TOP >miurakenichiマイページ

miurakenichi

さんのマイページ
miurakenichi
つぶやいた映画
330 本
総ツイート
353 件
マイページ閲覧数
7,672 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
2 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
330 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ボヘミアン・ラプソディ
    ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル
    ゲット・アウト
    ブレードランナー 2049
    猿の惑星:聖戦記
    エイリアン:コヴェナント
    三度目の殺人
  • ダイバージェント FINAL
    東京喰種 トーキョーグール
    パージ:大統領令
    ゴースト・イン・ザ・シェル
    ラ・ラ・ランド
    スノーデン
    沈黙−サイレンス−
  • ブレア・ウィッチ
    君の名は。
    X-MEN:アポカリプス
    シン・ゴジラ
    帰ってきたヒトラー
    10 クローバーフィールド・レーン
    エクス・マキナ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ボヘミアン・ラプソディ
      『ボヘミアン・ラプソディ』人生の1頁に残る映画体験。ライブエイドに憧れていた青春時代がこの映画体験への長い伏線となり、ラストシーンは身震いを覚えた。表現者は悲哀も孤独も葛藤も全てをエネルギーに変えることが出来る!それで、いいんだ。
      いいね

      良い
    • 東京喰種 トーキョーグール
      『東京喰種 トーキョーグール』これは和製バットマンと言えるのではないか。バットマンのコンセプトや世界観に重なるところがある。大泉洋のシリアスな演技にはどうしても感情移入しきれないのだが、主人公は良いキャラをしていた。
      いいね

      良い
    • チャッピー
      『チャッピー』面白かった。少年のロマンを形にしたような作品。SFには必ずジェネシス(創世紀)のメタファーがきいているな。ユーモアもきいていてなお、よし。
      いいね

      良い
    • ブレア・ウィッチ
      『ブレア・ウィッチ』前作の記憶は遠くなりにけりだが、緊迫感は継承されているのではないか。
      いいね

      普通
    • イントゥ・ザ・ストーム
      『イントゥ・ザ・ストーム』悪くない。この手の災害モノで久々に見応えのある作品を見たような気がする。
      いいね

      良い
    • オートマタ
      『オートマタ』世界観にひたるタイプの作品で楽しめた。高度なメタファーを散りばめていると思うのだが、もう少し1つ1つ丁寧に回収した方が良かったかも。でも、嫌いじゃない。
      いいね

      良い
    • クラウン
      『クラウン』新年初映画。クラウンというクリーチャーの持っている存在感でもっている映画。悪くはない。基本的にホラー映画が好きなので、なかなか楽しめた。
      いいね

      普通
    • ピクセル
      『ピクセル』ヲタク少年達の夢を映像化した作品。ゆるく鑑賞出来たので、良い意味で箸休め的なポップコーンムービーだった。
      いいね

      普通
    • 帰ってきたヒトラー
      『帰ってきたヒトラー』風刺の効いた小気味良いホラーコメディとでも形容出来ようか。飽きずに見続けられるテンポの良さと物語の二重構造で観客を楽しませつつ、余韻の中で内なるヒトラーと対峙させる巧妙な洗脳映画である。褒め言葉として。
      いいね

      良い
    • スノーデン
      『スノーデン』さすがJFKのオリバー・ストーン監督。この話が実話ベースであることが何とも考えさせられる。映画を観た後に誰しもPCやスマホのカメラレンズを隠したくなるだろう。手段を正当化する悪しき正義は結局、人類のエゴでしかない。
      いいね

      良い
    • マイケル・ムーアの世界侵略のススメ
      『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』極めて政治的な作品。マイケル・ムーアは翻ってアメリカが大好きなのだろう。しかし、すごく勉強になり、考えさせられる。都合の悪い部分を削ぎ落とした恣意的な作風はさて置いても、一見の価値あり。
      いいね

      良い
    • 三度目の殺人
      『三度目の殺人』偽善と偽悪が交差しながら真実が煙に巻かれていき、エンドロール。結末がつかめなかったので思わずネット検索をしてしまった。もやもやと考えさせられたという意味では、是枝監督の術中にはまってしまったのかもしれない。
      いいね

      普通
    • シン・ゴジラ
      『シン・ゴジラ』昌平映画を愛する会の学生と共に鑑賞。当初、映画のテンポや世界観にシンクロ率を高める必要があるが、一度同期してしまえばぐいぐい引き込まれる。エヴァとゴジラが時代を越えて融合し、福島原発事故への風刺も絶妙。あっぱれ!
      いいね

      良い
    • 追憶の森
      『追憶の森』ガス・ヴァン・サント監督は日本通なのだろう。予想に反してスピリチュアルな作品であったが、死の淵で問われる人生の真価というテーマは胸に迫るものがあった。
      いいね

      良い
    • デイブレイカー
      『デイブレイカー』なかなか引き込まれた。単なるヴァンパイアホラーではないストーリー性とテンポの良い展開が良い。一見の価値あり。
      いいね

      良い
    • ラ・ラ・ランド
      『ラ・ラ・ランド』音楽に魅せられる。しかし、予想外にもストーリーにも魅せられた。ラストをどちらにするかで物語の印象は全く異なってしまうが、結局はそっちか、と。音楽だけでなくストーリーも含めて普遍性の高い作品であった。とても楽しめた。
      いいね

      良い
    • 海よりもまだ深く
      『海よりもまだ深く』まるで本当に実家での一時を共有したかのような素晴らしい映画体験だった。人はなぜボタンをかけ違い、不器用に傷つけ合うのだろうか。しかし、そこがまた人という生き物の憎めなさなのかもしれない。
      いいね

      良い
    • ゲット・アウト
      『ゲット・アウト』人種差別がテーマの社会派ホラーサスペンスといったところか。ゴシック的な雰囲気は嫌いではない。
      いいね

      普通
    • 寄生獣 完結編
      『寄生獣 完結編』重厚感のある作りになっており、引き込まれる。テーマは一貫して「人間とは何か」である。役者の個性も立っているように思うが、全体としてくどいと思われる方もいるのかもしれない。
      いいね

      良い
    • ディスタービア
      『ディスタービア』青春ラブロマンスも程好く、テンポ良く楽しめるサスペンスであった。なかなかの良作。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....