TOP >kiyokiyo1222マイページ

kiyokiyo1222

さんのマイページ
kiyokiyo1222
つぶやいた映画
807 本
総ツイート
879 件
マイページ閲覧数
8,820 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人
2015年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
807 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ファイティング・ファミリー
    ゾンビランド:ダブルタップ
    アナと雪の女王2
    アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール
    エンド・オブ・ステイツ
    ラフィキ:ふたりの夢
    スペインは呼んでいる
  • グレタ GRETA
    ひとよ
    ターミネーター:ニュー・フェイト
    マイ・ビューティフル・デイズ
    フッド:ザ・ビギニング
    楽園(2019)
    真実
  • クロール ―凶暴領域―
    アップグレード
    ボーダー 二つの世界
    イエスタデイ
    ジョーカー
    ジョン・ウィック:パラベラム
    蜜蜂と遠雷
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ブラインドスポッティング
      『ブラインドスポッティング』ワルの白人と更生中の黒人は親友同士、この2人が銃社会のアメリカで遭遇する脅威をいろんなケーススタディで見せてくれる。親友の白人を親しさから「ニガー」と呼ぶことについて、人種と友情の問題、熱くていい場面だ。
      いいね

      良い
    • ラフィキ:ふたりの夢
      『ラフィキ:ふたりの夢』@シネリーブル梅田|鮮やかなアフリカのファブリックを着こなすケナが素敵。時代は変わる、ケニアも、そんな明るい展望を感じたのは、彼女の凛としたたたずまいにある。異国のガール・ミーツ・ガール物語、進行中。
      いいね

      良い
    • ファイティング・ファミリー
      『ファイティング・ファミリー』@大阪ステーションC|アメリカの巨大プロレス産業に挑むイギリスの女の子の実話。貧しい地域でプロレス団体を運営する家族の言葉のチョイスに何度も笑った。プロレス愛ってこういう感じなのか、新しい扉が開いた。
      いいね

      良い
    • ゾンビランド:ダブルタップ
      『ゾンビランド:ダブルタップ』ゾンビの血しぶきや肉片が飛び散る冒頭の見せ場でアガる。スローモーション映像が効果的。合間にゆる〜いコントを入れて、またゾンビ、そして、ピンクのギャルが出てきたり。くだらなくて、なぜか愛着がわく。
      いいね

      良い
    • アナと雪の女王2
      『アナと雪の女王2』子供の頃のアナの表情やしぐさがすごく可愛い。ありのままの〜から、今回は「イントゥジアンノウン」がメインテーマで、エルサが一段と美しく崇高である。ディズニー映画は深読みすればするほど難しい。姉妹愛、心和む。
      いいね

      良い
    • エンド・オブ・ステイツ
      『エンド・オブ・ステイツ』濡れ衣を着せられて逃げ回る新しくはないストーリーが、ニック・ノルティが破天荒な役どころで出てきて、モーガン・フリーマンで締めるという布陣で俄然、面白くなった。カーアクション、リアルサバゲー、楽しみましょう〜
      いいね

      良い
    • マイ・ビューティフル・デイズ
      『マイ・ビューティフル・デイズ』@シネマート心斎橋|原題は女性教師のラストネーム(苗字)に敬称を付したもの。生徒と教師がある一定の距離を置きながら、お互いを尊重し合う関係性を手探りで作っていく。憂いのある4人の旅、よかった〜
      いいね

      良い
    • グレタ GRETA
      『グレタ GRETA』@大阪ステーションシネマ|怖がらせるための仕掛けがすごい。イザベル・ユペールさまがアブナイ人を演じて、怖いわ笑けてくるわで、さすが名女優!怖かった〜はちきれそうな若さのクロエの美しいこと。女優の競演が楽しい。
      いいね

      良い
    • アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール
      『アンドレア・ボチェッリ 奇跡のテノール』@大阪ステーションシネマ|存じませんでした、この方のこと。アントニオ・バンデラス、しばらく気がつかなかった、なんて素敵!失明のハンデを強調せず、叙情的に描く。「イル・ポスティーノ」ぐらい好き
      いいね

