TOP >reptilicus1マイページ

reptilicus1

さんのマイページ
reptilicus1
つぶやいた映画
158 本
総ツイート
176 件
マイページ閲覧数
1,977 view
ウォッチしている
1 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

reptilicus1さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
158 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • チィファの手紙
    糸
    ぐらんぶる
    8日で死んだ怪獣の12日の物語
    今日から俺は!!劇場版
    一度も撃ってません
    心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-
  • 星屑の町
    グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
    ヲタクに恋は難しい
    ロマンスドール
    ラストレター
    男はつらいよ お帰り 寅さん
    カツベン!
  • “隠れビッチ”やってました。
    蜜蜂と遠雷
    引っ越し大名!
    無限ファンデーション
    火口のふたり
    劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~
    天気の子
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • チィファの手紙
      こんなに短期間で自作リメイクするって、 マキノ雅弘でもやってないんじゃないかい、岩井さん。 でも、松たか子主演版より大胆なカメラワークと、ダン・アンシーの美しさに免じて許す。
      いいね

      良い
    • 糸
      『時雨の記』が昭和史なら、こちらは平成史に絡めた堂々たるメロドラマ。 ドングリは宮沢賢治から、空や水辺にかざされる手はゴダール(もしくはブレッソン)からの引用か。
      いいね

      良い
    • 8日で死んだ怪獣の12日の物語
      風景の撮り方が似てる為か、緊張感が和らいだ『巨神兵東京に現る』の姉妹篇といった雰囲気。 灯台にも負けた怪獣とdisられるウィンダムだが、『セブン』第1話じゃ敵宇宙人の円盤を撃破しとったよ。
      いいね

      普通
    • ぐらんぶる
      理不尽な体育会イズムを陳腐なゲイネタのギャグでコーティングしただけの愚作。 英勉、どうしてしまったのだ? 小倉優香と、イラストを配したクレジットロールは素敵だったが。
      いいね

      残念
    • 今日から俺は!!劇場版
      福田雄一、「佐藤二朗独演会」パートだけは着実に進歩してるね、 などと嫌みを言っていられない程、上手くなってる。 バトル描写は三池某を超えたのじゃないか? 柳楽優弥の強烈なワルぶりも奏功してる。
      いいね

      良い
    • 一度も撃ってません
      同じ丸山昇一脚本『すかんぴんウォーク』(1984)での、平田満が演じたハードボイルドにこだわり過ぎて失職する映画監督のエピソードを膨らませたような映画だなと思った。録音、特に酒場でのガヤの声がいい。
      いいね

      普通
    • 心霊喫茶「エクストラ」の秘密-The Real Exorcist-
      ○○の正体が、ゴス&メタル好き姐さんみたいな格好なのでギャフン。 ○○作詞の主題歌が、予想以上にとんでもないことになっててギャフン。
      いいね

      残念
    • 星屑の町
      いい話なんだけど、舞台劇から映画へのアダプトに失敗して冗長になってるのは残念。 のん、『あまちゃん』のイメージそのままの芝居してるのは、 嬉しさと悲しさが半々というか…
      いいね

      普通
    • ラストレター
      岩井俊二集大成にしたい気持ちは分かるけど、もう少し上映時間を刈り込もうよ、ブロデューサーさん。 小室等の役者ぶりと、妙にワイセツなワンピース姿の広瀬すずは良かった。
      いいね

      普通
    • グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
      なんか微妙。ラスト近くの“衝撃の展開”が逆に予定調和っぽく見えちゃって。 女占い師とか浜田岳のアレとか、石井輝男オマージュには頬が緩むし、美術はとても素敵なんだけどね。
      いいね

      普通
    • ヲタクに恋は難しい
      渡邊元嗣と大根仁のダメな部分を融合させたような映画で、実に残念。オタクの浅薄な捉え方にも増して、気分をひたすら沈ませるミュージカル場面には頭を抱えた。ヲタとニコ動なんてありきたりな取合せにもウンザリ。
      いいね

      残念
    • ロマンスドール
      タナダユキは、日常べったりな描写をリアリティや観客の共感の担保と考える悪いクセがあるようだ。 そんな描写を削り、ラブドール製造を生業とする人々を、伊丹十三や初期の周防正行のように撮った方がナンボか良かった気がする。
      いいね

      残念
    • お前ら全員めんどくさい!
      五十年前に作られていても、五十年後に作られるとしても、何の疑問も持たせない映画があってもいいじゃないか。80分というコンパクトな上映時間にしてもやや単調だが、それを補って余りあるのは大原優乃!映画史上、一二を争う美少女ビッチ!
      いいね

      良い
    • 男はつらいよ お帰り 寅さん
      源公(佐藤蛾次郎)の老いをさりげなく描写してるのも、また泣ける。 寅さんが実質不在でもさほど淋しくならないのは、美保純、カンニング竹山、橋爪功らに寅さんのガサツさを、ちょっとずつ与えたようなキャラづくりしてるからではあるまいか?
      いいね

      良い
    • カツベン!
      TOHOシネマズ上大岡で『カツベン!』観る。無声映画の面白さを現代の観客に伝えるなら、もっと周到な、(劇中台詞を借りれば)手段を選ばない貪欲さが必要ではないだろうか。第一、長すぎるし鈍い。 成田凌と黒島結菜はかなり魅力的だが…
      いいね
    • “隠れビッチ”やってました。
      現代日本のお話であるが、70年代初頭のイギリス映画を連想させられた。佐久間由衣は『フォロー・ミー』のミア・ファローを二ひねり三ひねりしたようなキャラで、クレジットロール後は『美しき冒険旅行』の最後の最後みたいだし。
      いいね

      良い
    • 蜜蜂と遠雷
      イオンシネマみなとみらいで『蜜蜂と遠雷』観る。音楽映画というより、アクション映画のようにスリリング。そして群像劇と見せかけて、最後は○○に焦点をあてる構成がお見事!
      いいね

      良い
    • 愛がなんだ
      成田凌が雑誌編集者の役ってことで、大根仁『奥田民生ボーイ』の妻夫木聡を連想したんだが、こちらはトボけた発言と裏腹に随分人生を達観した人物として造形してるのに感心した。 江口のりこも『奥田民生ボーイ』よりずっといい。
      いいね

      良い
    • 新聞記者
      内調のオフィスを魔窟みたいにオーバーに描いてて困ったが、アクチュアルに政治的・社会的な題材を今の日本で映画にすることの勇気と意義は買う。『アメリカを斬る』(1969)にも似てるし。
      いいね

      良い
    • 無限ファンデーション
      リサイクル施設のカラフルな美術設計がいいだけに、手持ち撮影であろう画面の揺れが気になった。西山小雨、あの役どころでは折角の歌が勿体ないではないか。
      いいね

      残念
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      akafundosi
      1864movies / tweets

      follow us