TOP >sato_henriマイページ

sato_henri

さんのマイページ
sato_henri
つぶやいた映画
1,130 本
総ツイート
1,255 件
マイページ閲覧数
27,143 view
ウォッチしている
8 人
ウォッチされている
8 人
2017年以前の結果も見る

オールタイム映画ランキング

1位
2位
3位
× 絞込みを解除する
1130 作品
全て 良い 残念 普通 その他
投稿したポスター画像で絞り込めます
Loading.....
  • 影踏み
    ひとよ
    IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    スペシャルアクターズ
    クロール ―凶暴領域―
    ジョーカー
    ホテル・ムンバイ
  • 見えない目撃者(2019)
    アナベル 死霊博物館
    いなくなれ、群青
    引っ越し大名!
    黒い乙女A
    ONE PIECE STAMPEDE
    メランコリック
  • チャイルド・プレイ(2019)
    凪待ち
    あいが、そいで、こい
    ウィーアーリトルゾンビーズ
    ずぶぬれて犬ころ
    黒い乙女Q
    長いお別れ
    もっと映画ポスターを見る
    × 絞込みを解除する
    • 影踏み
      『影踏み』この作品の一番の特徴とも言える異色の設定がうまく映像化されていて、その時点で映画化成功と言っていいくらい。ミステリーだが、映画は過去に囚われ葛藤を抱えて生きる男の人間ドラマに重点を置いたまとめ方で、ダークながらハートフルで原作とまた違った味わいがあって良かった。
      いいね

      良い
    • 不連続殺人事件
      『不連続殺人事件』原作をほぼ忠実に映像化してはいるが、原作の面白さを十分に引き出せているかと言うとそうは言い難い出来。やはりこの人数とごちゃついた関係性を映画内で整理するのは難易度が高かったか。あとはもっとメリハリをつける演出があっても良いんじゃないかなとも。惜しい。
      いいね

      普通
    • IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
      『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ホラーとしてはかなり甘口だとかもうちょっとタイトにできたんじゃないかとかはあるものの、残念と言われていたペニーワイズの正体(個人的には嫌いじゃない)を含めTV映画版とは違う展開が用意されていて楽しめた。
      いいね

      良い
    • ラマン・ラーガヴ 2.0 ~神と悪魔~
      『ラマン・ラーガヴ 2.0 ~神と悪魔~』ラストまで話が見えて来ずもやもやが続いてしまうのは否めないが、最後にタイトルを含め全てが腑に落ちた時は思わずため息が出た。そういう話の組み立てのためチャプター割りは大正解で、話のポイントを押さえる手助けをしてくれる。
      いいね

      普通
    • スペシャルアクターズ
      『スペシャルアクターズ』カメ止めはあの大仕掛けがウケただけなんじゃないかという懸念を吹き飛ばす一作。今回はオーソドックスな面白さのコメディだけど、個性的な俳優陣の起用や彼らの味を最大限に引き出すキャラ造形などはカメ止め同様に楽しく魅力的。
      いいね

      良い
    • 東京湾炎上
      『東京湾炎上』もうちょいシージャックに緊張感が欲しいとこだけど、特撮技術を物語に組み込んでいるのが面白いし映像も説得力がある出来上がりで楽しめた。
      いいね

      普通
    • ジョーカー
      『ジョーカー』寄せ集められてはいるが病や環境などその一つ一つは決して非現実的なものではなく、その中で抱く怒りは至極真っ当なものであり、誰でもジョーカーになり得ると同時に誰もが抑え込めるとも言える。虚実入り混じる構成でジョーカーという存在の危うさ妖しさが感覚的に脳に入ってくる。
      いいね

      良い
    • 地獄先生ぬ〜べ〜 恐怖の夏休み!!妖しの海の伝説
      『地獄先生ぬ〜べ〜 恐怖の夏休み!!妖しの海の伝説』夏の海が舞台というのもあって怪奇色は薄め。原作の女郎蜘蛛の回がベースになっているため、良エピソードではあるがやや野暮に感じてしまうのと大体の話が読めてしまうのは残念。
      いいね

      普通
    • 地獄先生ぬ〜べ〜 午前0時ぬ〜べ〜死す!
      『地獄先生ぬ〜べ〜 午前0時ぬ〜べ〜死す!』今回の敵は戦闘力はそれほどではないけど人の心の隙に付け込んだり関係を壊したりと嫌らしいタイプで、やっぱり悪ピエロって言ったらコレよなぁとなんだか嬉しくなる。勝がメイン入りしてるのもちょいレア感あって良いね。
      いいね

