TOP >sackboy_macマイページ

sackboy_mac

さんのマイページ
sackboy_mac
つぶやいた映画
408 本
総ツイート
704 件
マイページ閲覧数
13,968 view
ウォッチしている
5 人
ウォッチされている
4 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

sackboy_macさんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
408 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • デス・ショット
    フロントランナー
    七つの会議
    ミスター・ガラス
    マイル22
    マスカレード・ホテル
    クリード 炎の宿敵
  • アリー/ スター誕生
    ドラゴンボール超 ブロリー
    ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
    アンクル・ドリュー
    GODZILLA 星を喰う者
    ボヘミアン・ラプソディ
    華氏119
  • ヴェノム
    嘘はフィクサーのはじまり
    search/サーチ
    デス・ウィッシュ
    アンダー・ザ・シルバーレイク
    負け犬の美学
    チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • デス・ショット
      『デス・ショット』邦題がクソ。けどブルース・ウィリスが銃持つだけで楽しめる。家族を誘拐された銀行員の家の隣にブルース・ウィリスが住んでた時点で犯人は詰んでるんだよなぁ。カーチェイスと銃撃戦は地味に良かった。オリビア・カルポが美しい。
      いいね

      良い
    • 七つの会議
      『七つの会議』データ偽装問題を巡る企業エンタメ。経営層がクソという話。あの規模の会社で購入部品の評価ガバガバ過ぎだし、営業の一存で変わるのは違和感。暑苦しい演技は狙いかもしれないが自分にはくどすぎた。ミッチーと朝倉あきが良かった。
      いいね

      普通
    • フロントランナー
      『フロントランナー』大統領選最有力のゲイリー・ハート氏がスキャンダルで断念する話。この頃から政治家のプライベートにも資質を求められるようになったとか。煽るマスゴミと盛り上がる消費者は確実に社会の足を引っ張ってると思ってる派です。
      いいね

      普通
    • マスカレード・ホテル
      『マスカレード・ホテル』長く感じた。不要なシーンが多くていまいちテンポ悪い。ドラマの再編集みたいな作り。キムタクにはキムタクっぽさを期待しているので満足。長澤まさみのスーツいいね。コンビっぷりは良かった。さんまには全く気付かず終了。
      いいね

      普通
    • マイル22
      『マイル22』M・ウォールバーグ主演にハズレ無し!発達障害気味でなかなか性格がクズの主人公は割とはまってた。護衛対象のイコ・ウワイスのアクション凄すぎ。劇中最強では?おそらく現代の最新技術ばりばりの情報戦と市街戦のスピード感やばい。
      いいね

      良い
    • ミスター・ガラス
      『ミスター・ガラス』前2作鑑賞必須。三部作の完結待ってた!「スーパーヒーローは実在するか?」ってコピーの通り、ヒーローの自己肯定と誕生の物語。なるほどこう締めるのか!エンドロールでマカヴォイの24人役は吹くけど演技はキレキレで凄い。
      いいね

      良い
    • クリード 炎の宿敵
      『クリード 炎の宿敵』友情・努力・勝利の少年漫画的な鉄板展開。まさにこれを観に来た!旧作から綺麗に繋がっていてドラゴ親子が絶妙に良かった。ロッキーがここまで人生を見せるシリーズになるとはなぁ。テーマ曲は盛り上がり不可避ですね。
      いいね

      良い
    • 帰ってきたヒトラー
      『帰ってきたヒトラー』ヒトラーに現代のドイツへの風刺を語らせコメディとして仕立てるとかこれは凄く良いアイデアだと思った。コメディとはいえ随所に真に迫り鋭く突き刺さる場面が。観終えたあとに芽生えた感情は恐怖だった。
      いいね

      良い
    • 嘘はフィクサーのはじまり
      『嘘はフィクサーのはじまり』嘘を重ねて人脈を広げもう信号のないスクランブル交差点のような状況を渡り歩く。その生き様の目的は直接語られてはいないが、ラストでは関わった人たちが幸せな結末へ。ノーマンの結末は…。ナッツアレルギーも嘘なら…
      いいね

