TOP >mooovieマイページ

mooovie

さんのマイページ
mooovie
つぶやいた映画
588 本
総ツイート
598 件
マイページ閲覧数
11,533 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
1 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
588 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 存在のない子供たち
    COLD WAR あの歌、2つの心
    凪待ち
    新聞記者
    アマンダと僕
    パピヨン(2018)
    スノー・ロワイヤル
  • 町田くんの世界
    アラジン(2019)
    誰もがそれを知っている
    LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘
    ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
    神と共に 第一章:罪と罰
    プロメア
  • アメリカン・アニマルズ
    ラ・ヨローナ~泣く女~
    轢き逃げ 最高の最悪な日
    甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~
    パパは奮闘中!
    愛がなんだ
    殺人鬼を飼う女
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 凪待ち
      #凪待ち』を試写会鑑賞。何をやってもダメで裏目にいってしまう男、ギャンブル依存症で抜け出せない男、何度も信頼を裏切ってしまう男。香取慎吾が演じる郁男はそんな男だ。今までの彼から想像できない役どころ。多くを語ることのない本作はスッ… https://t.co/qHIaj8NpkF
      いいね

      良い
    • 存在のない子供たち
      #存在のない子供たち』を@FansVoiceJP 試写会鑑賞。少年ゼインの寂しさと混沌を受け入れている瞳が印象深い。生きる証、証明書がないと存在しない者なのか?ゼインに出来た新たな弟に愛情を注ぐ姿とは対照的にひどい親。愛情がない… https://t.co/MOJZHAUh7t
      いいね

      良い
    • パピヨン(2018)
      #パピヨン(2018)』を試写会鑑賞。脱獄映画のリメイク作。ラミ・マレックなのか?フレディ・マーキュリーと違い過ぎて分からなかった。チャーリー・ハナムとの友情へと変わっていく様は見ていて、感動的だ。前半は濃密なシーンの連続であっ… https://t.co/l7TZGSpTxT
      いいね

      良い
    • アマンダと僕
      #アマンダと僕』を試写会鑑賞。ある事件から二人は大切な人を失ってしまう。子供のアマンダ、青年のダヴィッドと歳は離れてても、2人が寄り添うように生きていく姿に見ていて元気になってくる。自転車に乗るシーンが多く使われており、時折爽快… https://t.co/xoksHrGC0y
      いいね

      良い
    • アラジン(2019)
      #アラジン(2019)』を鑑賞。飛行シーンで流れるホールニューワールドの曲に心洗われ、ジーニー🧞‍♂️のぶっ飛んだテンション、そして縦横無尽なアクションと見所満載。インド映画のような豊富さが溢れていた。この作品は愛以上にアラジンとジーニーの友情を描いていて結構泣けてしまった。
      いいね

      良い
    • COLD WAR あの歌、2つの心
      『COLD WAR あの歌、2つの心』を@FansVoiceJP 試写会鑑賞。モノクロの世界に凝縮された2人の10年間の恋。jazzと民族音楽が組み合わさった音楽に、シンプルで絵になる映像の数々。初見では追えなかった物語もあるので… https://t.co/TjP5h6ZQxq
      いいね

      良い
    • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
      『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を鑑賞。巨体モンスターのビジュアルは満点でも、ストーリーがずさんな気がしてならない。話しの骨子が弱い分、記憶が残らず、バトルシーンのアクションが、際立った。ギドラの覇王ぶりも悦に入っていたし、ゴジラもドラゴンボールか?ってくらいのバトルだし。
      いいね

      良い
    • LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘
      『LUPIN THE IIIRD 峰不二子の嘘』を鑑賞。いつもは華麗に騙し、逃げ去る不二子のイメージが強いが、今作は戦う不二子が見られたのは鮮烈だった!自らの存在価値、峰不二子という人間を一人でも多くの人々に刻んでいく生き方に狂気も少し感じた。大人ルパンで是非、長編希望したい!
      いいね

      良い
    • 神と共に 第一章:罪と罰
      #神と共に 第一章:罪と罰』を鑑賞。韓国発VFXファンタジー。死者と使者3人との地獄巡り。怨霊とのスピーディなバトルアクションもあり、その裏で死者の生い立ちの事実が暴かれていくドラマに涙腺が緩む。下界と地獄と目まぐるしい展開に戸惑い、あれ通過した?というのもあったが、激アツ作。
      いいね