      良い
    • スペインは呼んでいる
      『スペインは呼んでいる』@ル・シネマ|笑いが難しい。これだけモノマネやってたら、劇中の誰かが吹き出すレベルなのに誰も笑わない。そこが不思議で、スペイン旅とグルメレポでクイついてしまったけど、男性2人旅にはついていけなかった…
      いいね

      普通
    • ひとよ
      『ひとよ』今年観た邦画の中で、32本目で、一番好きかも。力のある戯曲を映像化して、夫殺しのその後の家族とタクシー会社の従業員一人一人の人生が広がっていく。主役4人の新たな一面と脇の役者さんがホントによかった。特に音尾さんと筒井さん。
      いいね

      良い
    • ターミネーター:ニュー・フェイト
      『ターミネーター:ニュー・フェイト』グレース(強化型人間)がダニー(人間)を、最強ターミネーターからなぜ必死に守ろうとするのか。シュワちゃんが出てくるのが遅いので、ちょっと寝た。年を重ねても体型を保っている、それだけですごい。
      いいね

      良い
    • E.T.
      『E.T.』@ポレポレシネマズいわき「映画史に残る映像と音楽特集」|ジョン・ウィリアムズのあの有名なシーンの音楽には、わぁーと声が出そうな感慨。1982年、劇場で観たような観ないような、すっかり忘れているけど、こんな素敵な映画とは!
      いいね

      良い
    • WEEKEND ウィークエンド
      『WEEKEND ウィークエンド』@YEBISU〜|アンドリュー・ヘイ監督、三作品目。孤独や固定観念から主人公たちを解放しようとする作品性は一貫している。ゲイであることを理解している親友の行動にグッときた。キレイななにかをみた思い。
      いいね

      良い
    • アップグレード
      『アップグレード』@シネマカリテ|デジタルとアナログの混在する近未来、簡単なプロットだけど、こんなふうに映画のタイトルに繋がっていくのかと感心した。乗っ取られる体が耐えられるのかフィットネスの心配しながら。エグいオペシーン、ご注意!
      いいね

      良い
    • フッド:ザ・ビギニング
      『フッド:ザ・ビギニング』タロン・エガートンは次世代アクションスターの道を着々と歩んでいる。ムチムチの恋人役とイチャイチャ、衣装がオシャレ、ハードな空中飛び蹴り弓アクション、見て楽し。次回作もあったら、もっとハラハラさせてくれよ。
      いいね

      良い
    • 楽園(2019)
      『楽園(2019)』典型的な村社会の人として祖父役柄本明が登場する。あの理不尽なものの言い方、上手いな〜その土地で生きていくことを拒まれた人が凶行に走るとき、どちらが加害者で被害者か、社会を震撼させる事件の裏側に迫っている。
      いいね

      良い
    • イエスタデイ
      『イエスタデイ』@TOHOシネマズ日比谷|シアター12のスクリーンで正解!ビートルズが存在しない世界の設定を少しも陳腐に感じさせず、疾走感とポップな映像でぐいぐい。ビートルズが伝説のバンドであるのは、やはり楽曲ってことか。たのし〜
      いいね

      良い
    • ボーダー 二つの世界
      『ボーダー 二つの世界』北欧の「デカワンコ」か?いや、違った。醜女ではあるけど、特異な能力をいかして社会に貢献していた。この男に出会ったのがよかったのか悪かったのか。人間だけが価値観や善悪の境界を決めるとは限らない。北欧の神秘。
      いいね

      良い
    • クロール ―凶暴領域―
      『クロール ―凶暴領域―』ハリケーンだけでも怖いのにアイツがやってくる!芸は身を助けるとは、よく言ったもので、アスリートとしての力を発揮した。たくましい彼女に、学ぶべきサバイバル能力を感じて、娯楽映画をかるくこえていった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....