TOP >jeantakuマイページ

jeantaku

さんのマイページ
jeantaku
つぶやいた映画
145 本
総ツイート
233 件
マイページ閲覧数
817 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

jeantakuさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
145 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • リコリス・ピザ
    神は見返りを求める
    ナワリヌイ
    PLAN75
    パリ13区
    ベルファスト
    たぶん悪魔が
  • ブルー・バイユー
    ウエスト・サイド・ストーリー
    コーダ あいのうた
    さがす
    ライダーズ・オブ・ジャスティス
    ハウス・オブ・グッチ
    クライ・マッチョ
  • ゲアトルーズ
    悪なき殺人
    ドーナツキング
    花椒の味
    プリズナーズ・オブ・ゴーストランド
    クーリエ:最高機密の運び屋
    アナザーラウンド
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • リコリス・ピザ
      「リコリス・ピザ」 ポール・トーマス・アンダーソンの最新作は’70年代のアメリカを舞台にした青春映画で、とってもチャーミグなボーイ・ミーツ・ガールに胸がキュンキュンしっぱなしだった。コメディ要素結構入ってて、ショーン・ペン、トム・ウェイツ、ブラッドリー・クーパーのシーンは必見。
      いいね
    • 神は見返りを求める
      「神は見返りを求める」 日常に潜むヒリヒリした恐怖という吉田恵輔監督ならではの題材で、初期作の頃の雰囲気を感じさせて吉田ワールドを堪能。役者さんが皆な良く、ムロツヨシの豹変っぷりが怖かったし、岸井ゆきのの鈍臭さから垢抜けて行く変… https://t.co/sl7Sn3TLpN
      いいね
    • PLAN75
      「PLAN75」 日本の超高齢化社会の歪みを痛烈に反映したカンヌ出品作。死の選択権を持った老人と制度を支える若者のそれぞれの思いを描く抑制された演出がいかにもカンヌ向けって感じで、一般受けする作品ではないように思う。「安楽死」と… https://t.co/7sEI7LmdO3
      いいね
    • ナワリヌイ
      「ナワリヌイ」 めちゃくちゃ面白かった!熾烈なプーチン批判で人気のナワリヌイが2020年に毒殺未遂に見舞われ、命を取り留めてからプーチンの暗殺計画を暴いていく様子を追ったドキュメンタリーで、息つく暇も無かった。自分達に都合の悪い犯罪を政府が隠蔽するのは今の日本も同じだったね。
      いいね
    • パリ13区
      「パリ13区」 パリの若者の生態を描いたジャック・オーディアール監督最新作。この監督に珍しくサスペンス要素のないパーソナルな小品。主要人物がそれぞれ人間関係構築が下手なんだけどやっぱり人と繋がっていたいというところに共感する。皆… https://t.co/imMrK6vrvS
      いいね
    • たぶん悪魔が
      「たぶん悪魔が」 自殺した青年の6ヶ月前からの行動を追うブレッソン監督1977年作品。相変わらず地味な演出だけど、若者を中心とした作りからどこか瑞々しさが漂う。シャルルが社会脱落者みたいな男の世話を焼くのが自殺を手伝わせるための… https://t.co/BOmO76xHLM
      いいね
    • ベルファスト
      「ベルファスト」 1969年当時の北アイルランドを舞台に宗派をめぐる激しい国内抗争を生きる一家の話で、監督の自伝的な作品とのこと。正直どう受け取ったらいいか戸惑ってなかなか話に入れなかったんだけど、苦境の中で生き抜こうとする家族… https://t.co/RJg9NYSLCn
      いいね
    • ブルー・バイユー
      「ブルー・バイユー」 法整備される前に養子縁組をしたことで米国の市民権を得ていなかった外国人の苦境を描いてて、理不尽な現実が辛かった。でもそれ以上に終始グラグラと不安定な手持ちカメラ映像がキツく、全体の3分の1くらいスクリーンを見てられなかった。
      いいね
    • ウエスト・サイド・ストーリー
