TOP >mnaoshiマイページ

mnaoshi

さんのマイページ
mnaoshi
つぶやいた映画
676 本
総ツイート
844 件
マイページ閲覧数
5,085 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
3 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
676 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 菊とギロチン
    榎田貿易堂
    枝葉のこと
    ザ・スクエア 思いやりの聖域
    ママレード・ボーイ
    リズと青い鳥
    レディ・プレイヤー1
  • 泳ぎすぎた夜
    娼年
    トレイン・ミッション
    レッド・スパロー
    BPM ビート・パー・ミニット
    素敵なダイナマイトスキャンダル
    ニッポン国VS泉南石綿村
  • 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
    アイスと雨音
    15時17分、パリ行き
    シェイプ・オブ・ウォーター
    ブラックパンサー
    ビッグ・シック
    サニー 32
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 榎田貿易堂
      「榎田貿易堂」これみたら全員伊藤沙莉のファンになると思われるぐらいの破壊力。
      いいね
    • 菊とギロチン
      「枝葉のこと」この面、この坂、この躰、常に揺れ続けるカメラとともに暴発の兆しをはらんだ緊張感が常に息づいていた。主演が監督だったか、アフタートーク。真利子哲也との距離を計りかねる会話は味わい深く、帰りに菊とギロチンのチラシを渡してくれたのが木村 知貴さんで、とてもいい日だった。
      いいね
    • 枝葉のこと
      「枝葉のこと」サンドラの休日が歩いて歩いてドアをノックする映画だとしたら、この作品は歩いて歩いてノックもせずに部屋の中まで歩き続ける映画。いずれにせよ、よるべのないのっぴきならない極々個人的に切羽詰まった状況に追い込まれてしまったら、とにかく歩くしかないのかもしれない。
      いいね
    • 泳ぎすぎた夜
      「泳ぎすぎた夜」雲が雪の斜面を覆い冒険が始まる。そここに契機があり、あらゆる場面(眠っていても)で何かが起きている。不穏さとは程遠いはずのあたりまえの生活が、常に様々な可能性が剥き出しになるその描写の数々に気概を感じた。
      いいね
    • ザ・スクエア 思いやりの聖域
      「ザ・スクエア 思いやりの聖域」脱帽。この監督のユーモアセンスは信頼できる。パースペクティブそのものを観るものに問う。驚いたのは会話する二人の後ろに積み重なった椅子とその音。なんとも男をドキドキさせるピロートーク。モンキーマンのモンキーっぷり。オストルンドがまた傑作を生み出した。
      いいね
    • ママレード・ボーイ
      「ママレード・ボーイ」たくましい唇で桜井日奈子が走る走る。初見だがなんてたくましいんだと。ラストの吉沢亮は観るだけの価値がある。寺脇康文のファーストショットでニヤけてしまった。シチューが食べたくなる作品。
      いいね
    • リズと青い鳥
      「リズと青い鳥」ファーストショットから泣けるやつだった。淡い色彩の世界。おとぎばなしの世界が本当に美しい。仕草と距離が丁寧に描かれ、音がそれらを結び合わせる。
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      「レディ・プレイヤー1」IMAX 3D。なんかもうとにかく最高だった。カミンスキーの面目躍如感。クリア時に満たされる達成感と風に舞う枯葉の光景のなんと美しいことよ。 次は2Dでみよう。
      いいね
    • 娼年
      「娼年」体位と行為で成長を描くスポ根ドラマ的な面白さ。主人公にとってのソクラテスが女性なのだ、という。往年の村上龍作品のような懐かしさがありつつも、なんといってもこの作品の音にはまいった。
      いいね
    • BPM ビート・パー・ミニット
      「BPM ビート・パー・ミニット」鳴り止んでほしくない音楽と亡骸。一歩引いてみるなら、俯瞰ショットは一箇所ぐらいか常に人の目線にたった仔細に繊細な見事な演出力。講堂の高低差と内外の配置。しかしなにより当たり前だが人間が素晴らしい。
      いいね
    • トレイン・ミッション
      「トレイン・ミッション」歳月の経過を写す冒頭から面白く、中盤年齢をわざわざ宣言させておいての1カット。今年一番のアクションとテンション。最後まで緩まない。わざわざ電車使ってどんなものみせてくれるのかと思ったら期待以上だった。
      いいね
    • レッド・スパロー
      「レッド・スパロー」冒頭バレエを踊りだした瞬間失神しかけた。デーブ・スペクターいわくジェニファー・ローレンスはアイドルらしい。これが作られてしまう状況に興味がわいた。面白い作品でした。
      いいね
    • 素敵なダイナマイトスキャンダル
      「素敵なダイナマイトスキャンダル」笑って笑って途中からおいてきぼりにされた。湖と写真を配るおっちゃんとすれ違うシーンがあってよかった。俳優陣みな素晴らしく特に愛人役の三浦透子。あと、エンドロールの尾野真千子の歌がすごかった。
      いいね
    • アイスと雨音
      「アイスと雨音」三人共笑顔だが監督、主役ともに泣き、撮影監督は腕が泣いていたらしい。なんとも不思議で魅力的な作品。作品全体に充満し続けるテンションの高さとそれにドライブを掛け続けるMOROHAが掻き散らかす音、言葉。ことごとく響く… https://t.co/W75hkKXwUp
      いいね
    • ビッグ・シック
      「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」肩入れしてしまう理由がヒロインの造形が個人的に思い入れがありすぎる、という点を考慮しても素晴らしい作品だと思います。
      いいね
    • ビッグ・シック
      「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」たぶんここ数年観た中でも一番のコメディ作品なのではないかと。バランスが絶妙。古風な風習と現在肌で感じる空気感と切実な命題が笑いによって浮き彫りにされる。劇場は笑いに包まれ、ラストで満たされた気持ちになれた。
      いいね
    • ニッポン国VS泉南石綿村
      「ニッポン国VS泉南石綿村」人は次々と死んでいくし理不尽な状況だが、寝た子を起こすのか。寝たままではダメなのか、署名は重いのか、街頭での語りがあたかも演歌のように聞こえる。日々の問題をやりすごす手管は皆それぞれ持っているものだ。鬱屈したものが残り、そこにこそこの作品の価値がある。
      いいね
    • ニッポン国VS泉南石綿村
      「ニッポン国VS泉南石綿村」ナニワのかしましいおばちゃん達の8年戦争。率いるのは怒れる紳士柚岡氏。ベージュがよく似合う。通っていた小学校の天井一面にアスベストが貼られていたことを思い出した。それほど身近な物質にまつわる話だが、のっぴきならないほど一切にタイムリミットが迫っている。
      いいね
    • 苦い銭
      「苦い銭」壁にPUMAのTシャツが掛けられている。ん、PUMA、ん。それはそれとして、どうしてここまでカメラの前で皆饒舌なのか不思議になった。カメラを意識したら最後だと思うんだが、すこぶる快活に生きている。実は最高にスリリングな奇跡的なクライマックスが用意されている作品でもある。
      いいね
    • シェイプ・オブ・ウォーター
      「シェイプ・オブ・ウォーター」容易にできてしまいそうなものに目もくれず、狭い空間の中で綱渡りをさせている。で、よくぞ綱から落ちずに終われた、という印象。しかし水は溢れだし、いびきをかく客の目を覚まさせる。その源泉は形付けされたくない寂しく強烈な別の世界への希求なのかもしれない。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....