      良い
    • 地獄先生ぬ〜べ〜
      『地獄先生ぬ〜べ〜』OPで懐かしさ爆発。50分無いくらいなので、オリキャラの久美子の命を狙う黒マントにぬ~べ~とクラスメイトが立ち向かうオーソドックスな友情と成長のお話。黒マントは原作のAを思い起こさせるキャラで良かったけど正体を現してからの見た目が弱そうなのが少し残念。
      いいね

      普通
    • ホテル・ムンバイ
      『ホテル・ムンバイ』序盤に束の間流れる従業員にとってはいつもの、客にとっては幸せなホテルでの時間。これが実に効いていて、テロ発生で日常が破壊された時の絶望感たるやもう。綿密なリサーチのおかげか、従業員、客、テロリスト、全ての視点で描かれておりテロの悲しさを改めて突き付けられる。
      いいね

      良い
    • ミッドナイト・バス
      『ミッドナイト・バス』静かな空気感で淡々と話は進むが確かに喜怒哀楽のドラマがあり、しっかりと引き込みじっくりと魅せる。実際に大型免許を取得して挑んだというだけあって原田泰造の演技がメチャクチャ良い。
      いいね

      良い
    • ひとよ
      『ひとよ』母は子供の人生を救ったのか壊したのか。着地点を見つけられない思いを15年抱えた家族の距離感がなんとも生々しく、それを演じる4人の演技と組み合わせも素晴らしいのだが、その中でもやはり田中裕子は圧巻。音尾琢真演じるいとこのキャラも物語の中で良いバランスの存在になっている。
      いいね

      良い
    • クロール ―凶暴領域―
      『クロール ―凶暴領域―』ハリケーンで浸水中の地下室にワニが!というなかなかトンデモな設定なのだけど、その状況に放り込まれてからが目まぐるしく、余計な事を考えてる暇はなし。ヒロインの演技とリアルなワニによってチャチさの無いハラハラドキドキが楽しめる。
      いいね

      良い
    • みな殺しの霊歌
      『みな殺しの霊歌』ある復讐のため有閑マダムたちを次々と殺していく男。表面だけ見ると理解しにくい繋がりの復讐なのだが、マダムたちの犯した罪の重さと男の背景を考えるとその感情が理解できてくる。感情的で人間臭く終わり方も相まって物悲しい余韻が残る。
      いいね

      良い
    • 見えない目撃者(2019)
      『見えない目撃者(2019)』たしかにツッコミ所はあるが主人公の活躍やハラハラ展開を引き出すためのもので致し方ないし、興を削ぐ程ではなく十分にお釣りが来るので気にしない。吉岡里帆の好演とR15の残虐描写が1ランク引き上げている良作スリラーでした。
      いいね

      良い
    • アナベル 死霊博物館
      『アナベル 死霊博物館』アナベル人形の封印を解いてしまったことで始まる悪夢のお留守番。ストーリーはシンプルだけど、タイトル通り悪霊のキャラも多くてあの手この手のビビらせ方が怖楽しい。その反面スピンオフを狙っているように見えてしまうところはあるけど。
      いいね

      良い
    • いなくなれ、群青
      『いなくなれ、群青』観た人の熱量高めなのに納得。まず特別ファンタジックな表現やアイテムもないのに異世界の雰囲気が出来上がっているのに驚いた。リアリティの面で賛否が分かれている文語的な台詞回しも謎を秘めた異世界と思春期の面倒臭い感情のそれぞれを引き立たせているので個人的には賛。
      いいね

      良い
    • 隣人のゆくえ あの夏の歌声
      『隣人のゆくえ あの夏の歌声』監督以外はほとんどが十台の学生で固められているので素人目にも拙さを感じるところはあるが、この布陣でなければ意味がないと思わされるチームワークとひたむきさがあった。画面内だけでなく裏側も含めたこの映画の存在全てでテーマを語っているのが素晴らしい。
      いいね

      良い
    • 美しすぎる議員
      『美しすぎる議員』元タレントの女性議員と密着取材で裏の顔を撮ろうとするTVディレクターをメインに現実にある問題も取り上げている。それらに対してどういう印象を持っているかで映画の味わいが変わりそうな見せ方が上手いし、“美しすぎる~”という下衆いワードを持ってきたタイトルも良い。
      いいね

      良い
      もっと見る Loading...
      Loading.....