TOP >popholicマイページ

popholic

さんのマイページ
popholic
つぶやいた映画
387 本
総ツイート
796 件
マイページ閲覧数
1,128 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

popholicさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
387 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 悪の偶像
    37セカンズ
    彼らは生きていた
    国家が破産する日
    ひとよ
    毒戦 BELIEVER
    蜜蜂と遠雷
  • 宮本から君へ
    王宮の夜鬼
    アイネクライネナハトムジーク
    お料理帖~息子に遺す記憶のレシピ~
    記憶にございません!
    アス
    フリーソロ
  • ザ・ネゴシエーション
    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
    マーウェン
    さらば愛しきアウトロー
    凪待ち
    X-MEN:ダーク・フェニックス
    記者たち~衝撃と畏怖の真実~
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 悪の偶像
      映画「悪の偶像」。しかしその濃厚さが癖になるのが韓国映画。ハン・ソッキュとソル・ギョングという90年代から韓国映画を支えてきた名優二人の共演。そして中盤から登場し二人を凌駕する怪演をみせるのがチョン・ウヒ!「サニー」以来お気に入りの女優さんだけど、スゲーことになってたなぁ。
      いいね
    • 悪の偶像
      イ・スジン監督「悪の偶像」を観た。ひき逃げ事件の加害者の父と被害者の父。そのぞれの物語が交差しやがて善と悪が混沌とする濁流に飲み込まれていく。それぞれの物語だけでも十分一本の映画になるところをさらに強烈過ぎる被害者の妻という第三の物語までが合流。とにかく濃厚なこってり具合。
      いいね
    • 37セカンズ
      映画「37セカンズ」。主人公を演じるのはオーディションで選ばれた佳山明さん。彼女自身、脳性麻痺で障害を持つ。彼女の表情、声、身体の動きが様々な"壁"を壊していく。観ている側が勝手に作ってしまっていた壁をも容赦なく壊してくれる。
      いいね
    • 37セカンズ
      HIKARI監督「37セカンズ」を観た。生まれた時に37秒息をしていなかったことで障害を抱えるユマ。過保護な母、自分を利用する友達、閉じられた世界から抜け出そうとする彼女の姿を描く。障害者の日常を逃げずに描くことで、誰もが自分自身… https://t.co/POhZQtuPgL
      いいね
    • 彼らは生きていた
      サム・メンデス監督「1917 命をかけた伝令」を観た。第一次世界大戦のさなか前線にいる部隊に作戦中止の命令を届ける二人の兵士。ただ二人を追うだけの映画なのに(だから)ずっとクライマックスシーンが続く。この前「彼らは生きていた」を観… https://t.co/LPpOos0gmN
      いいね
    • ひとよ
      映画「ひとよ」。俳優陣がとにかく皆素晴らしかった。田中裕子はもちろん、怒りや悲しみや苛立ち、複雑な想いをそれぞれの形で体現する佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優。そして佐々木蔵之介が実に良かった。監督、俳優陣の素晴らしい仕事ぶりが相乗効果を生み、作品の中で見事に結実している。
      いいね
    • ひとよ
      映画「ひとよ」。3人の子供たちは父の暴力から逃れられたはずが、事件によってさらなる地獄を見る。救ってくれたはずの母に対する複雑な思いが、母の帰還によって露わになりやがて解きほぐされていく。3人3様の葛藤とそこを乗り越えていく様が端… https://t.co/gpvXah8YkI
      いいね
    • ひとよ
      白石和彌監督「ひとよ」を観た。暴力に曝される子供たちを守るために夫を殺した母が15年ぶりに子供たちの前に。壊れてしまった家族は果たして再び繋がれるのか。ってな話。確かに重いし、殺伐とした空気が漂うけれど、どこかユーモアもあって不思議な温もりがある。沁み渡ってくるいい映画だった
