TOP >sat4291マイページ

sat4291

さんのマイページ
sat4291
つぶやいた映画
37 本
総ツイート
44 件
マイページ閲覧数
850 view
ウォッチしている
0 人
ウォッチされている
0 人

オールタイム映画ランキング

sat4291さんは、まだ設定していません。
× 絞込みを解除する
37 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • チャンシルさんには福が多いね
    声優夫婦の甘くない生活
    ノッティングヒルの洋菓子店
    ホモ・サピエンスの涙
    博士と狂人
    ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン
    シチリアーノ 裏切りの美学
  • プラド美術館 驚異のコレクション
    お名前はアドルフ?
    凱里ブルース
    マダムのおかしな晩餐会
    エンジェル、見えない恋人
    プーと大人になった僕
    スターリンの葬送狂騒曲
  • 子どもが教えてくれたこと
    5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生
    ダンシング・ベートーヴェン
    勝手にふるえてろ
    永遠のジャンゴ
    シング・ストリート 未来へのうた
    好きにならずにいられない
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • チャンシルさんには福が多いね
      今年2本目の映画『チャンシルさんには福が多いね』。職なし彼氏なし子なしな40歳女子が幽霊とともに何かを探そうとする…みたいな、よく考えればキビシイ状況の中に、しかしどこかホッコリする程良い映画。求めすぎない、突き詰めすぎないところ… https://t.co/Kd8XousiP3
      いいね
    • 声優夫婦の甘くない生活
      映画『声優夫婦の甘くない生活』見た。ロシア語中心のイスラエル映画だなんて、もうそれだけで興奮する。女性の喘ぎ声で「ハラショー」だとか、really? の文脈で「プラウダ?」だとか、なんかこう、音を聞いていて楽しい映画だった。もちろ… https://t.co/bQeAzGC7TA
      いいね
    • ノッティングヒルの洋菓子店
      映画『ノッティングヒルの洋菓子店』が良かったので、早速銀座の某洋菓子店に。ここまで働いてきた男が静かに瞑想し、これから働く女が自らを奮い立たせる、そんな、銀座でしか成り立たないような空気が好きです。飾ってあった百合が凛々しく香って… https://t.co/XFLZoJmLL1
      いいね
    • ノッティングヒルの洋菓子店
      映画『ノッティングヒルの洋菓子店』観てきた。甘い邦題とは裏腹に、父親・男性不在の女性たちが自分たちの洋菓子店を切り盛りすることで、色々な関係性を取り戻す…という、現代的だけど抹茶とルブタンがカギでもある、ちょっと俗っぽい爽快な良作… https://t.co/7y5spoz1yc
      いいね
    • ホモ・サピエンスの涙
      映画『ホモ・サピエンスの涙』観てきた。映画にはこういう表現、展開、時間の流れがあるのか…と感心したが、しかし一方で金と時間返せや、と思わなくもない、なんとも言えない映画であった。 https://t.co/dag0tIWlYz
      いいね
    • 博士と狂人
      映画『博士と狂人』観てきた。OEDの編纂者である博士と、獄中からそれに協力した狂人、そしてOEDの成り立ちの話。博士と狂人、どっちも狂人じゃねぇか、とか思ったが、言葉の羽ばたきとその威力が感じられた、いい映画だった。言葉を扱う編集… https://t.co/8uY65NEbeB
      いいね
    • ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン
      映画『ライフ・イズ・カラフル!未来をデザインする男 ピエール・カルダン』観てきた。この名前は紛いものブランドに近いと思っていたが、それも戦略のうち…みたいな。彼が60年代に示した「未来」が日本の特撮とかにも受け継がれ、そして今日も… https://t.co/YdR1s3fDly
      いいね
