TOP >nm_ikabutamodanマイページ

nm_ikabutamodan

さんのマイページ
nm_ikabutamodan
つぶやいた映画
284 本
総ツイート
341 件
マイページ閲覧数
3,490 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

nm_ikabutamodanさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
284 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 1917 命をかけた伝令
    リチャード・ジュエル
    ペット・セメタリー(2020)
    パラサイト 半地下の家族
    男はつらいよ お帰り 寅さん
    この世界の(さらにいくつもの)片隅に
    家族を想うとき
  • THE INFORMER/三秒間の死角
    楽園(2019)
    ジョーカー
    プライベート・ウォー
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    マーウェン
    ゴールデン・リバー
  • アラジン(2019)
    ダンボ(2019)
    七つの会議
    サスペリア(2018)
    ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
    散り椿
    ウインド・リバー
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • AKIRA
      『AKIRA』1988年に描かれた東京の近未来は街に人間臭さが溢れている。いくらテクノロジーがめざましく発達しても人間は人間のままだ。この映画はそういうところが素晴らしいと思う。
      いいね

      良い
    • 1917 命をかけた伝令
      『1917 命をかけた伝令』ある地点から別の地点まで伝令をする。ストーリーはないので当然横スクロールゲームのような映画になる。幾つかのワンカットが長時間続く撮影は驚くしどうやって撮ってるのかと不思議に思うのでそこは楽しめた。
      いいね

      普通
    • 家族を想うとき
      『家族を想うとき』社会の仕組みに生きている。良くも悪くも環境に支配される。抜け出したくても抜け出せない。許容するしかない。這いつくばって生きている人達は大勢いる。明日は我が身という話ではない。社会構造と格差の問題だと思う。
      いいね

      良い
    • リチャード・ジュエル
      『リチャード・ジュエル』優秀な人材が集まる組織が見立てどおりに証言証拠を収集する。スクープが欲しいメディアはインパクトのある記事を掲載する。人はある時は偏見を持って人を評価する。監督のいつもながら人に委ねない完結の仕方がいい。
      いいね

      良い
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』豪雨の中富裕層家族がキャンプから帰宅する。邸宅にいる低所得層が隠れてコソコソしている様はネズミやゴキブリのようで。格差社会を風刺している表現に這いつくばって生きている者のプライドも加味して欲しかった。
      いいね

      普通
    • ペット・セメタリー(2020)
      『ペット・セメタリー(2020)』日比谷にて。
      いいね

      普通
    • パラサイト 半地下の家族
      『パラサイト 半地下の家族』思っていたよりもコメディ要素が強く、昔あった魔少年なんとかみたくもう少しサスペンス色が強い作品だと勝手に思っていた。格差社会の底辺にいる住民は下へ下へと自分達の住む低い土地へと帰っていく。
      いいね

      普通
    • 男はつらいよ お帰り 寅さん
      『男はつらいよ お帰り 寅さん』渥美清はつくづく車寅次郎なんだな。制作に携わった人たちのこの壮大な喜劇と俳優に対する敬意とか愛情とかそういうものが伝わって、ニューシネマパラダイスを彷彿とさせる。映画愛というか寅さん愛に溢れた作品。
      いいね

      良い
    • この世界の(さらにいくつもの)片隅に
      『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』りんさんのパートだけでなく、前作に無いシーンがいろんな箇所に数多く入ってくるので、飽きずに最後まで観れた。より丁寧な描写があるので前作も何度か観たが、感動も新たで本当に良かった。
      いいね

      良い
    • THE INFORMER/三秒間の死角
      『THE INFORMER/三秒間の死角』この手の作品としてはあまり迷わない分かりやすい映画だった。
      いいね

      良い
    • 楽園(2019)
      『楽園(2019)』山口県の放火殺人事件とあとはもしかすると奈良の月ヶ瀬の事件が題材だろうか。なんか詰め込みすぎな感じで分からないシーンが多い映画だった。
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      『ジョーカー』トイレに逃げ込んだ後の、哀しい筈だったピエロが静かに舞う様は、まるでバレエダンサーのようで、この映画の名シーンだと思う。
      いいね

      良い
    • プライベート・ウォー
      『プライベート・ウォー』シャンテにて鑑賞
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      『ジョーカー』しかし持ち合わせた環境や育った環境、人間関係などの要因も重なり狂人と化す。本当にもの凄い映画を観た。長尺を感じさせないし、とにかくホアキン・フェニックスの怪演を観るだけで値打ちがあった。
      いいね
    • ジョーカー
      『ジョーカー』気迫に満ちた演技。もの凄い映画を観た。
      いいね

      良い
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』待ちに待った映画の公開初日。さほど詳しくないチャールズ・マンソンとシャロン・テート事件について調べて行ったので、事件当日までの展開はサスペンス映画の気分。なるほどーー。そりゃそうだ。タランティーノの映画なんだから。めでたしめでたし。
      いいね
    • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
      『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』なろほどーー。そりゃそうだ。タランティーノの映画なんだから。めでたしめでたし。
      いいね

      良い
    • マーウェン
      『マーウェン』中年男性の空想の世界と現実が行き来する。だけどこの人は一芸に秀でるせいなのか幸い孤独ではない。主人公の内面には背景がいろいろとありそうで。フィギュアの映像は凄くて美術が素晴らしいし、BTTFを持ってくるところもいい。
      いいね

      普通
    • ゴールデン・リバー
      『ゴールデン・リバー』シャンテで鑑賞。格好いい西部劇ではないが人の繊細な部分も描かれているいい映画だった。でも、なんだかんだであの兄弟は強い。引鉄を引くタイミングがカッコいい。
      いいね

      良い
    • アラジン(2019)
      『アラジン(2019)』その昔、アニメ版を映画館で観た。あの時の感動を裏切られることはなく、もしかしたら上回ったかも。実写とCGとアニメが融合したようなダンスシーンは豪華絢爛。音楽も鉄板。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....