TOP >renn6161マイページ

renn6161

さんのマイページ
renn6161
つぶやいた映画
2,694 本
総ツイート
3,041 件
マイページ閲覧数
47,671 view
ウォッチしている
25 人
ウォッチされている
25 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

renn6161さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
2694 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 【Netflix映画】ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから
    ぶあいそうな手紙
    ランボー ラスト・ブラッド
    悪の偶像
    ドクター・ドリトル(2020)
    コリーニ事件
    ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語
  • ルース・エドガー
    【Netflix映画】タイラー・レイク -命の奪還-
    ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
    ジュディ 虹の彼方に
    野性の呼び声
    PMC:ザ・バンカー
    初恋(2020)
  • チャーリーズ・エンジェル(2020)
    スキャンダル(2020)
    ミッドサマー
    1917 命をかけた伝令
    ザ・ピーナッツバター・ファルコン
    犬鳴村
    ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ぶあいそうな手紙
      『ぶあいそうな手紙』モデルはポルトアングレに暮らしていたイタリア人写真家。この作品のスタッフの父親だとか。ウルグアイは70年代に軍事化したため多くの人々がブラジルに亡命したのだそう。ビアとの朗読会のシーンが好き。音楽がまた素敵!
      いいね

      良い
    • 悪の偶像
      『悪の偶像』観ながら少しずつ自分の読みの訂正を余儀なくされる。登場人物の小さな行動、誰かのひとことで違和感のかけらを何度も味わいながら、自分がもっと2つの国のこれらの問題に詳しければと悔やみつつ、思い出しつつ。怖い。みんな怖い。
      いいね

      良い
    • グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち
      『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』マットとペンアフが2人で画面に登場したところで彼らの名前がばーんと出るオープニング。ケイシーも仲間の1人として出演。ロビンの姿を観るとまだ切ない…。あの「玄関の10秒」はいいセリフですねー
      いいね

      良い
    • メタモルフォーゼ/変身
      『メタモルフォーゼ/変身』エクソシストの韓国版。悪魔祓いに失敗し少女を死なせてしまった神父のジュンス。彼の兄家族は逃げるように引っ越すが、次々と異変が起きる。「来る」のエピソードに近いものも。悪魔が付け入るのは怒り、というのは納得。
      いいね

      普通
    • 第三夫人と髪飾り
      『第三夫人と髪飾り』19世紀のベトナム。監督の曾祖母の実話がベース。14歳で第三夫人となったメイ。他に生きる道が選べない時代に生きた女性たちの暮らしが、美しく儚く描かれる。蚕と水は性と生の象徴か。最後のシーンは力強く今に繋がる。
      いいね

      良い
    • 泣き虫しょったんの奇跡
      『泣き虫しょったんの奇跡』瀬川さんのプロ入りの話は多少知っていた。でも小学校担任の先生のこと、奨励会での時間を丁寧に描いてくれたことでより鮮やかに。プロになってからも実は色々やらかしたりされるユニークな棋士のおひとり。配役が豪華!
      いいね

      良い
    • リングサイド・ストーリー
      『リングサイド・ストーリー』「百円の恋」の武正晴監督作品。サトエリの優しさと瑛太のどうしようもないダメ男の物語。でもなぜかしんみりするし目が離せないのは、こんなにも真っ直ぐに生きている市井の人たちがいるから。役者の力量も感じるなぁ。
      いいね

      良い
    • ランボー ラスト・ブラッド
      『ランボー ラスト・ブラッド』ベトナム帰還兵の心の傷はまだ癒えておらず薬を飲みながらの暮し。マリアとその孫とアリゾナの牧場での日々が彼の唯一の癒しだったが…。彼が居住する地下の離れには銃器類がずらり。復讐劇はほぼスプラッタで驚いた。
      いいね

      良い
    • パリに見出されたピアニスト
      『パリに見出されたピアニスト』ストーリーはありがち。だけど北駅のピアノ。バッハの平均律クラヴィーア、ショパンのワルツ、ショスタコーヴィチのピアノ協奏曲 、リストのハンガリー狂詩曲、ラフマニノフのピアノ協奏曲 第2番…聴き惚れるわ。
      いいね

