TOP >kiyokiyo1222マイページ

kiyokiyo1222

さんのマイページ
kiyokiyo1222
つぶやいた映画
937 本
総ツイート
1,011 件
マイページ閲覧数
10,175 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
4 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
937 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • さんかく窓の外側は夜
    ワンダーウーマン 1984
    ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢
    ハッピー・オールド・イヤー
    魔女がいっぱい
    燃ゆる女の肖像
    100日間のシンプルライフ
  • ミセス・ノイズィ
    ヒトラーに盗られたうさぎ
    ホモ・サピエンスの涙
    ばるぼら
    ホテルローヤル
    ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒
    ストックホルム・ケース
  • おらおらでひとりいぐも
    ザ・ハント
    とんかつDJアゲ太郎
    罪の声
    ストレイ・ドッグ
    キーパー ある兵士の奇跡
    おもかげ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • さんかく窓の外側は夜
      『さんかく窓の外側は夜』テレビシリーズから映画化のほうがわかりやすかったかも。VFXの画も苦心の自信作なのかもしれないが、もっとできそう、今後の作品への期待を込めて。映像のてち、いいね〜
      いいね

      残念
    • 100日間のシンプルライフ
      『100日間のシンプルライフ』エコロジストでもミニマリストでもない2人の我慢大会が前半の面白さ、後半はアメリカのIT長者のやり方や魅力的な彼女の苦しみに触れ、人生の豊かさとは?シンプルライフの真髄に近づいていくエンタメが面白い。
      いいね

      良い
    • ヒトラーに盗られたうさぎ
      『ヒトラーに盗られたうさぎ』反ヒトラーとしてマークされた父親と亡命しながら難を逃れていくユダヤ人家族の物語。ヒトラー政権が樹立した直後で、残虐シーンはないが恐怖がいつも隣に。アンヌとメイドのハインピーや友達と叔父さんと、別れは悲しい
      いいね

      良い
    • ハッピー・オールド・イヤー
      『ハッピー・オールド・イヤー』借りパクした物、多過ぎる!返さず捨てようとしたり、自分勝手な断捨離で大事なことも見失う。お母さんへの仕打ちは本当の優しさなんだろうか。妹の葛藤を優しく見守る兄の姿が心に残る。コンマリ先生、いじられてる。
      いいね

      良い
    • ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢
      『ネクスト・ドリーム ふたりで叶える夢』ショービズ界で密かに音楽プロデューサーを目指す役のダコタ・ジョンソン、可愛いさ百点満点。恋の行方やサプライズストーリーを支えた音楽はプロフェッショナルであり、アメリカの音楽映画はいつも楽しい
      いいね

      良い
    • 燃ゆる女の肖像
      『燃ゆる女の肖像』アデル・エネル、美しかった。女性画家に心を許してから、感情がほとばしる豊かな表情をみせた。発信力のある女優としても評価され、本作では閉鎖的な社会を舞台に、心は誰のものでもない強烈なメッセージを発した。
      いいね

      良い
    • ストレイ・ドッグ
      『ストレイ・ドッグ』最後まで全容がわからないドラマに集中して見ていられたが、あの老け特殊メイクがなくてもよかったのでは。女性監督と組んで熱演した刑事役ニコール・キッドマンに意気を感じる。無謀な単独捜査とかいろいろ違和感もあったが、
      いいね

      良い
    • ミセス・ノイズィ
      『ミセス・ノイズィ』「スカッとジャパン」のように迷惑おばさんを撃退して自分だけがスカッとするだけじゃ、社会問題は解決しない時代、SNSやあの編集者も「あおり」がひどい。騒音おばさんの生き方に少しの共感と、限りない同情を送ります。
      いいね

      良い
    • ストックホルム・ケース
      『ストックホルム・ケース』銀行強盗犯と人質が連帯する理由が理解できる。警察署長や市長がふてぶてしくて、人命軽視としか思えず、映画の観客としても強盗犯を応援したくなる。いわゆるストックホルム症候群の症状だとしたら、あぶないあぶない。
      いいね

