TOP >nabecomicマイページ

nabecomic

さんのマイページ
nabecomic
つぶやいた映画
231 本
総ツイート
236 件
マイページ閲覧数
4,239 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
231 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 37セカンズ
    ANIARA アニアーラ
    シード ~生命の糧~
    魂のゆくえ
    ビューティフル・ボーイ
    運び屋
    グリーンブック
  • バジュランギおじさんと、小さな迷子
    迫り来る嵐
    家へ帰ろう
    パッドマン 5億人の女性を救った男
    ボヘミアン・ラプソディ
    華氏119
    ガンジスに還る
  • きみの鳥はうたえる
    万引き家族
    ザ・スクエア 思いやりの聖域
    君の名前で僕を呼んで
    レディ・プレイヤー1
    ダンガル きっと、つよくなる
    リメンバー・ミー(2018)
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • きみの鳥はうたえる
      『きみの鳥はうたえる』←邦題(?)の横に「And your bird can sing」と出る。嗚呼あの曲好き…って劇中水面下で出るか出るかと曲待ちして、出ないんかーい!って終わってから、歌詞とリンクしててショック過ぎた。それだけ。
      いいね

      普通
    • ホームレス ニューヨークと寝た男
      『ホームレス ニューヨークと寝た男』容姿の完成度に対する中身の幼児性。私は自分をギリッギリのホームアリと自認しているので、明日は我が身と恐ろしくも頼もしく見た。先人に学ぶみたいな気持ち。いつか彼の中身が愛されそれを信じれますように。
      いいね

      良い
    • 37セカンズ
      『37セカンズ』全部全部てんこ盛りに詰まってた。地続きの世界。追い詰めていく愛と、解放していく愛と。向き合える強さは、弱いように見えて強い方から、差し出されて初めて力を得るんだなって思った。全部意味衝撃を持って経験となる大切な映画。
      いいね

      良い
    • T2 トレインスポッティング
      『T2』疾走感・音楽・退廃・解放、強く思入れがあって観るのをためらっていたT2。良かった。ベグビーの全方位的に迷惑な強ストレスはそのままにバターズみたいなスパッドの成長と快挙。「choose your life」スカばっかでも良し。
      いいね

      良い
    • わたしは、ダニエル・ブレイク
      『I, Daniel Blake』慇懃無礼で非情でえげつない社会福祉。置き換えるとハローワークというより生活保護申請やウシジマくんが近い。万引き家族同様に血の通った関係性に救われる。這い上がれない階層、世知辛さが世界に蔓延っている。
      いいね

      良い
    • サバイバルファミリー
      『サバイバルファミリー』犬の大根役者っぷりに止めちまえ!と無駄にイラついたけどそれ以外はいつかの「来る日」に自分ならどうするのか、思考が分裂して平行してHow to サバイブを模索し始めていた。降りて始めるタイミングかもしれない。
      いいね

      普通
    • キャスト・アウェイ
      『キャスト・アウェイ』もう二度とやり直すことはできなくても、存在した愛情関係は無にはならない、という救い。これだけで良くないか?伏線の羽根を回収し出すと、いっぺんにチープになる。そして結局トム・ハンクスをどうしても好きになれない。
      いいね

      普通
    • ザ・スクエア 思いやりの聖域
      『ザ・スクエア』胸を張ってツマランッ!!と叫ぶ。最後まで観たところで得られるカタルシスでプラスに転じるとは思えず途中下車。いい人も悪い人も居て良い面も悪い面も個人の中に有る、そんなの深夜のドキュメンタリーで十分。二度と観ないたメモ!
      いいね

      残念
    • シード ~生命の糧~
      『シード ~生命の糧~』冒頭からとても美しい映像にぐっと引き込まれ、人類と種の歩みを丁寧になぞり、現在の冒涜とも言える暴挙、そして危機感、絶望。人類は何を選択するのか、希望は行動でしか残らない。種を植え、種を取り、やがて土に還ろう。
      いいね