      「ウエスト・サイド・ストーリー」 スピルバーグによる名作舞台の映画化。素直な作りが抵抗なく楽しめた。改めてバーンスタインの楽曲の良さを実感。決闘後が冗長で最後に失速したのが残念。人種間の抗争が今でも古くない。”Somewhere… https://t.co/KsjDvxBko7
      いいね
    • ライダーズ・オブ・ジャスティス
      「ライダーズ・オブ・ジャスティス」 面白かった!偶然起きた現実をいかに受け入れるかという話で、先の見えない展開にどこかとぼけたコメディ要素が絡んでくる不思議な映画だった。バイオレンスと並行して心の問題が描かれて、マークスと行動を… https://t.co/FA8hS6tIFD
      いいね
    • コーダ あいのうた
      「コーダあいのうた」 すごく良かった!ルビーが自分の生き甲斐である音楽の道に進むか聾唖者の家族のために犠牲になるか葛藤する話で、終盤、聾唖者であるからこその見事な演出が連続して涙腺崩壊した。
      いいね
    • さがす
      「さがす」 作りが上手い!ネタバレ厳禁系で、予告編で内容がさっぱり読めなかった。本作最大の魅力は佐藤二郎演ずる父親が何者なのかっていうサスペンス。「岬の兄妹」の片山慎三監督が、本作でも白黒に割り切れない人間の業を描いて見事。卓球… https://t.co/QXwKBmp2Mf
      いいね
    • ハウス・オブ・グッチ
      「ハウス・オブ・グッチ」 同族経営してた頃のグッチの凄まじい内幕を描いてて、豪華絢爛たる映像に浸った。160分が不思議と長過ぎに感じない。愛情と狂気のパトリツィアになり切ったレディ・ガガの演技が見事。最近リドリー・スコットが関わ… https://t.co/d7Tq6e1zwP
      いいね
    • クライ・マッチョ
      「クライ・マッチョ」 イーストウッドがこんな穏やかで温かい作品を撮るとは思わなかった。「グラン・トリノ」を思わせる話で憑き物が落ちたような穏やかさにジーンときた。流石に91歳のイーストウッドのまだまだ現役的な演出は無理がある。マ… https://t.co/vUg5FFF9cE
      いいね
    • ゲアトルーズ
      「ゲアトルーズ」 人生愛こそ全てという信条を貫くゲアトルーズの苦悩と孤独。これが遺作となるドライヤー監督らしい静かな会話劇の地味な映像がハードルの高い。地位や名誉を求める男が女の愛に気付いた時はすでに遅しという男の薄情、女の愛情… https://t.co/Ah6sExqKDm
      いいね
    • 悪なき殺人
      「悪なき殺人」 面白かった!偶然が偶然を呼んで悲劇を招く緻密な伏線の構成が上手くて内田けんじみたいだった。同じ時間軸の出来事を人名によるチャプター仕立てでそれぞれの主観で見せて行くパターンで、こういう伏線回収は好き。ドミニク・モル監督は「ハリー・見知らぬ友人」が何とも怖かった。
      いいね
    • ドーナツキング
      「ドーナツキング」 アメリカのカンボジア人ドーナツ店の基礎を作ったテッド・ノイの破天荒な半生を追うドキュメンタリー。リドリー・スコットがプロデューサーで驚く。ドーナツが美味しそうなんだけど、カンボジア内戦のくだりがゾッとして、「… https://t.co/skCS4uBK1T
      いいね
    • 花椒の味
      「僕らの先にある道」 偶然出会った男女が恋愛を通して成長する話にジーンときた。父親が重要な役として登場するのは昨日観た「花椒の味」に通ずるところがあり、物語に深みを添える。モノクロとカラーで時系列を描き分けるのが最後に繋がるのが… https://t.co/KJuY1mdxSl
      いいね
    • 花椒の味
      「花椒の味」 三人の異母姉妹が父の死をきっかけにそれぞれの親類との関係を見つめ直していく成長物語。ほのぼのした雰囲気の中に、長女が父との過去の記憶を客観的に見つめていく視線がジーンときた。この長女役のサミー・チェンの年相応に落ち着いた雰囲気に感情を奥に秘めてる感じがとても良い。
      いいね
    • プリズナーズ・オブ・ゴーストランド
      「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」 園子音のハリウッドデビュー作ということで期待したんだけど、ちょっと酷かった。映画観ててこんなキツかったのは「CLIMAX」以来かな。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      GD_momoco
      2501movies / tweets

      follow us