      良い
    • ホモ・サピエンスの涙
      『ホモ・サピエンスの涙』不幸に見舞われている人が次々と出てきて、悲劇だけど他人からみればなんとも喜劇。ロイ・アンダーソン監督が描く人類は、コントみたいな、うっちゃんの「LIFE!」みたいな。ワインをドボドボこぼす人で、ハマった〜
      いいね

      良い
    • ワンダーウーマン 1984
      『ワンダーウーマン 1984』欲望が乱れ狂う世界で、何が大切かを導く流れ、ながーい。宿敵役キャサリン・ウィグの扱いが救われない。悪役マックス・ロード寄りのストーリー。カムバック、チーター!アマゾネス、ロビン・ライトが一番カッコいい。
      いいね

      普通
    • ザ・ハント
      『ザ・ハント』ターゲットの「貧乏白人」が、串刺しになってもすぐには死ななかったりして、B級映画っぽいけど、全体主義を批判した物語「動物農場」を引き合いに出してるところは、政治体制に言及していて深い。ベティ・ギルピン、要注目!
      いいね

      良い
    • おもかげ
      『おもかげ』元夫への怒りは尋常じゃないが、一番許せなかったのは自分自身ではなかったのかと結末から感じる。「許し」に行き着くまで尋常じゃない道のりだった。1981年生まれの若い監督の脚本とは思えない、深くて複雑な愛の模索。途中イライラ
      いいね

      良い
    • フェアウェル
      『フェアウェル』中国の近代的なビル群は、経済発展の象徴で、まさに今の中国に触れられる映画。NY在住の中国人女子の中国への帰省、東洋人の顔で西洋人の心と言語を持ち、アイデンティティに揺れる。オークワヒィナの魅力がわからなくて残念。
      いいね

      普通
    • ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒
      『ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒』ストップモーションアニメの進化がすごい。表情も豊かでコミカル、セットも豪華、コスチュームもオシャレで目が喜ぶ。ライオネル卿の成長しない人間性が前時代的、逆にアデリーナの生き方が現代的。
      いいね

      良い
    • 魔女がいっぱい
      『魔女がいっぱい』ゼメキス監督、オワッテルと思っちゃった。アン・ハサウェイの魔女は映画的に興味はあるが、ロアルド・ダールの作品世界はよくわからなかった。アニメでよかったし、アン・ハサウェイが歌うミュージカルならワクワクしたかも。
      いいね

      残念
    • 82年生まれ、キム・ジヨン
      『82年生まれ、キム・ジヨン』原作よりも脚色が優れて映像となっている。男性至上主義の韓国で時代に迎合しない男性もいることや、女性の困難な社会参加について、この映画を観るべきは男性のはず。義母と実父が悪者だけど、自分への戒めになった。
      いいね

      良い
    • キーパー ある兵士の奇跡
      『キーパー ある兵士の奇跡』戦前からナチス教育を受けて育ったドイツのナチ兵士が、戦後のイギリスでサッカー選手としてプレイしたなんて、嘘のような本当の話。ハリポタのポッチャリ子役が、英軍曹役で出演。いい役者さん、この映画のキーマン。
      いいね

      普通
    • ばるぼら
      『ばるぼら』知らない手塚治虫の世界、思想家の姿をこの映画にみる。二階堂ふみは「ばるぼら」を体現し、クリストファー・ドイルのカメラに見つめられたことで、どんどんいい女優になっていくだろう。ゴロちゃんもジャニーズやめて、力強い仕事ぶり。
      いいね

      良い
    • 鵞鳥湖の夜
      『鵞鳥湖の夜』鵞鳥湖(がちょうこ)の水浴嬢(風俗業)、この変わった業態やバイク窃盗団や、現代中国なのに映画の素材が潤沢なんだな〜中国って国は。追われる男チョウを助けるのか裏切るのか、危険な女の悲哀もたまらない。全員必死に生きている。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      Pooh_kuru_san
      2169movies / tweets

      follow us