TOP >naka_shinsakuマイページ

naka_shinsaku

さんのマイページ
naka_shinsaku
つぶやいた映画
268 本
総ツイート
293 件
マイページ閲覧数
809 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

naka_shinsakuさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
268 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 水を抱く女
    サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス
    二重のまち/交代地のうたを編む
    魔女がいっぱい
    国葬
    ウルフウォーカー
    VIDEOPHOBIA
  • ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった
    #フォロー・ミー
    ヴィタリナ
    その手に触れるまで
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
    ナイチンゲール
    テリー・ギリアムのドン・キホーテ
  • mellow
    ジョジョ・ラビット
    ラストムービー
    ドクター・スリープ
    象は静かに座っている
    宮本から君へ
    帰れない二人
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 水を抱く女
      『水を抱く女』を見た。 ペッツォルトが幽霊的なモチーフを好んで使うことを渋谷先生の論考で知る。 かなり面白かったが、ウンディーネという霊的な存在とベルリンの発展史が重ねられることの意味がいまいち掴めなかった。これは映画のせいではなく、端的に自分のリテラシー不足。勉強が足りない。
      いいね
    • サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス
      『サン・ラーのスペース・イズ・ザ・プレイス』を見た。最高! 一応、当時のアフロフューチャリズムの文脈は押さえてあることが前提にはなるかもだが、知っててもまあ意味わかんないので無問題。もはや人間を超越したサン・ラーにとって、生きていくのに地球はあまりにも小さすぎたようである。
      いいね
    • 二重のまち/交代地のうたを編む
      『二重のまち/交代地のうたを編む』見た。 電車で始まり電車で終わる。パリンプセスト的な意味を持つフィクションの導入や、道と山々でスクリーンを二分割したロングショットが凄い。 ただ、マジメすぎる。みんながみんな東北のことをあんなにも… https://t.co/wNNrOHS6Gp
      いいね
    • 魔女がいっぱい
      『魔女がいっぱい』を見た。 人間ではなくネズミでいる方が幸せ、という厭世観。ロアルド・ダールの人間嫌いには共感する。 ただ、映画としてはまあまあといったところ。アン・ハサウェイの訛りに最後まで違和感が拭えなかった。魔女の特殊性の強調だろうが、映画はそこまで翻案しなくてもと思う。
      いいね
    • 国葬
      セルゲイ・ロズニツァ『国葬』見ましたが、まったく面白くなかったです。 群衆の後頭部を映されてもどうしろと? みんな新聞ちゃんと買ってて当時の労働者はインテリやなぁくらいしか感想が出てこない。むかし学校の集会で校長か教頭が長話始めた… https://t.co/AJbBsi4NwW
      いいね
    • ウルフウォーカー
      『ウルフウォーカー』を見た。密かに期待してたが、面白かった。 野性的なものを担うのは女性だ、みたいな。男はただのニンゲンでしかないってゆう。いい意味で偏見にまみれている。 奥行きがほとんど感じられない絵が新鮮。
      いいね
    • VIDEOPHOBIA
      『VIDEOPHOBIA』を見た。この監督は好きだが、これはのれなかった。 複製メディアによって固有性が剥がされ、人が匿名的な存在となり、それが動物的生と対比されるみたいな。そういった死ぬほどツマラナイ分析にかけなきゃ面白みがない… https://t.co/FsOA4rt74j
      いいね
    • ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった
      『ザ・バンド かつて僕らは兄弟だった』を見た。 森で木を切ったり、キャッチボールしたり、散歩したりするウッドストックでの時間がどれだけ豊かだったんだろうと想像せずにいられなかった。ザ・バンドの音楽ほど優しい音楽を私は知らないが、その由縁が少しだけ分かった気がした。とても良かった。