    • シチリアーノ 裏切りの美学
      映画『シチリアーノ 裏切りの美学』観てきた。全体的に煮ても焼いても食えねぇ奴らばかりで、マフィア、コーザノストラのネチっとした不気味さがよく伝わってきた。こんなのよく相手にしてきたもんだ、と、イタリアを尊敬したくなる。
      いいね
    • プラド美術館 驚異のコレクション
      映画『プラド美術館 驚異のコレクション』観てきた。スペインの歴史、プラド美術館の歴史に沿って代表的なコレクションがどう形成されたのかサクッと語ったドキュメンタリー。スペイン絶頂期のコレクションは凄い。語り手がノーマン・フォスターだったりガルシア・ロルカの子孫?だったりと、豪華。
      いいね
    • お名前はアドルフ?
      映画『お名前はアドルフ?』観てきた。イタリアの歴史家モンタネッリが、「ドイツ人は理性的に狂う」とかなんとか書いていたけど、その話を思い出す言葉と議論の変な方向への進み方。登場人物は実質5人で1時間半を持たせる演劇的な構成。実にいい映画だった。
      いいね
    • 凱里ブルース
      映画『凱里ブルース』見てきた。何ヶ月ぶりの映画館だろうか。中国の山の方の田舎を舞台にした作品。舞台の汚さや騒がしさ、そしてにおいまでただよってきそうな映像だったけど、それを凌駕する、包み込むような圧倒的な湿度感。美学としての映画をしっかり見た気分だ。
      いいね
    • マダムのおかしな晩餐会
      映画『マダムのおかしな晩餐会』を観てきた。おかしなのはこの邦題だろうとか思わなくもないけど、ビターだけど清々しい終わり方、いろんなオマージュ、個性的な配役に風刺的なキャラクター。かっちりまとまっていた、悪くない作品だったな。
      いいね
    • エンジェル、見えない恋人
      映画『エンジェル、見えない恋人』をみてきた。いかにもヨーロッパの芸術映画…な感じだったけど、「見えること」がそのまま良いこと、善であることにつながるわけではない…みたいななんとも言えない感触が。自分は人生の中で強くモノを見ようとしすぎな気がしてきた。感じよう。
      いいね
    • プーと大人になった僕
      『プーと大人になった僕』を観てきたのだけどなかなかな映画だ。心にプーとその一味を住まわせて、何もしたくなくなってきた。
      いいね
    • スターリンの葬送狂騒曲
      『スターリンの葬送狂騒曲』観てきた。たしかにコメディなのだけど粛々と粛清が進んでいくし、最後は割とガチで怖い。組織優先の世界における人の狂い方、みたいなのが垣間見れてなかなかオッカナイ映画。
      いいね
    • 子どもが教えてくれたこと
      『子どもが教えてくれたこと』の配給会社、Nour film というらしくて、なかなかなセンスの社名だと思った
      いいね
    • 子どもが教えてくれたこと
      久々の映画ということで、銀座で『子どもが教えてくれたこと』を観てきた。いろんな感想があるのだろうけど、子どもたちが自分の病気について淀みなく語れる…ってのには驚いた。これを可能にしている医療の現場ってのもすごいと思う。フランスって、本当に言葉の国だなぁと。
      いいね
    • 5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生
      映画『5パーセントの奇跡』観てきた。デカい仕事が終わって燃え尽き鬱っぽかったけど、そういうことではないんだぜ人生、とわかったような。お前の誇りってなんだよ、と突きつけられた感があるけど、とにかくイキのいい映画だった。
      いいね
    • 勝手にふるえてろ
      勝手にふるえてろ、観てきた。なんとキュートな映画!
      いいね
    • ダンシング・ベートーヴェン
      ダンシングベートーヴェン観てきた。身体自体、仕草、動きの野蛮な力強さや表出力にベジャールは気づいていたのだなぁ、とつくづく思う。映画としては大した内容が無い気もするけど、しかし自分の心に火をつける力強さだけは満ちていた
      いいね
      もっと見る Loading...
      Loading.....
      coco 映画レビュアー
      frodopyon
      2405movies / tweets

      follow us