      いいね
    • 国家が破産する日
      映画「国家が破産する日」。「バーニング」では見捨てられる側を演じたユ・アインが危機に投資することで富を掴むコンサルを演じる。まさに「バーニング」と表裏一体の物語。
      いいね
    • 国家が破産する日
      映画「国家が破産する日」。ただの過去ではなく今、現在まで続く問題であり、今なお癒えない傷であることがしっかりと語られる。分断は加速し、富める者はさらに富み、持たざる者は貧困から脱することができない。庶民を裏切り見棄てる政府。隣の国だけのことじゃない。唸った。
      いいね
    • 国家が破産する日
      映画「国家が破産する日」。いち早く通貨危機を予測し回避しようと試みる韓国銀行のハンと国家破産に乗じて構造改革を目論む財政局次官。両者の対立を軸に、危機に投資する金融コンサルタント、危機に翻弄される町工場の経営者と3つの物語が描かれることで国家最大の危機がより鮮烈に浮かび上がる。
      いいね
    • お料理帖~息子に遺す記憶のレシピ~
      映画「お料理帖」。まだらに記憶が失われていくエランを演じるのはベテラン女優、イ・ジュシルさん。質素で丁寧な暮らしぶり、それが少しずつ壊れていく様。しっかりしていると思ったらふと子供のようになってしまう認知症のリアル。記憶が失われていく自分と向き合う芯の強さを見事に演じられている
      いいね
    • 毒戦 BELIEVER
      映画「毒戦 BELIEVER」。タイトルに付けられた「BELIEVER」の意味がくっきりと浮かび上がる鮮烈なラストがお見事。いやーやっぱり韓国映画好きだわ。
      いいね
    • 蜜蜂と遠雷
      映画「蜜蜂と遠雷」。天才・松岡茉優(最強のショートボブ)を筆頭に信頼と実績の松坂桃李、神童感が半端ない鈴鹿央士、品の良さが滲み出る森崎ウィンと4人の俳優が見事にそれぞれのキャラクターを体現。クラシックは門外漢だけど、なんともいいものを観たなぁという気持ちになった。
      いいね
    • 宮本から君へ
      映画「宮本から君へ」。めちゃくちゃ過激で肉体的な痛みを持った表現なので一見共感できなさそうなんだけど、わからないけど"わかる"という感覚がある。呑気な暮らしをしているとはいえ一応結婚生活24年にもなるので、どこかぶつかり合う痛みに共鳴するところがある。
      いいね
    • アイネクライネナハトムジーク
      映画「アイネクライネナハトムジーク」。ちょっとした出来事や、小さな偶然が、人の背中を押し誰かとの繋がりを生む。愛すべき作品。三浦春馬の滲み出る善良さが素晴らしかった。
      いいね
    • フリーソロ
      ドキュメンタリー映画「フリーソロ」を観た。地上から垂直に切り立つ岩壁を命綱無し、自らの肉体だけで登る究極のクライミング、フリーソロ。約975メートルの断崖絶壁エル・キャピタンに挑むアレックス・オノルドの記録。とにかくとんでも無いものを観た!凄い、いや凄過ぎた!
      いいね
    • 王宮の夜鬼
      映画「王宮の夜鬼」。極悪非道なチャン・ドンゴンは色気ダダ漏れだし、成長する王子、ヒョンビンの超絶アクションはかっこよすぎ。チョ・ウジンにチョン・マンシクといった演技派がしっかり脇を固める。見せどころ、泣かせどころはやり過ぎなぐらいに徹底的に。サービス精神旺盛なエンタメ力に脱帽
      いいね
    • 記憶にございません!
      三谷幸喜監督「記憶にございません!」を観た。史上最悪のダメ総理が記憶喪失になって…ってな、ま、想像通りのコメディ。言いたいことはあるけど、とにかく「中井貴一ショー」と思えば最高。戸惑う貴一、うろたえる貴一、あたふたする貴一、困り顔貴一のオンパレード。貴一映画の決定版!
      いいね
    • ザ・ネゴシエーション
      イ・ジョンソク監督「ザ・ネゴシエーション」を観た。武器売買を行う犯罪組織のリーダーによる拉致事件。事件解決の為、ソウル市警の警部補チェユンによる交渉が始まる。今時の映画らしく起承は飛ばして転結から。ずっとクライマックスが続くんだから面白くないはずはない。サクっとスカッと魅せる
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....