TOP >miyukinatsuマイページ

miyukinatsu

さんのマイページ
miyukinatsu
つぶやいた映画
276 本
総ツイート
402 件
マイページ閲覧数
1,589 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

miyukinatsuさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
276 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 愛のまなざしを
    海辺の家族たち
    アンモナイトの目覚め
    水を抱く女
    人として生まれる
    君をこえて
    狂舞派3
  • 藁にもすがる獣たち
    私は確信する
    すばらしき世界
    チャンシルさんには福が多いね
    FUNAN フナン
    ニューヨーク 親切なロシア料理店
    滑走路
  • アウステルリッツ
    チャンケ:よそ者
    TENET テネット
    シリアにて
    きっと、またあえる
    水曜日が消えた
    悲しみより、もっと悲しい物語
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 海辺の家族たち
      キノシネマ立川髙島屋S.C.館では本日から『ジェントルマン』の上映も始まる。東京は他がシネコンでほぼ全滅なので、『海辺の家族たち』と一緒にここで観るのもいいかも。 ガイ・リッチー、久々の快進撃。テンポのいいクライム・サスペンスで、… https://t.co/MrZH645Sxj
      いいね
    • 海辺の家族たち
      キノシネマ立川髙島屋S.C.館も本日から時短にて営業再開。『海辺の家族たち』は東京ではここでしか上映しないのでよかった。 フランスのケン・ローチと呼ばれるロベール・ゲディギャン監督が、父の最期を看取るために集まった3人の子どもたち… https://t.co/r4f4YD74YL
      いいね
    • アンモナイトの目覚め
      『アンモナイトの目覚め』本日から公開。テーマ的に『燃ゆる女の肖像』と比較されるだろうが、『燃ゆる…』が驚異的に恋の発生が自然で、恋の行方も考えうる限りカッコいいところを狙っているとしたら、やはり当事者(女性)が描いていないので、作… https://t.co/tlavXvlnW3
      いいね
    • 水を抱く女
      クリスティアン・ペッツォルト『水を抱く女』も本日から公開です。ペッツォルトは2000年代の作品が好きすぎてテン年代以降の作品はどうも軽すぎるような気がしてしまう。でも神話のウンディーネをモチーフにした作品で、楽しめます。https://t.co/MRlvmPYJGJ
      いいね
    • 狂舞派3
      大阪アジアン3日目は3本もアタリというラッキー日。タイの犯罪コメディ『愛しい詐欺師』はGDH559らしく安定の面白さ。ラップとダンスがとにかく素晴らしい『狂舞派3』。『お嬢さん』みたいになるかと思いきやならない、緊張感マックスの新… https://t.co/wTXC8aubHi
      いいね
    • 君をこえて
      大阪アジアン2日目。短編 Bと『君をこえて』がよかった。韓国の新鋭パク・ホンミン監督の新作。韓国映画はホン・サンスは言わずもがな、インディーズ映画でも映画監督が主人公の映画が何故か多いのだが、この映画の不条理な、記憶と現実の混乱は… https://t.co/EUADkA0Ec8
      いいね
    • 人として生まれる
      今日から大阪アジアン映画祭。アン・ホイ監督のドキュメンタリー『映画をつづける』と性分化疾患の子を主人公にした『人として生まれる』がよかった。去年の『無聲(むせい)』といい、台湾映画、危ういところまで踏み込んで、キテる。 https://t.co/QWmeoLlvqj
      いいね
    • 私は確信する
      その二人とマリーナ・フィオス演じるノラという、ボランティアで弁護士のヘルプをする女性の演技は見応えたっぷり。クライマックスに向けて加速していくような撮影と編集も素晴らしい。『私は確信する』2/12(金)公開。 https://t.co/PTRfguNH29
      いいね
    • 私は確信する
      初映画は『私は確信する』。ヒッチコック狂の大学教授の推定無罪をめぐる裁判劇。デュポン=モレッティという、仏では有名な敏腕弁護士を『息子のまなざし』で父を演じたオリヴィエ・グルメが演じる。容疑者の大学教授は『ハリー、見知らぬ友人』の… https://t.co/Ff3hF65Xuc
