TOP >kiyokiyo1222マイページ

kiyokiyo1222

さんのマイページ
kiyokiyo1222
つぶやいた映画
875 本
総ツイート
947 件
マイページ閲覧数
9,673 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
875 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ライド・ライク・ア・ガール
    WAVES/ウェイブス
    MOTHER マザー
    ペイン・アンド・グローリー
    エジソンズ・ゲーム
    ドクター・ドリトル(2020)
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
  • ANNA/アナ
    ルース・エドガー
    ポップスター
    ハリエット
    デッド・ドント・ダイ
    コロンバス
    ナイチンゲール
  • 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
    ジョン・F・ドノヴァンの死と生
    ジュディ 虹の彼方に
    酔うと化け物になる父がつらい
    Fukushima 50
    娘は戦場で生まれた
    野性の呼び声
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ペイン・アンド・グローリー
      『ペイン・アンド・グローリー』ゲイを公言している監督の自伝的な作品の主役を、アントニア・バンデラスが演じる。意味深。スペインの明るい太陽を浴びた子供時代、絵画に囲まれた都会の生活、時代は流れて、痛みからの再生。ラストがいいね〜。
      いいね

      良い
    • ナイチンゲール
      『ナイチンゲール』夫と子供を無残に殺され凌辱され復讐の鬼となったクレア、もう一人の主人公といってもいいアボリジニのジミーと心を通わせていく。イギリスの植民地政策は非道の極み、タスマニアを荒らす文明こそ野蛮。将校の下半身がバカで。
      いいね

      良い
    • デッド・ドント・ダイ
      『デッド・ドント・ダイ』ジム・ジャームッシュ監督と関わりの深い俳優たちとのゾンビコメディ。主要キャストがゾンビ化、ゾンビと化したら、アダム・ドライバーが容赦なくナタを振り下ろす。シュールさが味わい。セレーナ・ゴメス、キュート!
      いいね

      良い
    • ANNA/アナ
      『ANNA/アナ』ハニートラップ要員のスパイ役が初主演のスーパーモデル、ちょっと目が離れていて可愛い。KGBとCIAの2人のイケメン男性捜査官、ロシア訛りのKGB上司役ヘレン・ミレン、脇をがっしり固めて主演を補い、いいバランスに。
      いいね

      良い
    • ライド・ライク・ア・ガール
      『ライド・ライク・ア・ガール』栄光を勝ち取った女性騎手の実話。男性社会のなかでの不遇や大怪我からの復活、想像通りの展開にもかかわらず、最後、感動した。演じる女優の騎乗スタイルがカッコいい。よほど訓練したのだろう。ダウン症の兄が👌
      いいね

      良い
    • ルース・エドガー
      『ルース・エドガー』自由の国を標榜するアメリカが、黒人に対してはいかに不自由を強いているか。「WAVES」といい、ハリソン・Jrは若くして演技巧者。ゾッとしたよ、ナオミ・ワッツとの真剣な場面で、テヘって笑ったのには。
      いいね

      良い
    • ハリエット
      『ハリエット』神がかりな奴隷救出劇。実話。奴隷を所有物として尊厳を傷付ける奴隷主役ジョー・アルウィンが、テイラー・スウィフトの今カレ。イケメン過ぎて、非人道的な役柄でも憎めなかった〜
      いいね

      普通
    • WAVES/ウェイブス
      『WAVES/ウェイブス』中間層アフリカ系アメリカ人家族のそれぞれの孤独や絶望を、若い今後も有望な監督が撮ったおしゃクソ青春映画。露出を明るくしたり暗くしたり、重低音の音楽やメッセージある歌詞、心がざわざわする演出。是非、劇場で。
      いいね

      良い
    • エジソンズ・ゲーム
      『エジソンズ・ゲーム』こんなに世界的に知られた人もいないだろうが、本作では自分の発明の有益性に執着したというエピソードが興味深い。ろうそくやランプの時代から電灯の時代へ、その当時の雰囲気を映像から堪能できる。撮影、素晴らしい。
      いいね

      良い
    • MOTHER マザー
      『MOTHER マザー』母親役の長澤まさみから本気のビンタを受けた少年役の奥平くん、デビュー作にして最高の演技だった。共依存の親子関係から凶行に至る事件、現在、服役中の当時少年が更生して欲しいと願う。長澤まさみの女優魂の意欲作。
      いいね

      良い
    • もののけ姫
      『もののけ姫』映画館でジブリ!スクリーンからマイナスイオンが出ていた。獣たちと人間の業が渦巻く深い神秘の森、アシタカが「曇りなき目」で見た世界とは。あの場面の「なぜ?どうして?」を探求できる傑作。「こだま」の可愛さ、森で出会いたい。
      いいね

      良い
    • ドクター・ドリトル(2020)
      『ドクター・ドリトル(2020)』本国で不評という…そうでしょうね。動物がしゃべる実写映画は、その設定を超えるストーリーの面白さがないとツライもの。
      いいね

      残念
    • 酔うと化け物になる父がつらい
      『酔うと化け物になる父がつらい』贅沢な俳優陣を起用したのに再現映画にとどまってしまったような残念さが残る。松本穂香はなかなか涙が出ない女優というイメージ、頑張ったかな今回は。それにしてもベッドシーンのガードの固さは尋常じゃない。
      いいね

      普通
    • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
      『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』誰もが知る次女ジョーの半自伝的な原作が、新たな視点でよみがえる。ティモシー・シャラメがジョーに何度もパンチされたり、出てくる男性みな優しい。一家の思想的な教育についても興味深い。
      いいね

      良い
    • ポップスター
      『ポップスター』早送り映像や激しい光の点滅やエンドロールの凝り方などの演出が過剰であり、ナタリー・ポートマンのポップスター役にも最後まで違和感。10代のセレステと姉役のステイシー・マーティンのデュエット曲は心に響いた。
      いいね

      普通
    • 三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実
      『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』昭和45年11月25日に自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺、その前年の5月13日の貴重な映像。小説家の平野啓一郎氏が要点をわかりやすく解説、知性とユーモアと危うさと表裏一体の三島に魅了される。
      いいね

      良い
    • メランコリック
      『メランコリック』Amazonプライム課金¥500|悪事にせっせと励む真面目さが可笑しい。与えられた課題に取り組むことが得意なのだろうが、東大を出たところで社会になじめていない和彦像が時代を映し出す。リアルとヘタウマな味わいが魅力。
      いいね

      良い
    • レ・ミゼラブル(2020)
      『レ・ミゼラブル(2020)』ジャン・バルジャンが慈悲の心に救われたように、現代のフランスに置き換えた本作は、哀れな人々がたどる道に救いはあるのかと問いかける。無知と無謀な子供たちの暴徒化は、大人たちに責任があることを強く思わせて。
      いいね

      良い
    • 娘は戦場で生まれた
      『娘は戦場で生まれた』内戦のアレッポの惨状を世界に拡散しながら、自らの結婚や出産などを自撮りする形をとったドキュメンタリー。娘のために生きた証としての映像を残すためと、客観性が足りないので、戦闘の真実が見えてこなかった。
      いいね

      良い
    • T-34 レジェンド・オブ・ウォー
      『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』完全版|ソ連軍戦車T-34、たった一両でドイツ軍戦車パンター軍団に挑む。戦力の劣勢をはねのけて逃げおおせるか、有能な戦車兵の活躍に胸躍る。戦車戦を娯楽作品として楽しむ映画。ラブストーリーもあり。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      d_hinata
      2806movies / tweets

      follow us