      良い
    • 新聞記者
      #新聞記者』を試写会鑑賞。メディアと政府という立場の違う2人が出会い、事件の真相に迫る社会派ミステリー。タイムリーな時事ネタから、SNSを使った情報操作まで、リアルな背景があった。政府機関の闇にメスを入れるような重々しさもあり、見応えある展開だ。あの意味深なラストが気になる。
      いいね

      良い
    • 誰もがそれを知っている
      #誰もがそれを知っている』を試写会鑑賞。スペインの陽気な雰囲気を感じる幸せな結婚式。絵に描いたような幸せな家族があったが、ある事件をきっかけに変わってしまう。じんわり系ミステリーであるが、ふと登場人物の誰かに肩入れしてしまうヒューマン色も強い。ミステリーとしては設定甘いけど。
      いいね

      良い
    • プロメア
      #プロメア』を試写会鑑賞。火消しのアクションシーン、その色彩に圧倒されてしまった。繊細ではないが、これぞ昔のロボアニメを彷彿させると同時にアートを感じる新しさがあった。声は堺雅人感は出てたけど…豪華なキャスト陣。ただ、アクションが畳み掛け過ぎて、見ていて疲れてしまったのが残念。
      いいね

      普通
    • 甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~
      #甲鉄城のカバネリ ~海門決戦~』を鑑賞。TVシリーズからのファンで和風スチームパンクの設定も好み。無名のかわ残酷なアクション、生駒のオタ正義っぷりに懐かしさを感じた。ただ、ストーリー的に進んで欲しかった。目新しさが欲しかったし、上映時間が短かいと不満は多いが、また続編に期待!
      いいね

      普通
    • アメリカン・アニマルズ
      #アメリカン・アニマルズ』を試写鑑賞。実際の犯罪者のインタビュー出演シーンから、まさかの○○○も出演するとは正直驚いた。自然な流れの中でクライムドキュメンタリーを上手く成立させてたなぁ。平凡な人生より突出した人生、若さ故の過ちで本能だけで動いてしまったアニマルズたちの物語。
      いいね

      良い
    • 愛がなんだ
      #愛がなんだ』を鑑賞。最初はマモルのだらしなさ、テルコの恋愛依存に辟易しながら観ていたが、不思議と最後は嫌な感じがしなかった。主人公達の歪な関係や孤独をヒシヒシと感じ、羨ましさもあるが凄く面倒くさいなぁと。優しさも厳しさも愛の一部なんだろうね。ここまで、深みがある作品は久々!
      いいね

      良い
    • ラ・ヨローナ~泣く女~
      #ラ・ヨローナ~泣く女~』を試写会鑑賞。貞子を彷彿させるようなビジュアルに、神出鬼没の登場とビビりながらも楽しめた。ただ王道過ぎて、捻りがないのが残念。情念的な存在だからこそ、話をもっと深く追求できそうだが。怖さもエンタメ的で意外と家族で見れてしまうホラーではないだろうか!
      いいね

      普通
    • 町田くんの世界
      #町田くんの世界』を試写会鑑賞。天然で誰にでも優しい町田くん。そんな彼に惹かれていく猪原さん。だが彼には好きが分からない!甘酸っぱい感覚が込み上げくるなぁと思ったら、笑撃なラストへ。笑いと感動を与えてくれ、ほんのちょっと世界は捨てたもんじゃないんだよと思わせてくれる作品だ。
      いいね

      良い
    • スノー・ロワイヤル
      #スノー・ロワイヤル』を試写会鑑賞。吹雪舞う銀世界の中、息子の復讐に燃える父親のブラック・マーダー・コメディ。笑ってはいけないけど、馬鹿らしさや勘違いについ笑ってしまう!特に幕間がイケてる。ラストも、エッあれ!な展開で、製作者の笑いのセンスがハンパないし、いい落ちだったなぁ。
      いいね

      良い
    • 轢き逃げ 最高の最悪な日
      #轢き逃げ 最高の最悪な日』を試写会鑑賞。結婚というハレの日の数日前に轢き逃げしてしまった男。助手席に乗っていた友人もろとも罪の意識に苛まされる。そして、色々と真実が明らかになってくる後半にも注目。水谷豊だからかな?刑事ものの匂いもするし。罪を償うのでなく、罰を受けることか…。
      いいね

      良い
    • ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる
      #ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる』を鑑賞。未完成の外套を巡るドキュメンタリー。新しい外套を手に入れたアカーキイ、彼は幸せになったのか。以前のままの方が幸せだったのか。何かを得たら失うものなのか。ハッピーエンドを語る作品ではないと言うノルシュテインの言葉に重みがあった。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....