TOP >mouse15278マイページ

mouse15278

さんのマイページ
mouse15278
つぶやいた映画
162 本
総ツイート
1,198 件
マイページ閲覧数
1,104 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

mouse15278さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
162 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 竜とそばかすの姫
    くれなずめ
    パーム・スプリングス
    あの頃。
    ジョゼと虎と魚たち(2020)
    劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME
    Away
  • ハッピー・オールド・イヤー
    燃ゆる女の肖像
    佐々木、イン、マイマイン
    羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来
    ウルフウォーカー
    薬の神じゃない!
    #フォロー・ミー
  • ミッドナイトスワン
    映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者
    ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー
    映画ドラえもん のび太の新恐竜
    レイニーデイ・イン・ニューヨーク
    のぼる小寺さん
    AI崩壊
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • くれなずめ
      『佐々木、イン、マイマイン』は、ラストで飛躍はあるとはいえ全体的にソツがない印象で、自分は『くれなずめ』の「理屈を超えるという理屈」の方に惹かれてしまう。ただ、本分であるはずの「友人への目線」にグッと来たのは前者なので、そういう意味では前者の方が圧倒的に映画として真っ当ではある
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』全体的に過剰な味付けのため、誠実な吐露というよりアピールに見えてしまうし、あのクライマックスは映画的飛躍でも何でもなくなっている。それでも、あえて理屈を越えたところで「曖昧さ」という筋を通そうとした作りは評価したい。ウルフルズが流れるあの瞬間、ワンダーは確かにあった
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』内輪ノリを描くのは良いんだけど、それを相対化する目線は必要。実際、カースト上位の同級生や、講釈を垂れるおじさんが登場して、彼らの形成した内輪がいかに安住の地かを知らしめる。ただ、それらの人物造形があまりに安っぽいのは不誠実。内輪を強化するためのキャラにしかなってない
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』学生時代にイケてない男たちの表現が、基本「ガサツに喚いて下ネタで盛り上がる」なのは芸がない。それはまだ良いとして、本作のキモは30代の男たちがそのノリを「引きずっている」ことで、この意味合いが微妙に変わっていく所にドラマがあるはずなんだけど、自分の目には平板に映った
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』しかし自分はあんまりこの演技のつけ方が好みではなかった。全体的に自然なようでいて過剰なんだよね。男同士のヘラヘラしたガサツな内輪ノリをかますのはいいんだけど、それを観客にアピールしてる感じがキツい。あの書き換えシーンのいかにも「涙堪えてます感」とか、自己陶酔の域
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』コント、余興ときて最後にもう一捻りする飛躍のコンボは物凄かった。自由に映画やってる感。過去の出来事は変わらないが、その思い出し方は変わるはずだという主張。逆に言えば、思い出には曖昧さが一生付き纏うのだが、そこから逃げてはいけないんだと。くれなずんでいようじゃないかと
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』披露宴であえて何をやったかを見せず、満を辞して最後に……という構成は機能していた。感情がないまぜになるあの感覚は強烈! ただここも惜しくて、前後で割とダラダラと会話してしまうので、あんまり「映画的飛躍」感がない。あえてそうしたのだろうけど、もう少しドライでも良かった
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』問題の場面で急に物凄く安っぽい舞台みたいなリアリティラインになるのは、彼らが友だちになったキッカケであろう舞台の再演であり、すなわち冥界と交信するためのある種の儀式なのだ。とはいえ、これまでの内輪ノリと違い、観客が元ネタを知らないので、急に突き放されてしまうのは微妙
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』元は舞台だが、しっかり映画的な見せ方を意識していた。現在軸は観客が7人目として居合せるような撮影(基本的に長回し、はしゃぐシーンではカメラも揺れる等)。そこにカチッとした回想を入れ、断片的に友だちを思い出す感覚を演出する。ただ、あのクライマックスで一気に演劇感が……
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』作りが特殊すぎ。冒頭から主人公の状態に関して仄めかしがあるんだけど、どう考えても辻褄が合わない。見れば見るほどこちらが想定してる理屈を裏切ってくる。しかし、この曖昧さこそがテーマに直結しているという仕掛け。「居るったら居る!」という話なので、理屈云々の問題ではない
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』披露宴と二次会の間、夕暮れと日没の間。そんな曖昧な時間を舞台に、ジャンル的な境界の曖昧な作劇が映し出される。そこで提示されるのは「〈思い出=人生の曖昧さ〉から逃げるな」という主張。こう書くと筋は通ってるが、やってるこ… https://t.co/QkrYzAa8qE
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』これは映画的飛躍でもなんでもなく、もはや悪ノリ。でも、それが許されてしまう内容なんだからズルい
      いいね
    • くれなずめ
      『くれなずめ』行ってきまーす
      いいね
    • パーム・スプリングス
      『パーム・スプリングス』がイケた人は『明日への地図を探して』と比較するのも面白い。アマプラで観れるし
      いいね
    • 竜とそばかすの姫
      『竜とそばかすの姫』今どき日本のメジャー向けオリジナルアニメ映画で、ガッツリ異世界モノで成功してるのってほぼないので、成功して欲しいんだよね。その失敗の系譜にはこの監督の過去作も含まれるわけだけど……
      いいね
    • あの頃。
      『あの頃。』階段が非常に印象的だった。仲間との日々の積み重ね、そこで出会う人と別れる人。後半になると場所を超えて、大阪の階段と東京の階段が繋がっているように見えてくる。そこを誰が通り抜けていくか。時間の経過を効果的に表現していたと思う
      いいね
    • 劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME
      『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』行ってきまーす
      いいね
    • ジョゼと虎と魚たち(2020)
      そういえば、『ジョゼと虎と魚たち』はこの手のアニメによくある「ザ・青春アニメです」みたいなクサみのある言い回しが見た目の割に抑え目だったので好感が持てた。もちろんゼロではないけど、ここぞというところで効果的に入れてる感じ
      いいね
    • ジョゼと虎と魚たち(2020)
      『ジョゼと虎と魚たち』それまでのどこか現実とおとぎ話の中間のような雰囲気が、あの終盤の一番エモーショナルな場面で一気に回収される構成は良かった。まさにおとぎ話に重ねて違和感のないようチューニングされていたのだということがよく分かる。アニメだからこそ、これを「絵」の重層で見せられる
      いいね
    • ジョゼと虎と魚たち(2020)
      『ジョゼと虎と魚たち』いいと思います。全体的な「おとぎ話」感と、それを違和感なく現実の話に落とし込めるアニメーションの強みを感じた
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      croaton0
      5502movies / tweets

      follow us