TOP >maru_a_gogoマイページ

maru_a_gogo

さんのマイページ
maru_a_gogo
つぶやいた映画
1,350 本
総ツイート
1,615 件
マイページ閲覧数
8,495 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人
2019年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1350 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ミス・マルクス
    わたしはダフネ
    5月の花嫁学校
    【Netflix映画】アーミー・オブ・ザ・デッド
    砕け散るところを見せてあげる
    ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日
    ウォーデン 消えた死刑囚
  • Swallow スワロウ
    ソング・トゥ・ソング
    クローゼット
    真犯人
    記憶の技法
    アーニャは、きっと来る
    詩人の恋
  • パピチャ 未来へのランウェイ
    罪の声
    博士と狂人
    82年生まれ、キム・ジヨン
    フェアウェル
    ミッドナイトスワン
    ブリング・ミー・ホーム 尋ね人
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • はちどり
      『はちどり』悪人はいないが、主人公にとって理不尽な出来事が多く、感受性豊かゆえの反発も反抗と取られてしまう。大人は思春期を忘れてしまったか、先生は過渡期にいたのかも。抑えた演出で多くを語らずじんわりしみる。パクジフが良い。
      いいね

      良い
    • ようこそ映画音響の世界へ
      『ようこそ映画音響の世界へ』おもしろかった!黎明期には楽団などが映画と同行していたとか、だんだんシステム化されて、資金面からこだわり職人的な技術が冷遇されたり🥲でも、現代はほとんどデジタルかと思いきや、手作業も健在なのはうれしい!
      いいね

      良い
    • ソング・トゥ・ソング
      『ソング・トゥ・ソング』正直、話の内容自体に惹かれるものはなく、回想などが入り混じるのに、説明もほとんどなくて分かりづらい。登場人物たちの生活も現実離れしていて入り込めない。でもルベツキの映像美とゴズリングのおかげで嫌いじゃない😅
      いいね

      普通
    • 博士と狂人
      『博士と狂人』実話と知りビックリ‼️狂人のエピソードの方が衝撃的で比重も大きいので、辞書作り作業が伝わりにくかったのが残念。地味で分かりにくい作業だけに、もう少し知りたかった。主演2人熱演もややクドイか。エディマーサンら脇が良い✨
      いいね

      良い
    • アーニャは、きっと来る
      『アーニャは、きっと来る』実話ベースの創作なのかな?名もなき英雄たちを描く。ナチスを完全な悪と描いていないこと、南仏の豊かな自然のお陰で重くなり過ぎず見れる。タイトルと繋がるラストも良い。ノアくんの透明感が救良い作用を果たしている。
      いいね

      良い
    • パピチャ 未来へのランウェイ
      『パピチャ 未来へのランウェイ』女性差別を受けることは、自分の尊厳を奪われること。そこが理解されないのが一番辛い。ネジュマの闘いは小さな一歩で、悲劇ではあったけれど、今も続く差別に一石投じたと思う。若さのエネルギーを感じる良い作品。
      いいね

      良い
    • イエスタデイ
      『イエスタデイ』アイデアは面白いけど、自分も音楽家目指してるのにコレはどうなんだろ?🤔SNSで投稿したらバズってとかなら分かるけど… まあメインは恋愛なのでしょうが、主人公のキャラにあまり魅力がなく、役者にも華がないのが残念🥲
      いいね

      普通
    • ミス・マルクス
      『ミス・マルクス』カールマルクスの娘が児童労働や女性差別問題と闘っていたとは知らなかった。そして自分はダメ男に振り回されている皮肉。映画の題材としてはありがちだけど、パンクとか曲の使い方が斬新で良かった。ロモーラガライが良かった!
      いいね

      良い
    • ミッドナイトスワン
      『ミッドナイトスワン』原作未読。前半の孤独なトランスジェンダーと少女が打ち解け合っていく感じや、それを一果のバレエの上達と絡めるのも良かったが、周り含め不幸エピソードが多く、もう少し絞った方が良かったかも。主演2人が良かった。
      いいね

      良い
    • クローゼット
      『クローゼット』悲しい系ホラー。主人公に雇われる霊媒師?がコミカルだったり、後半ダークファンタジー的な感じもあり怖くはないけど、ショッキングな冒頭から引き込まれた。相変わらず韓国の子役は上手い😊
      いいね

      良い
    • 東京パラリンピック 愛と栄光の祭典 デジタル修復版
      『東京パラリンピック 愛と栄光の祭典 デジタル修復版』東京大会から正式にパラリンピックとなったの知らなかった。今とは競技数も参加人数も少ないけど、選手達の表情は明るい。日本人選手が海外と比べて日本の現状を語っていたのが印象的。
      いいね

      良い
    • 真犯人
      『真犯人』真犯人はわりと早い段階で気付くし、よく考えると矛盾も多いけど、役者たちの演技や独特の雰囲気に引き込まれて見てしまう。容疑者の妻が終始ヒステリックなのもイライラさせられるし、伏線となっている。そして後味が悪い🥲
      いいね

      良い
    • Swallow スワロウ
      『Swallow スワロウ』見ていて痛い映画だった。物理的にもそうだし心が痛い。修羅場を見たであろう元傭兵が唯一ハンターの痛みを理解したの興味深い。髪型や衣装やメイク、インテリアがレトロポップなのも印象的。ヘイリーベネットがスゴイ!
      いいね

      良い
    • 母との約束、250通の手紙
      『母との約束、250通の手紙』実話と知りビックリ!この人生は大変だ🥲母の行動は愛情からだと思うけど、生きるよすがであり、それが分かるから息子も離れられない。副題の意味をどう取るか?個人的には重荷に感じた。主演2人がスゴイ!
      いいね

      良い
    • 生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言
      『生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言』とてもパワーのある作品で、社会の底辺で生きる人々の辛さや、原発ジプシーの問題などを知れたのは良かったが、好みではなかった。役者達は熱演だが、全体的にセリフが聞き取りにくい🥲
      いいね

      普通
    • フェアウェル
      『フェアウェル』中国に残った祖母と、アメリカで育った孫娘。がん告知にしてもそれぞれの習慣や考え方があり、どちらもきっと間違っていない。その辺り興味深く、祖母のキャラが良いが、ちょっとドタバタで思ったより乗れず。何故結婚式であの歌😅
      いいね

      普通
    • 17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン
      『17歳のウィーン フロイト教授 人生のレッスン』フロイトに弟子入りする話ではなかった🥲地方出身の青年が恋をして、世の中の理不尽さを見て、正義に目覚めるが代償は大きい。清々しささえあるが、それが正解だと言うのにはあまりに若い🥲
      いいね

      普通
    • アンティークの祝祭
      『アンティークの祝祭』アンティークの数々が正直あまり好みではなく、ドヌーブの貫禄に惚れ惚れしつつも、乗り切れないまま見ていたら、衝撃の過去と、まさかのラスト😱でも、結局何が言いたいのかよく分からず🤔
      いいね

      普通
    • 足ながおじさん
      『足ながおじさん』一応「あしながおじさん」をベースにしているものの全く別モノ。主人公の名前も違うし🥲原作好きとしては複雑だけど、もうこれはアステアとレスリーキャロンの踊りが見れればそれで🆗ということで🩰
      いいね

      良い
    • mid90s ミッドナインティーズ
      『mid90s ミッドナインティーズ』90年代アメリカの母子家庭。兄にいじめられている少年が、スケボーを通じて仲間を見つけると書くと、爽やかイメージだけどちょっと違う。危ういながらもやっていく姿を見守る感じ。なかなか良かった。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      624ken
      4401movies / tweets

      follow us