TOP >rondellio22マイページ

rondellio22

さんのマイページ
rondellio22
つぶやいた映画
14 本
総ツイート
25 件
マイページ閲覧数
114 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

rondellio22さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
14 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • ほんとうのピノッキオ
    大地と白い雲
    モンソーのパン屋の女の子
    コレクションする女
    クレールの膝
    ブータン 山の教室
    レンブラントは誰の手に
  • 甦る三大テノール 永遠の歌声
    朝が来る
    蜜蜂と遠雷
    人間失格 太宰治と3人の女たち
    聖なる泉の少女
    ボヘミアン・ラプソディ
    この世界の片隅に
    × 絞込みを解除する
    • ほんとうのピノッキオ
      ちなみに今一番気になっている映画は『ほんとうのピノッキオ』です。
      いいね
    • 大地と白い雲
      映画『大地と白い雲』のプログラム。 https://t.co/u0jwkqNQEG
      いいね
    • 大地と白い雲
      映画『大地と白い雲』の中に出てくる衣装の水色が鮮やかで、朝顔の色に似ていた。フラッと行った映画だけど、見始めてからモンゴル映画と気付いて、あ、朝青龍さんかとふと思った。白鵬さんが間垣親方になられるお祝いの朝顔でもあるのだとわかった。
      いいね
    • 大地と白い雲
      ギリギリ間に合って映画『大地と白い雲』を見た。明日までらしい。朝顔と雀の啓示かも。思い立って行ったので。歌がいいですよ。
      いいね
    • コレクションする女
      どうぞ⇒映画『パリのナジャ』と映画『ある現代の女子学生』と映画『コレクションする女』を見て Bunkamuraにて 鑑賞20210527 文20210527 https://t.co/N20uLDt8ED
      いいね
    • クレールの膝
      どうぞ⇒映画『紹介、またはシャルロットとステーキ』と映画『クレールの膝』を見て Bunkamuraにて 鑑賞20210525 文20210525 https://t.co/bMaEuGdupv
      いいね
    • モンソーのパン屋の女の子
      どうぞ⇒映画『ベレニス』と映画『モンソーのパン屋の女の子』と映画『シュザンヌの生き方』を見て Bunkamuraにて 鑑賞20210520 文20210521 https://t.co/VIqSY5GcpJ
      いいね
    • ブータン 山の教室
      どうぞ⇒映画『ブータン 山の教室』を見て 岩波ホールにて 鑑賞20210426 文20210426 https://t.co/6amjS7t3LI
      いいね
    • レンブラントは誰の手に
      どうぞ⇒映画『レンブラントは誰の手に』と展覧会『写真家ドアノー/音楽/パリ』を見て Bunkamuraにて 鑑賞20210302 文20210303 https://t.co/wx8cvRNiwj
      いいね
    • 甦る三大テノール 永遠の歌声
      映画『甦る三大テノール 永遠の歌声』でした。 マラドーナのナビか。 かなり良かった。歌声の「説得力」についても衝撃。 生きるっていいな、と思った。
      いいね
    • 朝が来る
      午後は映画『朝が来る』を観た。いい時間でした。昨夜、予習と思って小説をKindleで読み、映画ではどう演出してあるのかと思ったが、ほとんど忠実に作られていた。お陰で映像の美しさが際立ち、小説の中で強く文学性を発揮した子供視点箇所に… https://t.co/OoxvrhBxrd
      いいね
    • 朝が来る
      映画『朝が来る』を観る前に小説を読んで思った事をメモ。小説には短く子供視点の箇所があり、ここの不思議さ(人によってはリアリティ問題を問うのかな) が小説として重要。子供の魂が小説世界を創造しているとも深読み可。映画はそこが映画監督… https://t.co/JT31643mFO
      いいね
    • 朝が来る
      kindleで『朝が来る』を買って読み中。ドキュメンタリータッチの小説と言うのかな。映画ではどうなっているのだろうと楽しみ。
      いいね
    • 蜜蜂と遠雷
      映画「蜜蜂と遠雷」は背景となる風景も言葉のやり取りも自然で美しいドキュメンタリーのように思えた。小説は読んでいないが、同じ物語で映画の方は音楽を入れられるのかと思うと、映画媒体の圧倒的な力を見てしまったようにも思う。と書いた限りはいずれ小説も読んで、小説媒体は何がよかったか書く。
      いいね
    • 蜜蜂と遠雷
      映画「蜜蜂と遠雷」を観た。ナチュラルな美術で、いい映画だった。原作もよいのだと思うけれど、映画の中の風景や音、音楽が自然で綺麗だった。小説も読んでみようと思う。
      いいね
    • 聖なる泉の少女
      映画「聖なる泉の少女」のプログラム。これは700円だけど、映画を観たら買った方がいいと思う。監督の心は解説ではなく文学のよう。ただし映画の最後に詠まれる美しい詩は掲載されていない。それがいいと思う。あれは(最後の詩は)音声で聞いて… https://t.co/HceuLpy4GN
      いいね
    • 聖なる泉の少女
      映画「聖なる泉の少女」を知ったのは数日前の事ですが、長編小説の瞑想スケッチ0706の映画等とシンクロ。そもそも映画館のイメージはあの場所です。中身はフィクションですが、今日映画を見たらドキッとした。
      いいね
    • 聖なる泉の少女
      同じ東京都美術館で開催されている伊庭靖子展も。油絵と思えない透明感。映像もありそれがおもしろかった。 帰りに映画「聖なる泉の少女」を見た。美しいフィルムという感じ。コートールド美術館の後、これを観る流れは抜群だったかも。近い景色。
      いいね
    • 人間失格 太宰治と3人の女たち
      映画「人間失格 太宰治と三人の女たち」の、この三人を統合化した女をイメージできるようになることが、創造的、革新的フェミニズムだと思うが、三人が対立するようにけしかけるという真逆の作用がある。太宰治は三人の統合化を試みた、真のフェミニストかもしれないが、ご存知の通り失敗した。
      いいね
    • 人間失格 太宰治と3人の女たち
      フェミニズムの問題を割れた個体の権利からいくら考察しても解答はない。映画「人間失格 太宰治と三人の女たち」を見て、割れた三人の女を統合して初めてフェミニズムの問題を考える事が可能となると思った。ハイブリッドではなく統合で、植えられた被害者意識の楔を抜くことから始まる。
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      renn6161
      3218movies / tweets

      follow us