      いいね
    • #フォロー・ミー
      ダミアン・マニヴェルの『イサドラの子どもたち』を見た。 ファースト・ショットの絵画的な演出や手足の部分的クロースアップから、ブレッソン的なアプローチで記録映画を撮っているような印象。ダンスが救済や儀礼として機能する過程がはっきりわかる。面白かった。
      いいね
    • ヴィタリナ
      ペドロ・コスタの『ヴィタリナ』を見た。 家とも呼べない、部屋とも呼べない部屋に追いやられて生活する最底辺の人間たち。暗闇がすべて覆い尽くし、壁からは近所の騒音が聞こえる。大雨が壊れた屋根を打ち付け、轟音を家中に響かせる。悲壮で荘厳な、唯一無二の傑作だろう。
      いいね
    • #フォロー・ミー
      なんか『行き止まりの世界に生まれて』という映画が話題みたいなので見たが微妙だったな。自己憐憫を肯定している感じ(それは本物の憐憫ではない)がキツかった。希望を感じさせる終わり方も甘ったるい。希望なんてあるはずがないのに。
      いいね
    • ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
      TOHOシネマズ新宿で『ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語』を見た。 なぜ自分はこの映画をこんなにも楽しめないのかと哀しくなった。タイクツが過ぎる。『この世界の片隅に』見終わったときの感覚に近い。映画には、その映画を… https://t.co/XnOZuThH6s
      いいね
    • その手に触れるまで
      新宿武蔵野館にてダルデンヌ兄弟の『その手に触れるまで』を見た。 フィクションにおいてリアリズムを追及することは、ドキュメンタリー的な迫真性、記録性を捏造するのにたいへん便利である。この捏造によって生成される「ウソ」が、映画に包摂された虚構性と齟齬をきたさずに並存されれば良いが…
      いいね
    • ナイチンゲール
      ジェニファー・ケント『ナイチンゲール』を見た。 命が尽きる瞬間に日の出を映す。ふつう逆(日没)だが、それで説得性があるのが見事というよりない。この監督、『ドッグヴィル』の助監督あがり、つまりトリアー的嫌映画の系譜なのだろうが、「嫌」含めた見せ方が師匠よりうまい。
      いいね
    • mellow
      『ラストレター』を見た。 どうして岩井俊二のカメラって常に浮遊してるんだろうと上映中ずっと考えてたけど、結局わからなかった。 今泉力哉の『mellow』見ても思ったけど、「手紙」という前近代的なメディアに一部の監督がここまで固執す… https://t.co/qRa6wa1fdt
      いいね
    • テリー・ギリアムのドン・キホーテ
      『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』見た。夢ではない。ほんとうに完成していた。 肝心の映画、ギリアムの演出は近作同様に精彩を欠いており、はっきり申し上げて失敗作と言わざるを得ぬ。 しかしそれでもなお、この映画は素晴らしい。夢を追う… https://t.co/n79yIdOFjl
      いいね
    • ジョジョ・ラビット
      『ジョジョ・ラビット』を見た。 風刺することは、人をバカにすることではない。全編英語の「アメリカ」映画が、ドイツを舞台にして平然と連合国プロパガンダを歌い上げることの無神経さに呆れる。ビートルズやデヴィッド・ボウイを使うこと自体が、作品の安直さを表象してしまう悲しさ。割とダメ。
      いいね
    • ラストムービー
      デニス・ホッパーの『ラストムービー』を見た。今年の映画初め。 崩壊したプロット、意味不明瞭なセリフ、マリファナとコカインで視線の定まらない主演俳優。映画の成れの果て…という言葉が思わず浮かんでくる。クリストファーソンとウィルキンの… https://t.co/O7WLQrEgiW
      いいね
    • ドクター・スリープ
      『ドクター・スリープ』を見た。 映画としてはかなりヒドかったけど面白かった。シャイニングなシーンは先にスピルバーグが『レディプレ』でやってしまっているので、いまいちインパクトに欠ける。先にやったもん勝ちってやつぅ?
      いいね
    • 象は静かに座っている
      『象は静かに座っている』を見た。 「世界は一面の荒野だ」 コーマック・マッカーシーの小説では美しい馬だが、映画は鈍重な象である。重い、キツい、しにたい、みたいな素晴らしさ。うぅ… https://t.co/C6PSW2XpO3
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      d_hinata
      2841movies / tweets

      follow us