TOP >out_to_lunchマイページ

out_to_lunch

さんのマイページ
out_to_lunch
つぶやいた映画
331 本
総ツイート
497 件
マイページ閲覧数
912 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

out_to_lunchさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
331 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • タリーと私の秘密の時間
    センセイ君主
    インクレディブル・ファミリー
    ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
    乱世備忘 僕らの雨傘運動
    バトル・オブ・ザ・セクシーズ
    女と男の観覧車
  • ワンダー 君は太陽
    恋は雨上がりのように
    妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
    犬ヶ島
    さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物
    レディ・プレイヤー1
    ブラックパンサー
  • 願いと揺らぎ
    The Beguiled ビガイルド 欲望のめざめ
    霊的ボリシェヴィキ
    スリー・ビルボード
    デトロイト
    季節の記憶(仮)
    ピンカートンに会いにいく
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • センセイ君主
      「センセイ君主」見た。このへんの映画はあとから研究しようと思ってもたぶん難しいので、なるべくたくさん見といたほうがいいのだ。いまからならばまだ全部見ることもできる。
      いいね
    • 乱世備忘 僕らの雨傘運動
      ちょうど前日に「沖縄スパイ戦史」と「乱世備忘」を見ていたので、そのへんともつながる内容。
      いいね
    • インクレディブル・ファミリー
      「インクレディブル・ファミリー」見た。ノワール、活劇、働くおかあさん、子育てに悩む主夫、といろんな具材の全部乗せ。たぶん2回目見ると、こことここがバランス悪いな、とか気になるタイプの映画。それにしても、夕焼け空の美しさはこれ、21世紀ベスト級じゃない?
      いいね
    • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス
      【文章】neoneo webに、いま公開中の「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ☆アディオス」(ルーシー・ウォーカー監督)のレヴューを書きました。ヴェンダースの手がけたあの大ヒット作の続篇ですが、こっちのほうが断然よくできていると思… https://t.co/WLxAudBu9o
      いいね
    • タリーと私の秘密の時間
      「タリーと私の秘密の時間」試写で拝見。映画におけるおかあさん描写にまだこんな未踏の地があったのか。驚いてる自分はまだまだおかあさんを知らなさすぎる。 https://t.co/3mYjpA8dND
      いいね
    • 女と男の観覧車
      話題の「女と男の観覧車」の映像、自分はぜんぜんアリだと思いましたが、同時に、ストラーロかウディ・アレン、どっちかがボケ始めてるってことはないよね?との疑問も持ちました。
      いいね
    • ワンダー 君は太陽
      ひさしぶりに角川シネマディグに行ったら水戸光子が回想シーンで三つ編みの女学生のかっこをしててときめいた。このあいだ見た「ワンダー 君は太陽」のジュリア・ロバーツの若いおかあさん時代の感じもよかったな(ほんの一瞬)。こういうのは別人を使わずに、なるべく本人が若作りしてやってほしい。
      いいね
    • 恋は雨上がりのように
      愚痴のためだけに名前を出すのでは申し訳ないので書いておくと、「恋は雨上がりのように」、小松菜が世界一かわいいカエルよりさらにかわいくて見飽きない。しかし、足のキズを見せるのは、忘れ物を届けたところよりあとにするほうがよかったんじゃないかなあ。
      いいね
    • 妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
      「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」の蒼井優、看護師なのに食事の前の手洗いがぞんざいだったなー。子供がよく怒られる、ちょろっと水で濡らしただけのやつだった。とはいえそもそも、映画の登場人物は帰ってきてまず手洗いをする習慣そのものがない、というのは若木さんが言ってた気がするけど。
      いいね
    • 妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
      「妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ」見た。前作は成瀬直系のアクション映画だったから、期待度マックスで初日鑑賞。当たり前を極めたこの演出ができるのがもう日本には山田洋次しかいないこと、そして、この当たり前さが2018年においてはこんなにも異様なものに見えてしまうことの衝撃。
      いいね
    • バトル・オブ・ザ・セクシーズ
      「バトル・ オブ・ザ・セクシーズ」見た。だいぶ前から準備されていただろうに、ちょうどタイムリーな感じになっちゃった話。いままで見たことのないエマ・ストーン。なんだかんだで今年これまでに見た新作でいちばん気持ちいい画面だった。ずっと集中していられる。泣かせるルック。
      いいね
    • さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物
      「さすらいのレコード・コレクター」。わたしなんかは普通の買い方しかしてないしコレクターでもないけれど、それでも何度か、ほんとに不思議なことが起きるものだし、あの男の言ってた「なにも買うものがなくても来て損したとは思わない」という意味が、ここ最近になってようやくわかりかけてきた。
      いいね
    • さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物
      「さすらいのレコード・コレクター」見た。こんなに楽しそうにレコードに反応するひとの姿を映画で見たのはいつ以来だろう(いや、実人生でもめったにお目にかかれないけど)。見終わったあとは当然レコ屋に行きたくなるが、もはやそういうことのできる身分ではないのだった。
      いいね
    • 犬ヶ島
      ついでに。このあいだ試写会で見た「犬ヶ島」。ウェス・アンダーソン好きなひとにはまたもや好評を得るんでしょうが、むしろもはや彼はダサイのではないか、とちらっと思いました。
      いいね
    • レディ・プレイヤー1
      「レディ・プレイヤー1」見た。オタクくさすぎて無理。中世っぽい意匠とかも生理的に受け付けないんですよ。
      いいね
    • ブラックパンサー
      そういえば「ブラックパンサー」の予告篇で使われてたギル・スコット=ヘロン、本篇でも流れてましたっけ?
      いいね
    • 願いと揺らぎ
      若木さんには、どーせ「『願いと揺らぎ』見た。三浦っていう苗字が多いと思った。」とかしか書かないんでしょ、と言われ、あ、そういうひととして認識されてるのか、と思った。完全に誤りというわけでもないですが……
      いいね
    • 願いと揺らぎ
      我妻和樹「願いと揺らぎ」見た。近頃なかなかありえないほどにどんくさい映画で、いくらなんでももう少ししゅっとしたほうがよいのでは、と思ったけど、考えてみたらそんなものはいつでも撮れるんだよな。掘ったジャガイモをそのまま食べたみたい。ひと晩たってもまだ土の味が口の中に残ってる。
      いいね
    • 霊的ボリシェヴィキ
      「霊的ボリシェヴィキ」見た。正直よくわからなかったけど、途中から、胸部の真ん中あたりが物理的に痛み始めた。なにかしら身体によくない成分が含まれているんだと思う。逃げるようにして帰途につく。
      いいね
    • デトロイト
      「デトロイト」見た。最悪。山本薩夫や今井正や家城巳代治ならこんなくだらぬ映画は決して撮らないはず。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....