      良い
    • アリー/ スター誕生
      『アリー スター誕生』ブラッドリー・クーパーの存在感よ。色気があって純粋で酒とドラッグ、そして感受性が尖すぎて悲劇の結末を迎えるというロックスターを見事演じ切っていた。レディー・ガガが思いの外良い演技をしていて驚いた。
      いいね

      良い
    • ドラゴンボール超 ブロリー
      『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』過去ブロリーはなかった事になってたけど今作は控えめに言って最高。ギャグも鳥山明ワールドだし戦闘シーンの神作画がやばい。ブロリーが救われて平和に終わるラストも良い。ブロリーの台詞は9割叫び声w
      いいね

      良い
    • かごの中の瞳
      『かごの中の瞳』全盲の妻が片目の視力を取り戻すところから、あらゆるものが少しずつ変化して不幸な結末へ。映像と終始不安感が拭えない演出が良かった。でも、(おそらく)顔がタイプじゃないとかでそれまでの介助の恩も忘れて浮気とかちょっと、、
      いいね

      良い
    • 負け犬の美学
      『負け犬の美学』とうにピークを過ぎたボクサーの物語。家族の為に元チャンピオンのスパーリングパートナーになるが、その誠実さにぐっと来た。家族との関係、タレクとの関係、不器用でもかっこ悪くても信念を貫く姿はかっこ良いし負け犬じゃない。
      いいね

      良い
    • チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛
      『チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛』感情移入できない。不倫からすれ違い、誤解が絡み合って間違った行動だらけでいらいら。コルネリスが幸せになったんだろうと思い込む。アリシア・ビキャンデルが美しい。美術や彩度低めの映像も綺麗。
      いいね

      普通
    • ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ
      『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』米墨国境が舞台。麻薬と不法移民問題。デル・トロが渋すぎるし無敵すぎるし早撃ちがかっこ良すぎ。トランプの国境に壁建設政策が一定の支持を集める理由も分かる。とにかくメキシコには絶対行きたくない。
      いいね

      良い
    • アンクル・ドリュー
      『アンクル・ドリュー』最高!90年代にNBAで活躍したシャック、ミラー、クリス・ウェバーが観られてアガったし、終始頬が緩んだ。コーチの彼はゲット・アウトのあの友達か!ゲット・アウトネタも笑った。バスケのプレイはほんと華があって好き。
      いいね

      良い
    • 劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-
      『劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール』TVシリーズの方がよかったけど二期と三期の繋ぎとしては充分な出来だったのでは。アスナのマザーズ・ロザリオはうるっときた。でもリアルでARゲームはちょっときつそう。
      いいね

      良い
    • ボヘミアン・ラプソディ
      『ボヘミアン・ラプソディ』Queenは有名な曲なら聞いたことある程度のにわかだが彼らの歴史のハイライトに心を揺さぶられた。家族とは、バンドとは、音楽とは、普遍的なテーマながら説得力のある映像と演技。ライブエイドの見応えは素晴らしい。
      いいね

      良い
    • GODZILLA 星を喰う者
      『GODZILLA 星を喰う者』中二臭い長い台詞の多いこと。物理の法則が乱れる系は好き。前作でモスラとギドラ匂わせた時は高揚したけど、、観たいのは宇宙人との宗教論争じゃなくて怪獣バトルだったんだけどな。ゴジラである必要ないのでは?
      いいね

      普通
    • ヴェノム
      『ヴェノム』原作知らんけどトムハ起用が奏功してるのは分かる。もうちょっと尺長くしてでもヴェノムとエディの関係性の変化を丁寧に描いて欲しかった。ヴェノムがあそこまでエディに入れ込んだのかはちょっと雑。ハリウッド版ど根性ガエルは草。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....