      良い
    • 万引き家族
      『万引き家族』偏った愛情、壊れている古巣の人間関係、引き摺りながらグラグラの足場に組んだ不安定な新しい暮らし。清算出来ないことの沢山ある人生だから、どれも辛くて激しい日本の「今」。生々しくて痛い。ちゃんと大人になって優しくなりたい。
      いいね

      良い
    • 迫り来る嵐
      『迫り来る嵐』陰ッ鬱ッ。主要な登場人物すべてに救いは無く、濡れそぼる止まない雨、行き場も逃げ場も無く鬱屈した生活。高望みをするな、身の丈を考えろ、地味にただ毎日をドブに捨てて暮らして無駄に死ね、という投げ捨てられた雰囲気に悪酔い。
      いいね
      評価
      なし
    • ANIARA アニアーラ
      『ANIARA』夢うつつで観た上、内容的にもメモ対象ではない(マイルール)。が、入植者の宇宙放浪イメージが佐藤史生の複合船を思い出させ例外メモ。あの漫画の方がもっと規模感と閉塞感がありこれを観て佐藤作品の世界観のスゴさを改めて思う。
      いいね

      普通
    • グリーンブック
      『グリーンブック』存在に対してクロスする意味付け(人種/階級/教養/貧富/それぞれの才能)が解りやすく「そうじゃない、そんなことじゃない」という結末に向かってあみだくじみたいにストストンとハッピーエンドに落ち着いてホッとして大拍手。
      いいね

      良い
    • 魂のゆくえ
      『魂のゆくえ』マイケルの死やトラーの暴走はキーチVSでキーチを殺したのが他でもない自分と感じたように、原因を内に観て死相が出てしまう。環境に配慮しても買い物で票を投じても、独りひとりの非力に絶望すれば人類は地球もろとも終るんだろう。
      いいね
      評価
      なし
    • ダラス・バイヤーズクラブ
      『ダラス・バイヤーズクラブ』現代医療への疑心暗鬼と、生きることへの執着と、自分のためが人も救っていく、でも救われないこともある。なんか色々考えることができた。2回目だけど要するにロンの荒くれ度に勝手にこっちが傷ついてしまうから苦手。
      いいね

      普通
    • ダンガル きっと、つよくなる
      『ダンガル』息子・娘関わらず、父親に求めるのは「承認」。それを「人質(?)」に強制的に行われる訓練からのレスリングでの台頭と、男尊女卑からの脱出を両輪で描くのは無理があると私は思ってしまう。アーミルの増減!それだけで見て良かったが。
      いいね

      普通
    • 地上の星たち
      『地上の星たち』人それぞれ成長のタイミングもきっかけも違う、それを描きたいのは解るだけに、結局なんらかの才能に集約していくのは残念だった。チューリップ校の描き方、競争に追い立てられる子どもたち、世界中が同じ病に罹ってることが哀しい。
      いいね

      普通
    • バジュランギおじさんと、小さな迷子
      『バジュランギおじさんと、小さな迷子』宗教、カースト、異文化!隣接し敵対する国どうしの日常をそれぞれの神様に支えられながら素直に誠実に生きるパワンおじさんと、底なしに愛くるしいシャヒダ。それをお得意の歌って踊ってゴリゴリとお届けッ!
      いいね

      普通
    • わたしはマララ
      『He named me Malala』邦題クソ案件。意志ある父が何を望みその名を授け、名が体を表す如く歩む彼女との、使命に生きる父娘の姿。徹頭徹尾原題が貫かれている。大雑把なIslamophobiaに毒されがちな中、薬になる作品。
      いいね

      良い
    • 家へ帰ろう
      『家へ帰ろう』老人、親世代と子・孫世代の価値観の距離から歩き始め、先々の出逢いごと距離は縮まり、フラッシュバックする映像でユダヤ人が奪われたものとトラウマが浮き出て、最後、時間を超える永遠に変わらない愛情を目撃して人間の本質を想う。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....