      いいね
    • 藁にもすがる獣たち
      『藁にもすがる獣たち』オンライン試写で。よくできた犯罪もの、といった風情だが、チョン・ドヨンが出てくるとにわかに画面が息づいてくるよう。日本にはこういう人いないよなぁ。あえて言えば石井隆映画の余貴美子…? 2/19(金)公開。 https://t.co/Foi544c4oA
      いいね
    • チャンシルさんには福が多いね
      『下女』、キム・ギドク『悪い男』、『サニー 永遠の仲間たち』『怪しい彼女』『ガール・コップス』、イム・スルレ『私たちの生涯最高の瞬間』『リトル・フォレスト春夏秋冬』、『チャンシルさんには福が多いね』『はちどり』『わたしたち』『冬の… https://t.co/BdHo8N0t09
      いいね
    • FUNAN フナン
      『FUNAN フナン』は12/25(金)公開。リティ・パンの『消えた画』、または昨年のフィルメックスで上映された新作『照射されたものたち』などとともに鑑賞したい一本です。 https://t.co/byRrwG2nOr
      いいね
    • すばらしき世界
      『すばらしき世界』、一昨日の夜試写で観たのだが、まだ余韻が残っている。監督:西川美和、原作:佐木隆三、出演:役所広司、仲野太賀ときたら傑作感しかないが、「傑作」と言うことが憚られる何かがこの映画にはある。2/11公開。https://t.co/8RCLMvbjLM
      いいね
    • ニューヨーク 親切なロシア料理店
      『ニューヨーク 親切なロシア料理店』12/11(金)より公開。デンマークの女性監督ロネ・シェルフィグの新作。ゾーイ・カザン演じるDV夫に苦しむ二児の母と彼女を支えようとするタハール・ラヒム演じる男の恋がせつない。心が温かくなる作品… https://t.co/Mw25xKhGtO
      いいね
    • アウステルリッツ
      セルゲイ・ロズニツァ〈群衆〉ドキュメンタリー3選、11/14より公開。『アウステルリッツ』は、スローシネマでナチス/ホロコーストを描いたような映画。多くのユダヤ人が虐殺された収容所を現代になって訪れるツーリストたちをただカメラは眺… https://t.co/UJXhCrc6b6
      いいね
    • チャンケ:よそ者
      石坂さんのインタビューの後半。東京の映画祭全体を見渡す大人の発言は惚れ惚れするのだが、『チャンケ:よそ者』『スレート』程度の作品をお薦め作品にするのはやめてほしい…。映画祭の目的が新人育成の場というのが一番に来るのも疑問。 https://t.co/V7R5XJLwEC
      いいね
    • 滑走路
      TIFF(観た作品):『本気のしるし 劇場版』『ノー・チョイス』『Malu 夢路』『悪は存在せず』『チャンケ:よそ者』『スレート』『足を探して』『リトル・ガール』『息子の面影』『カム・アンド・ゴー』『ある職場』『トラブル・ウィズ・ビーイング・ボーン』『蛾の光』『滑走路』の14本。
      いいね
    • 愛のまなざしを
      FILMex+TIFF終了。観た作品はFILMex:『無聲』『アスワン』『愛のまなざしを』『日子』『迂闊な犯罪』『逃げた女』『照射されたものたち』『マイルストーン』『デニス・ホー:ビカミング・ザ・ソング』の9本。『無聲』『愛のまな… https://t.co/Px0MI9Orjn
      いいね
    • TENET テネット
      校正があがってくるのを待つ間、シアタス調布で『TENET テネット』。しばらく前から夢に出てくるほど観たかった。一回観ただけでは分からない、という声を聞いたが、そんなに難解な映画でもない。というか、ノーランの映画は、分かるか分から… https://t.co/T6PhPKdPfC
      いいね
    • きっと、またあえる
      高倉嘉男さんのクーリエ・ジャポンの連載、今公開中の『きっと、またあえる』の主演男優の自殺について触れている。映画カーストの有力者サルマン・カーン一派との確執によるうつが原因の自殺と見られていると。『プレーム兄貴、王になる』に感動し… https://t.co/xah6p1vPpK
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      akafundosi
      2047movies / tweets

      follow us