TOP >magenta_wingマイページ

magenta_wing

さんのマイページ
magenta_wing
つぶやいた映画
199 本
総ツイート
288 件
マイページ閲覧数
1,170 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

magenta_wingさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
199 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • クレイジー・フォー・マウンテン
    乱世備忘 僕らの雨傘運動
    死の谷間
    ブリグズビー・ベア
    ニンジャバットマン
    最初で最後のキス
    恋は雨上がりのように
  • モリーズ・ゲーム
    アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
    サバービコン 仮面を被った街
    きみへの距離、1万キロ
    ラブレス
    ダンガル きっと、つよくなる
    BPM ビート・パー・ミニット
  • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    空海 KU-KAI 美しき王妃の謎
    コンフィデンシャル 共助
    デトロイト
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • カメラを止めるな!
      『カメラを止めるな』観てきた。ストーリーラインに触れると、どれもがネタバレになりそうなのでふんわりとしたことしか言えないけど……。最後まで観ると色々意図が判る、とても緻密な造りの作品。前半と後半でガラリと空気が変わるので"一粒で二… https://t.co/sda3NMgCji
      いいね

      良い
    • 乱世備忘 僕らの雨傘運動
      やってきました、ポレポレ東中野。これから『乱世備忘』を観るよ。 https://t.co/5C9nQIQIvp
      いいね
    • クレイジー・フォー・マウンテン
      本日の試写会『クレイジー・フォー・マウンテン』。本来なら登った人しか見られない景色の連続に圧倒される。普段は海派の私も「地球上で一番宇宙に近い場所」へ行きたくなる人の気持ちが、なんだか判る気がしました。
      いいね

      良い
    • 恋は雨上がりのように
      今更だけど『恋は雨上がりのように』観た。大泉洋演じる"店長"がなんとまっとうなことか。45歳の冴えない中年男なんだけど、女子高生あきらからの好意に応えるでもニヤけるでもなくひたすら最後まで彼女を諭し続ける。だからこその格好良さとか… https://t.co/FvZyGVcO9y
      いいね
    • ブリグズビー・ベア
      主人公ジェームズがどうしてもブリグズビーから離れられないのは、彼の置かれてきた状況や事情からみて理解はできる。と、同時にブリグズビー=誘拐の象徴でもあるので、受け入れがたさに苦しむ実両親の気持ちも判る分だけ観ていてとても切なくなる。これらが融合・昇華していく物語でもあるのよね。
      いいね
      評価
      なし
    • ブリグズビー・ベア
      本日の試写会『ブリグズビー・ベア』。あらすじだけ見ると非常に重苦しくなってもおかしくないのに、とても温かい物語。何かにどハマりしたことがある・作品を作ったことがある人なら、きっと心に響くものが見つかるだろう。
      いいね

      良い
    • ニンジャバットマン
      『ニンジャバットマン』観てきた。脚本が中島かずきさんなので、新感線の舞台でおなじみの気分が盛り上がる展開(外連味ある演出は『キルラキル』に通ずるものも)に巨大合体ロボ……とバットマン世界に詳しくなくても十分楽しめる作品。終映時に拍手が起こったのも納得でした。
      いいね

      良い
    • 死の谷間
      本日の試写会『死の谷間』。核汚染された世界で出会った一人の女と二人の男。対照的な男達の間で気持ちが揺れ動くヒロイン……というのが表面的に展開される物語だけど。要所要所でどんな風に捉えるか、どう捉えるかでラストも含め、それこそ観た人… https://t.co/eIiGs8XLe3
      いいね
    • 最初で最後のキス
      中盤の『Born this way』にのったファッションショーのシーンに至るまで、それぞれの個性や違い・意思を肯定的に受け入れた展開だからこそ余計にそう思う。 と同時にヒロイン・ブルーの件では、決して彼女を責めてはならないのだけどね。
      いいね

