TOP >maikosueマイページ

maikosue

さんのマイページ
maikosue
つぶやいた映画
39 本
総ツイート
53 件
マイページ閲覧数
173 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

maikosueさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
39 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 万引き家族
    15時17分、パリ行き
    あなたの旅立ち、綴ります
    ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
    望郷
    セザンヌと過ごした時間
    静かなる情熱 エミリ・ディキンスン
  • ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代
    函館珈琲
    大地を受け継ぐ
    キャロル
    フランス組曲
    あの頃エッフェル塔の下で
    ハッピーアワー
  • メニルモンタン 2つの秋と3つの冬
    カミーユ、恋はふたたび
    顔のないヒトラーたち
    岸辺の旅
    バードピープル
    アリスのままで
    海街diary
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 万引き家族
      『万引き家族』を観た。血縁関係でなくても愛情を持って一緒に暮らしている仲の良い家族。生活の糧を得る手段があまり宜しいとは言えなくても、である。しかしそれは全くかけ離れた世界でなく私たちに身近な暮らしの延長線上にある。そういえば、と擬似家族を扱った宮部みゆき『理由』を思い出した。
      いいね
    • あなたの旅立ち、綴ります
      予告編で面白そうだと思った映画『あなたの旅立ち、綴ります』 シャーリー・マクレーン、アマンダ・セイフライド 他 公式サイト https://t.co/YUvAE2CjYG
      いいね
    • ゴーギャン タヒチ、楽園への旅
      『ゴーギャン タヒチ、楽園への旅』を観た。ゴーギャンがタヒチに渡ってから絵のモデルとなった妻との愛と生活の終焉までに焦点が置かれている。家族を置いてパリからタヒチに来て、病気や貧困の中、絵にかけては妥協することなく傑作を生み出す。『月と六ペンス』以来再びゴーギャンに魅せられる。
      いいね
    • 15時17分、パリ行き
      今朝の新聞広告から クリント・イーストウッド監督 『15時17分、パリ行き』 3月1日(木)実話 全国ロードショー https://t.co/Cc69tUYlKn
      いいね
    • 望郷
      『望郷』観た。自分は家に縛られることも、厳しくされたこともなく、比較的自由でそれが当たり前だった。だが子どもの時に親や友達からされたことに傷ついた経験はあるので心痛かった。閉鎖的な故郷、家族に対して屈折した感情は持つものの、和解して良かった。もともと愛情深く大事に育てられたのだ。
      いいね
    • 静かなる情熱 エミリ・ディキンスン
      『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』は、私の想像していたような穏やかな映画ではなかった。彼女は、宗教教育や男女差別など、おかしいと思うことを許せず、相手を非難して孤立してしまう。詩作に打ち込むが、生前には、女性ということもあり、殆ど認められることなく発作で亡くなる。
      いいね
    • 静かなる情熱 エミリ・ディキンスン
      休講だなんて知らなかった。暑い中出掛け、気持ちの持っていきようがなく、三省堂で本を3冊買い、岩波ホールで『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』を観て、丸香でうどんを食べて帰ってきた。今日は行って良かったと思いたかったから。
      いいね
    • セザンヌと過ごした時間
      『セザンヌと過ごした時間』って、ゾラとセザンヌのことを描いた作品だけど『月と六ペンス』みたいな話なのかなと、同僚と話した。画家と小説家の交流はどんななのか興味深い。
      いいね
    • セザンヌと過ごした時間
      フランス映画祭、同僚と『セザンヌと過ごした時間』を観に行くことにした。楽しみ。
      いいね
    • ボブ・ディラン 我が道は変る 1961-1965 フォークの時代
      ボブ・ディランのドキュメンタリー 我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~ 6/3(土)公開 新宿バルト9 横浜シネマリン 梅田ブルク7 https://t.co/IccASo9mRi
      いいね
    • 函館珈琲
      前に、手作りのとんぼ玉のチョーカーを身につけている方がいらっしゃって、私も作ってみたいなと思っていたのだけど、『函館珈琲』を観て、ますます作ってみたくなった。今度体験教室に行ってみるつもり。
      いいね
    • 函館珈琲
      今日は、野球チームメイト母達と、『函館珈琲』初日舞台挨拶見に行くんだ。楽しみ。
      いいね
    • 函館珈琲
      「函館珈琲」早く観たい。楽しみ。
      いいね
    • 大地を受け継ぐ
      ポレポレ東中野でやっている『大地を受け継ぐ』は3月25日までだった…。観たい。 福島の原発事故直後、「いい土」にこだわっていた農家の男性が自死、その後息子と母が農産物を作り続けている。そのドキュメンタリー映画に出演している樽川さんという方の話を息子達は聞きに行くと今知った。
      いいね
    • キャロル
      『キャロル』は同性愛の話だったけれど、理解できないというところから、心情としては理解できるというところまで引っ張っていくのが、映画の持つ力だと思った。二人とも魅力的な女性だったし。
      いいね
    • キャロル
      残業というものを、何年ぶりかにしてしまった。くたくた…。でも水曜は休みだからいいや。『キャロル』観に行くんだ。楽しみ。
      いいね
    • フランス組曲
      『フランス組曲』『戦場のメリークリスマス』と立て続けに戦争の映画を観て、残酷なシーンはもう見たくないと思ったが、映画は現実よりは幾分綺麗に描かれている。現実はもっと凄惨で正視に耐えなかっただろう。 そんな時代を耐え抜いて生きてきた90代の高齢者は、暑さ寒さも何のそのだ。
      いいね
    • フランス組曲
      但し、欲望の赴くまま、そこに葛藤や躊躇のない映画には、共感できない。それは表情や仕草から読み取れる。『フランス組曲』を観て、そんなことを思った。
      いいね
    • フランス組曲
      明日はお休みなので、映画を見に行きたい。オリヴェイラ特集は金曜日の回がいいなと思ったが行けない。残念。『フランス組曲』か『ヴィオレットーある作家の肖像』にしようかな。或いは両方。
      いいね
    • あの頃エッフェル塔の下で
      ル・シネマにて、『あの頃エッフェル塔の下で』『アンジェリカの微笑み』を観ます。 https://t.co/bj5ABh0Giq
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....