいな映画でした。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....