      良い
    • ロケットマン
      『ロケットマン』「Goodbye Yellow Brick Road 」は大好きな曲。いいシーンに使ってあってより切ない。家族や恋愛はもちろん大切だけど、月日を経ても変わることない友情って、ホントかけがえのないものだったりします…
      いいね

      良い
    • アナベル 死霊博物館
      『アナベル 死霊博物館』ホラーの玉手箱やー!あのウォーレン家の厳重に施錠された(開けないと始まらないけど)ドアの向こうは呪われた物ばかり。そこにアナベルがやって来る…娘のジュディが「見えてしまう」のは血筋なのか。家族揃って楽しめる。
      いいね

      良い
    • タチャ ワン・アイド・ジャック
      『タチャ ワン・アイド・ジャック』「それだけが、僕の世界」のパク・ジョンミン主演。公務員試験の合格を目指すイリチュルは実は賭場通いの毎日。が、全財産を失う。リュ・スンボムが演じるエックは彼を誘いチームを結成。エックがすんごい魅力的!
      いいね

      良い
    • ドクター・ドリトル(2020)
      『ドクター・ドリトル(2020)』飛び込んだら吹き替え版だったが違和感なし。なるほど、こんな凄い方々が担当してらしたのか。子どもの頃憧れた動物と会話するドリトル先生の冒険譚。ダウニーJr.を演じる藤原啓治さんの声が耳から離れない…
      いいね

      良い
    • パパは奮闘中!
      『パパは奮闘中!』長男の火傷が良くなりつつあり薬を優しく塗る母。倉庫で早朝から遅くまで働くオリヴィエは家族のためと働く日々。ある日母親が突然いなくなる…。彼女の失踪は会社の、社会の問題なのだけど、厳しいなぁ。でもラストは暗くない!
      いいね

      良い
    • 女の機嫌の直し方
      『女の機嫌の直し方』なるほど。結婚式で起こるあれやこれやを男脳と女脳の違いを基に大学でAI研究中の真島愛が解き明かす。こういう事態にこういう対応が効果的、というのはよく分かったが、自分はどうやら中間脳らしいのを知り困惑している…
      いいね

      良い
    • ゴールデン・リバー
      『ゴールデン・リバー』P・デウィット原作。J・オーディアール監督が描く珠玉の兄弟の物語。こんな風に生きたくないのに。赤いショールを現実にしたいのに。映像がその分夢のように美しい。人生の代わりに世界が美しいなんて、なんて哀しい…
      いいね

      良い
    • 長いお別れ
      『長いお別れ』ゆーっとくりまってみるって大事。認知症を発症してからの7年間のお父さんと家族の物語。このタイトルは味わい深いのね。アメリカ生活の描写はちと気になったけれど、山崎努と松原智恵子が全部持って行った…さすが。明日は父の日。
      いいね

      良い
    • 12か月の未来図
      『12か月の未来図』仏の教育を扱った作品は実は名作が多い。パリの名門校から郊外の中学に1年勤務することになったフランソワ。様々な子どもたちと彼が経験したこととは。ジャーナリスト畑出身の監督さすが。最後の「悲しみの天使」を選ぶセンス!
      いいね

      良い
    • スカイスクレイパー
      『スカイスクレイパー』粘着テープと再起動があれば!家族を救うためひとりで敵に立ち向かうあの映画、高層ビルでの火災のあの映画も思い出すけれど、なんたってドウェイン・ジョンソンが安全管理システムに精通してるのだから負ける気はしないぞ。
      いいね

      良い
    • 幸福なラザロ
      『幸福なラザロ』オオカミはイタリアの象徴。毎日懸命に働くラザロ。貧しい村で搾取する側される側が描かれるのだけど、数十年後はもっと冷たい…これが今のこの国の現状。風の音、土埃、ついてくる教会の音楽。神の存在は謎だけど何故か圧倒される。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....