TOP >reptilicus1マイページ

reptilicus1

さんのマイページ
reptilicus1
つぶやいた映画
190 本
総ツイート
210 件
マイページ閲覧数
2,546 view
ウォッチしている
3 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

reptilicus1さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
190 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • シン・ウルトラマン
    明日の食卓
    るろうに剣心 最終章 The Final
    騙し絵の牙
    モンスターハンター
    シン・エヴァンゲリオン劇場版
    あのこは貴族
  • ヤクザと家族 The Family
    花束みたいな恋をした
    銀魂 THE FINAL
    新感染半島 ファイナル・ステージ
    ジョゼと虎と魚たち(2020)
    私をくいとめて
    新解釈・三國志
  • ばるぼら
    タイトル、拒絶
    ホテルローヤル
    さくら
    ジオラマボーイ・パノラマガール
    きみの瞳(め)が問いかけている
    朝が来る
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • ジオラマボーイ・パノラマガール
      主役二人の突飛な行動を、映画の表現に落とし込めていないきらいはあるものの、 岡崎京子漫画のフレーバーが存分に感じ取れる映画化であった事を素直に喜びたい。 何より、山田杏奈をキャメラで愛でまくる姿勢に感激!
      いいね

      良い
    • スパイの妻
      好きな男に翻弄される女の話であり、洋館フェチが漲っているから 『ドレミファ娘の血は騒ぐ』の頃に回帰したような黒沢清監督作。 劇中小型映画の映写を見せ場とするのはいいが、 クライマックスが予測できて感興を削いじゃったね。
      いいね

      普通
    • 夜明けを信じて。
      これに比べれば、『さらば青春、されど青春』(2018)の方がまだしも映画として体裁を有していた気がする。 本作は、製作総指揮○川某の自己顕示欲の容れ物以外の何ものではない。
      いいね
      評価
      なし
    • 朝が来る
      河瀬直美、『萌の朱雀』で失望、『あん』で見直すに至ったが、今回は意余って…と言わざるを得ない。出産・我が子への思いを描くなら、女性目線固定でなく、とっ始めは男性目線、井浦新からの描写にすべきだったのでは?浅田美代子の演技には瞠目!
      いいね

      残念
    • きみの瞳(め)が問いかけている
      イオンシネマみなとみらいで『きみの瞳が問いかけている』観る。 こっちがヒロインかのような横浜流星の美しさと、 吉高由里子のエクボの可愛いらしさにあっては、 『街の灯』の何百回目かの焼き直しのような話に文句言えない。 ごヒイキ坂ノ上茜はもっと観たかった。
      いいね

      良い
    • 生きちゃった
      同じ日本の底辺生活を描く作でも『夜空はいつでも~』に比べりゃかなり落ちる。 大島優子が仲野太賀を「アッちゃん」と呼ぶあたり、こそばゆくて仕方ないわ、 こちらのミーハー心を見透かされてるようで。
      いいね

      残念
    • プレデターズ
      娯楽映画とシリーズのセオリーを遵守するのに精一杯で、何ともチンマリした一作になってしまった感がある。 ヤクザとプレデターの一騎打ちなんて、もっと面白く撮れるだろうに、 半端に『姿三四郎』を引用してお茶を濁すから呆れる…。
      いいね

      残念
    • れいこいるか
      ドライエルと神代辰巳をミキサーにかけて、関西エキス注入したみたいな映画だな。 うすぼんやりした画調がデフォな中で、河屋秀俊が夜に電話ボックスに居るショットの艶やかさが心に残る。
      いいね

      普通
    • 小説の神様 君としか描けない物語
      やかましい楽曲や、時折の絵ハガキ的ショットが玉に瑕だけど、 60年代日活青春映画のようなロマンティシズムを愛でようじゃないか。 橋本環奈が吉永小百合に見える瞬間がある。
      いいね

      良い
    • 映像研には手を出すな!
      主要キャラ紹介に『羅生門』まがいの演出は巧い手だ。 が、無駄な描写が多くて感興を削ぐのには困った。 浜辺美波演じるオリジナルキャラが最大の無駄、ってのは悲しすぎる。
      いいね

      普通
    • 事故物件 恐い間取り
      イオンシネマ港北NTで『事故物件 恐い間取り』観る。 ぶっきらぼうキャラの亀梨和也を、表情豊かで台詞も達者な共演女優(ここでは奈緒)が補填しまくるという構図は、 『妖怪人間ベム』と同じ。 クライマックスは、『妖婆 死棺の呪い』を現代ホラーへ応用したと見た。ええやん!
      いいね

      良い
    • 窮鼠はチーズの夢を見る
      「日本映画は展開がのろい」って、映画をあまり観ない人が言いがちな悪口を久々に思い出した。 けど、タイ料理店での下世話なやり取りは嫌いじゃない。 吉田志織がなんか、前田のアッちゃん風の佇まいだ。
      いいね

      普通
    • 映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者
      作り手の攻めの姿勢は良しとして、「敵」の設定がこんなにユルユルだと、子供も大人もダマせないのじゃないか? 例によって、石田卓也の粘土アニメは楽しかったが。
      いいね

      普通
    • アルプススタンドのはしの方
      舞台劇の映画化としては成功と言えるのだろうが、監督のファンとしては、どんな題材でも珠玉の作に仕立てる「城定マジック」が若干薄らいでいる気がして寂しい。それでも、スタンド背景の梢をゆらす風がスクリーンから吹いてきそうな臨場感は素敵だ。
      いいね

      良い
    • チィファの手紙
      こんなに短期間で自作リメイクするって、 マキノ雅弘でもやってないんじゃないかい、岩井さん。 でも、松たか子主演版より大胆なカメラワークと、ダン・アンシーの美しさに免じて許す。
      いいね

      良い
    • 糸
      『時雨の記』が昭和史なら、こちらは平成史に絡めた堂々たるメロドラマ。 ドングリは宮沢賢治から、空や水辺にかざされる手はゴダール(もしくはブレッソン)からの引用か。
      いいね

      良い
    • 8日で死んだ怪獣の12日の物語
      風景の撮り方が似てる為か、緊張感が和らいだ『巨神兵東京に現る』の姉妹篇といった雰囲気。 灯台にも負けた怪獣とdisられるウィンダムだが、『セブン』第1話じゃ敵宇宙人の円盤を撃破しとったよ。
      いいね

      普通
    • ぐらんぶる
      理不尽な体育会イズムを陳腐なゲイネタのギャグでコーティングしただけの愚作。 英勉、どうしてしまったのだ? 小倉優香と、イラストを配したクレジットロールは素敵だったが。
      いいね

      残念
    • 今日から俺は!!劇場版
      福田雄一、「佐藤二朗独演会」パートだけは着実に進歩してるね、 などと嫌みを言っていられない程、上手くなってる。 バトル描写は三池某を超えたのじゃないか? 柳楽優弥の強烈なワルぶりも奏功してる。
      いいね

      良い
    • 一度も撃ってません
      同じ丸山昇一脚本『すかんぴんウォーク』(1984)での、平田満が演じたハードボイルドにこだわり過ぎて失職する映画監督のエピソードを膨らませたような映画だなと思った。録音、特に酒場でのガヤの声がいい。
      いいね

      普通
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      mattsuanko
      2589movies / tweets

      follow us