      良い
    • 最初で最後のキス
      そしてそれがきっかけで大事件になることも含めて。三人組の誰の視点・どの立場から観るかで、感想が大きく変わってくると思うのだけど、きっと誰しも思うのは「あの時NOと言っていたなら……」。どちらの悲劇もふせげたかもしれない(もちろん咄… https://t.co/c5sbkVE3SN
      いいね

      良い
    • 最初で最後のキス
      『最初で最後のキス』。少年二人(ただし一人はゲイ)と少女の三人トリオによる青春の一ページ。途中まではよくあるスタイルの物語だと思っていた。それがまさかのラストで衝撃を受ける。 その場の雰囲気や相手との関係性など様々な理由で「NO」… https://t.co/U5PyZl2zJH
      いいね

      良い
    • サバービコン 仮面を被った街
      真相を知りどんどん醒め切った目になっていく、ロッジ家の一人息子ニッキーの姿がとても哀しい。ドラマの中に出てきそうなほど明るく理想的に見える街だけど、個人的には冒頭30秒ほどの、街中の人間が他者の生活を伺っているような風景の時点で、私ならこの街に住むのはムリ!! と拒否感が……。
      いいね
      評価
      なし
    • サバービコン 仮面を被った街
      本日の試写会『サバービコン 仮面を被った街』。一見誰しもが親しく振る舞う街に初めての黒人一家が越してきた時点から、二つの事件が同時進行する。一件はこの家族への差別、もう一件は隣のロッジ家で起こる出来事だが……。事態が進むにつれ(→)
      いいね

      良い
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      人物ばかり。しかし彼女自身も勝ち気で、やられたままでないこともあり、かなり悲惨な状態~肝心の殴打事件でさえどこかコミカルな様相を帯びる。それだけにフィギュア界からの追放を宣告された時の、悲痛な彼女の声が心に響くし、きっとこの人の本質はファイターなのだ、と思わせるラストが秀逸。
      いいね
      評価
      なし
    • アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル
      本日の試写会『アイ、トーニャ』。94年に起きた"ケリガン殴打事件"の中心人物、元フィギュア選手のトーニャ・ハーディングを扱った物語。幼い頃から精神的虐待を繰り返す母、そこから逃げ出すように結婚した相手は典型的なDV男、しかも彼には… https://t.co/JRx8LYfDlU
      いいね

      良い
    • モリーズ・ゲーム
      災いした、とも言えるのかも。しかし成功ポイントの見極め具合や突き進む気性はアスリートならでは、とも感じた。 観客にポーカーの知識があると尚更楽しめる、と同時にギャンブルの中毒性もよく伝わってくる、とても多面的な作品。
      いいね
      評価
      なし
    • モリーズ・ゲーム
      本日の試写会『モリーズ・ゲーム』。実話を元にしたストーリー。カジノオーナーへの転身、なんてアスリートのセカンドキャリアとしては全くの予想外だけど、ここで成功してしまったのは彼女が並外れて頭のいい人物だから。それがある意味では(→)
      いいね

      良い
    • 西遊記 ヒーロー・イズ・バック
      吹替版しか劇場公開されなかったのは残念だったけど、なかなか面白い作品でした。中国製アニメについての評価が変わる一作!! https://t.co/1bIAjHwOF6
      いいね

      良い
    • バーフバリ 伝説誕生
      改めて、の『バーフバリ 伝説誕生』。試写会の時に「これは大きなスクリーンで観ないと」→新宿ピカデリーでの限定上映で「やっぱり極音上映で観たい」。そこから約一年、念願の極音上映での鑑賞はある意味満願成就。続編『王の帰還』も観た上で再度本作を観ると、面白味は間違いなく倍増する。
      いいね

      良い
    • バーフバリ 伝説誕生
      個人的感想として『伝説〜』特にVSカーラケーヤ戦なんてゲーマー向け魅力要素満載だと思う。例えばカーラケーヤ族から漂う典型的"邪悪な蛮族感"。戦闘中のアマレンドラが見せる、二丁○○使いは思わず真似っこしたくなるくらいだし。でも何と言… https://t.co/apRIndJ4GH
      いいね
      評価
      なし
      もっと見る Loading...
      Loading.....